怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『赤い火』『遺留品』『奇妙な人影』


∧∧∧山にまつわる怖い話Part4∧∧∧

『赤い火』
840 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :03/12/13 23:33
友人の話。

真夜中に、山中を貫く高速道路を走っていた時のこと。
谷を挟んだ向こう側の斜面に、急に赤い火のようなものが灯ったのだという。
それは黒い山影の中を滑るように動き出し、縦横無尽に飛び回り始めた。
そこいら一帯は針葉樹の深い森になっており、とてもそんなに激しく動き回れるような環境ではないはずだった。

火はしばらく車と並走していたが、やがて素晴らしいスピードで山肌を駆け上り姿を消したのだそうだ。


『遺留品』
841 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :03/12/13 23:35
知り合いの話。

山に入ったまま下りてこない登山者が出た。
当時、地元の青年団に所属していた彼も捜索隊に加わったのだという。
捜索が進むにしたがい、奇妙な遺留品が見つかった。

山道から少し入った林の中で、行方不明者の衣服がきれいに木に掛けられていた。
シャツやズボンだけでなく下着まですべてあったそうだ。
その木の下には、リュックと登山靴が丁寧にそろえて置かれていた。

いくら捜索しても、それ以上の発見はできなかった。
現在にいたるまでその人の行方は不明のままだそうだ。


『奇妙な人影』
842 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :03/12/13 23:36
知り合いの話。

一人山道を下っていた時のこと。
緩やかなカーブを曲がった先に、奇妙な人影があったのだという。
汚れた白いワンピースに腰まである長い黒髪からすると、女性のように見えた。
髪を顔前に垂らして俯いており、表情などは見えなかった。

近づくにつれ、おかしな点に気がついた。
彼女は靴をはいておらず、傷だらけの素足だったのだ。
声をかけようと横に並んだちょうどその時、彼女が顔を上げて彼を見た。
彼女の白い顔はのっぺらぼうで、どこにも穴が開いていなかった。

彼が腰を抜かすほど驚いていると、彼女はおもむろに指を顔に突き立てた。
指を突っ込んだところに大きな穴が開き、ぽっかりとした目と口ができた。
もうそれ以上我慢ができず、彼は走って逃げ出した。

すると後ろから地面を蹴立てて走る音がついてくる!
荷物を放り出して力の続く限り走ったのだという。
追いかけてくる足音は、麓近くまで続いた。

後日、彼は仲間数人に頼み込んで、一緒にその山道を登ってもらった。
彼女は現れず、彼の荷物は投げ出された位置にそのまま転がっていたそうだ。


次の記事:『雨傘を差した和服の女性』『いたずらっ子妖精』『俺だって泣きたい』
前の記事:『自分と同じ服を着た人』
[ 2017/03/07 ] 山にまつわる怖い話・不思議な話

[ 130541 ]

この話の赤い火って、やっぱり人魂かしら?
[ 2017/03/07 ] ◆-

[ 130547 ] NO TITLE

『遺留品』の話は、山に入って紳士になって下りてったって事でいいのかな?
[ 2017/03/07 ] ◆-

[ 130548 ]

>130547
いや、きちんと畳んであったんだから、草○剛くんだろう。
[ 2017/03/07 ] ◆-

[ 130555 ]

シンゴー!
[ 2017/03/07 ] ◆-

[ 130559 ]

>女性のように見えた。
ゲ、ゲア...
[ 2017/03/07 ] ◆-

[ 130560 ] NO TITLE

化けそこないかな?完コピされると不味いんだっけ?
[ 2017/03/07 ] ◆-

[ 130561 ]

赤い火〜青い火ぃ〜、
道頓堀のぉ〜♫
って脳内に浮かんだんだけど、
こんな歌なかったっけ?
[ 2017/03/07 ] ◆-

[ 130571 ] NO TITLE

遺留ージョン
[ 2017/03/07 ] ◆-

[ 130573 ]

130571のことが好きだ
[ 2017/03/07 ] ◆-

[ 130575 ] NO TITLE

130547
そして<シンシオンリー>の看板の先へ向かったのです。
[ 2017/03/07 ] ◆-

[ 130579 ] NO TITLE

>130561

つ道頓堀行進曲
[ 2017/03/07 ] ◆-

[ 130584 ]

561です、579さんありがとう!
もうね、下手に自分で調べるより、ここのコメ欄の方々にお聞きしたほうが早いw
[ 2017/03/07 ] ◆-

[ 130596 ] NO TITLE

>『遺留品』
父ちゃんが若いころ似た体験をした。
山道を友達と歩いているとそこに女性物の上着が・・・
忘れ物かな~としばらく行くと今度はスカートが落ちている。
いやな予感がして先を急ぐと今度は花模様のブラウスが・・・
こりゃただ事じゃないと後をたどる・・・スリップ・・・ブラジャー・・・
そしてその先の茂みには・・・


「スケベ」と書かれた紙が落ちていたそうな。
[ 2017/03/07 ] ◆-

[ 130648 ]

赤い火、俺も人だまだと思うな。
隣のおばさんが死んだとき、小さかった弟が家のちかくで見たって言ってた。
病院か火葬場から、戻ってきてたんだろう。
葬式か、法事が終わったあと、自分が見たのは辺り一面青と赤の火だった、夢で、だけど。夢じゃなかったらちびってた(笑)
ちびらなかった弟すげぇ。
[ 2017/03/08 ] ◆-

[ 130653 ] NO TITLE

『遺留品』読んで宮沢賢治の「注文の多い料理店」を思い出した
美味しく頂かれちゃったのかな…
[ 2017/03/08 ] ◆-

[ 130674 ] NO TITLE

紳士が山の中を徘徊していて、さあ帰ろうかというときに荷物の置き場所(というか脱ぎ場所)がわからなくなって仕方なくそのままになってるんじゃないの。そして山の神様に気に入られてどっかに消えてしまったとか。
[ 2017/03/09 ] ◆-

[ 130705 ] NO TITLE

「遺留品」
水木しげるの「妖怪100物語」に「山霊」という似た話があったな
江戸時代、山道の茶屋で地元の人たちが山の雰囲気を見て「今日は良くない」とか話していると
(もう少し詳しい描写があった筈なんだけど忘れた)旅人が二人、山道を登ってくる
店で食事してから山に入って行こうとするので地元の人たちは「今日はやめておけ」と引き止めるが
旅人は「急ぐ旅だ」と言って山に入っていく
するとにわかに強い雨と雷が鳴り、半刻ほど続いた
雷雨が去ってから地元の人たちが山に入ると、先刻の旅人たちの衣服と荷物が大木に掛けられていた
人々は恐れて「山霊に連れて行かれたのだろう」と話したという
[ 2017/03/09 ] ◆-

[ 130749 ] NO TITLE

ビションコになったから木にかけて衣を干してたんじゃないのかなあ
[ 2017/03/10 ] ◆-

[ 130751 ] NO TITLE

雨でびしょんこにして、スッポンポンにさせる。
ほどよく洗って、美味しく丸呑み。
[ 2017/03/10 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー