怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   ツイッター          スマホ版

[ 6400 ] 移転前のコメント欄

[ 4965 ] NO TITLE
まぁ、順当に考えれば良い一つ目の妖怪に助けられたってとこかな?
もしくはサイクロプスw
[ 2011/07/31 ] NO NAME ◆-

[ 4989 ]
ふつーに迷子を保護して
ふつーに親元に連れていった、山に棲まうひと。
主さんの語り口も相まって不思議な優しい話だと感じました(*´∇`)
[ 2011/08/01 ] NO NAME ◆-

[ 5566 ]
山の不思議な話でたまに出てくるね。訛りの強い一つ目の大きなおじさん
[ 2011/08/09 ] NO NAME ◆-

[ 8556 ] NO TITLE
温かい感じでほわーってした(*^ω^*)
日本の一つ目、あるいは一つ目で一本足の山の主さんは、
後世のキュプロークスと同じく鍛冶を司る古き強い神格だったのが、
信仰を次第に失い、山に関わる人たちにひっそりと信仰される小さな神格か、
山によっては全く信仰を失って妖怪になったものだと言われてます。
こちらの一つ目さんはいい精霊さんみたいで良かった。
[ 2011/09/12 ] 放課後名無しタイム ◆-

[ 8884 ] NO TITLE
邪視の話の一つ目の怪異とはえらい違いだ。
こちらは信仰は失っても神で在り続けてるって感じなのかねぇ。
[ 2011/09/16 ] NO NAME ◆-

[ 14824 ]
マタギかな?一つ目と言っても、隻眼の人かもしれん。
[ 2011/12/11 ] NO NAME ◆-

[ 14826 ] NO TITLE
>>8556さんの言うとおりだな。
俺が知っているのは、その一つ目に睨まれると失明するという恐ろしい話だが、睨まれなくてよかったね。
[ 2011/12/11 ] スケット団 ◆-

[ 28182 ] NO TITLE
新耳袋でも一つ目のおじさんと邂逅するシーンがあるね。
彼らはどんな存在なんだろう。
[ 2012/05/24 ] NO NAME ◆-

[ 57950 ]
お礼は義眼のが良かったかもね
[ 2013/01/06 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/27 ] ◆Ahsw8Nok

[ 11310 ]

一つ目の おっさんと焚き火で一緒に酒盛りして語らいだ話もどこかにあったよね

ウイスキーあげたら すごい喜んでたってw


[ 2013/03/28 ] ◆-

[ 13537 ]

ええ話や
[ 2013/04/15 ] ◆-

[ 164543 ]

毛皮を着てるってとこで一瞬マダムを想像してしまって、話口調が合わなくて混乱した。
マダムでなくマタギみたいな『毛皮』の服ね…。
一つ目でようやく脳内で水木しげる絵で再生されたわ。
[ 2018/09/07 ] ◆-

[ 198231 ]

一本ダタラに代表される山中に現れる一つ目の怪異(多くは一本足でもある)は、砂鉄を原料にタタラ製鉄を行う異能集団が原型とされている
常にふいごを踏み続けるために片足を傷め、温度の確認のため片目を眇めて炎を見続け隻眼になる
麓の農民からすれば正体不明の怪しい人々にしか見えないが鉄をもたらすありがたい存在でもあった
[ 2021/04/14 ] ◆-

[ 208643 ] NO TITLE

一つ目だったかはわからないけど、
自分が子どもの頃山で見た人外さんがまさにこんな風貌だったので
他にも見た人がいるんだと驚いた
[ 2022/06/25 ] ◆-

[ 208648 ] NO TITLE

その人外さんのお話、伺いたいです。(; ・`д・´)
[ 2022/06/25 ] ◆-

[ 208683 ] NO TITLE

208648
会話したわけではないのでたいしたこっちゃないんですが、
小二の夏に山の中の少年自然の家に泊まったんですよ、夜寝付けなくてじっとしてたら
ギシッギシッと二段ベッドの梯子を降りるような音とミシッミシッと畳を歩く音がして、
そのあとシーンとしたのではて?と思い見ると天井まで届きそうな背丈に全身蓑状態の“ナニカ”がいたんです。

よく見ると頭にあたるところにツバの広い帽子をかぶっているかのようなスッと飛び出ているところがあって。
薄明りだったので毛皮?蓑?はっきりとはわからなかったのですが
投稿者さんの出会った“おじちゃん”の説明にこれだ!となりました
[ 2022/06/25 ] ◆-

[ 208719 ] NO TITLE

小学校のスキー教室の時にあやうく置き去りにされかけたことならある。
インストラクターが凄く声の小さい人で、集合の号令が自分のところまで届いていなかったのだ。
そいつ人数確認もしてなかった。いくら晴天だったとはいえ、雪山だぞ?
帰宅後、母に愚痴ったら学校にすっ飛んでいって抗議してくれた。
後輩たちが今のところ同じ目に合っていないのが幸いだ。
[ 2022/06/26 ] ◆-

[ 208726 ] NO TITLE

208683>>ありがとうございます。
想像すると、かなり怖いです。

208719>>生死を分けかたもしれない事件ですね。
御無事でよかった。
[ 2022/06/26 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント



Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー