怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   ツイッター

[ 1201 ] 移転前のコメント欄

[ 39594 ]
相変わらずジワジワくる。
死ぬ前に作者にお会いしたいな。
[ 2012/08/22 ] NO NAME ◆-

[ 39602 ] NO TITLE
>>39594
もし知らないなら
作者はコミケ参加してるよ
夏は終わったけど、冬に行けば会えるかもしれないね
[ 2012/08/22 ] NO NAME ◆-

[ 39611 ]
シリーズ初期の気味悪さが戻ってきた感じ
[ 2012/08/22 ] NO NAME ◆-

[ 39613 ] NO TITLE
おお~ぞーっとした
この結局何者なのか解らない余白が想像力をかきたてられていいんだよなぁ
不確かなモノは不確かなままでよい
[ 2012/08/22 ] NO NAME ◆-

[ 39627 ] NO TITLE
座敷牢とかそこにいる得体の知れないモノとか、家怖的な要素がたまらん。
体の一部を入れ替えるって行為がイミフで不気味すぎる。
その意図がいたずらだったのか最初から既に悪意でやってたのかすら解らないし。
[ 2012/08/22 ] NO NAME ◆-

[ 39640 ]
コミケで会えるんですね~。
自衛隊の頃に心霊現象?を体験して、色々調べた果てに師匠シリーズに行き着き、そっからハマってしまったのですごく思い出深い。
39602さんへ、いつか行ってみます!
[ 2012/08/22 ] 39594 ◆-

[ 39693 ] NO TITLE
うおー
久々に師匠シリーズでぞくぞくする話がきた。
[ 2012/08/22 ] NO NAME ◆-

[ 39865 ]
連想…『Ⅰ』…?
[ 2012/08/24 ] NO NAME ◆-

[ 40091 ] NO TITLE
>>39865
最後に「こんな話もある。」って終わり方しているから、
連想Ⅱはその話じゃないかな。
[ 2012/08/25 ] NO NAME ◆-

[ 40545 ]
最近の探偵物はなんかちがう感じがしてたけど
これは「らしい」話だと思った
[ 2012/08/29 ] NO NAME ◆-

[ 46666 ]
最後の真っ暗闇で動けないって
跳ぶ話と似てる気がするな
[ 2012/10/09 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/03 ] ◆Ahsw8Nok

[ 16931 ] NO TITLE

これぞ和風ホラーって感じで楽しめた
ジワジワと来る怖さがたまらん
[ 2013/05/17 ] ◆-

[ 53519 ] NO TITLE

あの時の断末魔、祟り面のもんだったんかい!?
国宝級の祟り神を調伏するってどんな呪詛だよ……
[ 2014/06/10 ] ◆-

[ 79124 ]

これもおかしいな。
記録書が自分の顔になって、自分の顔が記録書になっているのに、どうやってそのことを記録するんだ。
机の上にある自分の顔の目から見える視界を頼りに、代わりに顔になった記録書にペンを走らせたっていうのか。
自分で自分の顔に落書きするみたいに。
入れ替わったことで自分の顔を裂いたというオチに繋がるが、それを記録におさめた説明、もしくは疑問がほしかった。
[ 2015/04/03 ] ◆-

[ 82696 ]

ある意味
論理的に破綻しているから
怖いって感じるってのも
あると思うんだよな。

コレは、推理小説ではないからさ。
[ 2015/05/15 ] ◆-

[ 133128 ]

廃屋の地下階段を延々降りて地下座敷にたどり着く話とかこれとか、ウニの描く地下室はたまらない。湿気や閉塞感を感じてゾクゾクする。
[ 2017/04/20 ] ◆-

[ 137392 ] NO TITLE

これ好き
[ 2017/06/14 ] ◆-

[ 146494 ]

到底理解できない感覚を記してるから「ものぐるい」なんじゃない?
幽閉された男が何を考えたとか何をしたとかを書物から読み取ったり想像する事は出来てても、その感覚を理解することが不可能なら、別に何もおかしくないと思うけど。
[ 2017/09/28 ] ◆-

[ 158049 ]

地下にいたのは角南の先祖らしいな
つまり老人の何代か前の先祖
[ 2018/04/16 ] ◆-

[ 173669 ]

髪の話の最後の声、事件引き起こしたやつの物だと思ってたけど仮面って見方もあるのか
ゾッとするわ
[ 2019/03/02 ] ◆-

[ 196393 ]

…?

俺って誰?
[ 2021/01/16 ] ◆-

[ 196399 ] NO TITLE

※196393
>「おまえ、いつから俺なんて言うようになったんだ」
>ドクン、と心臓が大きな音を立てた気がした。
>「あの変態が、僕なんて言い出したからだろう」
>そうだ。
>自分では気づいていなかったけれど。
>そうなのかも知れない。
(『血 後日談』)
[ 2021/01/16 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント



Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー