怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『お茶湯』


怖い話&不思議な話の投稿掲示板
投稿者「NO NAME」 2014/08/26

[ 60848 ] NO TITLE
ごめん、ここに書いていいものかどうか解らないがちょっと相談させてくれるかな。

今年のお盆、俺のひい婆さんの初盆だったんだ。
いろんな細かい行事がいろいろあって忙しかったんだがその中に『お茶湯』っていうのがあった。
別に変哲もない湯飲みにお茶を入れて仏壇に供えるんだが、その回数が半端じゃない。
毎日四十九回、盆の三日間で百四十七回も供える。
送っていく日なんか半日しかないんで、間違えないように碁石で数取りしながら大忙しだ。

で、それだけ回数も増えると入れ替えたお茶の量も結構なもので、大きなバケツに一杯になる。
なんでも供えたお茶は普通に捨てたらいけないんだって。
バケツに全部溜めといて、四つ辻(道路の交差点)の真ん中に捨てに行くの。
念仏を唱えながらぐるっと円を描くようにお茶を捨てて十文字に踏みしめてから帰る。
その捨て役を俺が仰せつかってた訳なんだけど。

最初の二日間はちゃんと捨てた。
ちゃんと四つ辻まで持っていって念仏を唱えながら縦横十文字。
でも三日目、仏さんはもう帰った後だし、暑いし重いし、実を言うと見たいテレビもあったんで、
こっそりバケツの中身を門を出たとこの溝に流してしまったんだ。

その翌日。
「誰や、こんな玄関に水こぼして…」とおかんが怒ってた。
その翌日は、
「かき氷でもこぼしたんか」とぶつぶつ言いながら廊下拭いてた。
その翌日も。
その翌日も。

毎日家の中に水がこぼれていて今日で十日目。
で、おととい気がついたんだけど。
玄関から廊下居間、台所、応接間、階段の下から二段目、五段目…だんだんこぼれた水が俺の部屋に近づいてるのよ。
これってなんか意味ある?
ちゃんと捨てなかったのに関係あるのかな?
どうしたらいい?
[ 2014/08/26 ] NO NAME ◆-


[ 60857 ] NO TITLE
>60848
寺に相談するんだ
そして続報を書いてくれ
[ 2014/08/27 ] NO NAME ◆-


[ 60880 ] NO TITLE
>60848
まず、ご両親に正直に話すこと。作法が個性的なので、おそらく家の因縁がらみで、しかも陰陽道的対処だろうから、
そこいらの神社は無論、菩提寺ですら対応できないかもしれない。
とりあえず、自分が今着ている服を洗わず抱き枕かなんかに括り付けて、
ユーは親父さんの服でも借りて親戚の家にでも泊りにお行き。
できれば寺の法がいいかな。盛り塩結界は多分効果ないと思う。
[ 2014/08/27 ] c ◆-


[ 60883 ] NO TITLE
>60857
>60848
そんなやばいことだったんかな(涙目)
わかった、今日婆ちゃんが施餓鬼に行くはずだから頼んでみる。
お返事ありがとうございます。
[ 2014/08/27 ] NO NAME ◆-


[ 68506 ] NO TITLE
今電源を入れたらこの画面が立ち上がってきた。
ちょっと息ができないような感じになって『書け』と言われてんのかと思った。
だから書く。
俺も解らんことだらけなんでめちゃくちゃになると思うけどごめんな。

8月の末に毎日水がこぼれてるといって書き込んだものです。
あの日、俺は寺から貰ったお下がりの水を廊下において、これで大丈夫かなって思って寝た。
だけど、結局大丈夫じゃなくて、気がつくと俺は縛られてて上から干物みたいな爺さんが覗き込んでた。
「あ、戻った。よかったよかった」と言われて、縄を解いてもらったけど、
ほとんど裸に近い状態で、体にはやけどとか打ち身の跡とかいっぱいついてた。
ぜんぜん知らないところだったし。
ものすごい山の中の寺?道場?
前が谷川になってて結構深い。
んで九月半ばになってました。
初めて訊いたときは信じれんかったけど山の中はもう結構寒かった。

俺はあの後何かにとりつかれて暴れまわったらしい。
寺から連絡が行ってすぐここに連れて来られたけどなかなか戻らなくて、オシさんはもう無理かと思ったんだって。
オシさんて言うのは最初に覗き込んでた爺さん。
寺の中にはオシさんとミツさんとヤツさんがいて、俺はヨイチと呼ばれてました。
オシさんはいつもにこにこして優しいけどあんまり詳しいことはおしえてくれない。
ミツさんとヤツさんは俺とはほとんど口を利かないし。
それでいていつも探るような目で見てくるからあんまり気分はよくなかった。
その他にも何人か居るみたいで、トラックで運んできた食料を時々どこかへ運んで行ってる。
一度は姿も見た。
怪我をしたらしくてヤツさんに手当てをしてもらってた。

俺は戻ったから家に帰してくれるのかと思ってたらなかなかそうはいかなかった。
「もうちょっと様子を見さしてな」ってオシさんが言ってた。
普通の憑きものならここへ来るだけでも落ちるはずじゃけど、お前のはしぶとかったからって。
それと家筋の件があるから。
後出しになって悪いけど、俺の家はちょっとそういう家系がかかっているらしいです。
屋号も地元の人が見れば解るのがついてる。
だからここでお盆の作法が『因縁があるんじゃないか』って言われたときは正直びびった。
けど家ではみんなあまり気にしてなくて、死んだひいばあちゃんがちょっとうるさかったくらい。
俺自身もこんなことがあるまで意識したことなかったんだ。

半月くらい様子を見てみると言われたけど、結局その間に俺はまたおかしくなった。
普通に寝て、起きたらまた一週間くらいたってて、新しい傷が増えてた。
後もう一回そういうことがあってしばらくは帰ったらいけないって。
俺もおとなしくしていたわけじゃないです。
だって普通こんなん信じられんだろ。
家に連絡も取れない。
昼間は自由にしていいって言われて手伝いみたいなこともするけど、寝るときは足ぎっちり縛られるし。
ものすごく中二な妄想全開で、薬盛られてんじゃないか~とか秘密組織が~とか、一度は脱走もした。
トラックの通る道を谷川に沿って下っていけば人里に出るだろうと思って逃げたけど、
2キロくらい下ったとこで道が山の中で迷路みたいになっててわけがわからなくなった。
山の日暮れってめちゃくちゃ怖いな。
半泣きになってたらミツさんが俺をみつけてくれた。
遠くから様子を伺って俺がまともな状態だとわかるとそばに来て連れて帰ってくれた。
「夜は出歩くな」「迷い込むといろんなもんが居るから危ない」とか怒られて、
なんかいろいろ落ち込んでしまって、夜になると布団の中でべそべそ泣いてばかりいました。

そしたら十日くらい前。
いつものように布団をかぶってうとうとしていたら、なんかどわっと布団の中が生臭くなって金縛りになった。
足元からぐわ~っと、蛇に巻き疲れるのってあんな感じかな、ものすごく気持ちの悪い嫌な感じ・・・うまく言えない。
体中のさぶいぼが逆立ってからだのなかでにゅるにゅる…みたいな・・・ごめん、表現力なくて。
んで手足がひとりでに動くんだわ。いやひとりでにじゃないな。夢の中で動く時みたいなの。
痛さとか感覚とか全然ないんだけど、そこらじゅうにあるものを全部めちゃくちゃにしたいってことだけはわかる。
もう片っ端からクラッシュクラッシュ。すごく気持ちよくて。
駆けつけてきたミツさんとヤツさんもクラッシュ。ひとごとみたいにあ~だから嫌われてたんだ~とか思った。
でもほんとに現実感がない。
それからオシさんにのしかかって、首絞めたときにはじめてあ、これはいかんと思って。
でもどうにもできなくて、あせってたら、それまで飄々としてたオシさんがちょっとびっくりした顔をして俺を見た。
それからまた記憶がないです。

次に目が覚めたとき、オシさんに呼ばれた。
「お前目覚ましとったな」って言われた。
俺についてるものがしつこいのかと思ってたけど違うかもしれんって。
もともとそういう家筋のところに一度『迎え入れて』しまったものだから、俺はもう『門が開いてる』状態なのかもしれんって。
なんなのそれ。
もしそうなら俺は『山』に入った方がいいかもしれないそうです。
『山』にはそういう行をしている人たちが居て、そこでちゃんと行を積んで心を強くすれば悪いものに憑かれることがなくなる、
そしたらいつかジンカンに(今なにげなしに変換したら『人間』って出てびっくりした。ジンカンってそういう意味なんだろうか)
戻れるかもしれんって。
とにかく一度家に帰って相談して来いと言われて、今日帰ってきた。

帰る途中、『門が開く』って言う言葉の意味が解った。
少しでも道を覚えとこうと思って最初は外を必死で見てたんだけど、人家が見え始めたころからへんなものばかり見える。
交差点に近づくたびに気分が悪くなって、結局目をつぶってよこになるしかなかった。
送ってくれたのはミツさんとヤツさんと、それから『山』の人がひとり。
悪寒がするごとにその人がさすってくれたからありがたかった。

家に帰ったらおかんとばあちゃんに泣かれた。
ばあちゃんがすごくやつれてて「私がちゃんと教えんかったからじゃ、ごめん、ごめん」と謝ってかわいそうだった。
ばあちゃんのせいじゃない。
お寺の和尚さんが来てて、土下座されたのはびっくりしたけど、すぐミツさんが連れて行った。
山の人ににらまれて縮み上がってたけど、あんまり怒られないといいな。

風呂に入ってご飯を食べてから俺がおかしくなったときの話を聞いた。
最初に姉ちゃんが廊下でぴちゃぴちゃ音がしてるのに気がついたんだと。
ドアを開けたら俺がうずくまって犬みたいに水を飲んでてびっくりして悲鳴を上げたら暴れだしたんだと。
ちょうど盆休みで兄ちゃんも父さんも居たからなんとか総がかりで取り押さえて、
救急車か警察かと言うところで、ばあちゃんが俺が言ってた話を思い出して、あわてて和尚さんを呼んだ。
でもとても手に負えんというので、寺からあそこに知らせがいったみたいだ。
みんなでしゃべってるときは笑い話みたいだったけど、
俺が覚えてる時みたいな暴れ方だったのなら相当ひどかったんだろうと思う。
冗談交じりに父さんが見せてくれた腕にはまだ傷があったし。

食べ終えてからわざわざ帰ってきてくれてた兄ちゃんと、父さんと話をした。
「俺はそういうオカルトみたいなことは信じてない」って兄ちゃんは言った。
このひと理系だからね。
「けど今度俺や父さんがおらん時にああなったら、笑い事じゃすまんと思う。
 お前には悪いけど、病院なり、ほかの施設なり、管理のしっかりしたとこに行ったほうがいい」
父さんは、
「このごろはええ薬ができてるらしいから、どっちにしても病院に一度行ってみたらどうか」って言った。

今、これ書きながら考えてる。
俺の状態は一般的な見方をすれば『発狂した』ってことなんだろう。
俺が見えたと思ったものや、あの金縛りの感覚ももしかしたら全部病気のための妄想で、
薬とかで抑えることができるのかもしれない。
このままここで暮らして、前のように学校に行ったり、友達と遊んだり普通に暮らしていけるのかもしれない。
だけど車の中で山の人にさすってもらったら楽になって息ができた。
山から降りた途端に気分が最悪になった。
これは妄想や思い込みではない、と思う。

友達からのメッセージもチェックした。
俺は病気で入院してることになってるけど、中学が同じで家のことを知ってるやつはうすうす感づいてるみたいだ。
近所ではだいぶ噂になってるらしいし。
担任からはすごい勢いの勘違いメールが来てて笑えた。
相談しろって・・・何をどう相談すんの。

正直に言う。
俺帰ったら、父さんを拝み倒してでも山には戻らないって思ってた。
でも何とかしてここにいられるようにしようと考えてくれてる父さんや、引き気味の近所の友達のこと、
それからあの金縛りのときのことを考えると、俺がここに居たらあんまりいいことにはならないと思う。

俺は山に入ったほうがいいんだろう。
少なくとも家族にこれ以上迷惑をかけちゃだめだ。
もう余り時間がない。
おかんたちはしばらく俺が居るものと思ってるけど、
本当は出る前に昨日と今日、日がいいのはこの二日だけだと言われている。
今日の日没までに昨日泊まった寺まで戻らないといけない。

これを書き終えたら父さんと兄ちゃんともう一度話しをする。
ばあちゃんや母さんや姉ちゃんはだめだ。俺が泣く。

この掲示板に最初書き込んだときにはこんなになるなんて思っても見なかった。
報告しろって言われてたよね、信じてもらえないかもしれないけどこれが俺の報告です。
あの時返事をくれた人、ありがとう。
あなたの助言のとおりしていたらどうだっただろうと時々考えます。

『山』に入るって何すんのかな。
俺はここに戻ってこられるのかな。
もう一度帰ってきてここに来れたらいいな。

ああ、そろそろ時間みたいです。
さようなら。
[ 2014/11/23 ] NO NAME ◆-


次の記事:『バラバラの影』
前の記事:『大量の食糧と共に餓死した植物学者』
[ 2014/11/25 ] 怖い話まとめブログ

[ 68600 ] NO TITLE

うーん
バケツに貯めたお茶で、こんな大ごとになるとは
さすがに想像できないし、気の毒に
[ 2014/11/25 ] ◆-

[ 68601 ] NO TITLE

こういう事は全然詳しくないけど、家筋・四辻に捨てる・その後を踏み締める、って聞くだけでも狗神系を髣髴する。ご家族がきちんと教えてあげてればよかったのかなぁ? どのみち遊びたい盛りの高校生には面倒な行事だったよね…。
[ 2014/11/25 ] ◆-

[ 68602 ] NO TITLE

ジンカンって話がどっかにあった気がする。
その話でもやっぱり人間って字だったような…
[ 2014/11/25 ] ◆-

[ 68604 ]

関係ないけど、ものすごく文章がわかりやすくて感心した
[ 2014/11/25 ] ◆-

[ 68605 ] NO TITLE

「人間をついばむカラスはすぐ殺せ」だっけ、ジンカンが出てくるのって
あれは怖かった
[ 2014/11/25 ] ◆-

[ 68607 ]

カラスのほうの人間とこっちの人間は別モンくさいけど、同じ字で同じ読みだと若干邪推してしまうとこはあるよね
[ 2014/11/25 ] ◆-

[ 68610 ] NO TITLE

まじかー、これ。
確か板では、「おばあちゃんに相談したら、菩提寺の住職が改めて施餓鬼供養してくれるからもう大丈夫」みたいなレスがついていたんだけど、「いやこれ、施餓鬼供養じゃないだろう」と思って、もう一度おばあちゃんと真剣に話し合った方がいいよ、てレスするかどうか迷ったんだよな。
でも、おばあちゃん菩提寺の住職にも相談してるし、結局これで対処できるのかもと思い直して、なおかつ雑談板じゃなくて投稿板だっただから結局自重しちゃったけど。
再忠告したら変わったかなぁ…どうかなぁ…。
[ 2014/11/25 ] ◆-

[ 68640 ] NO TITLE

>68610さん
あんた優しい人だね。
結果なんて神のみぞ知るなんだからもモヤモヤするより投稿主の無事と幸せを祈ろうず。

見方によっては…結果的にだけれども、投稿主の魂は家系の因縁を終わらせるため元凶に闘いを挑んだともとれる。
本人は大変だと思うけど、いつか投稿主が町で普通の暮らしができるようになる事を祈るよ。


[ 2014/11/25 ] ◆-

[ 68651 ] NO TITLE

ジンカンで『人間万事塞翁が馬』を連想した。これも読みはジンカンだよね。幸福や不幸というものは変化し、それを予測することはできない…
[ 2014/11/25 ] ◆-

[ 68653 ] NO TITLE

人間至るところに青山あり、だっけ。

弱冠10代でいきなり厳しく孤独な闘いに放り込まれたなぁ……
ちょっとした作法でもそれだけ重要な危険を伴うものなら、年長者が付いていてやるべきだったね。今更あれこれ言っても仕方ない、腹をくくって一族を縛り続けた因縁と向き合うしかないのだろう。生易しい事ではないだろうけど。

強くなり、乗り越えてほしいと思う。そしてパワーアップした姿を、ねらーの前に見せて欲しいと思う。
[ 2014/11/25 ] ◆-

[ 68675 ] NO TITLE

人の世とか世間とかを意味する「人間」のことかな。
長い時間がかかるかも知れないけれど、この投稿者さんが再び人の世界で生きていけますように。
[ 2014/11/25 ] ◆-

[ 68690 ] NO TITLE

ギス「俺を入れたら北海道名物になるぜ!」
[ 2014/11/25 ] ◆-

[ 68702 ] NO TITLE

>>68690
一瞬、何のことだ?と考えてから、ジンギスカンと気付いて目から鱗が10枚くらい落ちるところだった
[ 2014/11/25 ] ◆-

[ 68704 ]

うーむ、幾ら何でもこんな事で発狂させられたらかなわないな。今まで守り続けてた作法をしなかったとか、家筋がとか言われても、今の世代からすれば理不尽だよね。こういう先祖の代からの呪いみたいなものって嫌いだ。血筋を呪うのでは無く、何かやらかした当人だけを呪えって感じ。
[ 2014/11/25 ] ◆-

[ 68754 ] NO TITLE

上の※でも出てたが、やはり狗神的なものなのか。
ろくに説明もなく子供にこんな役目を任せ、その後の家族の対応でもどうすればいいかよく解ってなかったところを見ると、
今までこんな大事になる犠牲者は出ていなくて儀式自体単なる慣習的なものと思われてたんだろうね。
報告者にとっては災難だった。
[ 2014/11/26 ] ◆-

[ 68762 ]

門が開いてると云う言葉にビビった。自分は外側に鍵がないから守れないと悲しく言われた事がある。神道では対応が出来ないのかと落胆したが初めて本当の事を教えて頂いて有難かった、元凶の家は難を押し付けてこれで自分達は大丈夫としか思ってない。こんなものですよ実際は、儀式を続ける家は少ないから尚更に投稿者に同情する。
何処かの山で修行が効くのであれば自分も行きたい。
[ 2014/11/26 ] ◆-

[ 68765 ] NO TITLE

言っちゃ悪いが、バケツのお茶を捨てる作法なんかで、呪い発動って、理不尽極まりないよね。
大人たちも、なぜそんな必要があるのか知らなかったのだろうし。
[ 2014/11/26 ] ◆-

[ 68782 ] NO TITLE

>>68765
その家の人間なら誰でも発動する訳でもなさそうだし、長男が憑きものを引き継ぐって訳でもないようだから、たまたま投稿主の体質が適合しちゃっただけなのかも。投稿主の兄上は、このての家筋の怪異からは全くの埒外のようだし。
[ 2014/11/26 ] ◆-

[ 68933 ]

儀礼の作法で何系か分かりそうだけど
それが何を意味するか口伝なり残しておかなければいけないよね。
もしも、それが廃れたなら
それがその家の運命なのだろう。
[ 2014/11/28 ] ◆-

[ 69017 ] NO TITLE

こういう話を読むたびに思うけど、やらなければならない作法や行ってはいけない場所があるなら理由をきちんと説明しておかないと。
とても口に出して言いたくないようなことでも肝心な事情の部分、そしてそれを怠ることによる結果は伝えないと面倒だからとか寒かったからという、呪いの源流になった人々からすれば「え?www」な理由で決まりを破ってしまうことになる。
[ 2014/11/29 ] ◆-

[ 69076 ] NO TITLE

ろくに説明もなく=段階を踏んでいない人間に話すと縁(よ)り憑いてしまうモノが増える
余計な因縁を増やすとますますこんがらがる
誰も付いていかずに=一人で行うことが条件だから
三回目を行わなかった=呪術的には三回逃げ切れれば取りあえずはOKな事が多い
                (三枚のお札、イザナギのイザナミからの逃亡話)
お茶を3日間で147回=1日当たり49回、四十九日を3回

バケツに溜めるのは寄り付いたモノを集めてまとめるため
十文字に踏みしめるのは封印、鎮め(踏みしめると言う行為は鎮め)
お供えが水でなくお茶というのも葬式の引き出物がお茶という事にも近いんだろうなあ
背景判らないけど、この相談者が山に行って勝てるだけの力を
付けて還って来れればいいと思う
きっちり説明されてなくて理不尽かもしれないけど、オカルトって
「そういうもの」だから仕方ないと割り切るモノなんだよなあ
[ 2014/11/29 ] ◆-

[ 69137 ]

四ツ辻での踏みしめとか無差別系の呪い?
かなり厄介なつきもの筋ですな

[ 2014/11/30 ] ◆-

[ 69800 ] NO TITLE

今さらだけど
敦盛だっけ?信長の好きだった舞だかなんだかもジンカンって言ってた気がする
[ 2014/12/07 ] ◆-

[ 69811 ] NO TITLE

この場合の「ジンカン」は、「人間」の漢音読み。米欄にある通り山を降りて人里に住むという程度の意味。
ちなみに「ニンゲン」は呉音読み。漢音、呉音、漢音、宋音などの音読みの仕方で、日本に入ってきた時期がわかるし、漢音読みをしているので宗派がなんとなくわかったりする。いやわからないけど。
[ 2014/12/08 ] ◆-

[ 70504 ] NO TITLE

もう15年以上前になるがフィールドワークを行った際に『傅寺(もりでら)』と言う言葉を聞いたことがある。
いわゆる差別目的でない本物の憑き物筋には必ず対応・監視を兼ねた寺(庵)がつくもので、そうした寺は宗派にかかわらず本山(たとえば真言宗だったら高野山ね)からは独立しており、別の指揮系統があったそうだ。
だが明治以降の社寺再編や淫祀邪教の取り締まり、戦後の過疎化による廃寺などが重なり、その時の調査では存在は確認できなかった。
この話の菩提寺は『傅寺』の末だろう。
経緯を見るに監視機能は失っていたっぽいが、かろうじてお山に連絡できるだけのつながりはあったんだな。
[ 2014/12/17 ] ◆-

[ 74824 ] NO TITLE

「人間」を「ジンカン」と読む場合は「世の中」とか「社会」って意味だよ
[ 2015/02/09 ] ◆-

[ 81674 ] NO TITLE

四辻で足を踏みしめるって足踏み呪法(反閇っぽいよね)
鎮魂のためにやるものだし呪いが発動したというよりは鎮魂に失敗したって事なのかな
単純に亡くなった先祖ってわけじゃなくもっと厄介なものが憑いたようなのはそれこそ憑き物筋の家柄だったからかね
儀式って全くやらないより、中途半端にやって完遂させない事の方がまずいことになる気がする
[ 2015/05/04 ] ◆-

[ 81693 ] NO TITLE

「お茶湯」のタイトルだから 趣のあるまったりした話と思って読んだら

壮絶な因縁話で胸が痛くなった。

投稿主さんとご家族が一日も早く安息の日を迎えられる事を祈るばかりだ。
[ 2015/05/04 ] ◆/8nqih4Y

[ 82432 ] NO TITLE

なんと壮絶な話・・・
不謹慎にも
>駆けつけてきたミツさんとヤツさんもクラッシュ。
で、リズムが良くて噴いてしまったw
[ 2015/05/12 ] ◆-

[ 90970 ] NO TITLE

ネタであって欲しい。ちょっとズボラしただけなのに代償が合わない。

なぜバケツのお茶を捨てに行く役目が彼だったんだろう。兄も父も居ただろうに。
ネタでなければ彼の運命だったとしか思えない。

[ 2015/08/06 ] ◆-

[ 91212 ] NO TITLE

山に住む人って、どうやって生計立ててるんだろうと疑問に思う
[ 2015/08/09 ] ◆-

[ 93729 ] NO TITLE

>91212
マジレスすると祈祷料と本山からの補助だそうな。(by山伏やってるおっさん)

オシさんは御師さん、ミツ・ヤツ・ヨイチは3、8、11?
名前は人を縛る咒だそうだからそれを避けたのか。
[ 2015/09/03 ] ◆-

[ 103101 ]

たぶんそう。忌み名がある人は普通に名前呼んでも構わないと思うけれど。
あと葬式の時の引き出物は流すって縁起を担いで流れ物が良いってだけだよ。
四ツ辻は人の交差(出逢う)場所ってことで呪術的な意味合いが強い。となると茶なのは何かを招いた?これはたぶん鎮魂ってよりは先祖の力を借りた自衛のまじないの類いかなーと勝手に考えてる。
[ 2016/01/14 ] ◆-

[ 103105 ] NO TITLE

ジンカンの人間って、門の中が月じゃなかった?
[ 2016/01/14 ] ◆-

[ 115726 ] NO TITLE

映画並みに壮大だな まあ現代人を戒めるひとつの出来事なのかな
記録に残すために手記書いてほしいね 歴史書でもいいけど お早いお帰りを期待します
[ 2016/07/25 ] ◆-

[ 121164 ] NO TITLE

家を出て最初の四つ辻の角(方角があったが忘れた)に、和紙に入れた豆を置いてくるって節分の作法があるな。その豆は歳の数で、自分の体を撫で回し厄をうつしたもの
厄を四つ辻に置いてくるってよくあるのか
[ 2016/10/10 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー