怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『お彼岸用の花を買いに行った』


不可解な体験、謎な話~enigma~ Part90

512 :本当にあった怖い名無し:2013/09/23(月) 00:47:56.29 ID:ZoqfIpx3I
ついさっきの出来事を書きます。長くなります。スミマセン

お彼岸用の花を買いに、駅前の花屋に行ってきた。
駅から家までは徒歩15分弱、
幹線道路沿いをまっすぐ歩いて、住宅街への道をちょこっと入れば着くような単純な道のり。
昔は繊維業が盛んな地域だったのでたくさんの工場が建ち並んでいたが、
産業の衰退と用途地域が変わった関係で今は一つもない。
はずだった。
道路を挟んであっち側に、茶色い大きな建物があった。
それは小さいときに見ていた繊維工場で、むしろその頃のものよりなんかキレイだった。
ていうか何で工場が?今は駐車場になってるんだけど。
頭のなか大パニック。
花を抱えて立ち尽くしていると、パートっぽいおばちゃん達がぞろぞろ建物から出てきた。
そこでまたしても目を疑った。その中に母親そっくりなおばちゃんがいた。
おかしいおかしいおかしい。
母親っぽい人は道を渡ってこっちにくる。
咄嗟に電柱の陰に隠れようとして愕然とした。
電柱が『木』でできている。昔の電柱だった。
もう意味がわからなくて泣きそうだった。

そんな間に、母親っぽい人は道路を渡り切って自分の少し前を、たぶん同じ家に向かって歩いて行く。
自分もとにかく家に帰りたい一心でなんとか歩きだした。


513 :本当にあった怖い名無し:2013/09/23(月) 00:49:48.74 ID:ZoqfIpx3I
母親っぽいひとは、自分が曲がる角と同じところを曲がった。
「やっぱり母ちゃんだ」と思って、追いかけようとして角を曲がったら、急にヘッドライトに照らされてびっくりした。
それは幼馴染が運転する車で、窓を下ろしてくれた彼女と「久しぶりー!」とかやったあと、おかしいことに気づく。
15時半くらいに花屋を出たはずなのに、もうヘッドライトをつけるような時間になっている。
時間を聞くと「18時半過ぎ」。
なんだか怖くなって後ろを見ると、工場なんかない、いつもの駐車場があった。

幼馴染と別れたあと半泣きで家に入ると、ソファーで犬を膝にのせてテレビを観る母親の姿が。
「本屋で立ち読みでもしてたのかと思った」とか言う母親に、しなしなになった花を渡し、事の顛末を話すと、
「おばあちゃんが昔工場でパートやってたけど…」と言っていた。
花を活けつつ「お彼岸だからかもねー」とつぶやいた母親と、遺影のおばあちゃんはそっくりだった。
工場から出てきたのは母親じゃなくて、おばあちゃんだったのねー

にしてもびっくりした。
まだ混乱しているので、文章とか改行とか変だったらごめんなさいー。
おわり


次の記事:『CANADA』
前の記事:『場所の記憶』
[ 2013/10/26 ] 不可解な体験・謎な話

[ 33791 ] NO TITLE

ずっと同じところに代々住み続けてたから成立する話だね
[ 2013/10/26 ] ◆-

[ 33819 ] NO TITLE

いざ自分が体験したら怖いけど
なんか素敵な話
[ 2013/10/26 ] ◆-

[ 47325 ]

木の電柱って、なんかすごいな。あたしも年寄りだけど木の電柱は知らないよ。あたしが覚えてないだけなんだろうな。
[ 2014/03/24 ] ◆-

[ 126609 ]

家の近くではたまに見かけるよ、木の電柱
[ 2017/01/11 ] ◆-

[ 126631 ] NO TITLE

田舎は木の電柱がまだ残ってるところがあるよ。
因みに高さが通常の電柱と比べると圧倒的に低い(笑)
きっと昔はダンプカーとか大きな車がなかったからあのくらいの高さで十分だったんだろうなぁ。
[ 2017/01/11 ] ◆-

[ 130453 ] NO TITLE

>47325
>木の電柱って、なんかすごいな。あたしも年寄りだけど木の電柱は知らないよ。

ピンクさんは私より年下と見た。
私の子供の頃は電柱といえばタールまみれの木の電柱。
家の前も用水路がありアスファルト舗装されてなかった。

でも、こう言うご先祖様を偲べるお話はいいね。
私も父母、ジジババみんな鬼籍の人だから。
[ 2017/03/05 ] ◆-

[ 130456 ] NO TITLE

東京23区内育ちのもうすぐ50に手が届く年代だけど、木の電柱は子供の頃は表通りにはさすがになかったけど、裏路地とかにはまだあったなぁ。
あの独特のタールの臭いが結構好きだったw
木の電柱と言えば、「天狗の張り紙」って話を思い出す。
[ 2017/03/05 ] ◆-

[ 130457 ]

木の電柱と言えば、1991年8月頃の段階で、北海道上士幌町(だったかな?)の糠平温泉を北側へ越えた国道273号沿いにもあったらしいよ。
その当時、273号のその場所は未舗装だったみたい。でも、今はその場所も舗装されて木の電柱もないよ。いつ頃舗装されて、木の電柱が撤去されたかは分からないの。ちなみに、1991年8月当時私は高3でした。
[ 2017/03/05 ] ◆-

[ 130459 ] NO TITLE

旧池北線・銀河線の一部に木電柱あったよ。
廃線で抜かれちゃったけどね。
木電柱は人気があって、幾らでも引き手がある。
農業のちょっとした施設の柱にはぴったりなんだ。タールがしっかりしていて腐らないのよ。
[ 2017/03/05 ] ◆-

[ 130460 ]

130459さん
ありがとうございます。旧池北線・銀河線の一部にも木電柱があったのは初耳でした。
廃線に伴い撤去されたのは残念ですが、引き手がいくらでもあるのは救いですね。
詳しいお話も伺えて、嬉しい限りです。木電柱冥利につきると言ったところでしょうね。
[ 2017/03/05 ] ◆-

[ 130463 ] NO TITLE

木の電柱、懐かしいなあ。久しぶりに思い出したよ。
130453さんの言う通り、タール塗れだった。
[ 2017/03/05 ] ◆-

[ 132285 ] NO TITLE

シャツとズボンを何枚汚してしまった事か…
何故かよそ行きの服の時は高確率で家を出る直前に汚してたなぁ
[ 2017/04/03 ] ◆-

[ 132286 ] NO TITLE

なんかいい話だね。ばーちゃんの若いころ見てみたいなあ。
電柱の黒い塗料が垂れて、液だれてまあるく固まったところを、爪で剥がすのが好きな子供だったよ
きれいな石を拾う感覚でさ、まるいきれいな形で取れるとなんとなくラッキー、みたいなw
あれタールなのかー
[ 2017/04/03 ] ◆-

[ 132314 ] NO TITLE

タールといえば、子供の頃は、未舗装の土の道路に勝手に撒かれていた。
とくに、道路の轍の水溜まりには、ボウフラ予防に投入されていて、わざと水溜まりに入って遊ぶと靴が真っ黒。
タールは二度と落とせないので、母に大目玉を食らった。
職場でそんな話をしたら、一回りしか違わない後輩に、「コールタール」が通じませんでした。
彼はシティーボーイだったのでしょう。
[ 2017/04/03 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー