怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『ナガレボトケ』


土着信仰や風習に関する怖い話貼ってけ。

337 :本当にあった怖い名無し:2013/04/06(土) 17:50:37.60 ID:OT6V4FFz0
海専門の民俗学教授から聞いた話。

海難法師だとか海の向こうから流れてくるモノを忌み畏れる風習っていうのは農耕民族的な考え方で、
本来は漁民から発した価値観ではないらしい。
むしろ漁民は古来、漂流して来るモノはすべて海神からの授かり物として歓迎するのが一般的だった。
たとえばそれが水死体であっても。
ナガレボトケといって、
漁中に漂流死体を見つけると、漁師は作法にしたがって船に引き揚げて陸地へ持ち帰り、
手厚く葬ると大漁をもたらしてくれるので、これに出会うととても喜んだという。


338 :本当にあった怖い名無し:2013/04/06(土) 17:52:58.67 ID:OT6V4FFz0
中にはナガレボトケを拾った事を他の漁民に言わず秘密裏に弔って、漁獲を独り占めにしようとする者もいた。
陸に流れ着いた死体をエビス様(漁業の神様で有名)と呼ぶ地域もある。

漂流死体はヒトとしての形状が崩れてて、死体の中でも特に醜い姿をしているので、
御霊として強大な霊力を持っているんだそう。
他にも、死者の身に着けていた物を船に持ち込むと大漁になるとか、
船霊のご神体であるサイコロを人が首を吊った木から作ると良いだとか、
他人の死をお恵みだといって喜ぶ文化が各地の漁村に点々と残ってる。


339 :本当にあった怖い名無し:2013/04/06(土) 17:55:30.09 ID:OT6V4FFz0
農耕民族がもつ集団社会的な性格が根付いてる今の日本人からすると、
「他人の死を喜ぶって自分さえ良けりゃいいのかよ」ってちょっと利己的に映るけど、
稲作技術が入ってくる前の古代日本人(海人族とか)の間では、こういう考え方のが主流だったんじゃないかって思ったり。

関連話:『オエビスサン』


次の記事:『烏名』
前の記事:『ウリボーと馬形』
[ 2015/04/01 ] その他

[ 78898 ] NO TITLE

死体は魚の餌になるし当然なんだろうね
海だと死体から疫病が蔓延、なんてことも少ないし
[ 2015/04/01 ] ◆-

[ 78903 ]

もしかしたら、回収して欲しいが為に御遺体が最後の力を振り絞って、「回収してくれたら良いことあるよ!!」って感じでミラクルを起こしてたのかもねw

まぁ、今は勝手に回収するとダメらしいからどうなのかな。回収ご利益はあるんだろうか。
[ 2015/04/01 ] ◆-

[ 78921 ] NO TITLE

こういう考え方は嫌いじゃない、負の想念がなくて。
特に、

>船霊のご神体であるサイコロを人が首を吊った木から作ると良い

っておい。まずこういう発想はしないよねw

陸の遺体は伝染病の恐れ等々忌み嫌うものでもあるけど海の民は文化は違うんですね。
そういわれてみればそうだよなと納得。
[ 2015/04/01 ] ◆-

[ 78922 ] NO TITLE

オイラが生まれる前、遠い親戚が海で亡くなって、地元からかなり離れた漁師町に流れ着いていたんだって。遺族がその事を知った時にはもう弔いが終わった後だったんだけど「きちんと供養しますから、どうかこちらに置いて(埋葬して)下さい!」って、なかなか遺体を返してくれなかったと聞いてる。
[ 2015/04/01 ] ◆-

[ 78925 ] NO TITLE

>>78921
>陸の遺体は伝染病の恐れ等々忌み嫌うものでもあるけど…
病に罹った高貴なお方が、生きたまま舟に乗せられ流れてくることもあったそうですよ。
装飾をされた舟が、ちょうど隣の村との境で流れ着いたので、隣の村人と言葉は悪いけど奪い合いみたいになったんだとか。それで再び流れに戻してみて、こちら側に流れたのでうちの町が引き取る事に。見ると舟の中に高貴なお方がいたという事で、住民はそのお方のために粗末ながらも家を建て交代で看病したそうな。そのお方は看病してくれた人たちに感謝し『神になってこの町を護ります』と言って息を引き取ったので、家のあった場所に社を建てて祀った…地元の神社に伝えられてるお話。
調べたら、似たような話が全国にありますね。
[ 2015/04/01 ] ◆-

[ 78946 ] NO TITLE

>>78925
なんかプリンプリン物語連想した
[ 2015/04/01 ] ◆-

[ 79009 ]

逆に、不漁だから水死体が拾えればなぁ→じゃあ作ればいいじゃないか、となって殺されて海に投げ捨てられた人も……きっといるよね。
[ 2015/04/02 ] ◆-

[ 79034 ] NO TITLE

海から流れ寄せられたものは皆、エビス様だから
豊穣の証だから、ざくざく分けてざくざくお祀りするよ!
ということで、流れ寄せられた漂流者もザクザk
[ 2015/04/02 ] ◆-

[ 79072 ] NO TITLE

他人の死を喜ぶって言い方しちゃうとアレだけど
人間なんてみんないつか死ぬもんだしなあ
遺体を怖がられるよりは喜ばれる方が気分が良い気がするなw
[ 2015/04/03 ] ◆-

[ 80609 ] NO TITLE

友達の住む漁村にも えびす神社あった。
いろんなものが流れつく浜もあった。
遺体がきたことがあったかどうかはおしえてくれなかったけど。
今その浜は海水浴場になってしまった。
[ 2015/04/22 ] ◆-

[ 81273 ] NO TITLE

農耕民族がどうとか言いたがる人って多いけど
農業だけで生きてたわけじゃないからね
それに農耕民族狩猟民族なんて言葉、歴史の本には全く出てこない
正直言って海外に行ったことのない人の「海外では~」論とか「〇〇なのは日本だけ」論と似たようなものだと思う
[ 2015/04/30 ] ◆-

[ 81659 ] NO TITLE

農耕技術は伝来する前からあったぞ。
後、農耕民族狩猟民族という括りは無いと言ってもいいし、意味もない。
[ 2015/05/03 ] ◆-

[ 85039 ] NO TITLE

>78946
貴様……!
よくも私にその題名を思い出させてくれた……。ありがとう。
昔見た記憶は有るが題名を失念してしまっていたのです。
[ 2015/06/07 ] ◆-

[ 91882 ] NO TITLE

逆に言うとさ、漁師って仕事をしている以上、自分も一つ間違えたら水死体になる立場じゃん?その「自分の水死体」が何処かの島や村に流れ着いたとき「うわっ!水死体!キモい!!捨てろ!捨てろ!!」ってなったらヤでしょ?
だから、彼らにとって水死体は明日は我が身な訳だから、丁寧に供養してあげてたんじゃないかな?それを自分の子供や周りの一つに伝えるための方便が「流れ仏」だったんじゃないかなぁ……と、想像する。
[ 2015/08/16 ] ◆-

[ 96541 ]

>>91882
自分もこれだと思うなぁ。

水死体を見たことがないし、伊藤潤二の漫画の絵の印象しかないんだけど、水死体のおぞましさはラッキー精神だけで触れれるご遺体ではないと思うよ。


[ 2015/10/08 ] ◆-

[ 105788 ]

「船底の板っこ一枚下は地獄」ってガキの頃言われてたな。車を運搬する馬鹿デカい輸送船が大事故を起こしたり、青函連絡船がらみで宗谷丸台風を振り返る番組が流れてたりしてたんでね。そのくらい危ないんだってよ。だから、水死体は何かがあった時の自分の姿かも知れないと、だから連れ帰って弔ってあげるんだってよ。
[ 2016/02/24 ] ◆-

[ 105794 ] NO TITLE

東海地方の漁師町で葬式屋やってるが、あまり縁起物扱いの話は聞かないなあ
今度年配の人に聞いてみるわ
[ 2016/02/24 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー