怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   ツイッター          スマホ版

[ 217948 ] NO TITLE

食い物と水をあげたのに襲われちゃうのが理不尽だ
戻れてよかったな
[ 2024/02/12 ] ◆-

[ 217949 ]

神社なのか寺なのか
[ 2024/02/12 ] ◆-

[ 217950 ]

>神社なのか寺なのか
怪談書く人、意外に信仰心ない問題
よくある展開のお化けが出てくるとお経が流れてくるってのも、お経の意味が大抵「よく生きるための心構え」だと知ってると、なんだかなあ感があるんですよね
般若心経なんか、だいたい「don't think, feel」だし
[ 2024/02/12 ] ◆-

[ 217952 ]

ぶっちゃけた話、それっぽい抑揚つけて低い小声で朗読すれば、仮にそれが漢詩や今日の新聞であっても本職や識者以外は読経や祝詞だと思い込むんじゃないかなぁ
[ 2024/02/12 ] ◆-

[ 217953 ] NO TITLE

思い出。

217952>>そんな感じで、来客の悪口を歌う古書店がありました。
神田古書店街の、大きな交差点に面した、歌舞伎関係の本が充実した店。
昔、自分が若かったっ頃(社会人でしたが、妙に外見が若かった時期)、店に入ると
「親の脛を齧って~」から始まって、ずっと歌い続ける。
5,000円くらいの本を手にすると「そんな高い本買えないよ~」と、ずっと追いかける。
隣に立っていたお客の老紳士も、こっちを心配そうにチラ見するほど。
悔しいが喧嘩するのも無駄なので、黙って店を出ました。
あとで古書店街解説記事を見たら、その歌で有名な男でした。

もう一つ。10年ほど前の夜に東海道線に乗っていたとき。
若い母親二人と子供たち数人が、行楽地から乗車してきたら、
近くに立っていた老人が「旦那の稼ぎで遊んで~」とダミ声で歌い出しました。
子供たちの一人が「あのひと、なにか歌っている」と怖そうに母親を見上げると、
その母親は、小さいながらに、とてもよく通る綺麗な声で、
「うゥ~ん(うまく言えないが、肯定的な抑揚の「ううん」)、ご機嫌なのねえ」
と、お子さんににっこりと笑顔で返しました。それきり老人は押し黙っていました。
一瞬で子供を安心させ、老人を撃退した母親に感服しました。
[ 2024/02/12 ] ◆-

[ 217954 ]

お化け出てくる時お経流れる展開、言うほどよくある…?
お化けに般若心経→お化けにダメージ!ってのはそうはならんやろって思うけどw
それだったらワンチャン南無阿弥陀仏の方が、
「こいつ阿弥陀様にすがってやがるw 助けてくれるわけないのにw いや、でも…もしかして…阿弥陀様なら…? おれも試してみるかな…」ってお化けが思って成仏するかもしれん
[ 2024/02/12 ] ◆-

[ 217955 ]

あんまり言わない方が良いんだろうけど一人称のブレが気になるな…
[ 2024/02/12 ] ◆-

[ 217956 ]

お盆に海やら山に行ってはいけないのって全国共通かと思ったけど登る人いるんだな。
盆なら喰われたり憑かれてもしかたないよね。
[ 2024/02/12 ] ◆-

[ 217960 ]

お盆の時期はクラゲが湧くし季節の変わり目で冷たい水流に晒されて足を攣るから海や川に入らない方がいい、スズメバチのような毒虫が活発になり冬籠り前の飢えた熊に出くわすかもしれないから山に入らないほうがいい、という現実的な教訓が元にあるらしいね
魑魅魍魎のせいにしておけば信仰心の深い昔の人々は言いつけを守っていた
[ 2024/02/12 ] ◆-

[ 217977 ]

霊的に大ピンチの時に大音量の読経が聞こえてきて恐怖で気絶するといつの間にか朝になってる、って話はここで確かによく読むんだけど、あれは御先祖様か守護霊の助け船が読経という形を取って現れてるのだと思う、という見解を以前ここに書き込んだ事がある。シャットダウンというか強制終了的な?

この話、かなり拙いけど、神社と寺の区別すらついてない筆者なのに、住職が理を説いてくる部分の会話が妙にリアリティーがあるな。

聞き取れなかった老人の言葉の片仮名の部分を解読してくれる識者を待ちたいところ。
[ 2024/02/13 ] ◆-

[ 217980 ] NO TITLE

九州の真ん中だと熊本?
[ 2024/02/14 ] ◆-

[ 217981 ]

会話から察するにお寺かな
[ 2024/02/14 ] ◆-

[ 217982 ]

神仏習合でお寺と神社の境がないようなところは珍しくはないけど(うちの母の実家の産土兼檀那寺、御神体の岩の前に拝殿兼本堂作って、そこに不動明王祀ってるw)、とりあえず住職が御経唱えてくれたならお寺なんだろうね
祝詞だったら素人にもところどころ意味が分かるから、御経?って感想にはならないと思うし、御経?って思ったなら御経だったんでしょう
[ 2024/02/14 ] ◆-

[ 218003 ] NO TITLE

なお、「遭難した時に一つの方向に進み続けろ」は「沢を下ればふもとに行きつく」と並んでやっちゃいけないほうだから、死にたくなかったらやめような。
正解は、「上り返して頂上を目指せ」だからよいこのみんなは覚えておこうな!
理由は登山道は頂上に収束するが、ふもとは広大で人里に出られるとは限らないうえに、崖(沢なら滝)などで進行不能になったり滑落転倒で行動不能になる恐れが大きいから。
[ 2024/02/16 ] ◆-

[ 218033 ] NO TITLE

ゲゼマ 偈賤魔?
シャガイミ 賤餓忌み?

まあ悪いモノだろうね
[ 2024/02/17 ] ◆-

[ 218038 ] NO TITLE

かつてバイオマス発電とか使いながら自給自足の生活を楽しんでいた一家だったが、子供が育って出て行って、老人だけ残って、食糧も尽きて、じゃがいもを育てる体力もなくて助けが欲しかった
とかだったらかなしいなぁ
[ 2024/02/18 ] ◆-

[ 218045 ] NO TITLE

ジャガイモを育てるだけなら体力はいらんと思う。
[ 2024/02/18 ] ◆-

[ 218113 ]

本職の住職だけどここは「お寺ですか?神社ですか?」って聞かれるくらいには一般の人は区別ついてないよ
じゃあ、今朝付けて坊主の俺は何に見えるんだって聞きたい
それにお参りするときに手を叩くのやめてくれ
[ 2024/02/22 ] ◆-

[ 218114 ] NO TITLE

俺は九州人じゃないからよくは分からんけど、
今、九州の方便でちょろっと調べたら、
シャガ は そうすると とか そうしたら とか接続を表すらしい。
イミ は分からん。


[ 2024/02/22 ] ◆-

[ 218116 ] NO TITLE

今朝
[ 2024/02/22 ] ◆-

[ 218118 ] NO TITLE

どうした?
[ 2024/02/22 ] ◆-

[ 218119 ]

218113さんが「袈裟」を「今朝」って誤変換してるから突っ込んだだけでは?
[ 2024/02/22 ] ◆-

[ 218134 ] NO TITLE

なるほど
[ 2024/02/23 ] ◆-

[ 218166 ] NO TITLE

山岳系の宗教だと、主が神道でも般若心経とか自分の守護仏の経文読むことあるからなあ
建物の作りでおおまかに「寺寄り」「神社寄り」で分ければいいんじゃね
[ 2024/02/25 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント



Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー