怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   ツイッター          スマホ版

[ 4153 ] 移転前のコメント欄1/2

[ 6566 ]
エンドルフィンが見せる幻覚かな
[ 2011/08/21 ] NO NAME ◆-

[ 6574 ] NO TITLE
科学的にいえばエンドルフィン云々かもだけど、
武道の神様とか妖的な物がお相手しにきたと思った方がオカルト的でおもろい。
見てる人の共通点もあることだし。
[ 2011/08/21 ] NO NAME ◆-

[ 6585 ] NO TITLE
でも気付いたら対戦相手を殺しちゃってた、なんてこともありそうで怖いな。
絶対にブレーキがかかるんなら良いけど。
[ 2011/08/21 ] NO NAME ◆-

[ 6587 ]
連続した組み手により、脳が肉体的な闘争に対して最適な精神構造へとスイッチを切り替えたんだろう。
相手が誰かとか、今がいつか、場所はどこかなどといった、闘争に必要ない感覚や情報がどんどん削ぎ落とされていく。
そこから帰ってこれない人や、比較的簡単にその領域に至る人間は、きっとニュースを騒がせたりするようになるはず。
覚えがなくはないし、日常的に延々と同じ作業をしている人なんかも似たような感覚を体験したことがあるんじゃないかな。
[ 2011/08/21 ] NO NAME ◆-

[ 6592 ] NO TITLE
>きっとニュースを騒がせたりするようになるはず。
いいすぎ。
けど、別の話で、剣を極めて鬼になって山にすみついた武将の話があったよね?最後確か狩られたやつ。
道を極めようとすると、なにか得体のしれない領域に入って鬼にも神にもなっちゃうんだろうねぇ。
これがそういうのの入り口かなとはおもう。
[ 2011/08/21 ] NO NAME ◆-

[ 6598 ] NO TITLE
>剣を極めて鬼になって山にすみついた武将の話があったよね?最後確か狩られたやつ
これあれだったよな確か
剣を究めて鬼なった末、山狩りで火縄銃で撃たれて殺された話
で撃たれる前に「誰か!?卑怯な!!」とか叫んで…
[ 2011/08/22 ] NO NAME ◆-

[ 6600 ] NO TITLE
精神が極度に達して飛んだな。
人のような黒い影は時空のゆがみネタでよく出て来る。
これは洒落怖より不思議な話かもな。
[ 2011/08/22 ] NO NAME ◆-

[ 6604 ]
確かに師匠シリーズのあれとか連想させるけど、さすがに「時空のゆがみ」はないわー。
師範の話だと、例は少ないけど来る人にはよく来る状態っぽいしね。
やはり人体内部からの働きかけだと思う。
[ 2011/08/22 ] NO NAME ◆-

[ 6606 ] NO TITLE
>6598
そうそう。山怖part48『鬼になった人』
オレの読み間違いか、いま確認したら狂人になった経緯は書いてなかったので、道を極めて鬼になったのではないかもだが。
武道の達人で誰かれ構わず斬りつけるって書いてたんで、はじめ読んだ時はそういう何かに魅入られたか入り込みすぎて鬼になったんだと解釈した。
[ 2011/08/22 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/18 ] ◆Ahsw8Nok

[ 4154 ] 移転前のコメント欄2/2

[ 6609 ] NO TITLE
>6606
俺も読み返したら「卑怯な」じゃなくて「無礼な」だった…まあ似たようなもんか
俺もこのセリフには俺なりの解釈があって
実は自分を剣で正々堂々と打ち勝てる人を待っていたんでないか
しかし自分を殺しに来たの銃で武装して奇襲してきた輩だった
だから最後に「無礼な」叫んだんではないか、と…

少し話がづれてきたな
まあ、この人のコレは実は鬼になる兆しだったりしてな
[ 2011/08/22 ] NO NAME ◆-

[ 6619 ] NO TITLE
〉一瞬気を抜いたら突きや蹴りが迫ってくるという、武道独特の極度の緊張下

↑殴られたり、蹴られたりで、そんなに緊張するのかな…
自分は組み手やってりゃ、ある程度当てられるのは当たり前だって感覚だな…
人それぞれなのかな
自分は「自分も相手もすごく動きが遅くなる感覚」っていうのがたまにあります。
「パンチが来る来る、あ、このままだとあたるな~」ってなるけど、スリップ出来ないW
逆に「おいおい、このままだとミドル当たっちゃうよ~、当たるよ~、わ、当たった」みたいな感じ。
物凄い疲れてるときになります。
[ 2011/08/22 ] NO NAME ◆3PZfBKVU

[ 8339 ]
過ぎたるは及ばざるが如し
[ 2011/09/10 ] NO NAME ◆-

[ 10007 ]
>6598
小野田少尉より下だな。
[ 2011/09/26 ] NO NAME ◆-

[ 35276 ] NO TITLE
いろんな体験がこれからもあると思うが、
“道”のつくものならばスポーツの枠ではなく、
心の高みへ続く道を修めているのだという自覚を持って進んでいって欲しい
柔道の二の舞だけは… カラー道着ッテナンダヨ,オマエラ相手ニ対スル気持ガぶるーナノ? orz
[ 2012/07/25 ] NO NAME ◆-

[ 38018 ] NO TITLE
>6587
>もう一歩も動けない・・・というコンディションからが本番
とあるから脳が組み手に関係ない情報を処理するのを中断して
ひたすら勝つための行動にパフォーマンスを割いてる状態なんだろうね。
この経験を重ねることでその切り替えが上手くできるようになる=強くなるってことかと。

『プログラマーの極限状態』でキーボードが認識できなくなるという体験談があったが、同じ理屈だろうな。
師匠シリーズの『四つの顔』は極限状態ではなさそうだが、たぶん本人のストレス耐性が低いんだと思う。
あと禅の修行で心身が極限状態になると、一見悟りのようで実は真逆って状態に陥ると聞いたことがあるが
それもこの状態を悟りと錯覚してるんだろうなあ。
[ 2012/08/12 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/18 ] ◆Ahsw8Nok

[ 16214 ] NO TITLE

日本の武道って、極めていくと妖怪退治とかそういうのに通じていくイメージがあるのは私だけ?
弓道なんて特にそんな色が濃いよね。

だから、そういうモノを見る=その域へ到達できる素質を持っているから、強くなれるのかと。


オカルト的には、こう考えると楽しいよ。
[ 2013/05/09 ] ◆-

[ 16218 ] NO TITLE

いずれ殺意の波動に目覚めるのか…
[ 2013/05/09 ] ◆-

[ 16229 ] NO TITLE

>(自分は、殴られる痛みがくすぐられたような笑いに変わっていくことがあります)
俺は武道はやってないけど、昔、友達とケンカしたとき、少なからずこの感覚はあった。
殴り合ったり蹴り合ったり、その瞬間がすごい気持ちいいんだよ。
何か「相手を知ろうとする」って言うのかな。
蹴りを受け止めれば受け止める程、相手の動きがわかって相手を理解していく感覚がうれしい。
そのあと、時間やばくなったら勝手に互いに終わって何事もなかったように仲良しに戻るしw
互いにじゃれてただけだからかもしれないけどw
[ 2013/05/09 ] ◆-

[ 27275 ] NO TITLE

 いや、ただねぇ。 倒れるまで組手てやると相手か自分壊しちゃうよ?
柔術系で約束組手ならすみませんでした。
倒れる寸前まで型や基礎、それから組手なら散々やったけど。
[ 2013/08/22 ] ◆-

[ 27286 ] NO TITLE

うしおととらの作者の形意拳で化物退治する話があるらしいね。読んだことないけど。
[ 2013/08/23 ] ◆-

[ 27315 ] NO TITLE

別に武道だけとは限らないんじゃね
川上哲治だっけ、ボールが止まって見えると言った人
極度の集中と経験の蓄積だよな
あと柔道の試合で脱臼したことあるけど
精神力でカバーできるなんてことはないな
拳の骨折とかとは違う
[ 2013/08/23 ] ◆-

[ 120921 ]

同じ話をカラテやってた時に聞いたよ
自分は組手の相手が真っ白に見えて周囲の空間が二次元みたいに薄っぺらになって自分と相手しかいなくなったように感じた事はある
テレビでGガンダムがやっていた時期で「これが明鏡止水か?!」などと浮かれたりもした

クッソ弱いままだったけど!
[ 2016/10/07 ] ◆-

[ 177993 ] NO TITLE

120921
好き。
[ 2019/06/07 ] ◆-

[ 182569 ]

タイトルだけ見て「沙耶の唄」を連想してしまったのは秘密だ
[ 2019/10/19 ] ◆vqn3jfY.

コメントの投稿











最新コメント



Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー