怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

『魔術の真似事をしていた』『森林で行方不明になった樵』


∧∧∧山にまつわる怖い話Part6∧∧∧

『魔術の真似事をしていた』
852 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/02/17 01:05
先輩の話。

アメリカ留学中にキャンプに参加した時のこと。
キャンプファイヤーで、ある怪物譚を聞かされたのだそうだ。

今から二百年以上前の嵐の夜、暇を持て余した主婦たちが魔術の真似事をしていた。
悪魔降臨の儀式に差しかかると、突然一人の主婦が抱えていた赤ん坊が姿を変え始める。
顔は馬のように長く、足には蹄ができ、蛇のような尻尾が生えてきた。
背中が大きく膨らむと、皮を破って蝙蝠の羽が現れた。
怪物に変じた赤子は、その場にいた人間を全員食い殺して、飛び去ったといわれる。
この怪物は、母親の名前から「リーズ家の悪魔」と呼ばれた。

面白い伝説だなと先輩が感想を述べると、話はこれで終わっていないと告げられた。
現在に至るまで山や森の中で、引き続き目撃されているというのだ。
それにつれ、名前も「ジャージー・デビル」へと変わったらしい。
家畜や人を襲ったために、大パニックが生じた過去もあるそうだ。
工場や学校が、一時閉鎖されたこともある。

「現に俺たちは、安全のために集団下校をさせられていたんだよ」
話をしてくれた青年は、こう語って肩をすくめたそうだ。


『森林で行方不明になった樵』
854 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/02/17 01:09
アメリカで材木業者に聞いた話。

森林で行方不明になった樵の捜索をしている時、奇妙な物を見つけたという。
薄暗い木立の中で、白い塊がぼんやりと中空に浮かんでいたのだ。
近づいてみると、それは木の間に張り渡された白い繭だった。
人が一人、充分に入るくらい大きかったという。

山の仕事について長いが、そんな代物を見るのは初めてだった。
興味を覚えた彼は、持っていた山刀で、繭に切れ目を入れて中を覗いてみた。
中から異臭があふれて来、黒ずんだ動物の身体が目に入る。
ミイラ状になって干からびた鹿が一頭、繭の中に押し込められていた。
目は虚ろに見開かれ、腹は何か入っているかのように膨れていたという。

ふと思い至った。
鹿を捕まえてこんな繭を作れる生物って、一体どんなやつだ?
急に心細くなり、その場から逃げ出したそうだ。
行方不明の樵は無事見つかったが、その繭にはそれ以降お目にかかれていないという。


次の記事:『心霊スポットから帰って来た』
前の記事:『奇跡のセーター』 『相談をよく聞いてくれる幽霊』『お母さん』
[ 2017/04/16 ] 山にまつわる怖い話・不思議な話

[ 132937 ]

エンジェルブルマー...!(ドキッ)
[ 2017/04/16 ] ◆-

[ 132942 ]

キメラアントかな?
[ 2017/04/16 ] ◆-

[ 132961 ] NO TITLE

二つ目の話はXファイルに似たような繭の話があった気がする
[ 2017/04/16 ] ◆xMrpSoXg

[ 132966 ] NO TITLE

ソニー・ビーンとそのファミリーの話はご存知だろうか。
道行く人を襲っては殺して食料にしていたという集団だ。

しかし、この事件があったとされる同時代のあらゆる公文書にはその
記述が一切無く、1843年に刊行されたジョン・ニコルソンなる人物の
著書が初出なのだ。

こういう話がある。
ソニー・ビーンとファミリーはもう少し後世の人間で、アメリカ開拓
時代に海を渡ってアメリカに移り住んだと云われる。
彼らは某州の森のなかに今もファミリーを存続させているのだとか…。

今もその森の近くを通るハイウェイでは行方不明者が出るという。
事情を知っている地元の人間は決してその付近で車を止める事は無いと
言う。
何十年か前に事情を知った軍が特殊部隊を現地に送ったが部隊はほぼ
全滅、かろうじて生き残った兵士の証言では、その森にいた連中の
身体能力は人間のソレではなかったと…。

彼らが本当にソニー・ビーンファミリーの末裔なのか? 真実は
わからない。 だが今もそこにいるのだけは確かなのだ…。
[ 2017/04/16 ] ◆-

[ 132968 ] NO TITLE

安全対策として集団下校なのか。
引率の先生の中にエクソシストでもいたと言うのか・・・
[ 2017/04/16 ] ◆-

[ 132970 ]

ちなみにアメリカの連邦軍は国内での軍事活動は法律で禁じられてるから、大統領令でもない限り部隊派遣なんかしないと思うんだが…とマジ突っ込みしてみる。
[ 2017/04/16 ] ◆-

[ 132971 ]

最初の話は、その場にいた全員が食い殺されてるのに誰がその時の状況を伝えたんだ?w
[ 2017/04/16 ] ◆-

[ 132974 ]

アンタレスから来た異星人が鹿を繭に包んだのか?
[ 2017/04/16 ] ◆-

[ 132975 ] NO TITLE

132970>>州軍ということでは。
暴動鎮圧だの、テロリスト対策だの、結構大変なお仕事だそうです。
鉄砲を持った兵隊さんたちがやられるって、デビルマン並みですな。
[ 2017/04/16 ] ◆-

[ 132986 ] NO TITLE

鹿「俺は突然変異で人知を超える知能を持った鹿だ! 長年の研究により、ついに神に等しい究極生物に生まれ変わる方法を発見したのだ! 繭を形成して数日こもるのだ。途中で繭が切り裂かれると失敗して死んじゃうから森の奥で計画遂行だ。アホで愚かな人類ども、エックスデーが近いのも気づかず浮かれておるが良い」

樵「何だろうこの繭、切ってみよう」

鹿「ぐわあああああ」
[ 2017/04/16 ] ◆-

[ 132987 ] NO TITLE

>>132961
まんまXファイル第一シーズン20話「闇」だよね。もしかしたらアメリカでは有名な都市伝説で、元ネタになったのかも?
シリーズ子供の頃に大好きだったけど、最後に光る虫(人間を繭に包んでミイラにする)が籠城している車の中に入ってくるシーンでチビリそうになったのはいい思い出(´・ω・`)
そして、132986www その発想はなかったわwww
[ 2017/04/16 ] ◆-

[ 132989 ] NO TITLE

ウンゴリアントが獲物をストックしていたのかと。(わかるかなあ?)
[ 2017/04/17 ] ◆-

[ 132991 ] NO TITLE

ジャージーデビルもX-ファイルに有ったね。あの話では怪物ではなく未知の人種だったようだが。
[ 2017/04/17 ] ◆-

[ 132994 ] NO TITLE

モルダーあなた疲れてるのよ
[ 2017/04/17 ] ◆-

[ 133028 ]

スカリー、僕は、ただ、幽霊などいないと言うことを知って欲しいだけなんだ
[ 2017/04/17 ] ◆-

[ 133078 ]

スク水天使
[ 2017/04/18 ] ◆-

[ 133148 ] NO TITLE

全員喰ったら伝える人いなくなるじゃないですかやだー
[ 2017/04/20 ] ◆-

[ 133205 ]

ここまでitなし
[ 2017/04/21 ] ◆-

[ 133438 ] NO TITLE

1話目に対する疑問「全員喰われたなら誰が話を伝えたのか?」について考察。


仮説1・降霊術師(いわゆるイタコ)により死者の霊を呼び出し、事件の全容を語らせた。

仮説2・現場に残されたホームビデオに事の顛末が記録されていた。(200年前?・・・ゲフンゲフン)

仮説3・現場で飼われていたオウムが、主婦達の発した言葉を覚えていた。(殺されたのは人間のみ)

仮説4・秘密道具「タイムテレビ」を使(以下略
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 133457 ] NO TITLE

ジャージーデビルに関しては登場人物がパインバレンズに入植した若い夫婦だけでラストも赤ん坊が変容して飛び去って終了というバージョンもある(というかそっちのバージョンのが有名)

モデルになったリーズ家の人々は実在の人物で少なくとも子供が12人以上居た記録が残っている
多分キリスト教的に不吉な数字である13に引っ掛けて13番目の子がデビルという事に脚色したんだろうと思う
[ 2017/04/24 ] ◆-

[ 134741 ]

もしかしたら、これが昔話の桃太郎の元となったものかのぉ
[ 2017/05/12 ] ◆-

[ 137044 ] NO TITLE

いやですよお爺さん、瓜コ姫ですよ
[ 2017/06/11 ] ◆-

コメントの投稿











おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー