怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   ツイッター          スマホ版

[ 8656 ] 移転前のコメント欄

[ 2004 ] NO TITLE
ゲーッ!! 237 怖過ぎりょうたろうー!!
お母さん今は直ったのかな?
お大事に。
[ 2011/06/19 ] NO NAME ◆-

[ 3101 ] NO TITLE
親の不和が子供の心に与える影響は凄いからな。
別れもせず、今は仲が良いなら深く考える必要もないんじゃないかな
[ 2011/07/08 ] NO NAME ◆-

[ 7816 ]
よくある女のヒステリーだよ
うちの母も酷かったよ
そんでヒステリー母って子供を味方に取り込もうとすんだよ
暴れる自分を正当化しようとしてね
[ 2011/09/05 ] NO NAME ◆-

[ 11410 ]
>7816
すごく分かります
うちの母も同じ
被害者意識も酷いし泣きながら訴えるから
大抵子供は取り込まれて共依存に陥る
話し手さんが共依存から解き放たれてますように
[ 2011/10/15 ] NO NAME ◆-

[ 12266 ] NO TITLE
母親を止めようとしてる父親にも恐怖感じたりしたのかなぁ…。
「暴れてたのお前だろ」って言われるのかと思ってました。
そう云うの聞いたことあったので。
[ 2011/10/28 ] NO NAME ◆-

[ 43302 ] NO TITLE
こーゆう話し聞くとよくわかるけど、怖い話ってだいたい体験者の人格とかが問題あるんだよね。
今回の場合は子供で仕方ないと思うが。
[ 2012/09/18 ] NO NAME ◆-

[ 43360 ] NO TITLE
当時だと親は大体40前後だろう。
35~45くらいは、親の老後・子供の将来・職場での立場… 背負うものが大きくなる。
更年期も加わり 実に精神が不安定になる。
自分がその年代だからよく分かる。
うちの親父もその頃が、とても怖く嫌いな印象がある。
[ 2012/09/19 ] NO NAME ◆-

[ 53401 ]
兄が父、弟が母の肩をもった。
両親が喧嘩してた時どっちが強いとか正しいというのは大して無かった。
なので兄弟は自分が味方しなかった方の親のイメージを無意識に悪くした
[ 2012/11/29 ] NO NAME ◆-

[ 56627 ] NO TITLE
>>53401
いや、単純に4~5歳って年齢の問題だろう。
兄の言うことが真実なんだと思う。
[ 2012/12/24 ] NO NAME ◆-

[ 56854 ] NO TITLE
子供の頃の記憶って、大抵当てにならんよなぁ
[ 2012/12/26 ] NO NAME ◆-

[ 57036 ] NO TITLE
子供は視野が狭い上に、周囲の状況を把握できてないからね
さらに人間の記憶って、記憶に残ってる断片的な情報を繋ぎ合わせていつの間にか別の記憶を作り出してしまったりするし
[ 2012/12/28 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/10 ] ◆Ahsw8Nok

[ 23516 ]

お母さんPMDDだったのかな
[ 2013/07/17 ] ◆-

[ 34231 ] NO TITLE

最後の文から判断すると、母親への当て付けじゃないかな
母親が何らかの理由で精神的不安定になって暴れる
その事で当時4、5歳だった彼は理由も分からなかったが耐えていた
父親に何らかの原因があったと漠然と想像し始める
家族が結局何も語らず、彼だけが原因がハッキリしないまま現在
母親を追及して、責めてるともとれなくない
父親が何か悪いことしたの?
俺が悪かったの?
そうでなかったら何であんな事をしたの?

双子説も捨てがたいが
[ 2013/10/31 ] ◆-

[ 35494 ] NO TITLE

山岸涼子か、大島弓子あたりが
うまいこと子供の心理状態を表現しながら漫画で説明できそう。
[ 2013/11/13 ] ◆-

[ 47175 ] NO TITLE

子供のころの話って大抵あやふやな記憶と長い年月で色々と脚色がされていると思う
ありえないような話ってだいたい子供のころの話だもんな
[ 2014/03/22 ] ◆-

[ 62028 ]

推測だけど
〇暴れていたのは母親
〇投稿者は親が暴れている間、怖くて目をつぶっていた→親が暴れている姿は見ていない
〇父親は母親が時々暴れるのを知っていて、母親が暴れる時は、帰宅した時からヤバイ雰囲気を感じ取っていた。
〇父親は、暴れている母親をいちも止めようとしていた。それに抵抗して、母親は「やめて!」と言っていた。
〇まだ幼かった投稿者は、母親が暴れているとは思わなかった。暴れるところを見てはいないし、幼いから状況もよくわからなかっただろう。
〇ただ、父親が時々(母親が暴れそうな雰囲気を察して)尋常でなくなること、様子がおかしくなった後に暴れる音がして、母親の「やめて!」という声がするのはわかった。
投稿者は自分の親が暴れていると思いたくない気持ちもあって、「尋常でない様子の父親は、いつもの父親と見た目が瓜二つの別人であり、暴れているのは彼である。母親はその彼を止めようとして、やめて!と言っていた」と解釈し、そう記憶していたのではないか

と、考えてみました。
[ 2014/09/06 ] ◆-

[ 70987 ] NO TITLE

アルコール中毒(アルコール依存症)では?
断酒で酒が切れていく最中まともじゃなくなる
アル中の人は酒がずっと切れている時は優しい人物な事が多いようだよ
[ 2014/12/24 ] ◆-

[ 71365 ]

知らなくていいことを知っちゃったのかな、ここまで大きく成長して来れたし。
とにかくお父さんが大好きみたいだから、苦労していたお父さんを大事にしてほしい
[ 2014/12/29 ] ◆-

[ 75093 ]

記憶って無意識に捏造とかいつの間にか変化とかするらしいしね
[ 2015/02/12 ] ◆-

[ 76574 ] NO TITLE

おとんとおかんがそっくりだった可能性も否定できない(´・ω・`)
[ 2015/03/03 ] ◆-

[ 81443 ] NO TITLE

女性は更年期とかと重なるとヒステリックになったりするからな~
[ 2015/05/01 ] ◆-

[ 82738 ]

怖過ぎりょうたろうで本文がぶっ飛んだ。
この当時、流行ってことば?
[ 2015/05/15 ] ◆-

[ 86927 ]

自分も同じく怖すぎりょうたろうで死んだww
[ 2015/06/27 ] ◆-

[ 169946 ] NO TITLE

今流行ってるのは怖過ぎはらちうねー!ですよ未来の皆さん
どーもどーも
[ 2018/12/10 ] ◆-

[ 169947 ] NO TITLE

怖杉元佐一じゃないんですか⁉
[ 2018/12/10 ] ◆-

[ 175957 ]

ヒステリーは男でも普通にあるけどね
[ 2019/04/26 ] ◆-

[ 188152 ] NO TITLE

昨日俺がここに来なかったか?
バッカモーン!そいつが俺だ!!
[ 2020/04/18 ] ◆-

[ 188695 ]

オチがおっかなすぎる・・・
[ 2020/05/04 ] ◆-

[ 188701 ] NO TITLE

子供は幼く、妻は専業主婦。
夫が帰宅した途端に妻が荒れ狂い「やめて!」と喚く
…とくれば、妻が夫の不倫を責めている、ということではないか
と下衆推理。
そういうときに何を言っても墓穴を掘るから、夫は黙って
妻が体力切れになるのを待つだけ。
それが「たまに突然、お父さんの帰宅の時におかしくなる」
とくると、「不倫相手から嫌がらせの電話や、ご近所に嫌味を言われた日」だった、とか。
家庭版的に見ると、ヒステリーではなくて、ただの修羅場。
[ 2020/05/04 ] ◆-

[ 195518 ]

ヒスはホルモンの影響もあるけど
基本は気持ちが満たされてないせいだから
あったかい物でも飲みながら
甘い物を食べて
ゆっくり話す時間があれば
大抵は落ち着く
ほったらかして治るもんじゃない。

甘えだワガママって言うけど
甘えることもわがままも言えないんじゃ
心が壊れる。
[ 2020/12/10 ] ◆-

[ 195519 ]

>195518
気持ちが満たされないからと言って暴言吐いたり暴れたりして良いわけではないよね。本人はヒスってすっきりするかもしれないけど、ヒスられた他人が傷付かないわけがないからね。
ヒスる前に「気持ちが満たされていない」って自分で気がついて、自分で自分の機嫌を取るか、甘やかしてくれるひと(家族や恋人や友達)にケアをしてもらえればいいね。
[ 2020/12/10 ] ◆-

[ 204552 ]

おそらく母親が暴れていた方が正しいのだろう。家の中から父親の気を感じ取っていたのではなく、母親のおかしな様子で判断していた。
そして入ってきた父親が母を止めようとして「やめて」と。
[ 2022/01/24 ] ◆-

[ 209802 ]

ヒスであれ浮気であれDVであれどちらか一方だけ悪いなんてことは有り得ない。

強いて言うなら性格と価値観の違い。
どっちも悪いっちゃ悪いし
悪くないっちゃ悪くない。

人の根本的な性格は変えられないのだから
浮気されたくないなら浮気しない人間を見極める努力をすべきだし
、ヒスられたくないなら感情の起伏が乏しい
人と結婚するしかない。
大体、恋愛の延長で結婚すると失敗する。
[ 2022/08/08 ] ◆-

[ 209806 ] NO TITLE

ヒステリーは病気の一種だよ。
精神や神経に作用する病気は、患部が見て取れるわけじゃないから色眼鏡で見られがちだけど、
本来は風邪や胃潰瘍と同列に語られるものだよ。
[ 2022/08/08 ] ◆-

[ 209807 ] NO TITLE

病気だと思われていなかったら、早期発見は難しいのかな
発症から6ヶ月以上経過してしまうと、寛解は難しいという話もあったりして
病気であれば、治療を考えるけど
病気に対して、理解があるかないかは別問題だし
[ 2022/08/08 ] ◆-

[ 209809 ] NO TITLE

じゃあ、松居一代はただのヒスだったのか。
[ 2022/08/08 ] ◆-

[ 209813 ]

で‥‥投稿者とお兄さんは、今、普通に自立出来てるのかな?

自活出来てるなら、それで良し。

クソな両親の記憶は、生ゴミか粗大ゴミで捨てればいい。親孝行なんかしなくていい。

お父さんは、酒乱かヤク中か、そんな感じだと思います。父親は酒を呑まなかったって、
家で子供の前で呑まなかっただけでしょwww

とりあえず父親も母親も兄も投稿者も、
全員頭おかしいという事で( ´_ゝ`)

ああ、本当にどうでもいいわ、こんな話し。
心霊ホラーな洒落怖話しが読みたいんですよ。

生臭い人間の生臭い話しは心底どうでもいい。


[ 2022/08/08 ] ◆.W9RRr0Y

[ 209838 ] NO TITLE

上海の古くて大きなホテルで
夜中に目覚めたら
隣のベッドで寝ているはずの主人が 
ベッドの足元に腰掛けている
薄暗いし、方向的に顔は見えないけれど
まぁ、だいたい主人だ
「どうしたの?」
と、声をかけても何も言わず、動かない
「ねぇ、どうしたの?体調悪い?」
と、声を掛けていたら

「…何かあったの?」
と、隣のベッドの枕元から声がする
主人の声だ

『アレ?じゃあ、あの人は誰?』
と、思うくらいはっきり見えている

恐怖より、『困ったな〜』としか思えない
ただ、主人の起き上がる気配と共に、薄れて消えてしまった

その後、日本でも一度だけ同じ事があった
上海から着いて来たのか…
主人のドッペルゲンガーとか?
と思ったりするけれど
顔を見ていたら、どうなっていたのだろう
(でも、こっちを向いてくれそうな気はしなかった)

『二人の父』ならぬ『二人の主人』
ってことで…とっぴんぱらりのぷー
[ 2022/08/09 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント



Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー