怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて   投稿掲示板   雑談掲示板   ツイッター

[ 171032 ]

猿の物の怪ときくと毎度「ヒサルキ!?」っていうのは
パニック映画ときくと「サメは(出てくる)!?」って毎度聞いてくるのと似ている気がする
[ 2019/01/03 ] ◆-

[ 171038 ]

死は天使の和毛の匂いをさせて舞う~♪

[ 2019/01/03 ] ◆-

[ 171043 ]

頬撫でと手袋の因果関係は気になるねぇ
大量の手袋のツクモガミだったので消えたのか
大切なコレクションを勝手に捨てられたので怒って出ていったコレクターだったのか
[ 2019/01/03 ] ◆-

[ 171047 ]

正月早々アリプロ懐かしすぎるw

川壺、始め黒い子猫が中に入っているのを想像して和んでたのに、尻子玉が出て小柄な猿っぽい河童に…無念。
[ 2019/01/03 ] ◆-

[ 171057 ]

谷にはヤツシという香具師がいる
[ 2019/01/03 ] ◆-

[ 171077 ]

その村にはヤツシという不気味な存在の伝承があった。村に立ちよった男はある夫婦に宿を借りる。
仲睦まじい夫婦であったが、妻に違和感を覚えた男は夫にそれとなく探りを入れた。本物の妻は既に亡くヤツシに成り代わられていたのだと男は確信する。
夫に知られぬよう妻に問いただすも彼女はヤツシとしての朧気な記憶しかない。そればかりか本物の妻を食い、夫を騙していたことを知って罪悪感に苛まれる。
しかし彼女は妻として夫を愛していた。自分勝手は重々承知だが、一生夫を騙し抜くことが夫の為であり、それが自分のできる償いだと言う。
男が村に来た目的はヤツシを退治する為だったが、もはや本物の人間に成りきったヤツシを殺すことはできなかった。男は夫に真実を知らせぬまま、夫婦の幸せを願い村を後にする。
何年か経って夫婦の家が火事に遭った。たまたま病気で伏せていた妻は逃げ遅れた。焼け跡で夫が見つけたのは妻の簪と燃え残った大量の和毛。夫は全てを悟り茫然として山へ向かった。
数日後、村人が山中で夫に会った。家と妻を失ったというのに不自然に元気な様子を心配しつつ、村人は夫を村へと連れ帰る。次第に夫も元の調子を取り戻していった。更にその後、夫は村人の勧めでその娘と結婚することとなる・・・

とかいう話が蟲師にありそうな?無かったっけ?
[ 2019/01/04 ] ◆-

[ 171099 ] NO TITLE

人間の会話をテントの影から輪唱の如く真似する
猿のような存在は前にも出てましたね

やっぱ猿型怪異は怖いですなあ。
白い毛のサトリだけが菜食主義者で敵意のないことを示したけど
あとは敵対的なヤツしかいないのか
[ 2019/01/04 ] ◆-

[ 171105 ]

171077の逸話が本当にありそうなんだが、蟲師読んでないからわからないなぁw
[ 2019/01/05 ] ◆-

[ 171235 ] NO TITLE

雷鳥さんの山話って、蟲師と異様に親和性高いよなぁ。
蟲師バージョンで漫画化してくれたら面白いような気がする。
[ 2019/01/08 ] ◆-

[ 171734 ] NO TITLE

西川きよし (相方もヤツシだっやのかなあ)
[ 2019/01/19 ] ◆-

[ 171735 ] NO TITLE

怒るでしかし
横山やすし
[ 2019/01/19 ] ◆-

[ 171737 ] NO TITLE

鳥取が生んだスーパー人食い妖怪・小野ヤツシ
[ 2019/01/19 ] ◆-

[ 171739 ] NO TITLE

井上ヤツシのおろしや国酔夢譚は名作
[ 2019/01/19 ] ◆-

[ 171740 ] NO TITLE

物の怪がやってくる!ヤァ!ツゥ!シー!
[ 2019/01/19 ] ◆-

[ 182763 ]

人に身をやつすからヤツシ?
[ 2019/10/24 ] ◆-

コメントの投稿













Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー