怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『赤褐色の珠』


実話恐怖体験談 弐拾段目
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1382553456/

435 :赤褐色の珠@\(^o^)/:2014/09/10(水) 04:31:56.24 ID:l+XHkIqj0.net
初めに書いておくが、読み返すとさほど怖くなく、自分が被害にあったのではなく、文章力もなく読みにくいと思う。
なので、だるいと思ったらとばしてくれ。
これを書こうと決めたのは、怖い話のサイトを見ていて、よく似た話が自分の身の回りで起きたからだ。
『キャンプ』という話だ。


俺は最近、N県にあるキャンプ場に家族(妻と息子、娘)で行った。
そこは手ぶらでもキャンプが出来るということで、ネットで調べて予約して行った。
BBQセットや、宿泊施設、公園、スポーツ施設もあり、自然の中で子供も遊ばせれるというところだ。
目的地に着いた俺達は、昼夕飯前ということもあり、早速BBQの用意を始めた。
勿論、用意をするのは俺と妻の2人。
子供達も始めは、BBQなんて初めてだったので、楽しそうに用意を手伝ってくれてたんだけど、
興味は川の方にいってしまい、2人で遊びにいってしまった。

しばらくして炭に火がつき始めたので、妻が子供達を呼びに行った。
すると、妻が息子と喧嘩しながら戻ってきた。
何があったのか妻に聞いてみると、息子が何か石?珠のような物を川で拾って来たらしい。
だからどうしたと思ったんだが、妻が言うには、その石がなんだか不気味で気持ち悪いらしい。
だからもとあった場所に捨ててこいと言うのだ。
妻の言うことが少し理不尽に思い、どんな物かと気になった俺は、息子にその石を見せるように言った。
俺は色弱で色を表現するのは難しいのだが、妻が言うには赤褐色らしい、琥珀?のような石が息子の手のひらにあった。
別段おかしな所はなく、綺麗な石じゃないかと妻をなだめ、息子にそのまま持ってても良いと了承した。
今思えば、この判断が間違っていた。
今と書いたのは、当時は赤褐色の珠に何の疑問も抱かなかったからだ。

BBQを済ませた後、少し川で小魚や海老などを網で採って遊んだ後、
バンガローを予約していたので移動して、トランプやらゲームやら、家族ならではの遊びをしていた。
お風呂の施設もあったので、風呂に入り、普通に過ごしていた。


436 :赤褐色の珠@\(^o^)/:2014/09/10(水) 04:33:22.43 ID:l+XHkIqj0.net
風呂から出ると、息子がもぞもぞとズボンのポケットをまさぐっていた。
どうしたと聞くと、赤褐色の珠を無くしたらしい。
けっこう大きな珠だったので歩いていたら見つかるかもと言い、帰り道を探したがバンガローにもなかった。
妻も気味悪がっていたので、まぁ良いかと思っていた。

楽しみにしていた花火も終え、子供達を寝かし、
俺と妻はバンガローの前にある椅子に腰掛けて、持ってきた酎ハイを飲んでいた。
冷BOXのアイスノンもとけて少しぬるくなっていた酒はおいしくなく、早目に切り上げ床に就いた。
夏といっても山奥で涼しく、虫の声も心地好く感じていて、こんな機会はあまりないので妻と楽しく話をしていた。
その時に、赤褐色の珠を息子が無くしたことも話し、妻は安心していた。

しばらくして妻が寝息をたてはじめ、俺もウトウトし始めた時に、キャンプ場(下)の方から変な悲鳴が聞こえた。
バンガローはキャンプ場から少し登った所に位置しており、何があったのかその位置からは確認出来なかった。
何より辺りは真っ暗で、月明りと、バンガローの部屋の明かりが照らす範囲しか見えなかった。
いきなり電気がついた事で妻が起きたのだが、子供達は寝たままだ。
子供を置いて行けないので、妻に子供達を見ておくようにお願いし、自分はキャンプ場の様子を見に行く事にした。

キャンプ場に着くと人だかりが出来ており、何かと思えば、若者4人が泥だらけで、言葉にならない声(悲鳴?)で震えていた。
その時、ドブの様なヘドロの様な、何とも言い難い臭いが漂っていた。
若者達は周りに人だかりが出来ているというのに、何かに怯えているかのように丸くなってうずくまっていた。
誰かが救急車を呼んでいたのか、バンガローに戻って妻に先程の話を伝えていたときサイレンが聞こえた。

翌朝、キャンプの人に聞いてみると、若者達は救急車で運ばれて行ったらしい。


437 :赤褐色の珠@\(^o^)/:2014/09/10(水) 04:35:15.65 ID:l+XHkIqj0.net
体験した話はここまでだが、冒頭に書いた通り、本気で怖く感じたのはネットで見た怖い話である。
『キャンプ』という題の怖い話には、同じような体験が書かれていたのだ。
あんなに怖い思いはしなかったのだが、息子が赤褐色の珠を無くさずに持ち帰っていたらと思うと、ゾッとしてならなかった。


次の記事:『交通事故のことを友人から聞いた』
前の記事:『隣の部屋から聞こえてくる』
[ 2015/06/25 ] 実話恐怖体験談

[ 86685 ]

赤褐色の珠は無くなったと見せかけて祠にワープしたのだろうか??
そして『キャンプ』の若者が見つけた??
[ 2015/06/25 ] ◆-

[ 86692 ]

そんなわけない
人数も時間も場所も違う
なんでもかんでも繋げたがるのは良くないよ

まあ仮に同じモノだったとしたら、祠の封印が破られて川に落ちてキャンプ場まで流れてきたのかな
[ 2015/06/25 ] ◆-

[ 86711 ] NO TITLE

自然な解釈としては、風呂に行く道で落とした球を若者が拾ったのか

石の特徴・キャンプの若者の状態からして、創作でないなら明らかに同じモノに遭ったんだろう
場所に関してはどちらもN県山中のキャンプ場としか無いけど、『キャンプ』の若者達が最初に行ったごった返してるキャンプ場がここだったのかもしれない
あの話では石を洞窟の祠に返してたけど、6年の間に何があったのかな?
[ 2015/06/25 ] ◆-

[ 86769 ]

同一では無くとも同じようなものなのかな?
キャンプでも感じたんだけど、何か仲違いというか、周囲に「不和」を撒き散らすような存在なんじゃないだろうか?
[ 2015/06/25 ] ◆-

[ 86810 ] NO TITLE

「キャンプ」と同じ石だったとすると、祠から石を持ちだしたのがその泥だらけになってた若者4人だったんじゃないかな。で、祠に戻すこともなく川に捨てたとかしたところを、投稿者さんの息子が拾った。どうやら「キャンプ」の石は勝手に持ち出した者に祟る“もの”の様だし、そう考えれば若者4人が祟られていることに筋が通る。石紛失の経緯は不明だけど、その“もの”が関与してるのかもね。ともあれ、投稿者さん達が無事でよかった。
[ 2015/06/26 ] ◆-

[ 86917 ] NO TITLE

でも、念のためお子さんを神社でお清めしてもらうことをおすすめしたい。
[ 2015/06/27 ] ◆-

[ 87007 ] NO TITLE

なんて不気味なタイトルなんだ…
よくわからないとこが怖いなと思った。

実は珠を妹と読んでいた。
[ 2015/06/28 ] ◆-

[ 87200 ]

>87007
ちょw
笑かしてどうするww
[ 2015/06/30 ] ◆-

[ 87204 ]

今だから白状するけど、タイトル見たとき正直男の人が最後の時に出るという伝説のあの赤い珠の話だと思っちゃったんだ。…ところでこの伝説は本当なんでしょうか?気になります。
[ 2015/06/30 ] ◆-

[ 87208 ] NO TITLE

>87204
Let's try it!
[ 2015/06/30 ] ◆-

[ 104439 ] NO TITLE

あー、
「いやもームリww赤玉出るわwww」
ってセリフの意味がやっとわかった87204さんありがとう
[ 2016/02/04 ] ◆-

[ 109325 ] NO TITLE

「キャンプ」の人は2008年に体験
この人は最近だから時期がぜんぜん違うね、その間、そして今もこの珠はどこにあるんだろうか
ちゃんと祠に収められてればいいけどね
[ 2016/04/22 ] ◆-

[ 109794 ] NO TITLE

触っただけでもやばいのではなかったか
無事だったのか
[ 2016/04/30 ] ◆-

[ 109831 ] NO TITLE

ターゲットは若者集団だったと考えると、
話のお子さんは配達人として使われたっぽいね。
同じ場所に二度と行かず、お払いと縁切りもしとけば恐らく大丈夫かも。
[ 2016/04/30 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー