怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   ツイッター          スマホ版

[ 64593 ] NO TITLE

台湾に15年住む者だけど…
泣いてしまった。外国人の他人の子のために、自らの命を差し出すとは…
子のいない夫婦だったんだろうか。
投稿主も、困ってる台湾の人を見かけたら親切にしてあげて欲しい。

ただし当時、植民地政策(同化政策)で日本と台湾地元民の軋轢も多かったことも頭の片隅に置いてもらえたら、と思う。それでも時を越えて今も続く日本人との暖かい交流や、八田與一みたいに今でも地元で尊敬を集めてる日本人が存在する。
[ 2014/10/04 ] ◆-

[ 64597 ] NO TITLE

この話とは直接関係ないけど来年に上映される「KANO」って映画が楽しみ
台湾統治時代に甲子園を快進撃した台湾代表高校の実話の映画化。主演は長瀬正敏
[ 2014/10/04 ] ◆-

[ 64602 ] NO TITLE

64597
私も見たい!
台湾で高評価だったと聞いてるので、かなり期待してます。
来年1月上演かぁー。うち東京だけど、多摩地方だから地元映画館での上演はどうなるかな(汗)
[ 2014/10/04 ] ◆-

[ 64625 ] NO TITLE

台湾人のご夫婦は我が子のように接してくれた背景にはお爺様の良きお人柄もあったんでしょうなぁ。
[ 2014/10/04 ] ◆-

[ 64650 ]

人のために自分が身代りになるような人だからこそ神様と会話出来たんだろうな
[ 2014/10/04 ] ◆-

[ 64680 ] NO TITLE

一つ命を助ける代わりに別の命を身代わりに要求したり
でも敵をバンバン56してくれみたいなお願いは出来ない

台湾の神様なんだろうけど、なんだか通じるものがあるねぇ
[ 2014/10/05 ] ◆-

[ 64706 ]

台湾の神様っていうと媽祖様が1番先に思い浮かぶなー。海の女神様。
代わり命っていうのは神様が要求したとかではなくて、そういう決まりってことなのかも。
[ 2014/10/05 ] ◆-

[ 64806 ] NO TITLE

震災の時もいろいろ元気づけてくれたり、日本を助けてくれてありがたかったなぁ。
こんな美しい民族を育て上げるなんて
台湾の神様はすごいな。
[ 2014/10/06 ] ◆-

[ 64951 ] NO TITLE

それに比べてその周辺のやつらと来たら……いや、いい話に野暮な事は言いっこなしか
これからも台湾とは良き友人でありたいね
[ 2014/10/07 ] ◆-

[ 65011 ] NO TITLE

※欄も
( ;∀;) イイハナシダナー
[ 2014/10/08 ] ◆-

[ 65172 ] NO TITLE

最近、「台湾で神さまになった日本人」ていう記事を読んだよ。

義愛公と呼ばれた「森川清次郎」。
飛虎将軍と呼ばれた「杉浦茂峰」。


[ 2014/10/10 ] ◆-

[ 102215 ] NO TITLE

KANOと云えば戦前台湾山岳部族に入り込み、多くの地学的及び昆虫含め生物学に成果を上げた鹿野忠夫がいますね。戦後暫く台湾山岳を訪れた人には現地の方から『鹿野さんはいつ此処にもどられますか?』と尋ねられたと云う事もあったらしいですね。
[ 2015/12/30 ] ◆-

[ 180274 ] NO TITLE

神様に頼んだら代わりがいると言われたので、

ここで敵アメリカ人を代わりにと言えばよかったのに!
[ 2019/08/08 ] ◆-

[ 180279 ] NO TITLE

敵の正体は、共産主義者だよ。今現在も。
[ 2019/08/08 ] ◆-

[ 196120 ] NO TITLE

俺は小学校に入る前の年かその前の年に、保育園の帰り道の道沿いに住んでいた鵜久森(苗字)の婆さん(とうの昔に故人。その婆さんの代で家が絶えた)っていう人に、

「ぼくや、ぼくらが大きくなった時は日本人はな、今後台湾人が困ったことがあったら絶対に助けてあげないかんよ」
て言われたよ。

「台湾人はあの一大事の時に(大東亜防衛戦争のこと)、本当に命をかけてまで日本を助けてくれたんよ。それと今後中国人は相手にしたらいかん。裏切って白人と手を組んだあほんだらじゃけんな、関わられん。

あんな国、足手まといで味方についとっても大して役に立つこともなかったし、敵に回ったけん言うて恐るるに足りん、どうちゅうこともない屁みたいなやつらじゃったけど、あれはアジア人にとって大事な大事な戦いやった。

あいつら、絶対にやってはいけんことした奴らじゃけんな。金輪際、信用したらいけん。etc」
そこで母が口を挟んだ。「朝鮮人も相手にしたらいかんのですか?」

そしたらその婆さんはこう答えた。「それよ、奥さん。私も朝鮮人の扱いに関しては頭の悩むところよ。一緒に戦うた間柄ではあるし感謝するところはせないかんとは思う。

じゃけど、ちまたで悪さしよるという評判やし、それも凶悪なことしたり、えげつないことしたり。土地なんかも駅前のええとこ乗っ取ったりしよるらしいし。もともと油断のならん連中でもあったし…しばらくは様子を見るしかあるまい」言いよったなあ。

45年前の話。ま、日本人と台湾人との間には、駆け引きや罠を張ったり騙したりいうのは、無しでありたいものだ。

とは言っても、、、マサオ災難だったな。
[ 2021/01/02 ] ◆-

[ 196122 ] NO TITLE


最後の一文関係なかった。
直前に マサオと台湾女 を読んでたもので。


m(._.)m <謹んでお詫び申し上げます
[ 2021/01/02 ] ◆-

[ 200754 ] NO TITLE

どうして代わりがいるんだろう?
死ななければいけない人や生きている人の定数が限られているのだろうか?

生きている人の定数が限られているはずはない。
なぜなら人口は増えているから。

だったら、死ななければならない人の数なのか?
しかし死ぬ人の数も過去から数えれば累積してるから増えているわけだし…


[ 2021/07/31 ] ◆-

[ 200762 ] NO TITLE

うろ覚えで申し訳ないのだが、
昔の台湾には首狩りの風習があって、敵を倒して首を刈る以外に
結婚して家族を持つためにはそれなりに他部族の首を刈っていなきゃならなくて、
それは勇者とか一人前の証であるともにそれなりの他の命を得なくちゃ人を増やせないみたいな考えがあったらしい。
それから考えると生者の数を調整するような考えを持っている神様なのかも…
[ 2021/07/31 ] ◆-

[ 200906 ] NO TITLE

>> 200754
死の運命を変える為には同等以上の物が入り用なのでは
でかい岩を押しのける為には、さらにでかいクレーン車が入り用、みたいな
「お母さん」は、息子同然と思っていたとはいえ、赤の他人である事も承知していた
戦争が終われば彼は帰国して、会えなくなるであろう事も。その上で自分の命を捧げた
神様はその愛を、命ひとつ救うに余りある代償と認めたのではないかと
[ 2021/08/04 ] ◆-

[ 200911 ] NO TITLE

上記のコメに目を通していますか?



「銀座の母」

[ 2021/08/04 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント



Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー