怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『終戦直後の広島』


死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?334
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1463021094/

618 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/06/21(火) 16:35:46.21 ID:LdtJZU6/0.net
祖父から聞いた一番印象に残った怖い話。

第二次世界大戦の戦時中から戦後にかけてが青春だった祖父は、
生まれつき足の向きがおかしくて、歩けはすれどよほどまともな運動は出来なかったようで、
徴兵は免れて、広島県で家族に養ってもらいながらなんとか生き延びていたそう。
戦争が終わったけど祖父達のいた広島は、原爆の影響もあって本当に地獄だったらしい。
余程戦中だった頃のほうが生活面も安全面もまともなほど荒れていたみたい。
場所がよかったようで被爆を逃れていた祖父は、破壊された電線の銅などを集めて生活を安定させていったらしい。
(はだしのゲンに似たような話があったから知らない人は読んでみてくれ)

その頃の話なんだけど、祖父はよく影が無い人を見たって言ってた。
夕方に一人で荷物を引いてるときとか、昼間とか時間を問わず。
当時の広島は、被爆者の影が路面や壁に写りこんだ話がよく話されていたから、
祖父は、被爆して影を置き忘れて死んだ人たちなんだと思ったそう。
やけに青白い顔をしてぼんやり立っているその人たちは、本当に生きているみたいだったらしい。
というより、町のど真ん中で昼間から何もしないで立ち尽くしていてもなんの疑問も持たれない程、
食べ物も働く術ももたない生きた人間が多かったので、影の有無位でしか生きてるか死んでるか分らなかったらしい。

往生の間際まであの時代はとてもこの世ではなかったと話していた、祖父の話の中で一番怖かった話。
祖父の三回忌なので投下した、長文すまん。


次の記事:『地下の装飾した一室』
前の記事:『友人が住んでた団地の怪談』
[ 2016/07/18 ] 死ぬ程洒落にならない怖い話

[ 115145 ] NO TITLE

こういう話にふれると何とも言えずやりきれない気持ちになる
経験者からしたら聞いたぐらいでビビるなよと言われそうだが…
御冥福をお祈り申し上げる
[ 2016/07/18 ] ◆-

[ 115149 ] NO TITLE

被爆者の語り部もどんどん亡くなっていく中
こういうオカルトな話でも、当時の悲惨さや人々の思いを
表していると思うと、知っておきたい話ではある。
[ 2016/07/18 ] ◆-

[ 115150 ]

おばあさまの体験を漫画にしてWeb公開されている人もいるね。
[ 2016/07/18 ] ◆-

[ 115163 ] NO TITLE

↑読みました。絵が上手だった。
こうやって経験者さんの話が聞ける機会を大事にしたいなと、しみじみ思う。

ちなみに(前にも書いた気がするけど)見る人が見ると、
広島長崎より沖縄の方が凄いらしい。
かなりの激戦区だったらしいからね…。
[ 2016/07/18 ] ◆-

[ 115164 ]

南部は戦死、北部は餓死だっけか。
広島で被爆を体験し、地獄を見たはだゲンの作者ですら
沖縄の取材で「もう止めてくれ」と叫びたくなるほどだったらしいから。
[ 2016/07/18 ] ◆-

[ 115166 ]


おじいさんへ、手向けの線香。

軍都ヒロシマ。
小学生の時に音楽の先生が愛媛県の中島という島の出身だったんだけど、そのお父さんが外で畑仕事をしていたら海の彼方にきのこ雲が湧き上がるのが見えたそうだ。まことに小さく小さくだけど肉眼で見えたらしい。

花火工場が爆発したのかと思ったらしいがそれくらいで瀬戸内海の彼方に煙が上がるのが見えたりするわけがないので不思議だなあと思ったらしいが、後にラジオで米軍機による新型爆弾が広島に投下されたと初めて知ったといってお父さんに教えてもらったと先生は言ってた。
[ 2016/07/18 ] ◆-

[ 115179 ]

終戦後、うちの母は外地から帰って来る時に、列車で広島を通ったそうです。その光景は、高い建物が何もなく、焼け野原がただただ遠くまで広がっていたそうです。
3.11の津波の後をテレビで見た時に、その言葉が浮かびました。
原爆と津波では色々と違うのでしょうが、どちらも亡くなられた方が安らかに眠れますように…。
[ 2016/07/18 ] ◆-

[ 115198 ] NO TITLE

広島市中心部からJRで2時間かかる山の方の我が実家。
あの日、祖母は地の底から響くようなドロドロ~という音を聞いて
あわてて外に出て巨大な黒いきのこ雲を見たそう。
なぜか敵機の攻撃だとは考えず、「ああ化け物だ」と思ったとか。

[ 2016/07/18 ] ◆-

[ 115218 ]

余程戦中だった頃のほうが生活面も安全面もまともなほど荒れていたみたい。

ここ肝心。大日本帝国が「倫理社会」だったことをあらわしている。
[ 2016/07/19 ] ◆-

[ 115224 ]

>115218
そうかな?
女性の権利が大幅に制限されていたり、相当乱暴な形で貧富の偏りを無くす目的の政策が打たれて混乱したり、政治も軍事も派閥争いに随分労力を割いてた時代でもある。
その1点のみを以て全体を全肯定するのには同意できない。

肯定するにせよ否定するにせよいい機会だし、自分の頭と体で色々読んでみたり、旅行して見に行ってみたりするのもいいかもしれない。

もう夏だね。
[ 2016/07/19 ] ◆-

[ 115225 ] NO TITLE

爆心地は一時的にしろ秩序なんてなくなるから戦前がどういう社会だったにしろ
酷い物だったと思うよ。火事場泥棒だけならまだしも泥棒以上の犯罪行為も多発してただろうから、
そういう部分を指して 戦中の頃の方が の文章なんだと思うよ
[ 2016/07/19 ] ◆-

[ 115261 ] NO TITLE

>115218
まあ、こういう人に何言っても無駄なのは経験上よく知ってるが…。

反対する人間はみんな共産主義者に仕立て上げて逮捕してたみたいだけど?
表現の自由もかなり制限されてたみたいだし。
最後には鉄不足で、一般家庭の鍋まで召し上げてたし、
庶民の貯金はみんな軍事費にまわされちゃってたし。
[ 2016/07/19 ] ◆-

[ 115280 ]


敗戦色が濃厚になってきてからはそうでしょうね。何もかもが手を回すことができきれない事態になれば、理想理念を維持することが困難になるわけだから。
[ 2016/07/19 ] ◆-

[ 115281 ]

115224

そういう意見が出てくることを期待して敢えて投じた一石です。
[ 2016/07/19 ] ◆-

[ 115282 ]

115261さんも。
[ 2016/07/19 ] ◆-

[ 115289 ]

こういうお話(※欄の皆さんがお聞きになった話も含め)、活字にしたいね。あの時生き延びた方たちが、そして周りの方たちが何を見たか、何を感じたか。不可思議なことも事実も全部。沖縄や硫黄島、南方戦線ももちろんだけど、こういうのも忘れてはいけない、大事な戦争の記憶だと思う。
[ 2016/07/20 ] ◆-

[ 115478 ]

終戦というか敗戦だね。
[ 2016/07/22 ] ◆-

[ 116142 ]

「明日爆撃されて死ぬかもしれない」戦中と「明日飢えて死ぬかもしれない」戦後。
文字にすれば同じ「過酷」と表現出来てしまうけど、どちらがより酷いかといった比べ方は出来ないよね。
亡祖父は友人を捜しに行き、入市被ばくした。
久しぶりに都会(広島)に行くから靴を貸してと言われ、土産買ってくるから、と笑って言った友人は結局見つからなかった。
生きた物が燃えくすぶる焦げてるのに甘ったるい臭いと、耳鳴りみたいな虫の羽音を覚えている、と言ってたな。

戦時中の話は爆撃を受けたことだとか幾つか聞いたけど…記憶の継承って難しいね。
もっといろいろ聞いておくべきだったのかもと思うけど、辛く過酷な記憶をほじくり返して祖父を悲しませたくなかった。
[ 2016/07/30 ] ◆-

[ 116158 ] NO TITLE

116142の※を読んで語り部の方たちの気持ちを初めて考えた。お祖父様を含め辛かったろうね…

靴を借りるほど物がなかった時代も、今考えると異常だよね。すべてが戦争最優先なんだから。
[ 2016/07/30 ] ◆-

[ 116504 ]

靴を借りるほどモノがなかったというより当時の田舎は草履やわらじを自分で編んでいたから物資の内容が都会と田舎とでだいぶ違ったんじゃないかな。
[ 2016/08/03 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー