怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   ツイッター          スマホ版

[ 219118 ]

呪いって、相手が「呪われた」と認識されて発動するとも聞く。
知能が人間以下の鳩が呪殺されたのはもはや、サイキックパワーでは?
雷雨の中を裸足で歩く女と鳥がくわえてきた人体の一部の話は、背景が全くわからないので何があったか想像するとじわじわ怖い。
[ 2024/05/13 ] ◆-

[ 219119 ] NO TITLE

呪術を学んだ人について普通の人だと書いているが、呪術を学んで最初の腕試しに鳩を選んでいるというのなら、それは自分には「目的を持った普通でない人」にしか思えないのだが。
[ 2024/05/13 ] ◆-

[ 219124 ] NO TITLE

仮に人を呪殺できる力があったとしたら、我慢とかできるものかな
私ならちょっと腹立ったくらいで使ってしまいそう
[ 2024/05/13 ] ◆-

[ 219128 ] NO TITLE

仮に、拳銃を隠し持っていたとしたら「フン、お前なんて簡単に殺せるんだぞ」と思えるので腹立てずに、逆に心に余裕が生まれるような気がする。
それが呪殺できるとしたら、うーん、どれくらいの労力でできるのか不明だけど、まあまあ強い恨みがないと実際に手を下すところまでできないと思うなぁ。
[ 2024/05/14 ] ◆-

[ 219139 ] NO TITLE

呪いとかおまじないとか、その辺を実行する人は論理的な思考ができない場合が多い気がする。
はたから見てると統合失調の人みたい。
世界が終わるのは彼と私が結ばれないせいで、それはあいつ(※全然関係ない人)がいるからだ!
くらいすっ飛んでそう。
ああいうのは、ずっとやってると魂食われると思う。人じゃなくなる、本当に。
それとも、逆にそうなった人が実行するのか???
[ 2024/05/15 ] ◆-

[ 219142 ] NO TITLE

幸にして、その辺を実行する人を知らないので、解りませんが。

昭和の小中学校では、おまじないブームがありました。
ああいう、軽いおまじないの成功体験(現実はともかく)が積み重なったら、
「自分には呪力がある」と確信して、
たまには本当にパワーアップしてしまった人もいたりするのか。
中学でちょっと噂されていた人を思い出します。
[ 2024/05/15 ] ◆-

[ 219149 ] NO TITLE

裸足の女の話はいつのことなんだろう。
戦中や戦後すぐくらいの田舎(農村)なら
(今の80歳台のじいばばが言うには)
女や子どもは裸足か、
せいぜい草履が普通だったって聞いたけど。
それを考えたらこうもり傘をさした
裸足の女の件はさほど不思議ではないのかも。
[ 2024/05/16 ] ◆-

[ 219169 ] NO TITLE

雷雨の夜に裸足で暗い外を歩くのは、さすがに危険。
足音を立てないように、履物を脱いでこっそり家を出てきたのでしょうか。
[ 2024/05/18 ] ◆-

[ 219197 ] NO TITLE

あのスニーカーは、もう捨てたかい?
[ 2024/05/20 ] ◆-

[ 219227 ] NO TITLE

素足の女の話、怖いな
真っ暗のなかで、こうもり傘さしてよく歩けたもんだ
いくら田舎でも、夜に大人が裸足では歩かない
しかも雨の中
「人と会う」という答えも怖い
だれと?
[ 2024/05/22 ] ◆-

[ 219228 ] NO TITLE

[拝み屋のようないかがわしい人間ではない人が]
[呪術を習得し]
[その呪術の最初の対象が鳩]
という組み合わせが理解し難くて怖い
[ 2024/05/22 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント



Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー