怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   雑談掲示板   ツイッター

[ 9673 ] 移転前のコメント欄

[ 6291 ] NO TITLE
不思議な話だねー
家族が欲しかったのかな…?
[ 2011/08/18 ] NO NAME ◆-

[ 7050 ] NO TITLE
どこかに属したかったのかねぇ。
曾祖父さんのお葬式に集う人達が、思い描く家族と近かったのかも知れん。
真相が分かって気味悪かったろうに、家族でお葬式をあげたのは偉かったと思う。
これを下敷きに、すんごく切ない話と、すんごく怖い話の二通りの小説が書けそうだ。
[ 2011/08/27 ] NO NAME ◆-

[ 7063 ] NO TITLE
うちの過去帳には血縁でない物もちらほら載っている。
数代前の家族や親族の集合写真にも血族以外がいる。ただ、その人達も家族・親戚扱いであるらしい。過去帳に載るくらいだし。
ちょっと前までは、家族の枠組みが大らかだったのではないだろうか。
いろんな家族があっていいし、俺の子供の頃まではそういういろんな形の家庭がまだ受け入れられてたように思おう。
案外これも、曽祖父は家族扱いしてたんじゃないだろか。
まぁ、みずしらずってほうが話として怖くて面白いけど。
[ 2011/08/28 ] NO NAME ◆-

[ 7090 ]
赤の他人のための葬式って…優しいのはこの家族の方だな。
先日親父の葬式やったんだが、手間も金もかなりなもんだったぜ。
[ 2011/08/28 ] NO NAME ◆-

[ 10032 ]
警察でも身元がわからないくらいだから、天涯孤独で親族が欲しかったのかもね。
血が繋がってなくたって、気持ちが繋がってれば、みんながそう思えば家族だよ。
ハウルの動く城みたいに。
[ 2011/09/27 ] NO NAME ◆-

[ 12027 ] NO TITLE
>>7090
うん。この家族は優しいね。それを見抜いて謎のおじさんは慕っていたのかも。
[ 2011/10/24 ] NO NAME ◆-

[ 18805 ] NO TITLE
こんな腐りきった世の中に、まだこんな美談が
あろうとわ・・・。
ありがとう。
ええもん見させてもろたわ。
[ 2012/02/02 ] NO NAME ◆-

[ 25181 ] NO TITLE
師弟関係かもな。書生さんかもしれない。それだと、血の繋がりはないが家族も同然で、「微妙に遠い親戚」という表現も有りかも知れない。
あと、今では考えられないかもしれないが、曾祖父の時代ならば、乳兄弟というのもあり得るな。
同じおっぱいを吸った仲てやつだ。性的な意味じゃないぞ、断じてないからな、勘違いするなよ。
[ 2012/04/18 ] NO NAME ◆-

[ 36110 ] NO TITLE
自分たちの先祖を辿ってったら皆同じ先祖なんだからww
[ 2012/07/30 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/15 ] ◆Ahsw8Nok

[ 18725 ] NO TITLE

切ないなあ……
おっさんという存在が好きすぎてフィルターかかってんのかもしれないが
[ 2013/06/03 ] ◆-

[ 18730 ] NO TITLE

先に亡くなった曽祖父さんとの間に、親子同然みたいな特別親しい関係があったのかもね
他の家族は知らなかっただけで
[ 2013/06/03 ] ◆-

[ 19930 ]

だね、ホラー的には面白くないかもしれないけど、実際のとこは全く縁も所縁もない人という訳ではなく、今生きてる親族が知らないだけで、曾祖父とは何かしらの繋がりがある人だったんだろうな
[ 2013/06/15 ] ◆-

[ 43565 ] NO TITLE

父親の友達に遊園地に連れてってもらったってことだろ。
別に怖くないじゃん。
[ 2014/02/06 ] ◆-

[ 61309 ]

背乗り、、、だったんじゃないか?
[ 2014/08/30 ] ◆-

[ 113151 ]

優しいぬらりひょん
[ 2016/06/19 ] ◆-

[ 121963 ]

背乗りなら本人じゃないけど戸籍上は該当する親類はいるはず。普通に曽祖父に恩があるとかそんな感じで、死ぬ間際にでも打ち明けるつもりだったのが、ぽっくり逝っちゃったので謎のまま、ってことだと思う
[ 2016/10/23 ] ◆-

[ 123575 ] NO TITLE

似たような事例を聞いたことがあるけど、それは亡くなった方(この話の曾祖父にあたる方)の内縁の息子さんだったよ
戸籍上では全く縁がないし、他の親族も知らない……っていう。亡くなった方の手紙があって関係が知れたけど。
[ 2016/11/19 ] ◆-

[ 189601 ] NO TITLE

最初に思いついたのは「身内のように親切にしてもらった近所の人」
(天涯孤独の身であることを知って親切にしてもらった)
次に思いついたのは「ある程度内情を把握して背取りするつもりだった某所の工作員」
(名乗っている名前や戸籍も嘘なので普通の探し方では見つけられない)

婚外子ってのは思いつかなかったけど戦前まではお妾さんとか普通にいたわけだから
その可能性もあるわな…
[ 2020/05/29 ] ◆-

コメントの投稿













Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー