怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『黒いくねくねした物体』『猟師の話』


【信濃の國】長野県の怖い話【信州】

299 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 16:40:12 ID:9no2pSLwO
とびきり怖い田舎の話無い?
俺はくねくねにガクブルしたorz


『黒いくねくねした物体』
300 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 21:32:51 ID:X4SCcjts0
>>299
黒いくねくねした物体なら見たことある。
月の明るい晩で、道路から一段低い水田の中、100m位先にそれはいた。
ゆっくりとうねるように動き、暗く黒いのに強烈な存在感をかもし出していた。
不思議に思って2~3分見ていたが、近づいてきたような気がし、猛烈に怖くなってその場を離れた。
次の日、昼間に同じ場所を通ったが、かかしや、すずめおどしはなかった。
ちなみに場所は茅野市。


『猟師の話』
301 :本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 22:38:07 ID:X4SCcjts0
>>299
連投だが、ガキの頃聞いたとびきり怖かった話。

爺さんから聞いた話。
爺さんの友人に猟師がいた。そのころはまだ単発の猟銃だった。
冬場、仲間の猟師と山には入り、何日か山小屋に泊まり込みで猟をしていた時のこと。
山中で猿に似た獣を撃った。
それは猿より大きく、やせた熊に見えた。
一発でしとめることはできず、逃げ出したので、つれていた犬が後を追いかけた。
が、犬は帰ってこない。鳴き声や遠吠えも聞こえず、獲物の居場所もわからなかった。
仕方なく猟師たちは捜索を打ち切り、拠点の山小屋に戻った。

夜中、まんじりともせずにいると、小屋の外で物音がする。
犬が帰ってきたのかと思い、小屋入口のつっかえ棒を開けようとした。
が、仲間の猟師がそれを止めた。こういう場合は様子を見なければならない。
しばらく様子を見ていると、外の何者かは小屋の周りをぐるぐる回っている。
それは次第に壁をひっかいたり、入り口を触ったりしている。
息を殺して成り行きを見ていると、仲間の猟師がいきなり飛び上がった。
見ると、仲間が寄りかかっていた壁板の隙間から毛むくじゃらの指が出ている。
その指はすぐに引っ込んでしまったが、人の物によく似ており、はるかに長かった。
仲間の猟師はそのまま昏倒した。
猟師は猟銃を構えたまま朝を迎え、夜明けと同時に里に駆け下りた。
猟師は半狂乱で騒ぎまくり、ちょっとした事件のような扱いになった。
小屋に残された仲間は、爺さん他数人で救出に向かった。

救出された仲間の猟師は、手足が震え、喋ることも困難な後遺症が残った。
友人の猟師は、猟師の長老的存在の人のところに行き、その日のうちに猟師をやめた。
長老の話では、例の猿に似た獣を撃ってしまったことによる祟りとのこと。

この話を聞いたのは、爺さんと山菜採りのため山の中には入り、例の山小屋の残骸を見た時でした。
爺さんが猟師を助けに来たとき以降、山小屋は使われなくなったそうです。


302 :本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 00:56:37 ID:eFVFxbhK0
>>300
それはうなぎかどぜうでは。

>>301
それでそいつは何者?長老は解ってるんだろうな。
それも茅野の話かい?


317 :300:2006/07/28(金) 21:18:02 ID:Zs7UjMG/0
>>302
黒くねの大きさは推定150cmで、人型というか立体十文字型。

猟師の話は現上田市。


次の記事:『某生命保険会社のFAX番号』
前の記事:『某府の某ダム』
[ 2015/08/29 ] その他

[ 93157 ]

くねくねとヒサルキのコンボかよ!
やばいな、長野…
[ 2015/08/29 ] ◆-

[ 93161 ]

地元だし…怖いわー
[ 2015/08/29 ] ◆-

[ 93178 ]

俺も地元長野。
長野市なんだけどさ…やっぱり一番住みやすいよ長野
[ 2015/08/29 ] ◆-

[ 93193 ]

そうだ、長野へ行こう
[ 2015/08/29 ] ◆-

[ 93198 ] NO TITLE

>>93193Tさん連れてくなら止めないけどさ
[ 2015/08/29 ] ◆-

[ 93205 ] NO TITLE

地元に伝わるミシャグジ神とかソソウ神だったりしてな。
みんな!丸t・・・オンバシラは持ったか!?
[ 2015/08/29 ] ◆-

[ 93207 ] NO TITLE

『しっぽ』を短くまとめて読みやすくしたような話だな。
黒くねも同じような話を読んだ気がする。
似たような話はどこにでもあるって事かねぇ?
[ 2015/08/29 ] ◆-

[ 93210 ] NO TITLE

おいやめろ by地元民
[ 2015/08/29 ] ◆-

[ 93228 ]

「黒くね」って響きがかわいいなぁ。
[ 2015/08/29 ] ◆-

[ 93229 ] NO TITLE

長野大好きです。茅野市だと諏訪大社の近くですね。
諏訪大社もそうだけど、長野は全体的に竜神様や蛇神様の伝承が多い土地だから。
黒くねも蛇神様だったのでしょうか?
[ 2015/08/29 ] ◆-

[ 93232 ]

文字型って人という文字の形がうねうねしてたのかな?
[ 2015/08/29 ] ◆-

[ 93240 ] NO TITLE

>その指はすぐに引っ込んでしまったが、人の物によく似ており、はるかに長かった。

アイアイ猿の指?どことなく『オチャカナ』に似てない?
[ 2015/08/29 ] ◆-

[ 93261 ]

オチャカナオチャカナ思い出した
怖いよ〜
[ 2015/08/30 ] ◆-

[ 93271 ] NO TITLE

※93232
そうそう、「あ」みたいのがクネクネと…って違うわw
文字の形じゃなくて「十文字」な、よく読むヨロシ★
ぼやけた十字架みたいな感じなんだろ
[ 2015/08/30 ] ◆-

[ 93278 ]

くねくねに、山のヌシ系か…濃いな!
山のヌシは、2500〜1800年前に中国にいたやつらの末裔か。それとも2000歳前後なのかね?“赤ん坊の声”してる話も見かけるが、中国妖怪の特徴なんだよな。

>およそ釐(リ)山の首(はじめ)、鹿蹄(ろくてい)山より玄扈(げんこ)の山に至るまで、すべて九山、千六百七十里、
>【山の神の状(すがた)はみな人面で獣身】――『山海経(せんがいきょう)』第五中山経
[ 2015/08/30 ] ◆-

[ 93286 ]

簡易まとめ タイトルのみ

◯山のヌシ系
「しっぽ」「ヒサル」「キヒサル」「やっとみつけた獲物」「声が二重に重なって聞こえる」「満月の夜」「山で猿を見たら目を隠して逃げろ」「鬼猿(きさる)」「カエン」「猟師の話」←今回はこれ

◯街に降りてきたテレパシーサル
「小猿みたいなのに会った」「サンヌキカノ」

◯サルに憑かれた人
「ヤマニシさん」「クラシマヒサユキ」「皆さんの意見を聞かせてください」「小屋の二階」

◯子供たちにしか見えないが、ハヤニエを作るもの
「ヒサルキ」「きんきらさん」「イサルキ」「きんきんさん」
[ 2015/08/30 ] ◆-

[ 93287 ]

なつかしの羽田元総理のルーツは秦氏だとか。
秦氏を更に遡ると古代中国の秦と繋がるんじゃないか、とか。(今の研究でも渡来系に変わりないはず)

羽田元総理の出身は上田市に隣接する和田村。
大昔にその一族がそこに居を定める時に連れてきたのかもな、と考えると胸アツ。
[ 2015/08/30 ] ◆-

[ 93292 ]

93287

まさに、この人面で猿の体したやつのモデルがさ、秦逢(たいほう)、【秦】の字が入ってるんだよねえw
もともとは山の神なんてちんけなものでもなく、吉神(めでたきかみ)で、現れる時は”光を放つ”。”秦逢神は天地の気を動かすのである”とあるから、龍や鳳凰より格上の存在だった可能性すらあるw
[ 2015/08/30 ] ◆-

[ 93295 ]

93287

この猿っぽいやつのモデルは【秦】逢だと言ったばかりなのに・・・
スマン、ありゃ【泰】逢だった。しかも虎のしっぽがあるから似て非なるものっぽいな。
[ 2015/08/30 ] ◆-

[ 93307 ]

知らない土地の話として読みたかった………
[ 2015/08/30 ] ◆-

[ 93326 ] NO TITLE

93278
93292(92395)
面白かった!こういうのがあるからやめられない。オカルトと民俗学みたいなのが繋がる感じってぞくぞくしちゃいます。

ちなみに「神」という字は「申(さる)」が「示す」ところからきているとの説がありますよ。漢字の成り立ちから考えてもかつては格上だったかもしれないですね。

信州という土地で猿神と蛇神、渡来系と出雲族、善光寺と諏訪大社とかって考え出すと楽しくなってきて床をゴロゴロしちゃいそうです。

[ 2015/08/30 ] ◆-

[ 93328 ]

長野は山多いし、一匹ぐらい妖怪いても不思議じゃない空気はある。
[ 2015/08/30 ] ◆-

[ 93353 ] NO TITLE

長野って目立つ災害ないよね
鹿児島だが台風火山原発でもう嫌だ
そうだ、長野に移住
妖怪ウォッチングしよ
[ 2015/08/31 ] ◆-

[ 93375 ]

93326

ヒサルキと思しき今回のこれはまだ調査中。『山海経』を見るに、中国から渡来して日本に土着したことが確実な妖怪たちは、天狗、鎌鼬、蛟、雷神、河童。天狗や河童の体験談はこのサイトにもあるよなあ。
また、秋田県男鹿半島のなまはげ👹は、武帝を祭神とする赤神神社の伝説に由来がある。武帝が西王母と共に飛車に乗って、蓬莱の地(男鹿半島)にやって来た。その時、武帝に仕えていた五人の鬼がなまはげになったという。
九尾の狐が中国の書物にはじめて登場するのは『山海経』だ。これは玉藻前、鳥羽帝、安倍泰成、玄翁和尚の話につながる。
ミノボウズ、胴長の巨大犬、山から降りてきてバイクに興味持った柱みたいな妖怪(?)は渡来系であってもなくても外国の神々の影響はありそう。

俺自身、60種類を超える神秘体験があり、それらの中に世界各国の伝統宗教・神話の体系にピッタリ一致するものがたくさんあってな…(中国道教、日本神話、渡来系を含めて)。何も知らない時にそれらを体験する→後で詳しく調べる→あってる。私はカンや体験が先にあって、知識で補足してる感じだ。と言っても、東アジア文化は俺のメインじゃないので、『東方Project』の元ネタを調べていくと日本神話への無知を思い知らされる。日本神話や日本史なら君の方が興味が強く、体で反応しそうだし、知識が多そうだ。だから、体で感じちゃうビクンビクンしそうな君は君で、このサイトの妖怪話を調べあげ、妖怪系の話が出たらコメントでルーツ・影響関係的に面白いこと言ってくれ、頼んだぞっ。
[ 2015/08/31 ] ◆99DFA69w

[ 93427 ] NO TITLE

この猿怪は比較的控えめで邪悪でない猿怪なのかね?
体格的にしっぺい太郎に退治された狒々神みたいだけど
猿怪はおおむね敵対的だけどそうじゃないケースもあって
イザしとめそこなうと知力が高い分厄介だな
[ 2015/08/31 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー