怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   ツイッター          スマホ版

[ 56726 ] NO TITLE

お詫びしないと取られるって・・・
じいちゃん、まさか水神様に向かって「アゲルアゲル詐欺」を!?
[ 2014/07/15 ] ◆-

[ 56744 ] NO TITLE

あたりがいい子、だから竜神様を踏みつけさせてたのかと思ったw
[ 2014/07/15 ] ◆-

[ 56748 ] NO TITLE

その竜神様が、千と千尋のハクになるんですね、わかりまう。
[ 2014/07/15 ] ◆-

[ 56761 ] NO TITLE

投稿主以外にも複数の子供が雨乞いに使われていたように読めるが、その子達もお神酒を流したんだろうか?
それとも「あたりがいい子」だけ特別だったのかな。
[ 2014/07/15 ] ◆-

[ 56766 ] NO TITLE

あたりがいい子=神様に認識されやすい子ってことじゃね。

そんで、自分たちの欲しい時にだけ雨を降らす=神様の意に沿わない時期に雨を降らせた
ってことで、詫び入れとかないとやべぇんだと俺は思ったんだが。
[ 2014/07/15 ] ◆-

[ 56769 ] NO TITLE

>>56726の言う通り、言葉は悪いが投稿者を餌にして雨乞してたんだね。タチ悪すぎ。
[ 2014/07/15 ] ◆-

[ 56770 ] NO TITLE

生贄を投げ込むふりをして水神様を騙したって事か。
じいちゃん的には釣りをしているような感覚だったのかな、獲物がヤバいけど。
[ 2014/07/15 ] ◆-

[ 56771 ] NO TITLE

じいちゃんは地主で、近辺の代表者として雨乞い、か。
最初読んだ時は「じいちゃん、おもしろ半分で雨乞いして拝み屋さんに怒られるの巻」かと思ったけど、
実際は「周囲の人達の嘆願で仕方なく雨乞いしたの巻」なのかも。

多分、大昔は実際に子供を生贄として雨乞いする儀式があったんじゃないかな。
でも流石に子供がかわいそうって事で「生贄をあげるふり&拝み屋さんのお神酒でお詫び」
という形に変化して「マイルド雨乞い」として残っていた。それをじいちゃんが実行したとか。

ここのブログにもある『おさっしゃ』って話にも通じるものがある気がするなぁ。
[ 2014/07/15 ] ◆-

[ 56775 ] NO TITLE

そうか・・・川の主様はロリコンかぁ・・・
[ 2014/07/15 ] ◆-

[ 56786 ] NO TITLE

姥捨て、子棄て、間引きの風習のなれの果て
昔は食扶ちの無い子を捧げていたんでしょうね
悪意は無く神に捧げてあちらで飢えることなく暮らせるようにと願いを込めて
今や子は貴重な財産 貢物にはできまいよ
[ 2014/07/15 ] ◆-

[ 56804 ]

ちょっと違うかもだけどうちの曾ばあちゃんもそんな感じの事してたってばあちゃんから聞いたことがある。 
曾ばあちゃんは「ウゴネ」だか「ウゴメ」だかって呼ばれてたみたい。
曾ばあちゃんの村の祭りは雨の日にするのが習わしらしく、曾ばあちゃんがその日に雨を降らす役だったんだとか。
[ 2014/07/15 ] ◆-

[ 56867 ]

ウチの地元では似たようなやり方で
井戸の神様にものもらいを治してもらってたらしい。
ザルを半分だけ見せて「治してくれたら全部見せます。」
って感じで。
何故ザルなのかは未だに不明。
[ 2014/07/16 ] ◆-

[ 57073 ]

>>56867
神様「うわ!!ザルやべぇww残り半分も見てぇ~」
てな感じ??
良く分からんが、かわいい神様だなww
[ 2014/07/18 ] ◆-

[ 113280 ] NO TITLE

神様の趣味:ザル鑑賞
なんと可愛い

いや、籠目(かごめ)の件もあるけど確か籠とかザルの目(穴)って何か謂れがなかったっけ…ほら、見えないものが見えるとか何とかの
[ 2016/06/20 ] ◆-

[ 113297 ] NO TITLE

かごは沢山の目があるから魔物が嫌がって魔除けになるとか
カゴメ紋が六ぼう(草冠に亡)星だから魔除けとか
いろいろいわれはありますな>ザル目
[ 2016/06/20 ] ◆-

[ 113302 ] NO TITLE

大眼ていう単眼の山霊が、篭見て「目がいっぱいある! やだなにあれキモイ!!」とか言って苦手にしているらしい。
[ 2016/06/20 ] ◆-

[ 113348 ] NO TITLE

では56867の神様は「ザルすげぇ!目がいっぱいあるカッケー!」となるのか…w
[ 2016/06/21 ] ◆-

[ 146590 ] NO TITLE

これもいわゆる「七歳までは神の内」だったのかな。
投稿者がお詫びするように言われたのも、ちょうど小学校に上がる頃だと言うし、
お詫びをしなかったら何を取られてたんだろう…
[ 2017/09/29 ] ◆-

[ 209866 ]

何を取られてたんだろうって、この話の流れで命以外にある?
お決まりの流れなのに理解できない人って、こういう話を読んでて楽しいの?
煽りじゃなく、分からない事だらけで辛くない?
[ 2022/08/11 ] ◆-

[ 217480 ] NO TITLE

うん 特に辛くもないけど…
上から目線で5年前のコメントに講釈たれて悦に入ってる
アナタの方が煽りじゃなく、色々な意味で人生辛そう。
[ 2023/12/21 ] ◆-

[ 217614 ] NO TITLE

「我孫良い」「互孫良い」(あまごい、雨よ来い)と読む駄洒落だと思うんだが。贄とは全く関係ない。枠を拡大した類感呪術。こっちは我孫良いとカタチを示したんだから天もカタチで応じてよ。文化人類学の共感魔術や類感呪術の本を読むといいかも。

ウエツフミの安藤一馬の随筆に吉四六話がいくつかある。通夜とか寄り合っているときにする話で残る話が吉四六話になる。庄屋の吉田吉右衛門は切れ者が何人かいたから元ネタの代表格だったらしいが。キチエモン→キチョム。今は熊本の彦一、跡江の半ぴどん、中津吉五が混ざってしまった。
↓こういう話
あるときの雨乞いで吉四六さんは小さくなったがまだ水が残っている溜め池で釣りをした。池の主グレードの真鯉を釣り上げた。それを担いで「あまこいじゃあ、あまごいじゃあ」(俺の鯉だ雨よ来いだ)と村を練り歩き帰宅した。鯉は煮て食った。翌日には雨が降り始めた。
[ 2024/01/10 ] ◆n1GxlFGc

コメントの投稿











最新コメント



Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー