怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

『だんだんはっきりと見えてきた 前編』

幽霊マンションシリーズ。
『ドアを開けてしまった』の続き
∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part41∧∧

12 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/03/16(月) 21:14:08 ID:8SM5XBnN0
友人の話。

彼女ら姉妹の部屋であれだけ頻繁に起こっていた怪事が、サッと鳴りを潜めた。
丁度夏に入る頃だったという。
世間話がてらご近所に聞いたところ、彼らの家でも静まったらしい。
「誰かお払いでもしたのかな?」
何にせよ、騒ぎが起こらないに越したことはない。
それから少しの間は、ごく平穏な日常を過ごせたのだそうだ。

暑さが日に日に辛くなってきた頃。
夜中にふと目が覚めた。何か物音が聞こえたような・・・。
手元灯を点けてみたが、部屋にいるのは自分と姉だけだ。
ぐっすり眠っている姉を確認し、明かりを消そうとした時。

部屋の隅から何か出てきて、目の前を横切った。
白い足型の物体。草履の底みたいに見えるもの。
それがトストスと軽い音を立てて、壁の中へ消えていった。

見なかったことにして明かりを消し、眠りについたのだという。


13 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/03/16(月) 21:15:00 ID:8SM5XBnN0
その夜から、毎日のようにそれが枕元を通り抜けるようになった。
決まっているかのように、現れるのはいつも深夜一時過ぎ。
日に一度だけ枕元を通り過ぎる。

それが出るようになって五日目、渋る姉を何とか説得して、一緒に目撃してもらうことにした。
息を殺して時間を待つ。

時間通り、その日もそれは現れた。
壁に溶けて消えた時点で、姉に「見たでしょ!アレ一体何だろ?」と話を向ける。
しかし姉は奇妙な顔をしてこう答えた。
「音は確かに聞こえたけど、私には何も見えなかったよー?」

「どういうことなんだろねー?」
これまでは同じモノが見えていた筈なのに。
二人で首を傾げたそうだ。

この話を聞かされて、私は嫌な感じを覚えた。
マンションに出る何かが、ターゲットを友人一人に絞ったかのような、そんな気がして仕方なかった。
口に出しては言わなかったが。


14 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/03/16(月) 21:15:41 ID:8SM5XBnN0
それから少し後、友人から連絡があった。
「一時十分のアレね、だんだんはっきりと見えてきたよー。
 少しずつ厚さが増してきてね、今では白い足袋になったん。
 そう、着物の時に足に履くやつ。
 足首から下だけが相変わらずトストスと歩いてる」

前から散々言ってるけどさ、直ぐにでも引っ越してそこ出ろよ。
手伝うからさ。よく知らないけど取り憑かれてからじゃ遅いぞ。

そう進言したところ、彼女の目が急に泳いで、遠くを見るような表情になる。
「んー、考えとく」とそれだけ口にして、別の話題を始めた。

別の場所で、姉にも引越しを進めてみたが、妹と似たような表情でかわされた。
・・・あー、これはもう憑かれてるんかな・・・。
ふとそう思ったが、所詮は他人だ。どうすることも出来ない。
オカルトっていうのは、実際どこにも相談する機関が無いのが厄介だと実感した。

何かあったら連絡くれ。それだけを念押ししておくのが関の山だった。




22 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/03/18(水) 20:26:36 ID:bm7imf4m0
それからもちょくちょく、友人から報告があった。

「今ね、膝まで見えてるん」
「昨晩は背中まで現れてた。帯止め可愛かったよー」
「肩まで出てきた。もう少しで全部見えるかも・・・」

総じて考えると、白い着物姿の少女の姿が、足元から徐々に積み上がっていっているようだ。
小学校の低学年くらいの背丈らしい。髪は腰の少し上まである。

お前怖くないのか? 聞いてるこちらは気持ち悪くてどうしようもないんだが。

「んー、あまり。そう言えば何でだろうね、以前はすごく怖かったのに」

嫌な感じだけが、夜毎夜毎に増えていった。


23 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/03/18(水) 20:27:58 ID:bm7imf4m0
そんなある晩、寝ていたところを携帯の着信音で起こされた。
見れば友人からの電話だ。
寝惚け眼で、どうした?と聞いてみた。

「今ね、さっきね、ついに全身が現れたん!」

興奮した声が耳元で響く。
何故だろう、急に目が冴え、嫌な汗が噴出した。

「それでね、いつものようにトストス歩いて過ぎたんだけど。
 今日は何故か、少し進んだ所でピタッと立ち止まって。
 これまでなかった行動だから、ビックリして動けないでいると、
 いきなりその子が振り向いたんよ!」

「そしたらね、顔がね、顔だけが、皺くちゃのお婆ちゃんだったの!
 背格好は子供なのに。
 ニヤァって気持ち悪い笑み浮かべて、そこでパッと消えちゃった。
 うー、気持ち悪いよー!」

その後も彼女は何か大声で訴えていたが、詳しくは覚えていない。
ただただ、嫌な感じだけが私の背中を這い登ってきた。
とにかく早く会話を終わらせて、その電話を切りたかった。


24 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/03/18(水) 20:29:58 ID:bm7imf4m0
それからも定時になると、着物姿は枕元を通り過ぎていたという。
全身が見えるようになってはいたが、それ以外は何も変化がなかったらしい。
直に彼女も無視して構わなくなっていた。

一週間ほど経って、再び奇妙な夜の電話があった。

「あのね、あの顔だけがお婆ちゃんの幽霊がね、変なの。
 上から下まで髪以外は真っ白だったんだけど、それが足の先から、段々と色が着いてきてるみたいなの。
 今はほぼ足首から下が真っ赤な状態だよ。
 これって何かの前触れなのかな?」

こちらに相談されてもわかる訳がない。
しかし赤色というのが気になった。
聞けばその赤は血の色にそっくりで、何となく嫌な雰囲気なのだそうだ。

老女が腰まで朱に染まったという電話を最後に、友人からの夜の電話は途絶える。
何となく、こちらから連絡するのは躊躇われた。

姉から緊急の連絡があったのは、それから四日後だった。

『だんだんはっきりと見えてきた 後編』に続く


次の記事:『母親と男の子が手を繋いで歩いていた』
前の記事:『非常階段鬼ごっこ』
[ 2017/01/20 ] 山にまつわる怖い話・不思議な話

[ 127298 ]

ようやく終わりが見えてきたな。
[ 2017/01/20 ] ◆-

[ 127300 ]

毎回読んでて思うんだが、
もし自分が雷鳥さんのような相談される側だったら、どうすればいいんだろうとか、果たして自分には何が出来るのかなぁ…って。
幸いな事に、今の所自分含めて周りにもこういう経験無いけど。
[ 2017/01/20 ] ◆-

[ 127318 ] NO TITLE

この姉妹は愚痴っているだけで相談しているわけではないので、何も出来ない。
アドバイスしても聞き流しているから、言うだけムダ。
[ 2017/01/20 ] ◆-

[ 127322 ] NO TITLE

しかも赤って、心霊写真で写る玉(オーブ?)と比較するのも的外れかもしれんが危険な色だよ
[ 2017/01/20 ] ◆-

[ 127325 ] NO TITLE

次回への興味をあおるラストが心憎いね

残念だけど、人のアドバイスを聞かない人には何言っても無駄だよね
最近は「大変だねぇ」的な事だけ言っとくようにしてる
[ 2017/01/20 ] ◆-

[ 127334 ]

>127333
「〇〇から聞いた話」という雷鳥さんスタイルw
私は、次から次へとよく思いつくなぁと感心しながら読んでるわ。
ただ、なんとなくパターンというか、一つのきっかけや閃きから、話が広がっていってるなというのは感じているよ。
[ 2017/01/20 ] ◆-

[ 130433 ] NO TITLE

『渋る姉』が渋柿に見えた
[ 2017/03/05 ] ◆-

[ 134446 ] NO TITLE

途中から雷鳥さんらしい語り口になってるな
初めはちょっと引いたけど
[ 2017/05/08 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー