怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   ツイッター          スマホ版

[ 9451 ] 移転前のコメント欄

[ 27186 ]
本筋とは関係ないところだけど…
アステカのサボ維持とか…懐かしすぎるw
万枚まで狙える台としてはアステカは少しキビシかったとか、そもそもそうした設定つけてる店で等価交換ってのは無かったよなーとか、色々思い出してしまったw
[ 2012/05/12 ] NO NAME ◆-

[ 49875 ]
これって道端に花を置く実験で生まれたものから派生した師匠の見解だよね。
こういう見方をしたから、突然怯え出したり、失踪したり、そういうことになったんだろうか・・・?
[ 2012/11/03 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/14 ] ◆Ahsw8Nok

[ 53613 ] NO TITLE

師匠さん、抱えてる問題や感情と向き合えず
人に相談もしないまま沈んでるって感じだな…
[ 2014/06/11 ] ◆-

[ 54779 ]

しっかしこの人の引き出しの多さは尋常じゃないな。
[ 2014/06/24 ] ◆Ny3/Iy3Y

[ 61846 ] NO TITLE

初任給に嬉しそうにする師匠さんがなんだか可愛い
[ 2014/09/04 ] ◆-

[ 80055 ] NO TITLE

師匠は身を持ってその観察の結果が正しいものかを確かめに行ってしまったわけか
[ 2015/04/15 ] ◆-

[ 89219 ] NO TITLE

わけわかんね...この人は結局何を言いたいんだ?
そこがわからないとどういう目線で見ればいいのか...
ふうむ...、わからん
[ 2015/07/20 ] ◆-

[ 89482 ] NO TITLE

加奈子さん、師匠、ウニ、音響と代替わりして、ウニ以外は変人の印象が強い
けどクズ度はウニが段違いという・・・
[ 2015/07/23 ] ◆-

[ 117752 ]

ウニはクズかなあ、かなりダメ人間だけどクズと思ったことはなかった。
いや、改めて考えると当然のように台パンするのはクズだわ。
[ 2016/08/18 ] ◆-

[ 139977 ] NO TITLE

霊の存在を肯定していた師匠が否定する様な話なんだよね。
観察の結果がそれに代替するからって結局、花で実験してた様に何も無い所に霊のような存在が生まれる。
だから師匠は霊なんて死んだ後の存在じゃなくて別の何かじゃないかと考えるようになった。
それを正しく理解できているのか自分でもわからなくなって段々おかしくなっていったんじゃないかな?

死への欲動は、もっと奥深いところからやって来ていると思う。
「僕らの記憶が始まる前の、真っ暗闇の中からさ」

こんな暗闇のどこが怖いって言うんだ。目を閉じてみろ、それがこの世で最も深い闇だ。

眠れない夜には今でもその言葉を思い出す。
[ 2017/07/18 ] ◆-

[ 139991 ] NO TITLE

最新作「双子」の終章の出来事でそれに思い至ってもおかしくないんだけどねぇ。

[ 2017/07/18 ] ◆-

[ 140172 ] NO TITLE

師匠は逆に生について考えてたんじゃないかなぁ?
もちろんオカルト的なことは好きだったんだろうけど、師匠の師匠が死んでからは何の為に自分は生きるのか?生きるとは何だ?その為にはまず霊とは?死ぬとは?って事を心霊スポット行ったり、花とかで実験してたんじゃないかなぁ。と思ったり。
[ 2017/07/20 ] ◆-

[ 140483 ] NO TITLE

作者無駄に知識豊富だと思って読んでいたけど、これ話は者の知識に関心するばかりですわ。
詳しくはシュレーディンガーの猫、物理的領域の因果的閉包性、クオリア辺り検索すればなんとなく理解できると思う。館でもモンティ・ホール問題を使ったりやっぱりこの人すげぇな。

つまり師匠は実際自分に見えている物(霊)は師匠の経験によって生まれているもので、視覚はそうとらえているが、本当は居るかとはとどうかわからないってことを難しく説明した感じ?

木でも実験してたけど、霊が死後の存在なのか他の何かなのかは花のような霊の居ない所に霊は生まれるのか?って実験をしたところで結果が全てであり、本当に霊は存在するのか?霊とは死後の存在なのか?とは実験の結果が全てであり、検証する事は出来ない。

それは師匠の経験と感覚が霊だと思っているから。

だから、師匠自体観測結果が正しいとはわからない。それを自分自身正しくが理解できているだろうか?
って作者に問いかけてること自体が相当師匠はヤバイ状況なんじゃないか?と思った。

俺自身書いてて段々意味が分からなくなってきた。スマソ


[ 2017/07/23 ] ◆-

[ 148604 ] NO TITLE

140483
それね、書籍版「雨上がり」での京子の忠告に繋がるんじゃないかな、と思ってる。
あれループ説ばかりに気を取られていたが、虚心に読んでみるとウニ編の真相に一番近かったりするんじゃないのかな?なんてね。
そう考えるとラマンチャの男という呼び方も実に妥当だしね。
[ 2017/10/23 ] ◆-

[ 162992 ] NO TITLE

師匠の説く「消滅を求めての自殺」は、馬霊刀「美しいものはみな、己を破壊する。それらの朽ちた刀は、馬たちの魂を地獄に封じ続けることに抗い、自らを消し去ろうとするのですね」と被ってくるね。

これは卵男に対する師匠の分析なのではないだろうか。

だとするとラストの言は、卵男は過去編で自裁し怨霊化したとも取れる。
そこが「誰も寝てはならぬ」~「白昼夢」なのかも。

個人的には師匠は過去編の卵男と同じ道を進もうとしているように思う。
見えない男は師匠。というのは結構アリじゃないか?と。
なぜか?はまだ説明できないが加奈子絡みがうまく嵌りそう。卵男が黒マネキンの儀式を行ったのと同じ様に。
それなら「墓」・師匠の名前説の根拠にも成り得るかな?なんてね。
[ 2018/08/08 ] ◆-

[ 163121 ]

人が死んだ後、霊魂となって此の世に留まるという
オカルト以前のどんな人にとっても常識にあるような
設定を軸に突き進んでいた師匠が、等々にそれを真っ向から否定する言葉を放つ
私たちがごく稀に感じとる霊のような存在、または虫の知らせとは、本当に霊なのだろうか。
私たちの世界には分からない全く別の存在なのだろうか。
[ 2018/08/12 ] ◆-

[ 189309 ] NO TITLE

あーなるほど。そういえば何もない交差点に花を供える実験とかやってたね。面白い
[ 2020/05/21 ] ◆-

[ 195272 ] NO TITLE

「神が存在するか否かどちらに賭けるべきか」という命題に対する答えは、生き方という観点からすれば、神の存在に賭けた方が、勝てばプラス、負ければゼロであり合理的である

「苦しみからの開放という目的のための自殺は、賭けとして合理的か否か」という命題に対する答えは、苦しみから解放される方に賭けた場合、勝てば苦しみから解放されるためマイナスがゼロになり、負ければ苦しみから解放されないためマイナスがマイナスになるため、苦しみから解放されると考えた方が合理的である、と自殺する人は考える
(厳密には絶対値としてのマイナスの値に関しては議論されていないため、現実的にマイナスがさらにマイナスになる可能性は否定できないが、自殺する人はこれ以上のマイナスはないと考えるのだと思われる)

しかし、師匠にとっては、死者と思われるものの観察が可能である
よって「消滅を求めての自殺は、賭けとして合理的か否か」という命題に対する答えは、そもそも消滅しないため賭けとして成立しない=消滅を求めての自殺は合理的でない、となるはずである

しかし、師匠は、死者と思われるものが死者そのものではなく別の存在であることを疑っている
死者ではなく別の存在であるとすれば、死者は消滅しているため、「消滅を求めての自殺は、賭けとして合理的か否か」という命題に対する答えは、自殺は合理的である
ところで、師匠が「死者と思われるものが死者そのもではなく別の存在であることを疑っている」根拠はどこにも明示されていない
何らかの超常的な感覚でそう疑っているのだとすれば、そもそも読者には理解できないことなのかもしれないが、しかし、師匠の考えに根拠があると師匠が考えていることすら本文中には仄めかされていない
師匠の「死者と思われるものが死者そのもではなく別の存在であることを疑っている」に明確な根拠はないとすれば、師匠がそう考えるに至った経緯が何かあるはずである

私の完全に想像で根拠はないが、師匠の中で自殺を肯定するために「死者と思われるものが死者そのもではなく別の存在であることを疑っている」と、考えたのではないだろうか
自分が自殺をするために、あるいは誰かの自殺を肯定するために
[ 2020/11/29 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント



Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー