怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   ツイッター

[ 190938 ]

他人に施されないと続けられない信仰とは()
[ 2020/07/13 ] ◆-

[ 190940 ] NO TITLE

片足で(指先がない?)物乞いの男の子が
色んな所で断られて、
同じくらいのバナナを売っている男の子の前に立ちました

どうやらそのバナナ売りの子は今日は、バナナが売れなさそう

バナナ売りの少年の前に、物乞いの少年は立ち 
何事かお願いしていました
諦めたように、バナナ売りの少年は
物乞いの少年の前に
『どうせ、売り物にもならないやつだから、食えよ』と(多分そういう感じで)
若干傷んだバナナのいくつかを置きました
片足で指の先のない少年は、お礼をい言うように頭を下げて
バナナを食べ始めました
ただ、指の先がないので、うまく剥けません

それを見かねたのでしょうか?
そっぽを向いていたバナナ売りの少年が、バナナを剥いて物乞いの少年に渡し始めました
目は合わせていませんでした
お互いに黙々とバナナを剥き、渡され、食べ続ける状況が続きました
しばらくして
物乞いの少年は『ナマステー』の手の形を取って去って行きました
彼が去った後
それまで全く興味を示さなかったお隣の物売りの女性が
バナナ売りの少年を褒めていました
褒められた少年も、照れていました

施しと、言われると、なぜかあの場面を思います
(真っ直ぐに向き合っていても
咀嚼ができない相手の口に、笑顔で無理やり食べ物を突っ込むのではなくて
相手のペースに合わせて、補給していく感じ)
[ 2020/07/13 ] ◆-

[ 190941 ] NO TITLE

190938
托鉢を続ける中で、このお坊さんは自分自身の力のみで生きているわけではなく「おかげ」で生かされているという有難さを知り、同時に自身の甘さを知ったわけだ。
それを無意味と思うか否かは、まあ人それぞれだろう。
[ 2020/07/13 ] ◆-

[ 190945 ] NO TITLE

修行僧というのはまったく経済活動をせずに修行に専念する
だから托鉢以外に食料を得るすべはない、托鉢して何も貰えなかったら
それそれで何もしない(金儲けはせずに修行を優先)
坊主が金儲けをするなとかいう奴らは190938みたいな人なのかね
[ 2020/07/13 ] ◆-

[ 190959 ]

生きてる人間か物の怪か見分けつかんようじゃ修行が足りん
[ 2020/07/14 ] ◆-

[ 190960 ] NO TITLE

一休さんだか誰だか忘れたけど、托鉢してたら泥棒に間違われて穴掘って生き埋めにされそうになった。
けど無抵抗でされるがままだったが、途中で誰かが間違いに気づいて命拾いしたというのがあったはず。
人間、生きているんじゃなくて運命によって周りから生かされているってことかなあ。
[ 2020/07/14 ] ◆-

[ 190982 ]

うーむ何か的外れかもな
女性の言葉の意味が分からない
僧侶は頻繁に施しを受けてたときよりも10年ぶりに訪れたときのが恥じるべきと感じたのだろうか、、、何をか
懺悔とか救いを求めてたのかな
施しを受けなくとも良くなったから足が遠退き10年も過ぎて久々に訪れたとかな
よく分からないけど
[ 2020/07/14 ] ◆-

[ 190984 ] NO TITLE

○○だから正解、とかいうものではないとは思うけど、

話からして村人達はお坊さんの事を快く思っておらず「さっさと失せろ」という蔑んだ目で見ていたようだし、そんな世の儚さが虚しく、自分が惨めだったんだろう。
そんな中で人の優しさに触れられたのが件の女性だった。
金品よりもそれが癖になってしまっていた事を恥じたんじゃないかな。
「お金が目当てではなく、来なきゃいけないと思って来る」という言葉からお坊さんはその事を悟ったんだろうと思ったけど。
[ 2020/07/14 ] ◆-

[ 191036 ] NO TITLE

>190982
迷える衆生を導くべき僧侶なのに
迷える霊?に気づかずしかも施しを受けていたのを恥じた、と読み取った

>190938
でも宗教者が儲けたらなんか言うでしょ
葬式仏教とか免罪符とか
[ 2020/07/16 ] ◆-

[ 191038 ] NO TITLE

未熟者だから、修行しているのでしょう。
「幽霊」が、まったく普通の人と同じように認識される、というのは、
地味に辛そうです。
[ 2020/07/16 ] ◆-

[ 191068 ]

190938
托鉢は物乞いとは違う

そもそも托鉢は生活の糧を得ることだけが目的ではなく、施す側にとっても功徳を積む修行という意味がある。
欲に駆られて金や物に執着しそうになるのを、お坊様が救ってくれるわけです。
喜捨するチャンスを与えて下さっているのです。
なので施主は「善行を積ませて頂いてありがとう御座います」という気持ちで施します。
僧侶は施してくれた人に対し(感謝はしますが)お礼を言いません。
お礼を言ってしまうと一方的な施し、ただの募金活動になってしまうからです。
[ 2020/07/17 ] ◆-

[ 191071 ] NO TITLE

托鉢僧だと想ったら夜道怪だったりもするので
喜捨も大変じゃぜ
[ 2020/07/17 ] ◆-

[ 191473 ] NO TITLE

母がまだほんの少女だったころ。敗戦の傷も癒えきらない時代のこととて「もらい」(=貰い すなわち物乞い)と称して歩く人がまだ多かったそうな。
母の祖母、つまり私の曽祖母は情け深い性格で、見るからに年のいった者や傷痍軍人には惜しまず食料を分けてやっていた。(農家なので食べるものには困らなかった)
そんな曽祖母があるとき「もらいでがんす」とやって来た男をひと目見るや「かしぇげ!」(=稼げ! すなわち働け!という意味)と
けんもほろろに追い返したので、見ていた母は吃驚したそうだ。
その男は五体満足な上にまだ若かった(40代くらいか?)ので、『こいつは働ける人間』と判断してそうしたらしい。
その時代を生きた人なりの筋の通し方なんだと思う。
[ 2020/07/31 ] ◆-

[ 192733 ] NO TITLE

出家は衆生救済のため我々の代わりに修行してくれているからね。我々の側が『施す』なんて見当違いも甚だしい。けど、いっさいものを持たないはずの出家が日本では所有することを許されちゃってるから、乞食(こつじき)托鉢は禁止されちゃったりする。まあ義務じゃないから托鉢僧を無碍にするのも自由だけど、俺は一応気持ち程度受け取っていただき手を合わせるけどな。
[ 2020/09/09 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント



Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー