怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   ツイッター

[ 15698 ] 移転前のコメント欄1/2

[ 9824 ]
「七歳までは神の子」ってやつだな
リアルとうりゃんせ体験みたいで面白かった
[ 2011/09/25 ] NO NAME ◆-

[ 9828 ] NO TITLE
かぶるってのはかじるとか噛むとかいうことだろ。
きれいな髪を噛みたいってことじゃないの?
怖いなあ。
[ 2011/09/25 ] NO NAME ◆-

[ 9846 ] NO TITLE
数えで七つだから6歳でもOKさ!
[ 2011/09/25 ] NO NAME ◆-

[ 9848 ]
7歳までは魂がこの世に固定されてなくて曖昧な存在だって聞いたことあるお。夜に魂が天帝?だかなんだかのとこに飛んでって親の所業を報告しとるだとか。
きっと7つ越え→人間確定だから仲間にできねーし、って感じだったのかも?
[ 2011/09/25 ] NO NAME ◆-

[ 9932 ] NO TITLE
何か知らんがこれ読んでたら急に全身鳥肌たった…部屋暑いくらいなのに。
[ 2011/09/26 ] NO NAME ◆-

[ 10092 ]
『ななつまでは神のもの』だっけな?七歳くらいまでは簡単に病気とかで死ぬから、諦めろ的な意味だった気がする。
七歳より下は神のもの──親や人間世界のものじゃあないから、連れていっても、連れていかれても仕方ない・て言う『昔ルール』聞いた気がする
[ 2011/09/28 ] NO NAME ◆-

[ 16226 ] NO TITLE
後日談読んだ
この袴の人、86が歳ごまかしたって気付いてたんじゃないかな
ずっと見てたっぽいし
[ 2012/01/05 ] NO NAME ◆-

[ 19068 ] NO TITLE
かわいい
[ 2012/02/05 ] NO NAME ◆-

[ 19440 ] NO TITLE
ちょっとせつないな
[ 2012/02/10 ] NO NAME ◆-

[ 23029 ]
七五三の風習の起こったぐらいの昔は数え年だから、普通に七歳で合ってるような…?
下手すりゃ八歳だ。
[ 2012/03/21 ] NO NAME ◆-

[ 24863 ] NO TITLE
七五三の七つは、氏神様に「今まで、幼子ゆえの特別なご加護を有難うございました。
この先は人間としてやっていけますので、どうぞよろしく」って挨拶に行くもの。
年齢が多少前後しようと、七つのお参りに行っていない限りは危なかったともいえる
[ 2012/04/13 ] NO NAME ◆-

[ 30301 ] NO TITLE
本物の神は人を取って食ったりはせんよ、、
生贄を要求したり、交換条件だしてきたりするのは
低級存在で、モノノケ 妖怪 精霊 悪魔 系の類 
まあその低級存在すらも神と呼ぶ地域も多いが、
この話のは神ではなくモノノケの類でしょうね、まさに7歳ルールでしょう7歳までは人ではない、みたいな、7歳だったから手が出せない、その辺がルールは絶対の魔物っぽいが
本来の本物の神は、自分を神とは言わないし、何も要求しない、人も裁かない、罰も与えない、
人にお前は「特別だ、選ばれた存在だ」なんて差別はしませんし、自分が偉いとかも思っていない、
分離感すらもっていません 
愛そのものですから、
そこを勘違いしないように、変な自称「神」に気をつけて!
[ 2012/06/11 ] 名無しさん@ニュース2ちゃん ◆-
[ 2013/05/06 ] ◆Ahsw8Nok

[ 15699 ] 移転前のコメント欄2/2

[ 30314 ] NO TITLE
奈良時代や平安時代くらいだと、7~8歳くらいのおにゃのこは
十分、恋愛や結婚の対象になってたらしいと聞いたことがあるよ。
もちろん●ックスは適齢期になって生理が始まってからじゃないと無理だけど、
光源氏がやってたみたいに自分の手元に置いて可愛がりたい、というようなね。
もし、この書き手の家系が平安時代から続いてるようなものすごく古い家だったら、
青袴の主はご先祖の誰かという可能性もあるのではないか?と思ったり。
和歌や和琴は貴族の嗜みだったからね。
[ 2012/06/11 ] NO NAME ◆-

[ 30317 ] NO TITLE
追記。
平安時代だと、男の子も髻(もとどり)を結うために髪の毛を伸ばしていたとか。
金太郎さんのお人形みたいな、前髪ぱっつんおかっぱ髪ね。
京都の祇園祭で長刀鉾の稚児を補佐する2名の少年も、禿と呼ばれる。
「いちまかな、カブロかな」は、書き主の性別が少年だろうと少女だろうと関係ない、
とにかく可愛い愛おしい、という、いわば一目惚れに近いような状態だったのでは?
つまり、ロリっ娘だけでなく男の娘属性もおkだったとい(ry
[ 2012/06/11 ] NO NAME ◆-

[ 30320 ]
>30317
そういやそうですね、光源氏。

…ちょっと俺、時間逆行について本気で研究してみるっ(`・ω・)σ!!!!←
[ 2012/06/11 ] NO NAME ◆-

[ 35858 ]
どこぞの土地では七つまでは神のうち…とか言われてましたね
魂がヒトか彼岸か曖昧な時期だったような
六つまでなら誘いやすかったのでしょうか
[ 2012/07/29 ] NO NAME ◆-

[ 35860 ] NO TITLE
>9828
禿のことだよ。
[ 2012/07/29 ] NO NAME ◆-

[ 36160 ] NO TITLE
この話こわいけど大好きだー
市松人形みたいな幼女と狩衣か水干の青年が
奥の部屋で二人だけってそれだけで絵になるわ

>いちまかな、カブロかな
この子を自分のものにしたら、市松人形にしようか、それとも禿(少女のまま)にしようかな
ていう意味なんじゃないかな
相当気に入られたみたいだねこの投稿者
[ 2012/07/31 ] NO NAME ◆-

[ 50196 ] NO TITLE
七五三シーズンが近づくと読みたくなるなこの話
[ 2012/11/07 ] NO NAME ◆-
[ 2013/05/06 ] ◆Ahsw8Nok

[ 23169 ]

禿って遊郭にいる見習いの女の子のことでしょ?
この人、もし禿にされてたら後々青袴氏に……
[ 2013/07/14 ] ◆-

[ 35017 ] NO TITLE

戦時中に亡くなった親族の幽霊だな。妹に先立たれてしまい、さびしかったのだろう。
[ 2013/11/08 ] ◆-

[ 44208 ] NO TITLE

>30314
平安時代の女性の成人式(裳着)は、どんなに早くても10歳未満ということはない。
男性も然りで、もちろん成人前の男女が結婚することもない。
まあ道長あたりの時代まで来ると、5歳かそこらの幼児を女官に任命したとかいう
例もあるが、散々言われてるように通常は7歳までは大人どころか人のうちにも
入らないという感覚だった。
光源氏が若紫を見初めたのも一応は10歳くらい(推定)で、始め源氏が親代わりに
なりたいと言っても、周囲が結婚には早すぎると考えて承知しなかった。
神様ならともかく人間ならただの変人のロリコンだからな。

投稿主の年齢については、9846や23029が言うように数えなら7つでOKのはず。
年が明けると1歳年をとるから、12/31生まれでも翌日には数え2歳になるし、
誕生日前で満6歳なら数え8歳ってことになる。
狩衣の人は始めから縁がなかったってことだね。
[ 2014/02/15 ] ◆-

[ 44699 ] NO TITLE

単なる推測だが、これは投稿者が七歳未満だと答えれば
婚姻か契約かが成立する類のものだったんじゃないか。
青い袴の人はもっと小さいころから投稿者を見ていたようだし
見初めた子の実際の年齢くらい知ってるだろう。
声をかけるチャンスだっていくらでもあったはずなのに
七五三の直前に出てきたのは数えでは既に八つだが実年齢が七歳未満だと
言い訳できる最後の機会だからで、
待てるギリギリまで待っていたとか。

しかし禿の意味はわからんな
[ 2014/02/22 ] ◆-

[ 47665 ] NO TITLE

カブロは、齧(かぶ)る、つまり食べてしまいたいくらいかわいいねって意味だと思う
[ 2014/03/28 ] ◆-

[ 50226 ] NO TITLE

ごめん、寂しかった神様だろうがお化けだろうが、「かわいいお人形」のセリフのおかげで、性質の悪いロリコンにしか思えなかった…><
[ 2014/05/03 ] ◆-

[ 54443 ] NO TITLE

何かまんが日本昔話の蛇神を思い出す
人間に化けて幼子を食い殺す恐ろしい神だ
本人(と言うか本柱)は悪気が無いと言う点も同じだ
[ 2014/06/20 ] ◆-

[ 96345 ] NO TITLE

広告が真多呂人形公式サイト
[ 2015/10/06 ] ◆-

[ 116713 ] NO TITLE

かぶろは人日本人形の種類のことだろうとおもう。禿人形って呼び方があるじゃん?
「いちまかな、かぶろかな」は漢字だと「市松(人形)かな、禿(人形)かな」ってことかと。
ってもしかしてみんなわかっててボケてたんだったら私間抜け…
[ 2016/08/06 ] ◆-

[ 121833 ] NO TITLE

今でもたまに耳にする(と思いたい)が、小さい子がかわいらしい格好をしている時に、
「あらまぁ○○ちゃんお人形さんみたいやねぇ」という褒め言葉がある

それと同じで「(お人形さんのように)かわいい、(やっぱり)かわいい、(お人形に例えるなら)市松かな、禿かな、かわいい(以下、心の声ダダ漏れ)、かわいい、かわいい……」
であって可愛さへの賞賛なのだ

「かわいいねえ、かわいい。いい子だから言うことを聞きなさい」も、
お人形のような女の子が(貴族基準で)はしたない事をしてはいけない、かもしれない

可愛さと次はいつ出会えるか分らない会話出来る人に出会ったフィーバー状態(類似:初孫フィーバー)、
舞い上がって暴走してる感が激し過ぎて青袴の人を擁護しきれてない事は否まない、否まないが、
あたらかよふな行いをとらせける孤独の長さぞ想いけるに ただただあはれにこそ覚えむやは
[ 2016/10/20 ] ◆-

[ 193000 ] NO TITLE

昔は子供が死にやすかったし、場合によっては飢饉で幼子を間引きする必要すらあった
そこで子を失った親が落ち込まないように「7つまでは神のうち」「7歳まではまだヒトではなく神様から預かっている状態だから、神のもとへ帰っただけ」という迷信が作られた
[ 2020/09/18 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント



Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー