怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

『カジリ』『酒エチケット』『ある高原で撮影』


∧∧∧山にまつわる怖い話Part7∧∧∧

『カジリ』
242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/26 22:17
知り合いの話。

彼のお婆さんの実家の村が、まだ土葬をしていた時代のこと。
家で不幸があり葬儀の準備をしていると、隣村から親戚がやってきた。
親戚は家人に、隣村でカジリが出たと伝えたのだという。

カジリというのは文字通り齧る化け物で、死体を掘り起こして食べるのだそうだ。
どんなに墓の番をしても、夜の間に棺桶の中から死体は消え失せ、
朝には食い散らかされた死体が、村外れに投げ棄てられていたという。

死体を食べられてしまった家には、災いが起こるといわれていた。
カジリは経文や仏具が苦手とされていたという。
しばらくの間、その村で埋葬された死体は、身体中に墨で経文が書かれていた。

お婆さんがまだ幼い頃、彼女のお婆さんから聞かせてもらった話だそうだ。


『酒エチケット』
243 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/02/26 22:18
友人の話。

秋の山を単独で縦走していた時のこと。
開放されていた山小屋に泊まったのだという。
気温はまだ暖かく、虫の声が心地よく響き、空には満月がかかっていた。

酒好きの彼は、日本酒を瓶ごと山に持ち込んでいた。
今夜は美味しい酒が飲めそうだと、ウキウキしながら酒宴の準備にかかる。
つまみを出そうと、机の上に置いた酒瓶に背を向けた時。

 ポンッ

背後で栓を抜く音がした。続いて喉を鳴らすような音が聞こえる。
恐怖よりも先に酒を飲まれた怒りの方が強く、彼は怒声を上げて振り向いた。
そこには誰もいなかったが、酒は三分の一ほど分量が減っていた。
「一言でもあれば、一緒に飲んでやったのになあ」
彼は相手の酒エチケットの無さを、今でも責め続けている。


『ある高原で撮影』
244 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/02/26 22:20
知り合いの話。

彼は写真を趣味にしていて、何度かコンクールで賞も取っている。
春先に、ある高原で撮影していた時のことだ。
花一面の高原を見ていると、どうしても人の姿がほしくなった。
たまたま居合わせたカップルに、花をバックにしてモデルを頼んだのだという。
若い二人の笑顔に、自分でも良い写真が撮れたという自信があった。
写真の送付先を聞いて別れたそうだ。

家に帰り、写真を現像した彼は言葉を失くした。
二人の写真には一枚残らず、そこにあるはずの無い物が写っていたのだ。

二人の背後に、大きな黒い鳥居が浮かび上がっていた。

写真は失敗作ということにして二人に謝ろうとしたが、
教えてもらった連絡先の電話は不通になっており、出した手紙も送り先不明で返ってきたという。
彼は今でも二人のことを心配している。


次の記事:『ホタルが飛び始める時間』
前の記事:『ダムサイト横の小さなトンネル』
[ 2017/04/24 ] 山にまつわる怖い話・不思議な話

[ 133412 ]

「ある高原で撮影」の話だけど、撮影を頼んだカップルは、生きた人間だったのかな…
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133415 ]

水木しげるの漫画に出てきた屍鬼も死体を食べる
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133416 ]

黙って酒を飲んだのは、一体何者だったのかな。それにしても、主の"一言でもあれば、一緒に飲んでやったのになあ"と言うセリフに、何だかホッコリしたね。
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133417 ]

ごめん。話の主旨が違って自分語りになるけど勘弁。
酒エチケットと言えば、俺は若い頃随分と失敗してきた。飲み過ぎて大の字に倒れたり、柱に凭れて座り込んでしまったりと、恥のオンパレードだったよw
そんな俺も飲み過ぎて身体を壊し、12年前からはピタリと酒を止めた(因みに俺は非喫煙者)。
それなのに、俺はメタボで毎年引っ掛かっているw昔はスレンダーボディだったのになぁ……
長々と自分語り申し訳なかった。
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133418 ] NO TITLE

脳みその黒焼きが梅毒、肝が薬として売られたりしてたみたいだね。
ttp://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/kaiki2/159jinnikusyoku.htm
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133423 ]

おしりかじり虫を思い出して♩かじってなんぼかじってなんぼかじってなんぼの人生だと脳内リピートしながら読み進めたのは内緒
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133431 ] NO TITLE

かじりの話なんだけど仏教が庶民に接したのは江戸中期以後でしょ。幕府が寺に村人の管理をさせたからそれがきっかけで。それまでは仏教とか宗教は貴人や武人のもので庶民には無縁だった。それでかじりは仏具や経文が苦手だと言うんならおよそ五百年以前まではかじりは無敵だったんか?それともいなかったんか?無敵だったんなら埋葬方法は絶対に別の手段が発展したはずだし、はじめはいなかったんなら仏教側のマッチポンプの疑いが濃厚。どちらも違うんなら犯人は山犬とかイノシシだね。
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133432 ] NO TITLE

みみなし芳一(俺、生きてるのにお経書かれた…)
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133433 ] NO TITLE

あれなし芳一(書き漏らさないでほしかった…)
和尚「触りたくなかったんじゃ!」
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133444 ]

ち・ちちなし芳一
・・・あ・いや、なんでも・・・
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133446 ] NO TITLE

>>133431
カジリに本当に効果があったとは書かれていないワケで。
あくまでも「経文や仏具が苦手とされていたという」と、伝聞でしかない。

こういうのって、後に残された人たちが心の平安を保つために作り上げた「言い訳」なんだと思うの。
対抗手段が不明なままだと、そこから社会不安が生じるから。
まあ宗教自体が、精神の安定装置みたいなものだし。
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133447 ] NO TITLE

>133431
奈良時代には庶民に浸透していたぞ。
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133448 ] NO TITLE

いわゆる壇蜜…おっと違った…檀家制度(寺請制度)によって戸籍をコントロールして国民の掌握を図ったのが江戸時代初期であって、仏教自体は奈良時代には広く庶政に広まっていたよ。
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133451 ]

133433,133444,133448の流れでホッコリしたわw
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133456 ]

行基さまー!(←卑弥呼さまー!みたいに)
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133461 ] NO TITLE

奈良仏教は結局廃れたんじゃなかったっけ。役に立たないことが判明したから。
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133463 ] NO TITLE

>>133461
集団が成熟してくるとありがちな事で本質を忘れて学問的儀礼的な側面が強くなりすぎて勢いが弱まったみたいね
天台宗勃興期に対抗勢力扱いされてた南都六宗とかがいい例かも

あとは昔から政体と結びついた古代神道や陰陽師の方が権力者民間問わず浸透してたからというのもありそう
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133465 ] NO TITLE

日蓮の教えを受け継ぐ宗派(創価学会もだね)のお葬式で棺桶に樒(シキミ)を入れるのは,動物に遺体を荒らされないためなんだよ。
シキミは猛毒なので,一緒に埋められていると動物は遺体を食べることが出来ない。
[ 2017/04/24 ] ◆zKg8Zj/U

[ 133475 ] NO TITLE

???「ニンゲン怒らせちゃった…」
???「こんな山の中に美味しそうな酒持ってくる方が悪いんだもん…」
???「でも一言あれば…いいんだよね?」

???「あの…一口ちょ」
通りすがり「ギャー誰もいないのに不気味な声が!!」
???「逃げられた(´;ω;`)」
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133477 ] NO TITLE

幕府からの要請で寺請は全国に広がったが、寺請を嫌がった藩主もいた。
なので神職請にして管理させたり、坊主を廃業にしたりしたんだけど、
「嫌じゃ〜ワイらは寺がええんじゃ〜」と村民に文句を言われるなどして結局寺請になってしまった地域もある(勿論幕府の言う事を聞かないので幕府から目を付けられていた)。

これが江戸の初期の話なので奈良時代の仏教浸透から始まり、江戸時代に寺請が行われる前には既に仏教は民衆が生活をする上で不可欠になっていることが分かります。
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133482 ]

ほんと、ここのコメ欄は勉強になるなぁ
[ 2017/04/25 ] ◆-

[ 133488 ]

新右衛門さんは寺社奉行だから、お寺の小坊主とも仲良くしていた。南北朝時代も仏教は盛んですよ。
[ 2017/04/25 ] ◆-

[ 133493 ] NO TITLE

黒い鳥居ってなんか意味あるの?おせーて優しい人
[ 2017/04/25 ] ◆-

[ 133620 ] NO TITLE

そもさん!
[ 2017/04/26 ] ◆-

[ 133628 ] NO TITLE

「大変だ、馬鹿な坊主が川に落ちて流されたぞ」
「だから“この橋渡るべからず”って立て札出しといたのに」
っていう吉田戦車の4コマ漫画思い出した。
[ 2017/04/26 ] ◆-

[ 133643 ] NO TITLE

将軍様  「そもさん!」 (意味わからん)
一休さん 「せっぱ!」 (漢字わからん)
将軍様  「一休、脱線すれば脱線するほど軌道に乗るものはなんじゃ!?」
一休さん 「、、、」

     ポンポンポンポンポンポンチーン!

一休さん 「わかりました。それはこの怖い話まとめブログの、米欄です。どうです?上様。」
将軍様  「参ったのう。また一休殿の勝ちじゃ。」
[ 2017/04/27 ] ◆-

[ 133789 ]

カジリって火車の特徴と若干重なるけど、亜種みたいなものかな?
[ 2017/04/28 ] ◆-

[ 133790 ] NO TITLE

魍魎(モウリョウ)てのも似てるようで違うね。
[ 2017/04/28 ] ◆-

[ 137062 ] NO TITLE

>カジリって火車の特徴と若干重なるけど、亜種みたいなものかな?
>魍魎(モウリョウ)てのも似てるようで違うね。

個人的にはだけど『同じ魚なのに名前が地方で変わるようなもん』じゃないかと思ってる
同じ雨でも表現が人によって『驟雨』と『俄雨』に変わる感じと思っても良い
[ 2017/06/11 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー