怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   ツイッター          スマホ版

[ 39845 ]

村の他の娘が犠牲になる前に自分が出ていったのかなあ。
[ 2013/12/24 ] ◆-

[ 39847 ] NO TITLE

「踏み入るべきではない場所」にすごく状況が似てるけど同じ村の話だったりするんだろうか
[ 2013/12/24 ] ◆-

[ 39851 ] NO TITLE

39847

今読み返してみたけど、似てるなんてもんじゃない、まったく同じ状況だね。

「農家の次男のじぃちゃんが、庄屋の娘のばぁちゃんと駆け落ちしてきたからだよ」
というオチまで見事についてる。

この投稿が後追いの創作でなければ、本当にこんなすごい偶然ってあるんだね。
[ 2013/12/24 ] ◆-

[ 39857 ]

もしくは昔は似たような話が色々な場所で起こってたってことも考えられるよね。
[ 2013/12/24 ] ◆cRy4jAvc

[ 39867 ]

途中から誤字が気になっていたのはわたしだけでいい。祭るではなく祀るでは?
自分の曾お祖母さんなら「婆さん」て書かないでくれ、拝み屋の婆さんとごっちゃごちゃだ。

同じ村の話だとしたら、本当にすごい。偶然というか必然にすら思えるな。
「踏み入るべきではない場所」気になるな、探してみよう。
[ 2013/12/24 ] ◆-

[ 39872 ]

なんで婆さんは拝み屋をひと目みて震え上がったの?
[ 2013/12/24 ] ◆-

[ 39875 ] NO TITLE

※39872
「何でもかんでも神様の祟りにした」「庄屋の娘を生贄にしようとした」事に拝み屋さんがブチ切れてて、
婆さんが一目みて怯えるほどの怒気を放っていたのかもしれん
[ 2013/12/24 ] ◆-

[ 39879 ]

生贄にえらばれる恐怖で震え上がったのでは?
お嬢様は逃げ出したと思ってる村人もいただろうし、人間が安心するには正式な「儀式」で生贄を捧げる必要がある
[ 2013/12/24 ] ◆-

[ 39884 ] NO TITLE

すっごい!「踏み入るべきではない場所」にほんとにそっくり…!
もし関連付けて考えたら、お嬢さんは故郷を捨てることにはなったけど、
家族を得て幸せになったんだなって思えるんだけどな…。
[ 2013/12/24 ] ◆-

[ 39909 ] NO TITLE

このままだと故郷を捨てたお嬢さんが不憫なので、自分の脳内では
「踏み入るべきではない場所」の前日譚だと思い込むことにする。
[ 2013/12/24 ] ◆-

[ 39911 ]

すみませんがどなたか「踏みいるべきではない場所」がどちらに載っているか教えていただけませんか?
このまとめにありますか?
[ 2013/12/24 ] ◆-

[ 39914 ] NO TITLE

>39911
このブログの「厳選 死ぬ程洒落にならない怖い話2」にありますよ
[ 2013/12/24 ] ◆-

[ 39972 ] NO TITLE

「踏みいるべきではない場所」とは地方が異なる気がする。
あちらはお爺さんの方言からすると中国地方ではなかろうか。
こちらは中部地方とある。
フェイクかもしれないけどね。
それにしても、うまく噛み合うお話だね。
[ 2013/12/25 ] ◆-

[ 40013 ] NO TITLE

お嬢さんは、祖母さんが生贄にされそうな空気だったから、自ら身代わりになりに行ったんやろなぁ
[ 2013/12/25 ] ◆-

[ 40123 ] NO TITLE

ここまでてんくじゃ(ry なし
みんな真面目にお嬢さんを案じているのが優しいな

>元からいた天狗ではなく、大天狗(?)の使いの帰りに立ち寄った天狗
若いカラス天狗だったんだろうかと思うとちょっとほほえましい
[ 2013/12/26 ] ◆-

[ 40162 ]

>39914さん
39911 です
ありがとうございます。本当に似てますね…!
[ 2013/12/27 ] ◆-

[ 40697 ] NO TITLE

推理小説の問題編みたいだ。で、以下は勝手な推理。
これは庄屋さん、詐欺師のおばさん(=拝み屋さん)、(恐らく)農家の次男さん、そしてお嬢さん本人の絶妙の連携プレイだったのだ。

・祟りを恐れてこっそり逃げ出すものも出てきた。--> 農家の次男さんもその一人だったが、本当は彼はかねてから深い仲になっていたお嬢さんを生贄にという嫌な気配を察知して、お嬢さんの逃走の準備をするために姿を消したのであった。
・次男さん、経緯は不明だが詐欺師のおばさんと接触。詐欺師のおばさん、一肌脱いで素敵な大作戦を立案。
・次男さんは庄屋さんと渡りをつけるために、闇にまぎれて、天狗の装束で(これが一番安全)村に潜入。庄屋さんとお嬢さんに作戦を説明し、(恐らく)庄屋さんにお嬢さんとの結婚を承諾させる。
・次男さんは一度村を離れ、庄屋さんは村人に拝み屋さんの件を提案して時間を稼ぐ(この間、生贄の件は保留)。ここからしばらくは親子が別れを惜しむ時間。
・次男さん、野営の装備など持って、再び村に潜入(もちろん天狗の装束で)。お嬢さん、次男さんの手引きで家を離れ、森の中など近くに潜伏。もちろん葉っぱの工作は次男さん。
・数日後、拝み屋に扮した詐欺師のおばさんが颯爽と村に乗り込み、村人を一同に集めて叱り飛ばす。村が無人の隙に、お嬢さんと次男さんは手を取り合って山を越えていく。
・拝み屋さんが未熟な天狗の話を持ち出したのは、天狗の装束の次男さんが村人に目撃されていた場合に備えて、合理化するための予防措置。
・うp主さんの曾おばあさんが村を出るときに出された庄屋さんからの退職金は、曾おばあさんが何か知っている場合に備えての口止め料。曾おばあさんの結婚の際にも面倒見てくれたのは、村に帰って来て余計なことを話さないようにとの予防措置。

立場上、庄屋さん夫婦は娘を二度と家に迎えることはできなかったが、こっそりと孫の顔を見に行っていたかもしれないね。
[ 2014/01/03 ] ◆-

[ 44207 ] NO TITLE

[娘は神様が連れて行ったんだ、それが一番大事なことだ。]
つまり馬鹿な村人を納得させるための方便だね。
[ 2014/02/15 ] ◆-

[ 45375 ]

>39972
何故に中国地方?

「踏み入るべきではない場所」を読む限り、でてくる方言は中部地方で今も使われてるから地域も一緒だと思う!
勿論フェイク入ってる可能性もあるけども。
[ 2014/03/01 ] ◆-

[ 55206 ] NO TITLE

横溝作品調に実写を希望
[ 2014/06/29 ] ◆-

[ 58636 ] NO TITLE

関連話で『踏み入るべきではない場所』を読んだら、確かに同じ。
一つのストーリーを別の角度から見たもう一つの話という感じですね。呪いや祟りを恐れて避難した人の中に、あのお爺さんがいたんでしょうか。山の葉を用意し、お嬢様を連れて。
霊媒婆さんもそれが視えていたから、落としどころとしてはその方が良いと思ったんでしょう。
[ 2014/08/03 ] ◆-

[ 64457 ] NO TITLE

>55206様
40697 なんですけど、自分としては響子さんと五代君がメインキャラでアニメ化してほしい (*~_~*) (歳がばれそう)。拝み屋さんはどう考えても一の瀬夫人、庄屋さんは響子さんのパパということで…
[ 2014/10/03 ] ◆-

[ 145915 ]

村人のパニックに乗じて人さらいが拐ったんじゃ…
霊能者はその一味で、捜索しないよう天狗のせいに
[ 2017/09/22 ] ◆-

[ 170198 ] NO TITLE

踏み入るべきではない場所を先に読んだけどある言葉で中部の自分んとこの話かと思って読んでたくらいだから※39972の指摘には反対しとく
[ 2018/12/15 ] ◆-

[ 179604 ]

何て言うかこの婆ちゃんはいい経験をしたよな。本質を見抜く事の大切さというかさ。
拝やの婆さんインチキくさいこと言ってて本当の事を言ってるかどうかはわからないけど、お嬢さんを救って、村を丸く治める事にも成功してる。
仮定よりも結果が大事なときもあるって事だよな。
見習わなくては( ・`д・´)
[ 2019/07/17 ] ◆-

[ 201495 ] NO TITLE

まんが日本昔にあるような、生贄や神や物の怪の存在が戦前では日常だったのだな。
恐ろしくもあり浪漫さえ感じたりもする。
[ 2021/08/24 ] ◆-

[ 201506 ] NO TITLE

天狗 (ハヤタロウハ オルマイナ…)を期待したんだが。
[ 2021/08/24 ] ◆-

[ 205943 ] NO TITLE

踏み入るべきではない場所を読んできた、現役中国地方の中山間地域の人間じゃが
中国地方の方言って思わんかったなぁ…
こっちでよぉ使われとる「が」「げ」「じゃ」がじーちゃんの言葉にないし
[ 2022/03/22 ] ◆-

[ 205952 ]

205943
あげですがこげですがそげですわ。たいげしぇたもんだわ!と言っても他の地方の人には解りませんしねw
自分は鳥取県の海辺の出身ですけ。山側の人らとはちいと言葉は違っちょおけど、大体は解ぁですがね。
[ 2022/03/22 ] ◆.W9RRr0Y

[ 211097 ]

64457様
拝み屋さんが一ノ瀬さんもありなんだけど、村人にビシッと怒るあたり、私としてはやっぱり桜さんかなぁと。
ヤバイ、歳がバレますね(^_^;)
[ 2022/09/30 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント



Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー