怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

『オカンが肉屋の配達をしていた』


死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?342
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1476840448/

407 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/11/04(金) 22:53:41.57 ID:KNpScVl/0.net
人いなそうなんで、これを機についさっき家族で食後のお茶飲みながら改めてオカンから聞いた話。
(書き込むのは初めてなんで、指摘あったらゆってくれ)

もう二十年近く昔で俺は覚えてないんだが、母と俺の体験。
当時自分はまだ小学校の一年坊主で、母とまだアカンボの妹と祖父母と五人、長野の実家で暮らしてた。
(今俺は京都で一人暮らし)

とりあえず当時のことをサクッと書いとく。
うちは母子家庭で、母親が文字通り朝から晩まで働いてた。
当時まだ二十代後半の母は昼は喫茶店で珈琲淹れて、夜は伯父がやってる肉屋の配達の手伝いを自分の車でやっていた。
車がないと暮らしていけない土地だったし年配の人も多かったので、
夕飯時に電話一本でお肉の配達してくれるサービスは今でも喜ばれてる。
オカンは車の運転上手くて全然苦じゃないタイプだから、配達のバイトはガンガンやってたそうだ。
天真爛漫を絵に描いたようないっつもにこにこしたオカンなんだが、当時はまだ若いこともあって、
肉屋の伯父や叔母を始め、親戚や常連さん達から孫や娘みたいによく可愛がってもらってたそうだ。
俺と妹にって、常連さんからお菓子持たされて帰ってきたりもしょっちゅうだった。
今帰省しても、いい地元付き合いだなってよく思う。
とりあえず、当時はこんな感じだった。


408 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/11/04(金) 22:55:45.45 ID:KNpScVl/0.net
それは、オカンが肉屋の配達で遅くまで帰らなかった12月25日の深夜に起こった。
その日俺はオカンの帰りが遅い日なので、妹と一緒に1階の祖父母の部屋で四人並んで眠っていた。
(母がいる夜は2階の寝室で三人で川の字で寝る)
ふと、祖父が目を覚ますと俺の姿がない。
トイレにでも行ったのかと思って祖父がトイレを見に行くがいない。
おかしいと思ってキッチンやリビングを見るが俺の姿が見当たらない。
祖父は急いで祖母を起こしに行って二人で家中を探したがおらず、
もしやと思って玄関を見れば出っぱなしだった俺の長靴がない。
時刻はもうとうに日付の変わった(日付で言えば26日の)夜中の3時前。
祖父母は真っ青になって上着も羽織らず玄関から飛び出ると、子供の足跡がまだ残ってる。
あわてて跡を追えば、山道の方に向かって凍結した坂道を歩いてる俺がいる。
祖父母は夜中だってことも忘れて大声あげて飛んでくと、
パジャマに長靴履いた俺が「おかあさんを迎えにいく」と手に母のジャンバーを持ってはなさない。
何事かと思った祖母だったが、そういえば母が帰っていなかったことを思い出し、
俺に話を聞けば、
夢で、母が道でさむがってる、車がドーン(事故)して動かない、
と言うもんだから、慌てて母の携帯にかけるが繋がらない。
肉屋の伯父にも連絡を取って店を確認すれば、持って帰る予定のガソリン代や、施錠予定の鍵もそのままになっている。
これはと思って警察に事情を説明し捜索を頼んだ所、
1時間後に山あいの道でスリップ事故を起こし、動かれなくなっている母が発見された。
ガソリンが尽きて暖房が切れ、携帯の充電も切れていた為連絡が取れずにおり、
発見が朝まで長引けば最悪の事態も考えられたそうだ。
ここまでのことを、自分では正直よく覚えてないんだが、
街の病院にオカンを迎えに行った時、
泣きながら俺達を抱いて「神様ありがとうございます」とオカンが何度も感謝を述べていたのはうっすら覚えている。


409 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/11/04(金) 22:57:51.32 ID:KNpScVl/0.net
母はその日、24日ほどではないがその日も中々配達の量が多かったそうで、
母が最後の配達を終えたのはクリスマスも残り1時間切った頃だったそうだ。
隣町まで大量のしゃぶしゃぶの肉を届けて、あとは肉屋に寄ってから家に帰るだけ。
連日の大量配達でガソリンが残り少なくなってはいたが、
帰りにはレジに用意してくれてあるガゾリン代を貰って預かった鍵で店を閉め、スタンドに寄ってから家に帰ることになっている。
それより子供とクリスマスを過ごせないのを申し訳ないと思いながら、夜の道を走ってたそうだ。
地元の慣れた道とはいえここ数日降った雪が凍ってて、山際だから坂やカーブもある。
スタッドレスタイヤ履きつつもきちんと安全運転で走ってた車に、
いきなり横の山際から黒っぽい固まり(多分イノシシかカモシカ)が転がり出てきたもんだから、
ぶつかる!と思って咄嗟にブレーキ踏んじゃって、そのままスリップ。
地面滑るように車の顔から路端に突っ込んで、車が動かなくなったそうだ。
幸い怪我が打ち身くらいだったようだし、
とりあえず携帯でサポートセンターと家族に連絡入れようと思って携帯見たら、
朝から持ち歩いて何本も配達電話してた携帯が電源切れてる。
母はこれを見た時は流石に血の気が引いたらしい。


410 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/11/04(金) 22:59:08.63 ID:KNpScVl/0.net
中部とはいえ長野の真冬の夜は外気温が氷点下になることも珍しくない。
空いてる道路を優先で道を走っていた母は、ここがそれほど車通りのない道だということを十分分かっていたそうだ。
年末の夜中、携帯は電池切れ、残り少ないガソリン。
・・・雪国育ちならこの不安多分わかるんじゃなかろうか?
とにかく誰かを呼ばねばならないと、クラクションを鳴らし続けてみるが、反応がない。ないけど鳴らすしかない。
住宅街とは程遠いこともオカンは知ってたから、この時すでに涙目だったらしい。家はまだずっと遠かったし。
家族には「遅くなるから」とだけ伝えてある。
肉屋の伯父叔母は既に帰宅して、店を閉めるのは自分になっているから、店に帰らない自分には気付かない。
幼い俺と妹と一緒に祖父祖母が眠ってしまっていたら、自分の異常に気づく人がいない。
雪降る真冬の長野で、ガソリンも食べ物もない車の中で母の身体じゃまず保たない。
そんなこと考えてるうちにガソリンは切れて、少しづつ車内が冷えていく。
クラクションを鳴らすが人影はないまま。
被れるだけの布を集めて包まっても、寒くて寒くてどうしようもなくなってきて、
携帯の画面は真っ暗のまんま、息だけがどんどん白くなってく。
オカンはあぁ私死ぬかもしれないと思って泣いたそうだ。
せめて最後に子供に会いたい、会ってごめんねを言いたいと手を合わせて、
母が好きでいつも初詣に行ってる諏訪大社に向けて祈ったそうだ。
そうしてるうちにパトカーが向こうからやってきて、自分の名前を確認された。
「ご家族から捜索願が出されて探していました」と言われた時に、
ほんとに死ぬと諦めかけていたオカンは、安堵と感謝で顔を覆ってパトカーでまた泣いたそうだ。
母にとってはほんとに洒落にならんくらい怖かったと思う。
これでしまいです。

さっきお茶飲みながら、クリスマスの夜に日本の神様に祈る所がオカンっぽいな、って家族そろって笑い話にできたので、
記念にカキコしてみました。
ホラーっぽさなくてすんません。神様には感謝っす。


次の記事:『廃火葬場関係』
前の記事:『木の後追い』
[ 2017/02/01 ] 死ぬ程洒落にならない怖い話

[ 128186 ]

ありがてえなぁ…( ;∀;)
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128187 ]

涙腺が緩くなって、こういう話でひどく泣けてくる。お母様が助かって何よりでした。
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128188 ]

しゃぶしゃぶを大量に食いてえな!ポン酢で!
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128189 ] NO TITLE

親子の絆と神様の加護か・・・助かってよかった。長野の冬はヤバイっすわ・・・
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128190 ]

諏訪大社、ぱねぇ…
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128192 ] NO TITLE

神様が親子の絆を使って助けてくれたんだね
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128194 ] NO TITLE

夜中の山道でクラクション鳴らすの怖ぇな。
仮に俺が通りかかったら逃げるな。
鳴らす側だと呼んでないもの呼んじゃいそうだし。
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128199 ]

お諏訪様とご先祖様に感謝!だね
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128200 ] NO TITLE

「日本の神様に頼るところが~」で?となったけど、日にち的にサンタさんに頼んでもよかったんじゃないって事かな?
自分も毎年子どもの喜ぶ顔を思いながらクリスマスの準備してるのに、思い浮かばなかった(笑)
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128202 ] NO TITLE

諏訪神社は宗教学かなんかの学者が研究の結果どうももとはキリスト教が建てたものじゃないかって本だしてたね。
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128203 ] NO TITLE

サンタさんじゃなくて、クリスマスはキリスト教のイベントだから
祈るなら日本の神様じゃなくてキリストだろってことじゃない?
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128204 ] NO TITLE

↑訂正 諏訪大社
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128205 ] NO TITLE

神様は本当にいる(在る)と信じている自分は、この話に満足している
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128206 ] NO TITLE

違法でもなんでもいいから電波の届く無線機を搭載して走れてや。あとガソリンも予備を積んでおけてや
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128207 ] NO TITLE

>年末の夜中、携帯は電池切れ、残り少ないガソリン

不安を通り越して死を覚悟します。
はい、雪国住民です。この間の寒波の時に地吹雪に遭遇して死ぬかと思いました。
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128212 ] NO TITLE

良い話だ。しかし雪国ってこわいんだな。赴く事になったら気をつけるよ。
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128225 ] NO TITLE

ボクのまちは先週-30℃超えだったよ
1時間で逝けるよ
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128227 ] NO TITLE

人間少々寒いところに住んでる方が頭がキリッとしてるイメージがある。南にいくほどアホのイメージが。しかしマイナス三十度は御免だ。
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128228 ] NO TITLE

>>128225
そこは日本なの?
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128229 ] NO TITLE

キリスト教徒じゃないんだから、クリスマスはただのイベント、楽しいお祭り
祈るなら、普段から信心している神様にだろやっぱ。別におかしくない
イエッさんはクリスマスはたくさんの祈り聞いて忙しいだろうしさ
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128230 ] NO TITLE

帯広とか旭川かな?
もしそんな所で夜中に車中+ガソリン切れ+携帯の電池切れだったら冷凍肉待ったなしだろうなぁ
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128232 ] NO TITLE

ほんとにやばいからそこら辺は抜かり無しだよ。夜やってるガソスタ無いしw
20℃以下だとマジで歯がガチガチいうよ。漫画みたいだ
[ 2017/02/01 ] ◆-

[ 128271 ]

いい話だけど、じいちゃんが気づかなかったら二次災害になってたな
[ 2017/02/02 ] ◆-

[ 128314 ]

雪国育ちじゃないからかその極限状態を身を以てイメージ出来なくて悔しいわ。雪国の人はすぐ分かるんだろうな。

でも、小さい子が母を想い雪道を必死に歩く姿を想像したら涙が出ました。
[ 2017/02/03 ] ◆-

[ 128366 ] NO TITLE

まんま吉幾三の歌う「雪国」の一番の歌の通りだな~。
[ 2017/02/04 ] ◆-

[ 128372 ] NO TITLE

長野の隣でうちは平地だけど、冬の朝晩は氷点下になる。
山の方で深夜にガソリン、携帯切れ、通る車もないところでエンコしたら絶望するだろうなぁ。
民家のあるところまで歩くのは不可能。
でも投稿者もひとりで歩くのではなく、おじいちゃん、おばあちゃんを起こせば良かったのに。
もしおじいちゃんが気付かなかったら、もっと恐ろしいことになっていたよね。
しかし、小学校1年で深夜に寒くて暗い道を、ひとりでお母さんを助けに行ったって凄いね!!
[ 2017/02/04 ] ◆-

[ 128390 ] NO TITLE

郵便外務のバイトで大雪の日に手袋に水気が染み込むと、走行中の風にさらされて指が凍えてかじかむ上にただでさえ気温が低いもんだからしまいには指が動かしにくくてマフラーをじかに触ったり排気ガスで指を暖めながら配達したの思い出しました。

山中のもと土豪の一族郎党の子孫で砦を守ってた家や、源平の時代の平家側についた落武者の集落なんかは道すらろくな道とも言えないところが多く、大体は舗装もされてなくてバイクでバランスを取りながら走らないと山のてっぺんや崖や谷から転落しかねないのに

雪がつもると道の幅がわからなくなって危険なので、しまいにはバイクを降りてたった数件の家のために数キロも森林のなかの寂しい小道を歩いて大吹雪で前が見えないのに歩き回ったりたいへんでした。

自分がバイトを辞めた後その集落を配達していたバイトの男の子が砦を守る子孫の家に新聞を配達にいってその家の玄関前の庭(二メートルくらい)でバイクの向きを変えようとしてそのまま崖を落ち二十メートルくらい落ちたところで竹林に引っ掛かってたことがありました。(配達中に行方不明になり皆で探し回ったらしい)

大雪や大雨はは良い思い出がありません。事故まみれです。自分は山で配達中におしっこしたくなりバイクを降りて少しはなれたところで用を足してる最中にバイクに落雷しました(何故や?)。しかも集落から次の集落までの山間の移動中だから回りは一軒も数キロも家がない場所。

(;´゚д゚)ゞ <アワワ



[ 2017/02/04 ] ◆-

[ 128415 ] NO TITLE

>128390

そのバイト、いくら貰えるの?
もはやバイトではなくサバイバルなんだけど...
[ 2017/02/04 ] ◆-

[ 128418 ]

郵便屋さんの赤いバイクは高級車。
寒冷地でカブで外回りしてたけどホントに128390さんの言ってることは良くわかる。

外回りから営業所に戻ってバイクに乗った姿勢のまま固まった身体をヒーターの前であっためていると同じくカブで外回りしている自衛隊上がりの(アダ名おやっさん)おじいちゃんからバイクの性能の違いについて教えてもらった。
「赤いバイクはヒーターついてる」
「えっ!」
「全部じゃないけど良いやつはシートだけじゃなくグリップも暖かい」
「えっ‼︎」
「しかも防寒用のエプロンみたいなのも支給されて足も冷えない」
「そういえばなんかエプロンしてますね」
「親方日の丸だな」
「親方日の丸ですね」

バイトだと良いやつはまわしてもらえなかったのかもね。こういう人達のご苦労で日常が過ごせる事に感謝です。

ちなみに銀行とかのバイクだと前カゴに鞄を入れる仕様だけど赤いバイクはフックと台で鞄をかければ良い仕様になってる違いには気がついていたけどスタンドの仕様とかも様々な工夫がされているみたい。
今もそうかは知らないし民営化されてこら変わったかもしれない。

[ 2017/02/04 ] ◆-

[ 128428 ] NO TITLE

圧雪アイスバーンでも前輪スキーで配達してたなあ。
ちなS市。
[ 2017/02/04 ] ◆-

[ 128609 ]

ソリでハスキーとかトナカイとかを、標準装備にしてくれればいいのにねぇ…。
[ 2017/02/07 ] ◆-

[ 128617 ] NO TITLE

ど田舎ですら道路が整備されている日本ではメリット薄いうえに、無駄に維持費が高いだろうなぁ
[ 2017/02/07 ] ◆-

[ 128637 ] NO TITLE

犬橇なら、事故が減るような気がする。
雪で走行不能になっても、抱き合ってビバークできる。
[ 2017/02/07 ] ◆-

[ 128647 ] NO TITLE


なんとなく南極物語のタロとジロ
[ 2017/02/07 ] ◆-

[ 128775 ] NO TITLE

建御名方神とミシャグジ神ソソウ神らが肩くんで笑いながらドヤ顔してる姿が想像できるなw
間違っても御柱祭をやめてはいけないな。
[ 2017/02/09 ] ◆-

[ 129623 ]

同じ長野県民だけど、真冬の夜は冷え込むよね…徘徊老人が帰ってこなくて、捜索しても間に合わず凍死してしまった、なんて話はよくあるし。
助かって良かったね。神様に感謝。
[ 2017/02/20 ] ◆-

[ 130204 ] NO TITLE

徘徊癖のある老人はgpsで居場所を突き止められる発信器を体内に埋め込んでいざというときは市役所で調べられるようにしたらどうかと。
[ 2017/03/01 ] ◆-

[ 130205 ] NO TITLE

20年前に携帯電話wそんな高級品シングルマザーが持てるわけないだろうが。
[ 2017/03/01 ] ◆-

[ 130208 ]

130205
20年前なら既にドコモや、今は懐かしいツーカーセルラーとかIDOとか東京デジタルホンとかあって、携帯はかなり普及してたし、そんな高級品でも無い。
俺が初めて買った携帯は20年以上前、ノキアのヤツで一万円だったが?
[ 2017/03/01 ] ◆-

[ 130210 ] NO TITLE

料金は高かったぞ?web繋ぎ放題もなかったしな。
当時遠距離恋愛してたら月5万くらい当たり前だった。
[ 2017/03/01 ] ◆-

[ 130211 ]

バッテリーが、電源入れてたら何もしなくても1日もたなかったしなw
[ 2017/03/01 ] ◆-

[ 130471 ]

20年近く前の母子家庭で朝から晩まで働く母親が携帯持ってるわけないよな、
んでその頃の携帯って平野ノラ的な?
よく出来た創作なのに致命的だなと思ってしまいそこから粗探しになってしまった
[ 2017/03/06 ] ◆-

[ 130472 ] NO TITLE

上でも言ってる人がいるが、20年前なら携帯は結構普及してたし珍しくないから持ってても不思議ではないな。
当時大学生の俺でも持ってた。
それに個人の携帯とは書かれていないから、配達中の連絡用に肉屋の伯父さんが持たせていたかもしれない。

>その頃の携帯って平野ノラ的な?

そんなでかい携帯は30年以上昔のな。
20年前なら、もうポケットに入る小型の携帯が主流だよ。
大きさなら今のスマホよりも小さい。
P101とかP201とか検索してみ?
[ 2017/03/06 ] ◆-

[ 130473 ] NO TITLE

今の感覚で携帯=当然私物であると考えるから疑問が湧くのであって、連絡用の店の携帯だとしたら何ら不思議は無いよね。
車自分とこ持ちで業務の通話料も自分とこ持ちだったらどう考えても割に合わんと思う。
[ 2017/03/06 ] ◆-

[ 133367 ] NO TITLE

二十年近く前ならすでに親が持ってたぞ(折り畳み式でないやつ)
それこそ業務用ならあってもおかしくない時代でしょ

むしろ自分が年を取ったことに気づこうぜ
気が付けばもう三十路とかそっちの方がホラーだわ
[ 2017/04/23 ] ◆-

[ 133368 ] NO TITLE

20年程前は、料金が高いうえに、携帯のアンテナ事情が悪かったのですよ。
山間部では非常に繋がりにくいものでしたので、長野では普及は遅かったのではないかと。

自分は、ギリギリ首都圏の、関東平野の真っ平な所に住んでいました。
住んでいる市が通信可能地域になった、というポスターを見て携帯を持ちましたが、自宅は通話不能。
問い合わせたら「駅前にはアンテナを建てましたので○○市通話可能、としましたが、お客様のご自宅周辺にアンテナを建てる予定は当面ございません」とバッサリ。私用だったので解約しました。
近所が通話可能になったので別会社で加入したのは、4年後でした。
気が付けばアラフィフ。今日は暇なれんこんです。
[ 2017/04/23 ] ◆-

[ 133372 ] NO TITLE

電波は悪かったねえ。そして盗聴し放題だったらしいねえ。
通話料金は市外だとびっくりするくらいかかったもんだよ。
webはもちろんメールもけっこうしたよね。
初回請求にたまげた記憶があるなあ。
[ 2017/04/23 ] ◆-

[ 133506 ] NO TITLE

20年前だとちょうどポケベルに代わって携帯が出てきたばっかりって感じじゃないかね
大学生位からは猫も杓子も持ってるってなったのは17、8年前くらいからじゃない
注文受けて配達する仕事なら当然持ってただろうけど電波最悪だったと思う
長野よりは東京寄りの田舎だけど山とかアンテナ全滅だったし
[ 2017/04/25 ] ◆-

[ 135012 ] NO TITLE

1994~95年頃、職場で少し新し物好きな先輩が携帯を購入したのが個人用としては最初。それ以前は社長が仕事用に持っていただけ。この頃高校生の間でポケベルが流行していた。
 ところがその後急速に普及し1997~98年頃、職場で個人の携帯を持っていないのは2人だけになっていました。
 1999年には持っていないのは1人だけになり、ポケベルは社内で業務用1台だけが残されました。
[ 2017/05/16 ] ◆-

[ 135724 ] NO TITLE

今から23年前に私は携帯とピッチとポケベル持ってましたが。
その時自分は大学生。用途に合わせて使い分け。購入や使用料金はバイト代でまかなっていた。
この当時の携帯(mova)は本当に電話しか出来なかった。
メッセージのやり取りだけなら公衆電話でポケベル(ベルしか持ってない友達が多かった為)。
ピッチより電波状況がよい携帯は緊急(親との連絡)用。
電話とメールが出来るのがピッチだったために料金が安いからピッチでメールや通話(ピッチ同士か家電にかける場合)に限る。
このとき携帯にもメール機能あったらよかったのになーと思っていたわ。なので数年後に携帯にメール機能付いたときは感動したよ。
[ 2017/05/26 ] ◆-

[ 142497 ] NO TITLE

20年前なら自分でバイトしてピッチ持ってたよ。高校生で。
大人で緊急連絡の手段が必要なら持ってても不思議はないんじゃない?
まあ、多少フェイクかもしれんし、おおざっぱに20年と言っただけで20年未満もあるだろうし。
[ 2017/08/16 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー