怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   ツイッター          スマホ版

[ 4962 ] 移転前のコメント欄1/2

[ 1928 ] NO TITLE
室町時代から現代まで呪いつづけているのか・・・
よっぽどA村のことを恨んでいたんだな
[ 2011/06/18 ] NO NAME ◆-

[ 9462 ]
>1928
弔う為の地蔵が、逆に呪いの核になってるっぽいな。
或いは意図してそういう風に作られたか…。
多分後者だろう。
[ 2011/09/21 ] NO NAME ◆-

[ 12887 ]
ただの負け惜しみやん
[ 2011/11/08 ] NO NAME ◆-

[ 14273 ]
水を征すると生活は良くなるものな
B村は悔しかったろう
あと関係ないけど上流に住むヤツは川を綺麗に使え、手羽先の骨とかビニール袋とか冷えピタ捨ててんじゃねえよ
水棲生物が迷惑してんだよコノヤロー
[ 2011/12/01 ] NO NAME ◆-

[ 18009 ]
↓と、河童が申しております
[ 2012/01/24 ] NO NAME ◆-

[ 18299 ] NO TITLE
カッパじゃないよカエルだよ♪
[ 2012/01/27 ] NO NAME ◆-

[ 18326 ] NO TITLE
カエルじゃないよアヒルだよ♪
[ 2012/01/27 ] NO NAME ◆-

[ 20799 ] NO TITLE
6月6日に雨ザーザー降ってきて♪
[ 2012/02/28 ] NO NAME ◆-

[ 21759 ] NO TITLE
三角定規にヒビ入って♪
[ 2012/03/09 ] NO NAME ◆-

[ 21790 ] NO TITLE
あんパンふたつ まめみっつ♪
[ 2012/03/09 ] NO NAME ◆-

[ 25688 ]
コッペパン2つ豆3つアンパン2つ下さいな♪
じゃないの?
あっというまにかわいいコックさん♪
[ 2012/04/24 ] NO NAME ◆-

[ 29062 ] NO TITLE
おい何だこの流れはw
[ 2012/06/01 ] NO NAME ◆-

[ 29418 ] NO TITLE
>14273
手羽先の骨はまだいいんじゃないか?
大量に流れこんでたりしたら問題だが。
[ 2012/06/04 ] NO NAME ◆-

[ 30803 ]
なんにせよ脱線しすぎwww
[ 2012/06/15 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/21 ] ◆Ahsw8Nok

[ 4963 ] 移転前のコメント欄2/2

[ 32224 ] NO TITLE
川の流れは木のように広がってるから、枝葉が茂るのはしょうがないかとw

>29418
骨の類は浅い川だと引っかかって、少量でもすっごく臭うんダゼ
臭う上にもれなく蝿・小蝿が群がってきて困るんダゼ
ジジババはいいかげん「三尺流れば水清し」って考えやめろ
お前等の一族がゴミをポイ捨てするのを受け継ぐからやめろ
[ 2012/06/28 ] NO NAME ◆-

[ 32244 ] NO TITLE
蛇足だが、刀狩りは本当に農村からあらゆる武器を徹底的に没収し、農民を完全に無抵抗にしてしまったのか?
一方的に武器を奪われ、みじめな農民達は盗賊とも戦う力がなかったのか?
「七人の侍」のように・・・事実はどうやら違うらしい。
実際は、刀狩り以降も農民は武装できる状態にあり、鉄砲なども所持していたらしい。
秀吉自身は身分制度の明確化を主にしたかっただけのようだ。
刀を持ってるのが侍で、持ってないのが農民とか見た目で判断できるように。しかも結構特例とか帯刀許可もあって、持ち歩いてはいけないけど、家にあるのはイイとかなんかユルい。
当時の成人男性の象徴であった大刀と脇差しに刀狩りは集中し、その他武器になりそうなものはスルーだったようだ。
[ 2012/06/28 ] NO NAME ◆-

[ 40723 ] NO TITLE
6月6日の参観日 雨がザーザー振って来て 三角定規にヒビ入って
あんぱん2つ豆3つ コッペパンひとつくださいな
あっと言う間に可愛いコックさん だと記憶している
地域によって多少の差異はあるようだが
コッペパンはコックさんの帽子になので、コッペパン2つは有り得ない>>25688
[ 2012/08/31 ] NO NAME ◆-

[ 48726 ]
いや、アンパン2つ←耳。
豆3つ←ボタン
コッペパン2つ←両足の靴
あっという間に←帽子グリグリ
と記憶している。
コッペパンが帽子だと足か耳が足りなくなってしまわないか?※40723
[ 2012/10/25 ] NO NAME ◆-

[ 48764 ] NO TITLE
つまり何だ、この十九地蔵にはコッペパンと手羽先まみれの足か耳のないコックさんが封じられていて、河童に迷惑掛けてるってことか? 嫌な話だな。
[ 2012/10/26 ] NO NAME ◆-

[ 52405 ]
恐ろしい話だな...
[ 2012/11/22 ] NO NAME ◆-

[ 57261 ]
なんだこの流れw
怖すぎる話に寄ってたかってコメ欄面白過ぎ!
おかげでガクブルおさまりました( ´ ▽ ` )ノてへ
文献とかしっかり残ってると怖いねえ〜またガクブル
[ 2012/12/30 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/21 ] ◆Ahsw8Nok

[ 12513 ] NO TITLE

俺んちの文献(小学校時代のらくがき帳)によれば
三角定規のヒビは、コックさんのズボンのようだ
[ 2013/04/06 ] ◆-

[ 12548 ] NO TITLE

棒が一本あったとさ
葉っぱかな
葉っぱじゃないよ、カエルだよ
カエルじゃないよ、アヒルだよ
6月6日に雨ザァザァ降ってきて
アンパン二つ、豆三つ
三角定規にヒビいった
コッペパン二つ下さいな
あっという間に可愛いコックさん
(歌と踊り:嶋田久作)

気になってGoogle先生に質問してしまったじゃないか
これにてR.I.P....
[ 2013/04/07 ] ◆-

[ 15520 ] NO TITLE

>(歌と踊り:嶋田久作)

ちょっ、ちょっと待った!
[ 2013/05/03 ] ◆-

[ 34533 ] NO TITLE

え、雨ザーザーの次が三角定規だろっ!?
[ 2013/11/02 ] ◆-

[ 34550 ] NO TITLE

棒が一本あったとさ
葉っぱかな
葉っぱじゃないよ、カエルだよ
カエルじゃないよ、アヒルだよ
6月6日に雨ザァザァ降ってきて
三角定規にヒビいって
コッペパン二つ、豆三つ
アンパン二つ下さいな
あっという間に可愛いコックさん

だったな(40年前、@旧羽村町)
[ 2013/11/02 ] ◆-

[ 64812 ]

なんだよこの米欄の流れwww
かわいいなwww
[ 2014/10/06 ] ◆-

[ 64815 ] NO TITLE

途中にグランギニョル
[ 2014/10/06 ] ◆-

[ 132615 ]

カッパじゃないよにとりだよ
[ 2017/04/09 ] ◆-

[ 132638 ]

まじか。俺のコックさんにはアンパンがなかった。
[ 2017/04/09 ] ◆-

[ 178015 ] NO TITLE

ウチのコックさんも雨の後は三角定規だったな…それはともかく
>(つまり、農民=弱者というマルクス主義史観を覆すと言う意味でね)
とあるが、まんが日本昔ばなしで育ったおっさんとしては『水争いで人死に』は割と見た
というかインパクトが大きかっただけかもしれないが、農民同志だと結構凶暴という印象
強いて言うなら「隣村のヤツなら庄屋でもぶん殴ってみせらぁ。でもサムライだけは勘弁な」という感じ
[ 2019/06/07 ] ◆-

[ 178023 ] NO TITLE

カッパじゃないよガストだよ
[ 2019/06/08 ] ◆-

[ 178029 ] NO TITLE

十九地蔵の怨念は水に流せない。
水利権を失ったので…
[ 2019/06/08 ] ◆-

[ 180020 ] NO TITLE

これ、琵琶湖北部の集落の事じゃねえかな
何年か前に読んだ本で似たような記事を読んだ気がする
[ 2019/07/31 ] ◆-

[ 180021 ] NO TITLE

読んだってのは幽霊話や因縁話じゃなくて
集落同士の武力闘争の記録です
まんま、私が読んだ記事に当てはまってってビックリです
[ 2019/07/31 ] ◆-

[ 186045 ] NO TITLE

葉っぱが一枚あったとさ
葉っぱの下に目玉焼き 目玉焼き
お耳がふたつ生えてきて
ワンコかな? 毛が三本!
あっという間にコックさん…あれ?
[ 2020/02/22 ] ◆-

[ 199760 ]

最初のところ読んで、A村の人とB村の人が結婚したらロミオとジュリエットみたいになりそうだなと思った
[ 2021/06/24 ] ◆WJVxs9X6

[ 199761 ]

水争いで人死にが出るのは稀によくあるし、水利権関係は基本そこで農業してる以上子々孫々と持ち越されるものだもんね。
水が足りない年にはBe村の人間はA村のことを恨んだだろうし、水争いで人死が出るような土地はそもそも水不足になりやすいから、B村の人間はずーっとA村を恨んでたわけだよね。
その恨みが十九地蔵という偶像に集まったんだね。十九人が恨んでるって言うより十九人はむしろB村の人々の恨みに囚われたせいで成仏できてなさそう。
[ 2021/06/24 ] ◆-

[ 199765 ] NO TITLE

日本でも水利法は平安時代まで遡れるぐらい根深いそうだからな。
水を巡る争いの結果十九人が死んだんじゃなくて、十九人を使い潰してでも水利を奪って我がものにしたかった、それだけの欲と怨嗟が十九人を縛り続けてる、と。
[ 2021/06/24 ] ◆-

[ 199769 ] NO TITLE

俺が小作している田んぼのある村と川を挟んで隣側の村も昔、水利権をめぐって何度もトラブルになってた記録があるよ。

大きな争いは四度ほどあったらしい。

俺が小作している田んぼのある村は水利権が四割しかないのに村の面積が大きいので、ちょっと日照ると水が足らなくなる。

それで水をよく盗んでいたらしい。

四度目の大掛かりな水泥棒をやったのが倒幕運動で世の中が物騒な時なのだが、村から水を盗むための水路を引くのに、身を隠しながらなおかつ大量に水を盗めるように、塹壕を掘りながらかなり上流の方まで上ったらしい。

最初は隣村の村人も気づかなかったが、結局はバレた。

それで、争いになるところだったのだが役人が来て、お前たち争うんじゃない!とだけ言って帰ってしまった。

本来ならちゃんと詮議というか吟味というか調査してまたあるように直さないといけないのに(たぶん処刑)、侍自身が倒幕運動の中で自分たちがそれどころじゃなかったのでほったらかしにしてしまった。

争うなと言われたので争うわけにもいかない隣村は迷惑至極。

で、そのまま明治維新を迎えてしまったものだから、明治政府もそのまま現状維持にしてしまい、有耶無耶になった。

結局、水泥棒した村は水利権が古文書では四割になってるのに実効支配は六割。

…、だから、今俺が借りている田んぼのある村の爺さん連中は、水利権が六割もある(ドヤ!)って、村の誰に聞いても自慢してくるのだが、近くのお寺の古文書にはしっかりと四割と記録されているはず。

最近、その古文書を現代語訳した学者のデータをインターネットで確認したことがあるので俺が記憶違いしてない限り間違いはない。

しかし、村人はそんな古文書が残されていることなど知る由もないから、まあ、エラそげに自慢すること自慢すること。

でも、はっきり言ってしまえば地主の爺さん婆さんはほぼ全員が水泥棒の子孫で、水利権の自慢なんかできたもんじゃない。あくまでどさくさで水利権を得ただけ。

水利権を鼻にかけて数十年前の基盤整備事業に乗っからなかったせいで形の悪い変形の田んぼや小さい田んぼ、水路が無駄に紆余曲折、他人の田んぼをまたがないと自分の他に入れない田んぼなどがあるので、大規模農家が相手にしてない。

あと三十年以内に集落が廃れていくかもしれないのに、二言目には水利権が六割、水利権が六割と…

猪が出て、猿が出て、鹿が出て、マムシが出て、狸とハクビシンが出て、カラスがつついて、米の値段が下がって田んぼの地価が下がって、百姓の数が減っているのに、水利権だけが取り柄の(それも自分にとって必要のない水は全てムダ水!) 土地なんてよく自慢できるよ。

何度も言うけどしょせんは盗人。

勝っても名誉も何にもない。まだこの話のB村の村人の方が立派。








[ 2021/06/24 ] ◆-

[ 199796 ] NO TITLE

『水害の時に用水路や田んぼを見に行ってしまう』
とセットで読むと、なにかこう色々胸が熱くなりますね・・・


水利権争いの農村集落同士の武力闘争ってそりゃあ凄惨だったらしいですよ
刀剣類が禁止されてからも鍬や鎌など振りかざして衝突してたみたいです
[ 2021/06/25 ] ◆-

[ 199797 ]

父の実家が昔農村で肝煎やっててそのへんの同族の総本家なんだけど(ちなみに貧乏)
私のことを可愛がってくれてた祖父が本来跡取り(父は次男)にしか見せないっていう高そうな手文庫を地袋から出してきてくれてさ、伝家のお宝!?それともオカルト!?ってワクテカしてたら江戸時代に交わされた水利権の文書だったことあった
近隣の各本家の当主(多分)の血判が捺してあって、契約決定時に支払われた金額だの分配だのなんだの書いてあったけど、正直そこまで勿体つけるほどのもんか…?と思ってがっかりしたわ
水利関係がそれくらい大事なものなのはこういう話読んでても分かるけど…
[ 2021/06/25 ] ◆-

[ 199821 ] NO TITLE

こういう古文書を、後世に残してほしいです。
郷土史研究は、地味な文書に掛っています。(/・ω・)/

[ 2021/06/25 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント



Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー