怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『母校(工業高校)に忍び込んだ』


お前らの学校であった怖い話

61 :本当にあった怖い名無し:2009/09/27(日) 21:49:00 ID:Lc+dsSYn0
深夜、同級生5人と母校(工業高校)に忍び込んだ。
「懐かしい、旋盤があるぜ!」
「あの頃の俺はこれを使ってたんだよな…」ナデナデ
みたいなことをしていると、ライトを持った人影が近付いて来るのが目に入った。
職員室に明かりが点いていなかった為、誰もいないと思っていた俺達はパニックになる。
「か、隠れろ!」
しばらくすると、人の足音が近付いてきた。
ひどく一定に保たれていたのを記憶している。
「イッヒ リーベ カメラード♪ アディ アディ アディ♪」
何やら得体の知れない小唄を歌っていた。
夜間灯に照らされたそいつは、黒いロングコートを着た若い男だった。
とても鋭い目をしていた。猛禽みたいな感じだ。
「誰かいると思ったが、誰もいないか…」
抑揚の欠けた低い声が響く。多分、美声だろう。
しばらくすると、また一定の歩調で歩み去って行った。
俺達は慌てて退散した。

あいつは誰だったんだろ?
長文のくせにオチがなくてスマソ…


62 :本当にあった怖い名無し:2009/09/27(日) 23:34:38 ID:sk4jRtcK0
こえー。
当然そんな人は学校には常勤してないんでしょ?

ich liebe camaradってことかな?
共産党系?


63 :本当にあった怖い名無し:2009/09/28(月) 06:58:27 ID:LW5xtWiCO
ドイツ語だね

私の愛した戦友♪
さようなら、さようなら、さようなら♪

別れ歌かな
大戦中のドイツ軍歌だと思うけど


64 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 15:29:20 ID:bQTXY+qS0
>>61
それ、その日宿直だったドイツ人の先生なんじゃ・・・
その後、明るい内に学校に行ってそんな先生がいるか確かめてみたか?


65 :本当にあった怖い名無し:2009/09/30(水) 19:36:31 ID:9L3eVn4Q0
>>62
共産党特有の貧乏じみた印象は無かった。
官僚みたいな雰囲気だ。

>>63
別れ歌か…
寂しそうな印象は受けたけどね。

>>64
日本人だった。

もちろん確認してみた。
当時の担任が現役でいるから、会いに行った際に聞いてみたんだ。
「細身で中背。端正な顔立ちだが、目付きが異常に怖い男はいます?」
「そんな奴はおらん。体育会系とジジイばかりさ」


次の記事:『焼死体の第一発見者』
前の記事:『忠魂碑』
[ 2015/04/17 ] その他

[ 80181 ]

多分、美声だろう。って辺りがなんかやけに小説チックだなー
[ 2015/04/17 ] ◆CaV8KEQU

[ 80194 ] NO TITLE

旋盤(あるいは他の工作機械)がドイツ製だったのかな?
何か因縁のある人が憑いているか、あるいは機械自身の付喪神なのか。
[ 2015/04/17 ] ◆-

[ 80198 ] NO TITLE

『得体の知れない小唄を歌っていた』だけの警備会社の方じゃないのかね?オイラの母校、20年近く前でも、夜間はセ○ムだったんだけど。侵入者がいれば通報が入って警備員が駆け付けるって事だった。
[ 2015/04/17 ] ◆-

[ 80222 ]

何でもオカルトに結びつける前に、男が6人も忍び込めるザル警備の学校に不審者がいたから何だというのか。工業高校は大抵広いし、浮浪者が住み着いてても見つかりにくい場所だって無きにしも非ず。
生徒は高校生とはいえ子供なのだし、安全を考えれば恥をかいてでも警察に相談すべきだったのでは?
[ 2015/04/17 ] ◆-

[ 80229 ] NO TITLE

イギリス征討歌かな?
[ 2015/04/17 ] ◆-

[ 80230 ] NO TITLE

ごめん
たぶんジークハイルヴィクトーリアだわ
イギリス征討歌じゃない
[ 2015/04/17 ] ◆-

[ 80233 ] NO TITLE

1.
Ade, mein liebes Schätzelein,
Ade, ade, ade,
Es muß, es muß geschieden sein
Ade, ade, ade,
Es geht um Deutschlands Gloria,
Gloria, Gloria,
Sieg Heil! Sieg Heil! Viktoria!
Sieg Heil! Viktoria!
[ 2015/04/17 ] ◆-

[ 80261 ]

80233 さん
似ているけど、その歌ではない可能性もかなり高い。本文の投稿者は Ich liebe とか Kamerad (英語の comrade に相当する語) といった語句を聞き取っているようだから。日本語でも、よく似た歌詞の別の歌が多くあるけど、同様にドイツ語でも、この種の歌詞を持つ歌は他に沢山ありそうだよ。
そして、歌っていた人の正体については、80198 または 80222 のお説が当たってるんじゃないかな。
[ 2015/04/18 ] ◆-

[ 80351 ]

最後の「体育会系とじじいばかり」ってとこがいかにも工業らしい。
[ 2015/04/19 ] ◆-

[ 80359 ] NO TITLE

80233をGoogle先生にかけてみた


さらば、私の愛するダーリン、
別れ、別れ、さらば、
それは、それが離婚しなければならない必要があります
別れ、別れ、さらば、
それは、ドイツのグロリアについてです
グロリア、グロリア、
ジークハイル!ジークハイル!ヴィクトリア!
ジークハイル!ヴィクトリア!


ドイツの栄光のために私たちは離婚しなければ…ってことか
ナチ時代の歌っぽいね?

80198・80222説もありかとは思うが、
問題は、何で警備のおっちゃんがこんな歌を
わざわざ歌うか…ってことだな
[ 2015/04/19 ] ◆-

[ 80365 ] NO TITLE

ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm22141787
ここにジークハイルヴィクトーリアの和訳歌詞載ってる
[ 2015/04/19 ] ◆-

[ 80656 ] NO TITLE

不審者だろうが警備員だろうが、何を歌ってても良いじゃないか!深夜だったから眠気覚ましに歌ってたのかもしれないじゃないか!!
投稿主が知らない・聞きなれない曲だっただけで『得体の知れない小唄』とか言われたら、曲の方も可哀想。
[ 2015/04/23 ] ◆-

[ 80976 ]

80230・80233・80359・80365 が強くこだわる Sieg Heil Viktoria の歌については、全曲を通して歌詞を点検してみたけど、Kamerad という単語が全く出てきません。この点については 80261 も指摘していますが、本文の投稿者がせっかく聞き取ったこの単語のことを無視して Seig Heil Viktoria を強力にお奨めするのは如何なものでしょうか。

これはおそらく、私も含めて日本人にはあまり知られていない全く別の軍歌か、または ( Kamerad は戦友だけでなく同志という意味でも使えるので) 労働歌かドイツ左翼関係の歌である可能性もじゅうぶんにあります。歌っていた人が鋭い目つきの人で、決して貧乏臭く見えなかったのは事実だとしても、だからといって貧乏労働者や共産党絡みの歌を決して歌わないという保証はどこにもありません。

まあ何の歌であれ自由に歌っていいと思うので、私も 80656 に同意です。
[ 2015/04/27 ] ◆-

[ 82426 ]

さようなら、私の恋人。
さようなら、さようなら、さようなら。
私たちは別れなければならない。
さようなら、さようなら、さようなら。
全てはドイツの栄光の為だ。
栄光、栄光。
勝利の幸運を。勝利の幸運を。ヴィクトリア(女神)。
勝利の幸運を。ヴィクトリア。

↑出征歌だよコレは。
[ 2015/05/12 ] ◆-

[ 85928 ]

これはたまたまドイツ語の歌を歌ってただけの人なんだろうが、共産党だから貧乏くさいっていう思い込みはなんだろう…
共産党てわりとインテリ多いし官僚の中にも共産党の人くらいいるだろ
とりあえずうちの近所の共産党の人は至ってフツーの印象だが
[ 2015/06/17 ] ◆-

[ 120053 ]

みんな物知りだなぁ〜。
目つきの鋭い泥棒さんがドイツ語の勉強をしてた。
って思った私は。。。
[ 2016/09/24 ] ◆-

[ 123581 ] NO TITLE

↑好き
[ 2016/11/19 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー