怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   ツイッター          スマホ版

[ 52330 ]

現実逃避者物語か
[ 2014/05/27 ] ◆-

[ 52337 ]

wiki見てきたけど、原作はネロ15歳(美少年)、アロア12歳らしい。時代背景もあるから一概には言えないけど、大人とも言い切れない微妙な年頃だね。

アロアとの友人関係を反対されてたのは、ネロが15歳で美少年だから、アロアが色気づくと困るかららしい。
[ 2014/05/27 ] ◆-

[ 52338 ] NO TITLE

大人になってから日本のアニメ版を見たが、アロアパパの腰ぎんちゃくの男(ハンスだっけ)、こいつさえいなきゃネロもその周辺の人たちもそれなりにうまくやって幸せだったろうに、と歯ぎしりしながら見てた
アロアパパもなんで嫁や娘より腰ぎんちゃくの言うことばっか信用したのか
今思い出しても歯ぎしりが止まらん
[ 2014/05/27 ] ◆-

[ 52350 ] NO TITLE

アロアパパの中にババロアが見えてくる……
[ 2014/05/27 ] ◆-

[ 52356 ] NO TITLE

ようは働いたら負けなニートちゃんの話しなのか…
感動を返せ
[ 2014/05/27 ] ◆-

[ 52359 ] NO TITLE

あの話は「絵なんて描いて遊んでいないで堅実に働きなさい」という教訓を得させるものだと思う。
絵で一発逆転なんて宝くじに全財産つぎこむのと同じでリスキーな道だ。
[ 2014/05/27 ] ◆-

[ 52371 ] NO TITLE

そうだな。
時代背景を考えれば、高等教育を受けられる家庭の子以外は15歳なんて
働かなきゃならんレベル。
[ 2014/05/27 ] ◆-

[ 52375 ] NO TITLE

捻くれて取りすぎだな
自分の求めるものを求めて
最終的に死をもって償ってるから別に良いじゃん

だからベルギー人はダメなんだよ
[ 2014/05/27 ] ◆-

[ 52387 ] NO TITLE

ストーリーはベルギー人には絶対に受け入れがたいとかで、「ベルギー人は人情にあついんだあ!こんなかわいそうな子供を野垂れ死にさせるような薄情なやつはおらんっ!」と怒ったと聞いたことがある。
アニメではアロアのお父さんは意地悪な人に描かれているが、この家はもともと決して裕福ではなかった。お父さんは子供のころから家の手伝いをしながら勉学にも励み、家畜を肥え太らせる飼育について研究し、各種加工品でいかに収益をあげられるかを工夫し、村の有力者として一目おかれるようになるまで多大な苦労をした人で、本当に立派な人なのは間違いない。お父さんがネロに「絵なんか描いていないで爺さんを助けて毎日まじめに働け」と叱っているが、赤の他人の子供なんてどうなろうが知ったこっちゃないという人の多い中で、他人の子供をちゃんと叱る大人は本当によくできた人だと思う。子供にこの本を読み聞かせるときは「ネロのようになってはいけない。子供のころからしっかり手伝いや勉強に励んでアロアのお父さんのような立派な人になりなさい」と教えるべき。
[ 2014/05/27 ] ◆-

[ 52404 ]

52375
ベルギー人の何を知ってるんですかね……
[ 2014/05/27 ] ◆-

[ 52410 ]

アロア父が反対しなければ、いつかビッグになる!が口癖の自称画家のヒモ男が誕生してかもしれないのか…(´д`|||)
[ 2014/05/27 ] ◆-

[ 52446 ] NO TITLE

アニメ映画版はコンクール優勝者の絵がダントツ過ぎ
ネロも貧乏で画材がないからってざっくり過ぎで
なんか上手く泣けなかったなそういやw
[ 2014/05/27 ] ◆-

[ 52457 ] NO TITLE

アニメってネロが死んだ頃、絵が入選?かなんかして賞金を誰かが持ち帰ってなかったっけ。
そのシーンだけなんか頭に残ってる。
ようは夢ばかり見てないでまずはちゃんと働きなさいって事と、やるなら最後まで諦めんなって事かしらね。
[ 2014/05/27 ] ◆-

[ 52472 ] NO TITLE

>>52404

まったくだな
[ 2014/05/28 ] ◆-

[ 52494 ] NO TITLE

Bunkamuraミュージアムでやっていたルーベンス展にいったら、ネロのグッズが売店にやたらと売っていたw。
[ 2014/05/28 ] ◆-

[ 52546 ] NO TITLE

※52457
ネロは入選してないよ
良い線いったけど、惜しくも落選
しかし審査員の一人が「この子は伸びる」とネロの才能を評価して、「彼を引き取って絵の勉強をさせてやりたい」とやってくる
でもその時すでにネロは家を出た後
そしてあの有名な最終回へ
[ 2014/05/28 ] ◆-

[ 52578 ] NO TITLE

>>52410
NHKの「LIFE!」でやってる、母親を探し続けて40越えたマルコ(名前はマルオだけど)のコントみたいになりそうだな
[ 2014/05/28 ] ◆-

[ 52627 ] NO TITLE

日本人妻が殺されたって、ソースないんだよな。
[ 2014/05/29 ] ◆-

[ 52648 ] NO TITLE

昔、外国の実写の映画「フランダースの犬」をテレビで見た。
ド貧乏のお爺さんが世間様のお陰で日銭を稼いで食べさせてくれているのに、身の程知らずにお絵描きする暇があったら、薪でも割って売りに行けよ、このゴクツブシめ! と思った。
アニメは、ネロがまだ小さいし、働き者で誠実だから同情できたんだよな。
[ 2014/05/29 ] ◆-

[ 52650 ]

フランダースの犬 殺人事件でググったら東京と仙台で同じ日に二人の女性が墜落死したとか出てきたんですが...教授これはいったい!?
[ 2014/05/29 ] ◆-

[ 52666 ]

同一人の犯行による他殺かもしれません。 ただの墜落かもしれません。 真相はXファイル見ても分かりません。
[ 2014/05/29 ] ◆-

[ 52687 ]

日本人妻殺害って、ソースも出せないようなヘボサイト一件しか引っ掛からんのですが・・・
[ 2014/05/30 ] ◆uCw/151A

[ 53053 ] NO TITLE

仕方ないな

オランダ語が分かる俺が調べてやったわ
殺害したのはヤン・コルテール(Jan Corteel)
Jan Corteel Moord(殺人)でググったらいっぱいヒットした。
その一番上のサイト
ttp://www.hln.be/hln/nl/957/Binnenland/article/detail/1115266/2010/06/07/Corteel-veroordeeld-tot-14-jaar-cel-voor-moord-op-Yoshimi.dhtml
アントワープ裁判所がアントワープ出身のヤン・コルテールに日本人妻ヨシミ・イシイを殺害した罪で14年の刑を言い渡した。
[ 2014/06/04 ] ◆-

[ 53231 ] NO TITLE

え!マジだったの!さんくすこ。>>53053
[ 2014/06/06 ] ◆-

[ 53444 ] NO TITLE

53231
いや、久しぶりにオランダ語なんつー何の役にも立たないスキルが役立ってよかったわ

前妻にも浮気されたヤンさん、今度も妻が浮気してて、日本旅行の後、妻は「元の仲に戻るよう努力する」
というものの、浮気相手には「あなたを選ぶわ」と言っていた模様
そんなこんなで発作的に22箇所以上を刺して妻を殺害

17年の求刑だったが、真面目な人柄であったことなどが証言され、情状酌量により14年禁固だって
[ 2014/06/09 ] ◆-

[ 59503 ] NO TITLE

※53053
サンクス。それにしてもオランダ語できる人がいるとは。
ひょっとして長崎の通詞さんでつか?
[ 2014/08/13 ] ◆zKg8Zj/U

[ 59506 ] NO TITLE

※53053
サンクス。それにしてもオランダ語できる人がいるとは。
ひょっとして長崎の通詞さんとか?
[ 2014/08/13 ] ◆zKg8Zj/U

[ 59512 ] NO TITLE

二回結婚して二回とも妻の浮気って、それはもう本人の好みが「浮気するような女性」
だったか、あるいは本人が浮気したくなるような駄目旦那かのどっちかじゃないの?
真面目な人柄だったそうだが、思い詰めてキレると止まらないタイプみたいだし、
どっちもどっちだったんですかねえ。
[ 2014/08/13 ] ◆-

[ 74772 ] NO TITLE

※52337
※52371
私の祖父は明治38年生まれだけど,高等小学校出てすぐ,今でいうと中3になる歳から働き出したよ。
それも本当は尋常小学校だけで働かせるつもりだった曽祖父のところに学校の先生が来て「勉強が得意なのに勿体無い」と言ってくれたから高等小学校に行けたとか。

大正時代の日本でもそうだったんだから,15歳のネロはもう自活を求められる年齢だろうね。
[ 2015/02/08 ] ◆zKg8Zj/U

[ 74801 ] NO TITLE

パトラッシュは賢く健気で優しい子だった。
それだけは間違いない。
[ 2015/02/08 ] ◆-

[ 75837 ] NO TITLE

自分もネロよりパトラッシュに涙したクチw
[ 2015/02/22 ] ◆-

[ 93539 ]

芸術家志望の人種なんて、だいたい原作のネロみたいなもんだろ。
餓死するまで働かないのもいるし、妻子と莫大な借金を残して自ら命を絶つのもいるしな。
たとえ、彼が大天才だとしても生前に評価されることは寧ろ少ないし、才能あるなしは別にしても、大抵周りや社会に迷惑かけまくりの生涯を送る。常識人が、「絵なんて描いてないで働け」と言ったところで、彼には何のことだかわかりはしない。
芸術家やその卵は、例外はあるにしても、常識人がその主要な構成員である一般社会からしたら 排除すべき悪性腫瘍でしかない。もしネロがニートの屑だとすれば、多くの芸術家やその卵もそうだということになるだろうな。ボードレール流に言えば、「巨人の翼、人の世の行路の邪魔」ということ。
まぁ、作者のマリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメーがそこまで考えて、この物語を書いたとは思わないけれども。
[ 2015/09/02 ] ◆X.Av9vec

[ 93557 ] NO TITLE

殺人事件
こりゃ幼少期にアニメで感動した人に教えるべきでは無いかと思ったが
悪魔的に教えて差し上げたいな 北欧って死刑制度ある国少ないから無期かな
流石にルーベンスはもう生で拝め無いだろうなぁ
[ 2015/09/02 ] ◆-

[ 99875 ]

>74801
タイトル的にもパトラッシュを主役と考え、どんな主人でも慕って一生尽くす名犬の話…
というのが正しい解釈なのかな。
[ 2015/11/19 ] ◆-

[ 99892 ] NO TITLE

はうっ! 眼から鱗が。
そうだよ、パトラッシュ。
重い荷車を牽かされ、虐待されても金物屋に噛み付かず。
極貧老人家庭に拾われ、子守りと荷車牽きの毎日にも耐え。
冷たい教会の床に伏せて子供を看取る。
名犬物語だ。
[ 2015/11/20 ] ◆-

[ 99895 ] NO TITLE

ネロみたいな生き方を志向した人を知っていますが、周囲の人間はたまったもんじゃありませんでしたよ。
人に金を貸してくれとたかってばかり。もちろん借りっぱなしで一度も返済したことなし。奥さんと二人で売れる見込みのない絵ばかり描いていた。
[ 2015/11/20 ] ◆-

[ 112441 ] NO TITLE

住む場所も食べるものも無い孤児と犬を放置するほど
我々は冷たく無い!とベルギーの人たちはオカンムリだと聞いたよ
似たような感じで、ミリオンダラー・ベイビー
外国への遠征試合で汚い反則を食らって重傷を負った選手を放置なんかしない
すぐに救急隊を要請、相手選手を刑事告訴、その国に厳重抗議、医療費と賠償金を取る、と全米ボクシング協会は怒り
全身麻痺で死を望む患者を放置しない、カウンセリングとリハビリで社会復帰を目指させる、と
全米医師会も激怒したそうな。あんまテケトーな話を作るもんじゃ無いね
[ 2016/06/10 ] ◆-

[ 114115 ] NO TITLE

アニメみてた小さい頃からガキよりパトラッシュの方が主役じゃん、ガキ全然ダメって死んでも何とも思わんかったわ。パトが可哀想なだけなアニメだった
[ 2016/07/02 ] ◆-

[ 115421 ] NO TITLE

最終回のあの場面以外見たことないアニメだけど
穏やかな表情ながら内心では(こいつマジでダメだな・・・)とネロに対して辛辣に思いつつも
最期は(しゃあねぇおれもつきあってやるよ・・・)と死んでいくパトラッシュの主役話なら見てみたい
[ 2016/07/21 ] ◆-

[ 146007 ]

オランダ語解る人かっこいいな!お陰様で読後感後味悪くない!サンクス!
[ 2017/09/23 ] ◆-

[ 146009 ] NO TITLE

昔は、ちょくちょく再放送されていましたね、フランダース犬。
いま見たら、画面のパトラッシュの頭上に、辛辣なコメントを妄想しそうです。
アロアのお母さんは、若いのにとてもしっかりした、素晴らしい女性だと思います。
[ 2017/09/23 ] ◆-

[ 146010 ] NO TITLE

たしか「鷹の爪」を作ってたFROGMANがパロディ作ってたっけな。
[ 2017/09/23 ] ◆-

[ 164516 ] NO TITLE

日本人はあのアニメのイメージで見に行くから
無駄にリアルに作られたネロ&パト像を見て
コレジャナイ感が半端ないってTVでやってたな
向こうも日本人誘致したけりゃそこまで徹底するべきだね
[ 2018/09/06 ] ◆-

[ 218156 ] NO TITLE

だいたい画家は死んでから評価される人も多いし、ヒトラーも若い頃に絵描きをしてたし。
はっきり言って絵描きにいい印象はないわ。
[ 2024/02/24 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント



Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー