怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『川で遊んでて行方不明になった』


死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?23

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/23 13:09
今の家に引っ越してくる前はもの凄い田舎の村に住んでいた。
周りを山に囲まれ大きな川もいくつもあって、ほとんど外界の人が来ることは無かった。

ある日、学校から家に帰ると、父親がちょうど出かけるところだった。
長靴にカッパズボンと明らかに普通の格好でなかったし、もの凄く険しい表情をしていた。
そんな父が何故出かけるのか気になり、長靴をはこうとしている父に「どうしたん?」と聞いた。
すると父は、「ヒロちゃんが川で遊んでて行方不明になった」と険しい顔で言った。
ヒロちゃんというのは、近所の子供で3歳くらいの年だ。
家のすぐ近くに川があり、母親と一緒に水遊びをしていたらしい。
母親が家の電話に気づき、「川から上がって待ってなさい」と言って家に戻ったらしい。
そして戻ったときには、既にヒロちゃんの姿は無かったということだ。
川は岸側の方は基本的に緩やかだが、真ん中はかなり流れが強い。
流されて下流の方に行った可能性があるということで、捜索隊として行くということだった。
それだけ言うと父は、「行ってくる」と言って行ってしまったが、
自分もヒロちゃんの事はよく知っていたし、ここから川まで歩いて2分程ということもあり、
手伝いに行こうと思い長靴を履き川へ向かった。


340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/23 13:11
川へ着いてみると、既に何人もの大人が川に入り探していた。
砂利の所で母親が座り込んで泣いているのが見えた。
とりあえず下に降りて、父を見つけて一緒に探すことにした。
確かに浅いところは流れが緩いが、真ん中の方に行くとさすがに高校2年生の自分でも足をとられそうになるくらいだった。
「これはもう助からないんじゃないか・・・」と考えてしまうほどだった。

そんな中でもしばらく探し続け、空も薄い灰になり日も沈み掛けたその時、
「おい、何か流れてこんか?」と一人の男が言った。
自分も目を凝らして見ると、確かに何か黒い物が上流からこちらに向かって流れてくる。
「何だろう」と見ていたが、近くに来るにつれそれが何だか分かり背筋が凍り付いた。
仏壇が流れている。
どんどんこちらの方に流れてくるが、見れば見るほど不気味で、少し小さくボロボロになっている。
タイミングがタイミングだけに全員動けなくなってしまった。
数秒の沈黙の後、おもむろに村長だった人が口を開いた。
「ヒロちゃん、神様に連れていかれちゃったのかもしれんね」
その言葉を聞いた私はさらに気味が悪くなってしまった。

ヒロちゃんの遺体は、3日後にもっと下流の方で発見されたが、腐敗が酷くまるでボロ雑巾の様だったらしい。
それにしても気になるのはあの仏壇の事だが、
後日、上流の方に行ってみたがそこは民家も一つもなく、ほとんど人の立ち入れないような険しい崖になっていたらしい。
その日も誰かがそこに行ったという話は全く聞かないし、それじゃあいったい誰が?ということになるが、それは分からない。

関連話:『川から流れてきた』


次の記事:『会いたい人』
前の記事:『スマホのグーグルマップの位置情報』
[ 2015/11/25 ] 死ぬ程洒落にならない怖い話

[ 100186 ] NO TITLE

注意一秒、怪我一生。って言葉があるがいたたまれんな。そばに護る人のいなくなったときこそ魔の忍び寄るときだからなー、特に水場は危険だと思うよ、霊は水と関係あるみたいだし。
あと子どもは信用してはいけない。水から上がりなさいではなく自分が上がらせよう。そして手を離さない。握ってよう。うちの近辺にも川ではないけど採石場が近くにある国道交差点で昔、世間話に夢中になって主婦が子供から手と目を離したところ、採石場のダンプが左折時に速力を下げて交差点を曲がった時に、子供二人のうちの一人がふざけてダンプの下をくぐろうとしたのだが運悪く後輪に引かれ首がちぎれた。以前から人身事故の多い交差点ではあったが、、、親はとにかく油断してはいけない。子供は思いもよらぬことを突然しでかすから予測不能だというを忘れてはいけないね。
[ 2015/11/25 ] ◆-

[ 100187 ] NO TITLE

ぶつだん ずし
仏壇と言うか、、、厨子でしょ。
[ 2015/11/25 ] ◆-

[ 100211 ] NO TITLE

御霊抜きされないまま?不法投棄された仏壇の神様の祟り、てことか??
それにしても、何で関係ない子供が…と理不尽に思うが、
年齢的にまだ『あっち側』の住人とみなされて、てことなのかなぁ?

宜保さんが「水と火で死んだ仏さんは可愛そうで居た堪れない」と言っていたが、
ヒロちゃんという子の冥福を心より祈りたい。
[ 2015/11/25 ] ◆-

[ 100218 ] NO TITLE

川から引き上げるとその仏壇はズシっと重かった。

川の神様がヒロちゃんの死を悼み、手持ちの仏壇を母親にと寄越した。
「子供は両親がしっかり教導しないといけないよ。菩提を弔って
やるんだよ」
神様の忠告は母親の心にズシっとこたえたのでありました。
[ 2015/11/25 ] ◆-

[ 100224 ] NO TITLE

先祖代々の仏壇を処分させ、呪術を細工した仏壇を飾らせる場合もある団体さんがいるだろう。川に流させたんじゃないのか、上流で。クリエイティブな学ぶ会の人が。
[ 2015/11/25 ] ◆-

[ 100251 ]

ダンプのおっさん災難だな
そんな当たり屋みたいな事故でも逮捕されて金むしり取られちゃうの?
[ 2015/11/26 ] ◆-

[ 100264 ] NO TITLE

ずいぶん景気のよかった頃だから会社が出したんじゃないかな。赤信号で止まって青信号待ちしていたらしい。交差点付近にいた目撃者の話によると、自転車を押していた奥さん同士が片方の手で自転車を持ち、もう片方の手で各々の子供の手を握っていたそうだが、話しているうちに手を離してしまったらしい。その時にこどもふたりがダンプの下を潜ったりダンプの車体の下に隠れた状態で頭だけ左後ろのタイヤの下に突っ込んだり、タイヤの前方側に体育座りしたりして度胸試しをしてあそんでいたそうだ。しかし、青信号に代わりまさに左右後方確認を終えたダンプ のおっちゃんが発進しようとしたその時にダンプの下から左後方のタイヤの前をぬけて外側に出ようとした子どもがほぼ全身をひかれたそうだ。子ども二人のうち一人はその子の親が青信号に代わったことに気づき即座に手を引っ張って難を逃れたがもう一人は親も顔の向きから信号が代わったことに気づかず当然子どもがそんなことしているとも気づかず当然子どもがそんなことしているとも気づかずだから助けようもなかったみたいだと言っていたそうだ。轢かれた子はたしか四歳。

川流れのヒロちゃんにしろ轢かれた子にしろ身の危険がわからんのだからなぜ親の言うことに従わないといけないのかもわからんのだろう。わからないんだからわかってる方が安全を確保してから次の行動をおこしてやらないとまずいと思う。
[ 2015/11/26 ] ◆-

[ 100266 ] NO TITLE

まさか半年後に「あったかな?」と思ってたのが出てくるとは。
[ 2015/11/26 ] ◆-

[ 100302 ] NO TITLE

男の子が悪かったのではないならダンプの運転手が親の過失を差し引いた全てを負うんだな。
せめて50:50だといいな。
交通ルールを守ってる上に後輪の下なんて見えないじゃないか。
[ 2015/11/27 ] ◆-

[ 100313 ]

仏壇は暗示でしょ。
[ 2015/11/27 ] ◆-

[ 100492 ] NO TITLE

その仏壇を拾うと中から仏壇太郎になったヒロちゃんが生まれてくるはずだったのでは。
[ 2015/11/30 ] ◆-

[ 110203 ] NO TITLE

事故の起きやすい場所に3歳の子供を故意に放置して場を離れる母親ってのが信じられない
事故に見せかけるための確信犯だったんじゃないの
[ 2016/05/07 ] ◆-

[ 117031 ]

もっと遊びたーい!とグズり出したりしても、三才なら大人が抱えて行けるからね
小学生なんかだとそうもいかず声掛けになるが
[ 2016/08/09 ] ◆-

[ 117052 ] NO TITLE

只でさえ危険な交差点で子供つれてて自転車押して、近所の奥さんと立ち話に夢中になって子供見放すってなんなの?こういう人って注意力散漫で、例えそのとき助かろうといつかおんなじ取り返しのつかないミスやらかすよ。
[ 2016/08/10 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー