怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

『猿聟入』『ヒヒサル』


∧∧∧山にまつわる怖い話Part4∧∧∧

『猿聟入』
330 :聞いた話:03/11/29 00:31
昔ある村が日照りに襲われたため水を引く事になり、その際猿男の力を借りた。
猿男はその働きの対価として「村の娘を嫁にくれ」と言いだした。
話し合いの結果、長者の三女を猿男の下へ嫁入りさせることとなった。
長者は嫁入り道具として臼と扇子を持たせることとし、
猿男は臼を担ぎ、娘は扇子を持って猿男の住む山へ向けて出発した。
途中橋を通る際、娘は扇子を川へ放り投げ、猿男にそれを取ってくれと泣きついた。
猿男はすぐさま川に飛び込んだが、臼の重みでたちまち溺れてしまった。
進退窮まった猿男は「俺はこうなってもお前の事が忘れられん」と言い残し、川底に沈んでしまった。


331 :聞いた話:03/11/29 00:35
この『猿婿入』という話は複数の人から聞いたのですが、今まで、私は特に興味を持っていませんでした。
それが今日、雷鳥一号さんの『くだん』の話を見てふと思い出し、下調べをするために検索してみました。
キーワードは「猿婿入」「臼」「扇子」。
ヒットしたページの中に↓こんなものがありました。

http://www.library.pref.kagawa.jp/kgwlib_doc/local/local_3001.html

ここには『猿聟入』の類話が載っています。
そこに登場するのが狒猿。これは「ヒサル」と読めます…

ちょっと総毛立ちました。


342 :雷鳥一号:03/11/29 01:17
>>331 そこに登場するのが狒猿。これは「ヒサル」と読めます…
おそらく狒々という妖怪の影響があるのではないでしょうか。
猿に似ているが、猿以上の存在として「狒」という字が使われたのではと類推しております。
あくまでも個人の考えで、全然アカデミックな説ではないですが。
しかし、面白いサイトですね。
ここを読むと、桃太郎と一寸法師と力太郎が元は一つの話だったという説を思い出しました。

紹介された「狒猿」ではないのですが、「狒々猿」の話を一本知っています。
内容は前スレのヒサルキとほとんど同じです。
重複するのもアレかなぁと思いUPはしなかったのですが、狒々繋がりということで書きましょう。

もう一本、飛猿(ヒサル)っていう話もあるのだけど、どうしようかな?


『ヒヒサル』
343 :雷鳥一号:03/11/29 01:17
知り合いの話。

随分と前のこと、山間の集落にある親戚の家に泊めてもらったのだという。
その親戚は猟師をしていたが、その時は物忌みをして山に入っていなかった。
ヒヒサルを殺してしまったからだそうだ。

日本に狒々がいるのかと驚いて尋ねると、ヒヒサルというのは狒々のことではなく、
歳経た古猿が化けた妖怪を指す言葉で、その谷独特の呼び名だという。
ただのヒヒとも、またオニサルとも呼ぶそうだ。
ヒヒは鉄砲で射抜いても死なず、山の獣を食い尽くして最後には自ら滅ぶという。
一種の猿神ともいえるので手を出せずにいたが、
集落の赤子をさらったことがきっかけとなり、ヒヒが現れると速やかに滅ぼすことになったらしい。

武器ではヒヒを傷つけることはできないので、滅ぼす時は火を使う。
追い詰めたヒヒに、油を掛けて火をつけたのが彼だった。
山の神を殺したための物忌みと言う訳だ。
ヒヒが死ぬと、山荒れといって獲物がしばらく取れなくなるのだそうだ。

山菜だけの味噌汁をよそいながら、そう教えてくれたという。


344 :聞いた話:03/11/29 02:10
>>342
>おそらく狒々という妖怪の影響があるのではないでしょうか。
ええ、私もそう思います。
狒々の伝承は、「猿聟入」の類話同様、全国にあるようですから。
この話、聟殺しの話の類型になっているところも面白いですね。
この点については後述します。

>もう一本、飛猿(ヒサル)っていう話もあるのだけど、どうしようかな?
是非聞かせて下さい。お願いします。

>>343
これは、内容的に『キヒサル』の話と重なるところが多々ありますね。
・鉄砲でも死なない
・山の獣を食い尽くす
・火で殺す
・忌みごとが降り掛かる。

以前から『ヒサルキ』というモノは山との関わりが深いのではないか?
という風に考えていたので、一連の話には好奇心を刺激されます。

あと、異人伝承を連想させる点も興味深いですね。
先に述べた婿殺しの話は、異人殺しという風に読み解くことができるので、
これらの話から、山に棲む異人の存在が浮かび上がってきそうです。

と、気が付けば、随分まとまりのない文章になってしまいました。
申し訳ありません。


371 :雷鳥一号:03/11/29 23:07
>>344
聟入のお話って、余所者(山から下りてきた者)を利用するだけ利用すると殺しちゃうって流れがほとんどですね。
当時の価値観が如実に現れているようで興味深いです。
よっぽど身分差別が酷かったんでしょうね。

そう考えると、ヒサルのヒの字は、エタ・ヒニンのヒに連なる可能性もあるのではないかと思えます。
これ以上言うと言葉狩りに遭いそうですな。(--;)

まあ、実際は六部殺しのお話の単なる変形バージョンなのかもしれませんが。


次の記事:『日曜日の昼頃に目を覚ました』
前の記事:『mixiでの出会い(続報)』
[ 2017/02/23 ] 山にまつわる怖い話・不思議な話

[ 129751 ]

ヒサルキサーガ
[ 2017/02/23 ] ◆-

[ 129772 ]

こういう考察大好物。
雷鳥さんご自身も色々考えてるんだなぁって親近感が湧いた。なんとなく話の拾遺と語り部としての姿が際立ってたから新たな一面が見られて良かった。
[ 2017/02/23 ] ◆-

[ 129776 ] NO TITLE

狒々に異人、実に興味深い
うちの田舎に伝わる話が中山神社のものと知っていつかはお参りしようと思っているけど、ヒサルキが出てくるとは

異人は鬼説もあるしそんな人たちの一部(渡来人とか?)がエタ・ヒニンになったケースもあったような
語弊はあるけど色んな歴史が隠れていそうで面白いねぇ
[ 2017/02/23 ] ◆-

[ 129784 ] NO TITLE

何で山の獣を食いつくす奴をやっつけたら獲物が取れなくなるのよ。逆じゃん・・・・
と思ったけど肉食獣を根絶したら草食獣は一時激増するがやがて植物を食いつくして滅び、残るは荒地。
火というのも焼畑農業かな。しかし日本ではそんなにメジャーではないはずだが?
[ 2017/02/23 ] ◆-

[ 129794 ] NO TITLE

>>129784
獲物が取れなくなるのは肉食動物がどうこうと言うよりも単純に数の問題だと思う。
怪物に食われなかった動物たちには危険を感じて即座に尻尾巻いた逃げ足の速い連中がいるはずで、
そっちを除外すると怪物の討伐直後では逃げずに生き残った動物たちしか出現地域にはいないと見るべきなのね。
だから怪物の出現地域の動物は大いに数を減らしてると考えられる。
逃げ出した動物が戻ってくるとか、よその地域から別の動物がやってきて、
数が増えて以前のように獲物が取れるようになるまで時間を必要とするのだから、
それまでの期間を山荒れと呼んでいるのではと思う。
[ 2017/02/23 ] ◆-

[ 129797 ] NO TITLE

>>129784

前にアメリカ人から聞いたことがあるけど、
山に強力な捕食者が現れると、その山から動物があっという間に逃げ出すんだと。
で、逃げ出した動物が戻ってくるのにはすごく時間がかかるって。

たとえ捕食者が討伐されても、動物は近寄ってこないそうだ。
かなり長い間にわたって山は空っぽのままらしい。

129794さんと同じような内容だけど、
おそらくそれが山荒れって現象になってるんだと思う。

まぁ、話をしてくれた人によると、
そこまで他の動物を恐れさせるような捕食者は滅多に現れないそうだけど。
文字通り化け物と呼んでいいレベルの個体になるとか。

アメリカの物の怪ってやっぱり大きそうだよね(汗)。
[ 2017/02/23 ] ◆-

[ 129799 ] NO TITLE

ハハ、うちにもおっそろしくでかいモンスターが居るぜ。
ワイフという尻のでかい凶暴なやつがな!
[ 2017/02/23 ] ◆-

[ 129804 ] NO TITLE

※欄に来るハゲペロンさんも一種のモンスターですか?。
[ 2017/02/23 ] ◆-

[ 129885 ]

「強力な捕食者」でどうしても板垣恵介キャラが思い浮かんでしまうッッ!
[ 2017/02/24 ] ◆-

[ 130006 ] NO TITLE

>>129885
夜叉猿ですね、わかります
[ 2017/02/26 ] ◆-

[ 130338 ] NO TITLE

女城主景虎に出てきた村の人質の弾扱いになってる解死人の男をふと思い出した
[ 2017/03/03 ] ◆-

[ 131571 ] NO TITLE

私が読んだ猿の婿入りだと、最後の猿の科白は「わしの事はきにせず、お前は幸せにおなり」だった。粋でいなせな猿妖もいたもんだと感心しました。

どんとはれ。
[ 2017/03/23 ] ◆-

[ 136475 ] NO TITLE

民話が好きで猿の婿入も色んなパターンを読み、子供の頃は、
父親は一度口にした事を守ろうとする律儀な人で、末娘は優しい上に知恵を使って難題を乗り越えた人
そう思ってたけど、異性を好きになるって事を知った辺りからは、
父親は猿の凄まじい力にびびったから約束を守ろうとする、いい加減な上に無責任な人、
末娘は話を聞いた瞬間から約束守る気0の絶対猿をコロスウーマン、冷酷非情、としか思えなくなった
[ 2017/06/04 ] ◆-

[ 136502 ] NO TITLE

一番マシな猿が死なない『池に浮かべた瓢箪を沈めろ』ってやつでも、
必死に沈めようとする姿から諦めてとぼとぼ帰る姿まで笑い転げて眺める下衆親子だし
因にこれの池で溺れ死ぬやつでも最期まで笑い転げているという鬼畜っぷり
[ 2017/06/05 ] ◆-

[ 136504 ] NO TITLE

129804様
そうです、ハゲペロンは妖怪です
家族の誰もが否定しません
妖怪ハゲペロンです
はぐれ河童は友人です(多分)
[ 2017/06/05 ] ◆-

[ 136551 ] NO TITLE

自分が読んだのは山から仲間を呼んで田んぼの石取りや草取りを一晩でやりとげるパターンで、
年寄り猿から子猿まで仲間のためにえっちらおっちら作業してる姿を思い浮かべてた。
なので「相手が猿とはいえ約束を守った相手の命を奪う。何故これが人間の知恵自慢や笑い話か!仏教的にも地獄行きだろが!」と憤慨した思春期。
笑いながら「納品した製品にイチャモンつけてタダにして下請け潰してやったw」って反吐が出そうな話をリアルで聞かされた時にこの話思い出したよ。
[ 2017/06/05 ] ◆-

[ 136559 ] NO TITLE

>136504
ハゲがペロンするのか、ハゲをペロンするのか、そこが問題だね。
ハゲベロンでも同様だね。
[ 2017/06/05 ] ◆-

[ 136670 ] NO TITLE

当時の 身の程をわきまえて高望みはするな という戒めの意味+猿害への憎さが有るのかもしれない
だがな!約束を守った者をいたぶり嬲るのを自慢や道理のように言うのが気に入らねぇ!
※131571さんのパターンを読んだ時は、どこまでも男前な猿の来世の幸せを願わずにはいられませんでした
[ 2017/06/07 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー