怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   雑談掲示板   ツイッター

[ 185234 ]

めちゃめちゃこわかった。
[ 2020/01/28 ] ◆-

[ 185235 ]

多重人格を考慮しても要領を得ない話だな
[ 2020/01/28 ] ◆-

[ 185236 ]

主人格、下手をすれば小学生かもしれないわけか…。
[ 2020/01/28 ] ◆-

[ 185237 ] NO TITLE

オムニバスドラマのようだが、どこからが現実の記憶なのか分からない。
過去の記憶もあてにならず、実際には現状すらも作話し脳内補完しているものなのかもしれないところが怖い。
[ 2020/01/28 ] ◆-

[ 185238 ] NO TITLE

次々に別の人格が現れて数年毎に人生をスリップ・リセットしているということ?

そしてスリップしている間の記憶は消えているわけ?

そしてこれを書いている筆者も実は「主人格」ではない? あくまで数年毎に現れるサブ人格である?

「主人格」はいる筈だがこれを書いている時点で筆者はそれが何者かよく分かっていない?

更に別に「統括(個々の人格の統合者)」がいる?


・・・よく分からん話・・・
[ 2020/01/28 ] ◆-

[ 185241 ] NO TITLE

英語も中国語もペラペラな人格って何処から来たんだろう…
[ 2020/01/28 ] ◆-

[ 185244 ] NO TITLE

「幸せの絶頂で死にたかった」ってのはちょっとだけわかる
幸せを手にすると、自分が生きてるうちにそれをなくすのがが怖くなる
だったらなくす前に、自分が選んだタイミングで死んでしまおうっていう
ずいぶん勝手な考えだけど

たった五年弱の人生で、しかもいつかは統合されて消滅するかもしれない
そんな筆者にとっては真逆の考えだろうな

フィクションであっても興味深い話
[ 2020/01/28 ] ◆-

[ 185245 ]

一人の肉体に宿る複数の精神(魂)のうちの一つというよりは複数の人に憑依して渡り歩く一つの精神(魂)と言われた方がしっくりくる
[ 2020/01/28 ] ◆-

[ 185246 ] NO TITLE

海外ドラマかなにかで、多重人格の人が人格を統合する薬飲んだら主人格のほうが消えちゃったという話もあるから希望はあるのかな。
主人格?からしたら、うまく行ってたはずが、急に彼氏と別れたり辞職してたりと邪魔されたと感じているかもだけど。
[ 2020/01/28 ] ◆-

[ 185248 ]

都度都度では、どんな人格が表に居るんだろう。
不謹慎だけど、身近で観察したい。
[ 2020/01/28 ] ◆-

[ 185250 ] NO TITLE

ダニエル・キイスの、"五番目のサリー"を読んでるみたい。
主人公は、解離性同一性障害でいわゆる多重人格者。
そして、この話と同様に、主人公は本体の主人格ではなくて、俯瞰から物事を見ている。
最後は、全人格と統合されるのか、されないのかは、ネタバレなので伏せておきます。

とても面白かったので、一度読んでみて欲しい。
[ 2020/01/28 ] ◆-

[ 185254 ] NO TITLE

もしかしたら、語り部も作り出したストーリーの一部であって、現実のこの人は今現在高校生か中退して働き出したぐらいだったりするかもね。
[ 2020/01/28 ] ◆-

[ 185255 ]

副人格の方が大人しいって珍しいね

果たして主は本当に副人格なのだろうか・・・
[ 2020/01/28 ] ◆-

[ 185256 ]

急に地元の名前が出て驚いたは…

>185241
主人格?(投稿者)は自分のこと「人前に出るのが嫌い」「どちらかというと陰キャ」だと決め付けているから、脳の使用領域が狭くなってるだけなのかもしれないと思った。
自分で自分にリミッターをつけてしまっているだけで、投稿主は本当に「面白い演説が出来る」「人を楽しくさせる才能がある」「人に何かを薦めるのがとても上手い」「人前で歌を歌うのが楽しい」「何カ国語も喋れる」人なんだと思う。
(うーん…上手に説明出来なくてすみません…)
[ 2020/01/28 ] ◆-

[ 185282 ]

主人格でいる時に何か嫌な事があったり重圧に耐えられなくなったりすると、この話を書いた副人格に交代してるんだろうなぁ。主人格は万能に見えて、自分からは現状に見切りをつけることが出来ない性格で、周りの期待に応えないといけない、と自分を追い詰めてしまう、断れない性格なんだろう。お金もきっと他人に渡していたし、仕事も恋愛も無理してたんだろうな。

副人格が吸収されるとしたら、主人格が自分を肯定出来るようになった時なのかもしれないね。
[ 2020/01/29 ] ◆-

[ 185289 ] NO TITLE

統括ってことは数人いるんだな。
この人格が活動時間5年程度ということはほかの人格はそれぞれどのくらいなんだろ?
[ 2020/01/29 ] ◆-

[ 185298 ] NO TITLE

多重人格者の「24人のビリー・ミリガン」書籍を思い出した。
俺にも幼児期の思い出せない記憶がある。
3歳の時に柱に頭をぶつけてそれ以前の記憶が飛び父も母も誰かわからずに支障を来した。
4歳の時に母が弟を妊娠した時に
母の実家の祖母の家に2ヶ月くらい預けられたのだが
普通にそこで生活してたのだがその時の記憶がない。
[ 2020/01/30 ] ◆-

[ 185300 ] NO TITLE

何というか、全ての人格にお疲れ様です
(寿命がある事なので)
[ 2020/01/30 ] ◆-

[ 185344 ]

自分は消えてしまう存在。自分は自分だけの人生ではなく他の人格が自分の本当の人生。自分という存在が全否定されるってのは本人にしてみれば確かに洒落怖…
[ 2020/01/31 ] ◆-

[ 185350 ] NO TITLE

主人格側からすると、なんとか職やパートナーを見つけて自分なりの軌道に乗るたびに副人格が勝手に辞めたり縁切りしてしまう状況に陥っていたことになるのかな?
本当なら、どの人格も救われない悲しい話だな。
[ 2020/02/01 ] ◆-

[ 188458 ] NO TITLE

俗にいう多重人格ってやつは、それぞれの人格が他の人格を認識していることもあれば、独立してる(互いに知らない)のもあるんだよ
誰が表に出る?って話し合って決める人格たちもいるそうだ
統括者の人格はすべての人格を把握していたり、自分の出入りも自由で他人格も出したり引っ込めたりさせるのも可能だったりすることも多い人格
文字通り人格たちのリーダー
この人の場合人格本人が表に出てくる以外は眠ってるような状態なんだろう だから記憶は無い
けど強い(?)統括人格が現れたことにより、統括人格の指示は分かるようになったのかな

海外の男性でこの話みたいに、複数の人格ごとに仕事がころころ変わってしまい、時には犯罪者になってしまった人の話を聞いたことがある
粗暴で力自慢の男性人格の時は道路工事の仕事をしていたが突然人格が非力な女性になってしまい(何も知らずに見るとオネェみたい)工事の仕事は辞め、お花屋さんに……けどまた別人格が出てきてしまいその仕事も辞める……というふうに
その人は特に人格の数が多い症例だったそうで、老若男女様々な人格がいたそうだ
この人の場合は多数の人格が暗い部屋の中にいて、その中央にあるスポットライトの当たっているイスに座った人格が表に出てこれるんだと話していたよ
[ 2020/04/27 ] ◆-

[ 188587 ] NO TITLE

幸せの絶頂で死にたかった。こんな言葉、言われるほど愛される人なんだろうなぁ。いじらしい。
[ 2020/05/01 ] ◆-

[ 191568 ]

多重人格についての実例本をいくつか読んだことがあるけれど、それを元にして考えればこの話の主は切ないし悲しすぎる。

ただ、気になるのは何ヶ国かの言葉を話せること。世界三大宗教圏内だと、これはちょっとまずい事になる。
日本だと多重人格だけで終わるかもしれないが、ゼノグロッシーじゃなければ色々と……まあ、まずは医療にかかるのが大切だからこれで良かったのかもしれない。
[ 2020/08/03 ] ◆-

コメントの投稿













Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー