怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『マンションの非常階段』

幽霊マンションシリーズ。
『とある山裾に造成されたマンション』の続き
∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part31∧∧

517 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/12/24(日) 16:34:12 ID:68UtPqjc0
(Part30からの、言わば続き物です)

友人の話。

それからもエレベーターが使用できず、非常階段を使う夜が度々あった。
第三者から見ればひどく不便だろうと思うのだが、その当事者は慣れてしまったのか姉妹共々ケロッとした顔をしていた。

いつものように非常階段を昇っていたある夜。
七階に入る非常ドアを開けようとしていると、何か動く物が視界をかすめた。
不審者!?
ドキッとして動きのあった方、八階へ続く踊り場へ目をやった。
人ではなかった。何か黒い霞のような影が、そこにぼんやりと佇んでいる。
そこにも外灯が点いていたが、なぜかその姿をはっきり見ることが出来なかった。

じぃっと見ていると、右手に当たる箇所の影がゆっくりと持ち上がり、
頭と思しき付近でゆらゆらと定まった。まるで敬礼しているみたいに見えたという。
ひどく気味が悪かったが無視することも出来ず、「あ、どーも今晩は」などと適当に挨拶してから屋内に入った。

その後も何度か敬礼してくる影に遭遇したが、その度々挨拶して逃げていた。
ちなみに姉の方は、この影を見たことはないそうだ。


518 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/12/24(日) 16:34:55 ID:68UtPqjc0
このマンションに越してきて一月も過ぎた頃。
彼女には、どうにも合点が行かないことが生じていた。
靴箱の中に入れていた靴や用具の配列が、微妙にずれているのだ。
初めは姉が動かしたのだろうと思っていたが、ある日姉が「私のブーツ動かした?」
と聞いてきたことで発覚した。
聞けば姉の方も、靴箱の中身は妹が動かしていると信じていたのだそうだ。

思わず二人で顔を見合わせたが、その時は気のせいだろうということになった。
姉妹以外の誰かが室内に入ってきている、そんなことは考えたくなかったのだと。

そんなある朝、玄関から「ぎゃぁっ!」と大きな悲鳴が聞こえてきた。姉だ。
どうしたん?と慌てて駆け付けると、姉は靴箱の前でへたり込んでいた。

「今ね、今ね、奥のクリームを取ろうとしたらね・・・」
取ろうとしたら?
「・・・誰かに手を握られた」

一瞬固まったが、次の瞬間二人して靴箱の扉を取っ払って中身を掻き出していた。
何も怪しい物などなかった。何度確認しても二人が入れた物ばかり。
「疲れていたんだよね、多分、きっと」
そういうことにして、その場は取り繕ったのだという。

それからも度々、姉は玄関で「おぉっ!」とか「ぬわぁっ!」などと叫んでいた。
お姉ちゃん、気に入られちゃったのかな?
彼女は他人事みたいに、首を傾げながらそう口にしていた。

彼女自身にしてみると、怪しい何かに手を握られたこともなく、
逆に散らかしていた靴箱を整理してくれたこともあったみたいで、
“アレはそんな悪いモノじゃない”と認識していたのだそうだ。


519 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/12/24(日) 16:36:03 ID:68UtPqjc0
ある晩、残業で遅くに帰宅した時のこと。
玄関を開けると、そこにパンパンに詰まったゴミ袋が二つ置かれていた。
あ。そういえばお姉ちゃん留守にするって言っていたっけ。

明朝に出しておかないと、しばらく生ゴミと一緒に生活しなくてはならない。
でも、明日は昼から出勤なのよね・・・朝寝したいなぁ。
時刻は丁度、深夜の二時。
周りは山ばかりということもあって、ゴミ捨て場のある辺りは真っ暗だ。
怖いが、逆に考えれば、見られることも少ないだろう。
幸い、今夜はエレベーターにあの女も出なかった。

しばし迷って、いけないとは思ったが、その足でゴミを出しに行くことにした。

両手にゴミ袋を抱えてエレベーターのボタンを押す。
上がってきた箱の中に誰も居ないのを確認してから、入ろうとしたその時。

 いやあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

大きな悲鳴がホールに響いた。足を宙に止めたまま、彼女は硬直してしまう。
再び悲鳴が轟く。エレベーターの箱と壁の隙間から聞こえてくるようだ。
エレベーターシャフトの中で、誰かが泣き叫んでる!?

慌てて踵を返し、自分の部屋に飛び込む。
少しだけ顔を出して見ていたが、不思議なことに他の住人は誰も出て来ない。
あんなに大きな声が聞こえていないのだろうか?

やがてエレベーターの扉は閉まり、下の階へ降りていった。
素直に諦めて、その朝は早起きしてゴミを出しに行ったという。


520 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/12/24(日) 16:39:38 ID:68UtPqjc0
この山裾の幽霊マンションのお話、あともう少しほど続く予定です。
(この二ヶ月で追加エピソードが出てきたので、ちょっと延びました。汗)

今書いたぐらいのネタなら、そうも神経に来ないんですが。
はぁ。
また明日にでも続き投下しますデス。
それではまた。

『カリカリという音で目が覚めた』に続く


次の記事:『十年位ドラゴン倒したりと忙しい冒険生活送ってた』
前の記事:『独身なんだが子供好き』
[ 2017/01/04 ] 山にまつわる怖い話・不思議な話

[ 126109 ]

関係ない話だけど、俺の靴だったら勝手に配置を変えられる心配はないと思う。だってさ…
仕事のとき以外は、冬場でもほとんど素足で靴を履くから、そのニオイの酷いこと酷いこと……
たぶん、幽霊も俺の靴を手にした途端、ひきつるんじゃないかな。あまりのクサさにねwww
[ 2017/01/04 ] ◆-

[ 126127 ] NO TITLE

深夜にコッソリごみ捨ては「いやあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」って事か
ある意味良識ある幽霊
[ 2017/01/04 ] ◆-

[ 126137 ] NO TITLE

「ぎゃあっ!」「おおっ!」「ぬわあっ!」って
一々おもろい反応してるから、からかわれてるんだろお姉ちゃん
[ 2017/01/04 ] ◆-

[ 126155 ] NO TITLE

>126109
「いやあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」…って靴箱から聞こえる予感
[ 2017/01/04 ] ◆-

[ 126160 ]

>126155
ありがとう。たぶん、そうだろうねwww
[ 2017/01/04 ] ◆-

[ 126264 ]

匂いフェチかな?
[ 2017/01/05 ] ◆-

[ 126276 ]

何となく、そんな気もするね。それにしても、もし足のニオイフェチだったら、違った意味で怖いねw
でも、その気持ちが分からなくもないんだよね。幼き日の俺って、寝ている親父の蒲団に潜りこんで、たまに足のニオイを嗅いで楽しんだものさw
(もちろんその行為は小2で卒業した)
…今回の俺のくだらないコメントで、もし気分を害されたなら、以後気をつけます。
(しょーもなっw、って笑ってほしかっただけです…)
[ 2017/01/06 ] ◆-

[ 126283 ]

↑大丈夫。昔飼っていたウチのネコさまは、父親のオヤジ臭がついたワイシャツを、舐めたり噛んだりゴロゴロしたりと一人エキサイティングかましてから、しばし恍惚の表情でウットリしてた。それを思い出して、ほっこりしたよw
ネコと同列にしてごめん。
でも動物や子供のそういうのって、なんか面白ろ微笑ましいよね〜(o^^o)
[ 2017/01/06 ] ◆-

[ 126285 ] NO TITLE

※欄のおかげで、匂いフェチ霊の「いつもいい匂いをありがとう」という
親愛のシェイクハンドにしか思えなくなって来た…w
[ 2017/01/06 ] ◆-

[ 126286 ]

126283さん
何だか心が和みました。ネコと同列で全然大丈夫ですよ❤素敵なほっこりエピソード、ありがとうございます。本当に嬉しかったですよ。

126285さん
ごめんなさいね……w
[ 2017/01/06 ] ◆-

[ 126289 ] NO TITLE

悲鳴と※欄の足の匂いというワードでなぜか呪いの館を思い出したw・・・連想力って怖いな
記憶を呼び覚ます匂い・・・そういや確かにあの臭いはそうだったな
[ 2017/01/06 ] ◆-

[ 126300 ]

126289さん
確かに、連想力って怖いですね。同時に面白くも感じますねw…記憶を呼び覚ますニオイ。同感です。
茹だるような暑さだった10数年前の真夏の日、老若男女が30人以上集まった、とある説明会の場で俺がサンダルを脱いで裸足(生足)になったときを思い出しましたw途端に周囲の空気がカオスになりました……
[ 2017/01/06 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー