怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   雑談掲示板   ツイッター

[ 6574 ] 移転前のコメント欄

[ 60666 ]
犠牲者の数とんでもないね
[ 2013/01/26 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/28 ] ◆Ahsw8Nok

[ 10995 ]

私に祖父もこの事故で亡くなってます。
犠牲者の方々の写真が載った分厚い本は、一回見ただけですが忘れられません(ーー;)
[ 2013/03/25 ] ◆-

[ 29580 ] 今もぞっとします。

子供の頃隣に木造の大きなお屋敷がありずっと空き家になっていたんですがある時私と同じくらいの女の子がいる家族が引っ越して来ました。すぐに仲良くなりその子の家に何度か遊びに行ったんですが、子供心に薄暗い部屋の中に何かがいるような気配と背筋にひんやりとした冷気を感じた記憶があります。その後その家族はすぐに引越して行きその記憶は遠いものになっていたんですが大人になってから母が「私たちが引っ越してくる前あの家は洞爺丸事件で一家5人が犠牲になりしばらく空き家になってたんだよ。その後引っ越して来た家族もすぐに出て行ったからやっぱり何かあったんだね・・」と話しをしてくれたんです。
それを聞いてあらためて子供心に感じたあの記憶が蘇って来ます。
[ 2013/09/16 ] ◆-

[ 45927 ]

確かこれをきっかけに、富士山の気象レーダーや気象衛星を配備したんだよね。
それまでは、沖に出ている漁船などからの無線に頼っていて、範囲や正確性が良くなかった。
[ 2014/03/07 ] ◆-

[ 50782 ] NO TITLE

うちの、じいさんがこの事故の生存者でさあ、、。生存者、っていうのは正確じゃないかもしれないんだけど。というのも、ぎりぎりで
船に乗れなかったんだよね。時間に間に合わなくて。でも、時間より遅くに出航したから乗れた人もいたんだって。目の前で船のふたっていうの?船と港をつなげる奴が上がっちゃってねえ。ああ〜、まにあわんかった、ってがっかりしたらしいけどあとでぞっとしたって、、、。
[ 2014/05/11 ] ◆5zY9PoLE

[ 93518 ] NO TITLE

※50782 
西塚十勝さんのお孫さん?
[ 2015/09/01 ] ◆-

[ 101457 ] NO TITLE

私の祖父がこの海難事故で亡くなったそうです。
子供を五人残して。
父も最近亡くなり、一度七重浜に行かないと行けないなと、孫ながらに
思っています。
[ 2015/12/16 ] ◆-

[ 147066 ] NO TITLE

懐かしいな、青函連絡船。自分が利用した頃は、乗る時に蛍の光が流れてた。
乗船の時の橋は階段じゃないけど、飛行機と同じでタラップと言うらしい。
ボーディングブリッジというほど大きなものではなくて、甲板より一段下くらいの
イルカのマークのすぐ脇に乗船口があった。
なお就航当時の船体は、今でも函館と青森に摩周丸と八甲田丸が保存されてる。
お台場の船の科学館にも羊蹄丸があったけれど、今はもうないんだよな。


[ 2017/10/04 ] ◆-

[ 165610 ]

七重浜にあるスパビーチの後ろの海に死体いっぱい流れ着いたって本当?
[ 2018/09/27 ] ◆-

[ 165614 ] NO TITLE

本当です。
あの台風のときは、函館湾内に、多くの貨物船、漁船、客船が停泊していました。

まだ洞爺丸ことを全く勉強していなかった若い頃。
9月下旬のお彼岸前後は、仕事がちょっと暇なので「遅い夏休みの長期休暇」を取って一人で北海道に行った。
レンタカーで渡島半島を回って、松前方面から函館へ走った。田舎なので平日の深夜は滅多に交通はない。
「ここも湾岸道路だよな」まっ黒な海の先に函館の町が輝く夜景を楽しもうと、駐車可能な場所に停め、缶コーヒー片手に降りて函館を眺めた。
そよ風、静かな海。道路の下に消波堤でもあるのか、波がぶつかる小さな音「…シャポン…ガポン…シャポン…」、
人生最大の恐怖感!! とにかく怖い!! ただの静かな波の音が、見えもしない海が、超絶怖い!!
多少は人外のもの見てきた自分だ、何か存在するのか?  
と気丈になりたかったのだが、スゴスゴ逃げた。
その後、博物館になっていた羊蹄丸に行って、洞爺丸のことを勉強した。
当時の新聞記事がそのまま展示されていた。本も読んだ。
七飯浜には、信じがたい数のご遺体が、打ち上がっていた。
火葬が間に合わず、函館の大森浜に運ばれて、ご遺体が延々と寝かされた写真もあった。
その写真には、ご遺体たちの間に立って、家族を探す人もたくさん写っていた。

自分はミステリースポット突撃はしないし、オカ経験は10人並みだ。
七飯浜も、「夜に道端でちょっと休憩した。怖かった」というだけだ。
しかし、数年前に平均寿命の半分を過ぎた現時点で、あの「こわい」感覚は空前絶後だった。
[ 2018/09/27 ] ◆-

[ 165615 ] NO TITLE

あ、函館にあったのは羊蹄丸でなくて八甲田丸か。
国鉄好きさん、ごめんなさい。
[ 2018/09/27 ] ◆-

[ 165707 ] NO TITLE

>れんこんさん
函館に残っている連絡船は摩周丸です。八甲田丸も青森で記念船になっています。
ともあれお彼岸の頃と言うと、まさに事故のあった時期にぴったり一致しますね。
地元出身の零感人間ですが、洞爺丸の話は当時を知る家族から繰り返し聞かされました。
彼岸の真夜中の七重浜…地元の人間ならまず行きたくないです。
なお函館の葬式は通夜の前に火葬を行いますが、一説ではこの洞爺丸事件がきっかけと
言われています。
確かに気候の冷涼な北海道とはいえ、9月にあれだけのご遺体の葬儀を行っていたら
相当悲惨なことになったでしょうね…
[ 2018/09/29 ] ◆-

[ 165710 ] NO TITLE

おお。摩周丸でしたか! 重ね重ねすみません。<m(__)m>

もう昔のことで、日付までは覚えていませんが、事故は9月26日だったのですね。
近い上に、そもそもお彼岸は秋分の日の前後なので、ピンポイントで突撃したようなものだったのですね。
何も見なかったのではなく、恐怖のあまり遮断していたのかも。
今思い返しても体温が下がってきます。
[ 2018/09/29 ] ◆-


コメントの投稿












最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー