怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『雨宿り』

師匠シリーズと同じ作者。
新 鼻 袋 ~第四夜目~

902 :ゴーストハンター:04/10/22 14:55:19 ID:Bb1p0LkH
『雨宿り』 全6回  作:ゴーストハンター


『ラジオ幽霊』の話を聞いたのは誰からだったか。
近所の廃屋に出るという。私は一笑に付したが、ネーミングの面白さが妙に耳に残っていた。

その日、私は散々だった。
会社では人の失敗を押し付けられ、帰りの電車ではカバンを置き引きに会い、そして電車から降りてみると土砂降りの雨だ。
せめて折り畳み傘でもあればと思ったが、仕方がない。
日の暮れた道を、雨粒を撥ねながら家路へ走った。
しかし途中でますます雨脚は激しくなり、視界がもやのように煙るのでこれはたまらないと、近くの廃屋に飛びこんだ。
「ウヒー」と思わずつぶやくと、手足を振るった。
ポケットからハンカチを出して顔を拭こうとしたとき、どこからともなくラジオの音が聞こえてきたのだった。


903 :ゴーストハンター:04/10/22 14:56:43 ID:Bb1p0LkH
廃屋はもともと何かの工場があった場所だった。
その奥の柱に携帯ラジオが掛かっていて、知らない洋楽が流れていた。
その柱の下に、男が座っていた。
ドキッとした。目が慣れるまで全然気がつかなかった。
「あ、雨宿りですか」
なにか言わないといけない気がして、軽い調子を装った。
男は何もいわず前髪から落ちる水滴をハンカチで拭いていた。
私は男に不気味なものを感じながら、自分もハンカチで顔を拭き始めた。
ラジオ幽霊。
そんな言葉が頭に浮かんだ。
まさか。そんな風には見えない。ただ、男の格好に違和感を覚えた。
会社帰り然としたスーツ姿だが、カバンを持っていないのだ。
男は神妙な顔をして、柱のラジオを見つめている。
薄気味が悪くて私は早く雨が小降りにならないかと、外を見た。
そのとき、ポーンという甲高い音が廃屋に響いた。


904 :ゴーストハンター:04/10/22 14:57:51 ID:Bb1p0LkH
ラジオの時報だった。
『~時のNHKニュースです。
 たった今入った情報によりますと、○○区の××の事務所に強盗が押し入り、事務所にいた女性従業員を刃物で殺害。
 男性一人をガムテープで拘束して逃走した模様です。
 犯人は付近に潜んでいる可能性もあり、警察では警戒を呼びかけています。
 なお、犯人は30歳前後中肉中背の男性で、スーツ姿。
 逃走のさいに事務所の売上金の入ったバッグを捨てており、バッグは路上で発見されています。
 では、次のニュースです・・・』
パンダの話など耳に入らなかった。
事件があったのはここと目と鼻の先だ。
30歳前後、中肉中背、スーツ姿。そしてバッグを持っていない。
私は、まさかまさかと思いながらも男の方をハンカチの隙間から覗いた。
いっそ、くだんのラジオ幽霊氏であって欲しい。


905 :ゴーストハンター:04/10/22 14:58:35 ID:Bb1p0LkH
男はラジオに耳を傾けながら、平然としている。
私は図らずも指が震えた。
なぜ男は平然としているのか。
今のニュースを聞いていなかったはずはない。
逃亡中の殺人犯が怖くないはずはない。
私もまた、『スーツ姿で手ぶらの三十男』なのである。
私が怯えているように、男もまた私に怯えていいはずだ。
にもかかわらず平然としているということは・・・
私は最悪の状況を想像し、緊張した。
そのときである。
男がふいに笑い出したのは。
「ガムテープで拘束したなんて、ウソさ」


906 :ゴーストハンター:04/10/22 14:59:21 ID:Bb1p0LkH
私はいつでも逃げられる体勢をとりながら身構えた。
「今のニュースには決定的な間違いがある。
 男性をガムテープで拘束した、という部分だ。
 『ガムテープ』は登録商標だ。NHKではその単語を使わない」
「え?」
私は驚いて男を見た。
「粘着テープ、または布テープという表現をするんだ。
 企業の宣伝行為を一切しない、という建前と引き換えに、
 すべての国民から受信料を巻き上げるための、涙ぐましい言い換えの結果だよ」
男はさも可笑しそうに肩をゆすった。
「ある噂を聞いて来たんだけど、私が出張ってくるほどのことはなかったな。
 雨が小降りになったら、もう帰るよ」
ラジオがプツンと音を立てて止まった。


907 :ゴーストハンター:04/10/22 15:00:45 ID:Bb1p0LkH
急に雨音が大きくなる。
私は思わず、ラジオを柱から外して手に取った。
古い型で埃まみれで、今まで音が出ていたのが不思議だった。
そして裏返すと、電池が入っているはずの所になにも入っていなかった。
ラジオの幽霊。
そんな言葉が頭をよぎって、思わず手から取り落とした。
ラジオはいくつかの破片を散らして、壊れた。
「もちろん、殺人事件なんて起きてないさ」
男が外の様子を見ながらいった。
もどってくると、懐から名刺を出して、
「そうそう、なにか御用のさいにはぜひ」
営業用のスマイルで私の手に押し付けた。
名刺には『ゴーストハンター・小田切真一』と書いてあった。


次の記事:『屋上に靴と遺書が残ってた』
前の記事:『上から半透明な何かが降ってくる』
[ 2016/08/29 ] 師匠シリーズ

[ 118339 ] NO TITLE

「死者の名」の人が大人になった姿か
これもシリーズ化してるのかな
[ 2016/08/29 ] ◆-

[ 118558 ]

愛媛に、TVで釣り情報の自分の番組をもつチョーさんという爺さんがいるが、この人は大ベテランなんだけどどうしても消波ブロックのことをテトラポッドと言ってしまいよくN.G.を出すので何回も録り直しをしているのを見かける
[ 2016/08/31 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー