怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

『岩場で野営した』


山にまつわる怖い話

818 :雷鳥一号:03/04/25 01:35
昔、まだ私が大学生だった頃の話です。

当時はよく一人で山に何日もこもっていたものです。
(今は恐ろしくてとてもできないような気がします)
(・・・よく一人で夜とか過ごせたよなあ)
中国山地を縦走していたときのこと。

山に入って二日目、その日は朝から雨でした。
雨の中で山歩きするのは、意外と体力を消耗するものです。
へこたれた私は、いつもより早目に野営することにしました。
ちょうど良い感じに張り出した岩場を見つけたのです。
岩の下に入れば、雨風を凌ぐのに十分な広さでした。

インスタントラーメンと缶詰、カロリーメイトの簡単な食事を済ませる頃には、
雨天のせいか、すっかり暗くなっていました。
ほっと一息ついた私は早々と眠りについたのです。


819 :雷鳥一号:03/04/25 01:36
ふと夜中に目が覚めました。
反射的に時計を確認したら、まだ一時を少し廻ったところです。
「何・・・?」
どうして目が覚めたのか。
覚醒しきっていない頭で、しばし考えていると・・・。

何か音が聞こえます。バシャバシャバシャ。
間違いない、この雨の中、誰かがこの岩場の近くで歩き回っている!

私が最初に覚えたのは恐怖でした。
てっきり熊か何かだと思ったのです。
しかし音を聞いているうちに、熊でないような気がしてきました。
熊でなかったならば、一体何だ!?
思い出してみると、軽いパニックに陥っていた気がします。

バシャバシャバシャ。バシャ。バシャバシャ。
水を跳ね飛ばす音はまだ続いています。

雨音と足音を聞きながら、まんじりと過ごしました。
二十分たっても音は去っていきません。
そのうち、私は恐れとはまた別の思いを抱き始めました。


820 :雷鳥一号:03/04/25 01:36
何か正体の分からないものに対する苛立ち。
ある意味、怒りのような思いが段々と私の中に浮かんできたのです。
今、冷静に考えると、これもまた恐怖の別の形なのかもしれません。

ついに雨の中、足音に向かって行くことにしました。
もうかなり極限まで思い詰めていたのでしょう、我ながら恐ろしい。
(とても今の自分にはできないなあ。若かったなあ)

しかし、近づくと足音は遠ざかっていきます。
そしてこちらが岩場に戻ると、また引き返してくるのです。
何度かくり返しているうちに、足音の雰囲気が変わってきました。
何というか、こう、切羽詰った感じを受け始めたのです。

んあ、もう本格的にマズイ、ヤバイ。
理由も原因も分からないが、ここは良くない場所らしい。
そう感じた私は、思い切って撤収することにしました。
夜の山歩きが無謀なのは承知していますが、もう我慢できません。
荷物をまとめ、ヘッドランプの明かりを頼りに歩き始めます。

案の定、足音もゆっくり後からついてきました。
本当にもう泣きそうです。


821 :雷鳥一号:03/04/25 01:37
足音に追い立てられるようにして歩き続けると、いつしか開けた場所に出ました。
もうだいぶ歩いているはずで、私はヘトヘトになっていました。

その時気がつきました。後ろの足音が止まっている。
どうやら足音の主は、私をここへ導きたかったようです。

まさかここで遭難した人のナニじゃないよな・・・。
そんなことも頭に浮かびましたが、疲れきった私は足音がしないのをこれ幸いに、そこで野営してしまいました。
もうくたびれ果てていたのです。

その後はもう何の怪異もなく、翌朝無事に山を降りられました。
朝になってから、おいおい連れて行かれたらどうしよう?とか色々考えたのですが、そういうことはなかったです。
実際、体験している時よりも、後で思い出したりする時の方が恐かったですね。

帰宅して一週間後、登山仲間とこの話をする機会がありました。
そこで妙なことを聞いたのです。


822 :雷鳥一号:03/04/25 01:37
私がこの体験談を話そうとしだしたのですが、

「この前○×△に入ってたんだけど、」
「ああ、何でもかなり崖崩れがあったらしいねえ」
「えっ」
「南斜面の岩場が大きく崩れたらしいよ。見えた?」

ひょっとして、私が雨宿りしていたあの岩場も・・・?
なぜか確認する気にはなれず、しばらく山には入りませんでした。
しかし、あの夜に崩れるような音は聞いてないのだけどね。

でも、もしそうならば、あの足音は私を助けてくれたのでしょうか。
一体何が(誰が)足音を立てていたのか。
確認に行っていないので、もう真実は分かりません。
今でも真実を、なぜかそんなに知りたいとは思わないのです。

奇遇にも、ついこの間、似たような体験をした人の話を聞けました。
この人の場合は、丹沢の山中だったようですが。
やはり地崩れする場所から追い立てられたらしいです。

山の中には、今でも神様がいるのかもしれません。
ただ、いつもこちらを助けてくれるとは限らないようですが。

私の数少ない、ちょっと不思議な体験でした。
長文ご免。


826 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 04:03
>しかし、あの夜に崩れるような音は聞いてないのだけどね。
岩盤が割れてガコーンと落ちるならともかく、いわゆる土砂崩れは恐ろしいほど静かに進行するものだよ。
鉄砲水や土石流のように、一気に流れ出せば凄い音になるけどね。


827 :雷鳥一号:03/04/25 20:53
>>826
なるほど、それは確かにそうかもしれませんね。
足音が起こしてくれなかったら、目も覚まさずに涅槃逝きだったかも。
でも何で助けてくれたのかな。
怖いと言うより不思議な体験でしたね。

何と言いますか、山にまつわる話って、怖い類の話より不思議な類の方が多いような気がしますね~。


次の記事:『話しかけてはいけない』
前の記事:『夜間のコールセンター』
[ 2017/01/28 ] 山にまつわる怖い話・不思議な話

[ 127902 ] NO TITLE

山は、時に厳しく、時に優しく…
[ 2017/01/28 ] ◆-

[ 127903 ]

山に…幸せ…あれー!
[ 2017/01/28 ] ◆-

[ 127904 ] NO TITLE

足音かわいい
[ 2017/01/28 ] ◆-

[ 127909 ]

きっと、助けてくれたんだと思うよ。
[ 2017/01/28 ] ◆-

[ 127920 ] NO TITLE

追えば逃げて、逃げれば追う…
いったい正体は誰で、何がしたいんだろう?
Babyどっちかにbaby決めてくれ。
[ 2017/01/28 ] ◆-

[ 127923 ]

山を愛してる人が山から愛されてるとか素敵ね。

でも「ナニ」ってカタカナ表記されるとなんか違う想像が脳内を駆け巡るんだけどこれも紳士病かしらね?
[ 2017/01/28 ] ◆-

[ 127933 ] NO TITLE

xxあの子はxxツンデレなのさ
そんなんじゃないやい、助けてなんてないやいやい

もっとわかりやすい知らせかたないのかな。
自分なら怖くてテントの外なんか出られないよ。
[ 2017/01/28 ] ◆-

[ 127938 ] NO TITLE

似たような?事あった
子供の時、友人と待ち合わせた場所で、電柱に寄りかかって
ゲームしながら待ってたら、急に羽虫が俺の顔に纏わり付いてきた
手を振って払ってもしつこく絡んで来る。たまらず電柱から離れたら居なくなった
で、ちょっと離れた民家の塀に寄りかかってゲーム続行してたら
ミニバイクが、さっきまで俺が寄りかかってた電柱に激突、グシャリ
ゲームに集中してた俺は、そこに居たら絶対避けられなかった
そんな経験、割と多くの人がしてるんじゃないかな?
雷鳥氏は、お仲間に話をしなかったら崖崩れの事を知らずに終わったはず
そんなふうに、何かに助けられながらも、それに気付いてない人が多いのかも
[ 2017/01/28 ] ◆-

[ 127946 ] NO TITLE

それは羽虫が息の二酸化炭素や体から出る乳酸かなんか、夜なら画面の明かりに寄ってきた偶然じゃないかなって気がする。
[ 2017/01/28 ] ◆-

[ 127947 ] NO TITLE

好奇心の強いシカさんが距離をおいてついて来ただけかもしれない
[ 2017/01/28 ] ◆-

[ 127948 ] NO TITLE

127920,127933
追跡者「毎度、お騒がせしま~す」
[ 2017/01/28 ] ◆-

[ 127952 ]

お化けってしゃべれないのかな
[ 2017/01/28 ] ◆-

[ 127959 ] NO TITLE

これと同じ話、読んだことある。
確か投稿された怖い体験談をまとめた本だった。
同じ場所かな?
[ 2017/01/28 ] ◆-

[ 127964 ] NO TITLE

>127947
だったらシカたがないな。シカトするわけにもいかんし。
[ 2017/01/29 ] ◆-

[ 127980 ]

山の幸
[ 2017/01/29 ] ◆-

[ 127987 ] NO TITLE

おーい山田くーん、127964にシカ煎餅二枚やっとくれ。
[ 2017/01/29 ] ◆-

[ 128049 ] NO TITLE

※127959
話としてはありふれてるからね
類型が幾らでもある
[ 2017/01/30 ] ◆-

[ 128079 ] NO TITLE

当時はよく山に一人でこもっていたものです

山を下りるときに後ろにぞろぞろ妙なものが憑いてきてるおそれ有りでしょ。
修験者でも山籠りの修行時に心してかからないと下山するときに後ろから憑いてきてて上役に見抜かれてしかられる話読んだことあるし。
[ 2017/01/30 ] ◆-

[ 129529 ] NO TITLE

バシャバシャ君! 雷鳥さんを助けてくれてありがとう!
君のおかげで、俺達が雷鳥さんの投稿を楽しめているんだよ。
すげーいい仕事してくれたね(´∀`)

雷鳥山の話好きな人達にお願いがある。
みんなも、バシャバシャくんに感謝の気持ちを向けてくれ
それは必ず届く。
[ 2017/02/19 ] ◆-

[ 129729 ]

なんか、助けたいのに伝わらなくて
怯えられても健気に雷鳥さんを救おうとするモノに
哀愁と愛おしさを感じた。

夏目友人帳みたいな。
[ 2017/02/22 ] ◆-

コメントの投稿











おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー