怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『てっぐ様』


死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?297

633 :本当にあった怖い名無し:2012/06/21(木) 15:12:46.88 ID:CGPKhIrO0
てっぐ様

これは俺の親戚のおばちゃんから聞いた話だ。
おばちゃんは多少霊感がある人らしくて、近所では『伝説のおばちゃん』とか言われてて、自分でもそう言ってる。
昔から俺に色々な怪談話やホラ話を聞かせてもらったりしているが、俺はオカルトはあまり信じてないので、
胡散臭い所や荒唐無稽過ぎる所は省いたり少し脚色したりして小説っぽくしたり、
地名とかも微妙に変えてここに書きました。
以上

50年くらい前の日本での話だって


634 :本当にあった怖い名無し:2012/06/21(木) 15:13:18.34 ID:CGPKhIrO0
当時、有縁市に住んでた12歳のおばちゃんに妹が出来た。
妹が産まれたという事では無くて、遠い親戚の子を親が引き取る事になったのだと言う。
当時おばちゃんは急に妹が出来たのが凄く嬉しかったらしい。
妹ちゃんも独特な訛りがあって話す事が恥ずかしいみたいな感じだったんだけど、おばちゃんにはすぐ懐いたみたい。
妹ちゃんはずっとTVも無い超ド田舎暮らしだったらしいのだが、色々な遊びを知っていた。
お手玉は近所の誰よりも上手で、全然意味の判らない童唄や踊り、
目隠しと人形と箸とオハジキを使ったおまじない(今思えばコックリさんに似ていた)や、
長い紐を使って体を引っ張り合う見た事も無い不思議な遊びや、
当時おばちゃんの住む町で男子達の間で爆発的ブームになっていたベーゴマ遊びが凄く上手だった。


635 :本当にあった怖い名無し:2012/06/21(木) 15:13:51.00 ID:CGPKhIrO0
それまで女子でベーゴマやってる子はおばちゃん家の近所では全く居なかったのだけれど、
田舎から持ってきた貝で作られた独楽を使えば、妹ちゃんはほぼ負け無しだったと言う。
おばちゃんは常識的に考えて貝独楽と鉄独楽では普通勝負にならないと思うのだが、
その貝独楽は異様に強かったのがとても印象に残っていると語った。
遊んでる内に、おばちゃんは妹ちゃんがあまりにも沢山の遊びを知っているので、
何処でその遊びを教えてもらったのかを知りたくなって、妹ちゃんに聞いてみたそうだ。
すると、「ヤマババさん」と言ったそうだ。
どうやら前住んでた超ド田舎の村に居た、『ヤマババ』と呼ばれるお婆さんに教えてもらったという事らしい。
おばちゃんは興味津々にヤマババさんの事をもっと聞きたいと言った。
以後、おばちゃんから聞いた妹ちゃんの田舎の話。

物心付いた頃ド田舎の妹ちゃんは、ヤマババさんが食事や生活の面倒を全部見ていた。
田舎の食べ物は皆美味しいのだが、中でも蜘蛛の味噌漬は病み付きになるという。
何故かヤマババさん以外の村の大人達は一切蜘蛛を食べようとしなかったが、
殆どの子供達は蜘蛛が大好物だったそうだ。
都会では蜘蛛料理が全く無いのがとても残念だといつも言っている。(これは本人にも俺が確認取った)


636 :本当にあった怖い名無し:2012/06/21(木) 15:14:23.62 ID:CGPKhIrO0
妹ちゃんは毎日、一日中村の子供達と一緒に田んぼや山や沼や川や洞窟で遊んでいたという。
学校には一度も行った事が無かったらしい。
「学校をサボってたの?」と、おばちゃんが聞いたのだが、
妹ちゃんはそもそも、この街に越して来るまで学校という物がこの世に存在していた事さえ知らなかったと言う。
読み書きはヤマババさんに教えて貰ったし、
おばちゃんに指摘されるまで「ああ、学校というのは都会にしか無く、私が居た様な田舎には無い物なのだ」と、
勝手に思い込んでいたらしい。

そして、ここからが更に異様なのだが、村は森の中にあったらしい…
森の麓の集落っていう事では無くて、もう文字通り深い森の木々の中に人の住む家々があったというのだ。
後年の妹によれば、N〇Kスペシャルとかでたまにやってる、
東南アジアやアマゾンの秘境に住む人達の住んでる家に激似だと言っていたそうだ。
ヤマババさん家の壁は土壁だか土器みたいな感じで、屋根は茅葺だった。
玄関に凄く古そうな真青な鳥居があって、家の中は神社みたいな感じで、
熊か猪の毛皮を敷いてある仏壇か神棚みたいな祭壇の中に、
犬(みたいなもの)に乗った、鹿の角の生えた、真黒な手と顔がいっぱいある仏像が飾られていたとか。
ヤマババ以外の家は木造で、屋根は同じく茅葺。
村人は全員和服だった。そして丁髷をしていた人が少し…
村はとにかく子供の数が異様に多くて、
ほんの一部の田仕事を手伝ってる子達
(なんか今思うと、妹ちゃんはこの子達には意識的に避けられてた感じがすると言っていた)を除けば、
皆が一日中遊んで暮らしていた。
妹ちゃんはヤマババさんともよく遊んだが、もっぱら山で遊ぶ事の方が多かったらしい。
とにかく山の中の色々な所で1日中遊んだという。森、川、田、沼、池、滝、洞窟。


637 :本当にあった怖い名無し:2012/06/21(木) 15:15:07.43 ID:CGPKhIrO0
池で釣りをしたり、滝壺に飛び込んだり、やたらデカイ犬(話を聞く限り狼としか思えない…)の群れをおちょくったりしたり、
底無沼でドツキ合いをしたり、洞窟の中を何時間も探検したり…とにかく山の中の全てが遊び場だった。
そして遊び疲れて村に戻る頃には、何故か出かけた時よりも人数が減っていたという…
妹ちゃんは今にして思えばよく自分は生き残れたものだと、
当時の事を思い出すと今でも背中に悪寒が走るそうですが、
楽しい思い出の方が多いので、自分はあそこで育つ事が出来て幸せだったといつも言うそうです。

でも、怖い事も結構あったと言う。
森の中で遊んでいる時に、
明らかに異形としか思えない存在(イマジナリーフレンドとか言うらしい)が混ざっている事があり、
それらは最初遊んでいる時は何も気にならないのに、思い出してみるとその違和感に吃驚するそうですが、
不思議と嫌な感じはしないとの事。
でも、一番怖かったのは、
ある日、石の丘みたいな所を遊び場にしていると、焼き物の埴輪みたいな人形がいっぱい置いてあった。
嬉しくなってママゴトを始めたのだが、
そこに急に普段は田仕事ばかりやってる超絶放任主義の大人達
(ヤマババは数少ない例外だったので子供達から好かれていた)がやって来て、
「こん!みかぶしさまんちにはいっちゃむらもろさたたっころされっぞ!こんくそばちったりどもがー」
と、血相を変えて大声で怒鳴られた事は忘れられないと言う。
恐らくそれは古墳か何かだったんだろうと、おばちゃんは俺に言ったが、
妹ちゃんによれば、それが何だったのか大人達は教えてくれなかったそうだ。


638 :本当にあった怖い名無し:2012/06/21(木) 15:16:09.97 ID:CGPKhIrO0
当時、半信半疑で妹ちゃんの話を聞いていたおばちゃんは、
田舎の暮らしで一番楽しかった思い出は何だったか?と妹ちゃんに聞いた。
妹ちゃんはニコニコしながら、
鹿の角をくっ付けた熊の毛皮を被った山伏だか修験者みたいな沢山のおっちゃん達(だいたい40人位)が、
来た時が楽しかったと言う。
おっちゃん達の顔は村人達とは全然違う初めて見る顔だった。
彫りが深くて、髪の毛も茶色っぽい色で、
日本人よりも、越してきて初めて見たTVで見る外国人の顔に似てる感じだったという。
おっちゃん達は村に入ると、全員でヤマババさんに深々と御辞儀をしてから、
ヤマババ様以外の村の大人達全員と少数の子供達に目隠しをして、家の中に入らせて、
家の中から戸が開けられない様な木組みの仕掛けを施すと、
それ以外の子供達を呼び、子供達を取り囲む様に円陣を組んで、
お経か祝詞か外国語みたいなものを一斉に唱えはじめる。
そして持って来たお札がいっぱい張ってある気味悪い壺の中から、小さな白いお菓子みたいな塊を取り出して、
子供達に配って食べさせたのだ…
そして、「さあ、たんがみさまらのとこさ遊びに行けよ」とおっちゃんが言うと、
田んぼから沢山の歓声を上げながら、真っ黒な顔の無い泥だらけの人の形をした者達が無数に這い出して走って来た…


639 :本当にあった怖い名無し:2012/06/21(木) 15:18:47.10 ID:CGPKhIrO0
そして子供達の手を掴み田んぼへと引きずり込もうとする…
何が何だかわからずに引っ張られる子、
面白がって自分から手を繋ぎ異形と一緒に田んぼに走っていく子、
泣き叫びながら必死に抵抗する子…
次々と泥中に消えていく…
妹ちゃんだけが、なぜか田んぼの中へ連れ去られなかった…
しばらくぽかーんとしていると、
「妹ちゃんはこどま(子供?木霊?)さまにみみった(魅入られた?)だけなただのわっし(童子)だけん、
 ここにいっ(入)ちゃなんね。
 さっ(寂み)しいかもしろんが、
 おれっちゃらがわぜん(和人?)ぼんぞ(坊主?)らとはなす(話)つけっけらあっすん(安心)せえ」
と、おっちゃんの一人が言ったそうだ。
そういえば、自分一人だけはあの白い塊を貰えなかったと言う。
その後、おっちゃん達が戸を開けると、
出てきた村人は「てっぐ様あざっす」「てっぐ様のおかげっす」とか口々に言うと、お礼をたんまり渡した。
その後、数日酒宴が開かれた後おっちゃん達は山奥へと帰っていき、
その数日後、妹ちゃんは田んぼで遊んでる時に、
急に村人目隠しを付けられて、手を引かれながら山を降りたそうだ。
道が急に平らになったと思ったら目隠しを取られて、
産まれて初めて見る車に乗せられて、遠い親戚のおばちゃんの家にやって来たそうだ…。

「そんな怖い話のどこが楽しいの!?」とおばちゃんは言った。
妹ちゃんは不思議そうな顔で「全部!」と言ったそうな。



次の記事:『付き合う相手を不幸にする』
前の記事:厳選 なんか笑える霊体験1
[ 2012/07/01 ] 死ぬ程洒落にならない怖い話

[ 1590 ] 移転前のコメント欄1/5

[ 32495 ] NO TITLE
洒落にならない話というより
「後味の悪い話」スレ向けの話だと感じた
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-

[ 32497 ]
遊びから帰るとき人数が減ってるとか、田んぼに引きずり込まれるとか、子供が引きずり込まれても大人は感謝してるとか、所々が凄く怖いな……
というか、その村はなんなんだろう。
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-

[ 32498 ] NO TITLE
>犬(みたいなもの)に乗った、鹿の角の生えた、真黒な手と顔がいっぱいある仏像
なんか密教とかインドの神様みたいだな
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-

[ 32505 ] NO TITLE
てっぐ=天狗かな。事故か何かで流れ着いた白人じゃないかってのはよく言われてるね。
働いてる子供だけが村人の実子で、遊んでる子供は生け贄としてあちこちから誘拐されてきてたのかな。
おばちゃんの家が親戚だと判ったり訳有りな妹を受け入れたり、事情を知ってる人間が外部にいるっぽいな…。
遊んでたら人数が減ってるのは神隠しかと思ったが、事故があっても気にせずスルーするよう教育されてる可能性もある?
あと古墳のやつと田んぼから出てきたやつと妹が魅入られた山神は全部別物なのかね。
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-

[ 32506 ] NO TITLE
この子供たち、妹ちゃんと目隠し組以外は「生きてる人」なんだろうか。
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-

[ 32512 ] NO TITLE
驚いたな。千年以上前の日本の原風景じゃないか。
ふむ、これは、実は時空系のお話だな、おっさんやおねいさんは出てこないが。山霊に魅入られ、別時空に神隠しされたが、修験者に連れられたんだな。
「生きてる人」なのかってのはなかなか目のつけどころがいいな。
まあ、これが自然なんだな。
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-

[ 32514 ] NO TITLE
遊びから帰ったら人数が減っていたりするのに
子供の数が異常に多かったってのも怖い話だな。
常にどこからか補充(って言うとアレだが)されてたのか?
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-

[ 32515 ]
なんとなくいんびに似てる気がした
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-

[ 32523 ] NO TITLE
暇だから考察。
場所は外界と隔離される規模の山奥で原生林が残るぐらいの場所。
時代は50年ぐらい前というと1960(昭和35)年代から1970年代(昭和45)初めぐらいだな。
地域の流行もあるから一概には言えんがベーゴマが流行るには時期が遅すぎる気はする。
昭和35年代と言えばフラフープとかだろ。ベーゴマが流行った最初は大正だし。

イマジナリーフレンドとか心理学の言葉だしそもそも英語、普段使う言葉じゃないよな。
「いばらの王」は題材がそれだ。

やたらデカイ犬(狼?)と言ってるがニホンオオカミとエゾオオカミ共に明治の終わりには絶滅したと言われてるし、大きさとしたらエゾオオカミが大きいぐらいでニホンオオカミは中型犬ぐらいの大きさ。
さすがに子供でも中型犬を大きい犬とは言わないだろうし、絶滅うんぬんは省いてもエゾオオカミぐらいしか考えられないな。山犬や野犬の可能性もあるが日本種の犬で大型なのはいないし。
外来種でも大型の犬は日本のうっそうとした狭い森の環境じゃ群れ作るまででかくはなれない。

村人は和服を着て、一部髷もいたって言うから日本系なのは確かだけど、青い鳥井とか毛皮のある神域とか千手観音系の仏像とか聞くといろいろ他宗教混ざってるか、土着神系をアレンジしてるのかな?
仏教では無いのは確かだな、仏教は殺生が禁止だから聖域に毛皮はないだろう。
獣座といえばヒンドゥー系の宗教で見たような見無いような。
それと、鹿の角と言えばせんとくんだな。

田仕事をしている大人ってのもあるが、山奥で田んぼは風通し悪いから効率悪い。
どちらかと言えば田んぼより土の肥やしを利用して畑だろう。
田んぼするなら年中枯れないほどの水がないと駄目だし風通しと病気関連の問題から田んぼの数倍ぐらいは開けた場所が必要だな。昔は無理矢理作ってた事もあるがとても村人全員分まかなうのは無理。
村人が何人か解らんが、10人以上なら必然的に村の外との交流が必要になるわな。
もし自給自足してたならそこそこの規模の農村だわ。

なんか飽きてきたからこれで終わり。
話から考えると本州はないな、北海道か四国じゃね?
狼とかは50年前ってのは無理くさいけど、北海道か四国ならあり得るだろ。
仏像は土着神との融合で訪ねてきた山伏系はサンカかアイヌかな。
四国なら木霊ってのも納得だし可能性高いのは四国と俺は思うわ。

異次元系の話入れると無理難題通るから現実的な話としてな。
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-

[ 32524 ]
なんか色々と奇妙すぎるよ…
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-

[ 32527 ] NO TITLE
せんとくんが「あざっす!」って言ってる画しか浮かばない
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/05 ] ◆Ahsw8Nok

[ 1591 ] 移転前のコメント欄2/5

[ 32529 ] NO TITLE
32523が
あんだけ細かいとこまで
メスいれてんのに
「せんとくん」って出たとこで
マジ笑ったww
[ 2012/07/01 ] ppp ◆-

[ 32547 ]
とりあえず目隠しをよく使う怪しい村だなあ。電波少年思い出したw
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-

[ 32552 ]
犬(ジャッカル、狐)座といったらダキニか
鹿角はあまり聞かない
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-

[ 32570 ] NO TITLE
>>「こん!みかぶしさまんちにはいっちゃむらもろさたたっころされっぞ!こんくそばちったりどもがー」
誰か日本語に訳して下さい、わからないの自分だけですか(ノД`)
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-

[ 32572 ] NO TITLE
>32570
「こら! ミカブシ様(ミカホシか? ならば、アマツミカホシの事か)の土地(お墓)に入ったら、村もろとも皆殺しにされるぞ! この糞罰当たりどもがー」

翻訳してみて、九州系の訛りだと気付いた。最初読んだときは、東北辺りの風景を思い浮かべていたのだが。実際、東北にはアマツミカホシらしき神を祀っている神社がある(震災のため、現存しているかは不明)。
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-

[ 32575 ]
こら! ミカブシ様の家に入ったら村の者は皆殺しにされるぞ、この酷い罰当たり共め!!
こんな感じでしょうか

ミカブシはミカヅチ?
石上神宮はミカフツを祀るが・・・
[ 2012/07/01 ] NO NAME ◆-

[ 32577 ] NO TITLE
32572さんと32575さん翻訳ありがとうございます、これで悩まず今夜は寝れます。
[ 2012/07/02 ] NO NAME ◆-

[ 32581 ] NO TITLE
村人A「てっぐ様あざっスwwwwwwwwwwwwwww」
村人B「てっぐ様のおかげっスwwwwwwwwwww」
ネラーかよ。
[ 2012/07/02 ] 名無しさん@ニュース2ちゃん ◆-

[ 32592 ] NO TITLE
>>32523
大型はいないどころか日本犬公認犬種で唯一の大型犬種である秋田犬がおるがね。
それとニホンオオカミは中型犬どころか、成獣になると大型犬並みにでかいよ。
中型犬程度とされた根拠は、基準にした剥製が若い個体だからと言われてる。
剥製自体が少ないからこれは仕方ないことだけど。
自分は博物館に展示されてるニホンオオカミの全身骨格
(歯の磨り減り具合からしておそらく成獣)を見て、
柴犬よりちょい大きいどころか、ラブラドールレトリーバーくらいの大きさだと感じた。
ラブラドールと感じたのも、近所に何件か飼ってる家があって見慣れてるからだけど。

オオカミにしか思えないやたらデカイ犬については、
話の妹さんがそれを見た当時の感覚でやたらデカイと感じたと思える。
人間は見たものを乏しい知識なりに自身の感覚で判断するものだから、
中型犬か大型犬か限定せず、やたらデカイと感じるだけの大きさはあったと思う。
あと群れと言っても一家族程度の小規模な群れなら、
やたらデカイ犬の正体が外来種の野良犬だとしてもありえない話じゃないでしょう。

気になったところを長々とすんません。
宗教的な面は参考になりました。
[ 2012/07/02 ] NO NAME ◆-

[ 32593 ] NO TITLE
幼い子供、しかも比較対象となる複数の犬種を見たことのない人間なら
中型サイズでも大きいと思ったのかも
[ 2012/07/02 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/05 ] ◆Ahsw8Nok

[ 1592 ] 移転前のコメント欄3/5

[ 32605 ] NO TITLE
32523を書いた者だけど、仕事明けで暇だから又来たぜ。
しかし、なかなかコメ伸びてるな。2~3コメで終わると思ってた。

>>32552
ダキニはまさにあんな感じだな。
他に、獣座の神仏っていたかな?
鹿の角は相変わらずせんとくんしか思い浮かばないが。

>>32572
方言はなかなか分からなかったから参考になる。
九州方面か、それに密着する地域かもな。
場所によっては離れてても他県の入植者の可能性もあるし一概には言えないけど。

>>32575 >>32572
ミカブシ(ミカホシ)様ってのは聞いたこと無いよな。
石の丘で天津甕星なら神話上皆殺しってのもわかる気はするけど、埴輪を使った祭り事ってのは聞かないな。
石上神宮でミカフツっていうと建御雷之男神だよな。
あれも実質、祭神として扱ってるのは石上神宮と御嶽神社ぐらいだろ?
普通祭るような神じゃないと思うがどうなんだろうか。

>>32592
秋田犬は確かにデカイ、失念してた。そういえばハチ公は秋田犬って話だったな。
ニホンオオカミについては実際にみたことある分けじゃないから俺もはっきりとでかくないとは言えないけどさ。成獣かどうかの自己判断はともかく骨格標本も純血かどうか解らんし混ざり者の可能性もある。
日本の野犬の多さを考えると山に入った一部との混ざり者も結構いそうだし。
本スレにもある「森、川、田、沼、池、滝、洞窟」は登山や秘境探検行ったことある人ならわかると思うが、これほど自然の残ってる山間部では個体がデカイととてもじゃないが自由に動き回れない。
まして、群れ(家族)まかなうぐらいの餌を採るのも一苦労だろうと思うし、そんな苦労を犯すぐらいなら野生の生き物は人里とか平地に下るよ。わざわざ山で暮らす必要がない。
外来も確立としては少ないだろ、他に犬を見たことがないと言っても本スレの主は下界に下ってから話を聞いてるわけだし、省いてるがそれ踏まえて狼って判断をしたんだから鼻先のとがった面長の犬で色は灰色か焦げ茶だったんだろ。この条件の海外の犬ってなかなかいない。
妹ちゃんの年頃から見て中型犬でも大きく感じるだろうし大きさについては人の感覚ってかなりいい加減だから何ともいえんよな。

最後ちょっと狼犬について思い出したから書こうと思ったけど蛇足になりそうだからやめた。
コメ続いたら書くかもしれん。
[ 2012/07/02 ] NO NAME ◆-

[ 32607 ] NO TITLE
作中で蜘蛛を食べるって話を見て
「あー。(父方の)婆ちゃんが、蜘蛛食べた事には衝撃受けたな~。でも、あれ多分驚かすために食べたふりしたんだろうなw」
としみじみ思った。
ら、九州の訛りというコメント読んでびっくり。
父の実家は九州地方。鶏の炭火焼きが美味しい県です。
[ 2012/07/02 ] NO NAME ◆-

[ 32669 ] NO TITLE
>32605
ミカホシじゃなくてミカボシだった。こっちのがミカブシと誤用、誤訳、聞き間違いされやすいような気がする。もしからしたらもっと単純に、別の土着神なのかもしれない。

アマツミカボシ関連の話を聞かないのは当然で、一応最終的には降ったとされているが実質どこかに追放されたらしく、朝敵か、それに近い人らしい。なので、祀る神社はない。封じてるとされる神社はあるが。
朝廷に背いたものは、降伏した者は別にして大抵は妖怪や鬼といったものに身をやつしたが、ミカボシだけは神のままだ。それだけ強力な荒御霊で、ぶっちゃけ三大悪霊より強い。つか、三貴神のつよい。確か国産みの神さんより上。ほとんど無影響なのは、どうも地球外に追放したかららしい。オカルトって面白いね。
埴輪を使ったお祭り自体8世紀頃にはもうやってない。千年以上前の日本の原風景と感じたのはこのハニーのせい。観光地に有る展示物以外でちゃんとしたハニーを並べた墓なんてないよ。

鹿島さんの祭神はタケミカヅチさん。全国に600くらい有る。むしろ、メジャーよ。
香取さんの祭神はフツノカミさん。こっちもメジャーよ。
[ 2012/07/03 ] NO NAME ◆-

[ 32696 ] NO TITLE
アマツミカボシは流星・彗星の神格化ともいわれ、古代中国で流星・彗星を天狗と呼んだ。
てっぐ様が壷から出した白いお菓子みたいなのはユダヤの民が言うところのマナっぽい。
そして山伏とユダヤの司祭は格好が大変良く似ている。・・・うーんなんとも興味深い話。
[ 2012/07/03 ] NO NAME ◆-

[ 32713 ]
なぜそこで急にユダヤが出てくるんだ(笑)
……まさか日ユ同祖論なんて根も葉もない与太話が根拠とか言わないよね?
[ 2012/07/03 ] NO NAME ◆-

[ 32797 ] NO TITLE
>32515
それだ!似てると思ったけどタイトルが出てこなかった。
まだこういう隠れ里が存在してるのかもなあ。

つーか鹿の角でせんとくんを思い出すなら蜘蛛を食べるとこで露伴先生を思い出したっていいよね?
[ 2012/07/05 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/05 ] ◆Ahsw8Nok

[ 1593 ] 移転前のコメント欄4/5

[ 32961 ] NO TITLE
50年前の話とは思えないな……50年前に丁髷なんて、すでに相撲取りの世界居が良いじゃ絶滅してたろう?
意図的に古い生活(明治期か幕末?)を維持し続けてる特殊な宗教の団体かな?
[ 2012/07/07 ] NO NAME ◆-

[ 33030 ] NO TITLE
ちょんまげっつーか、話の整合性からすると
農作業の邪魔にならないように結わえてただけじゃね?
まぁ葦原中国平定以前の信仰を社会から外れても頑なに保持してるっつー人たちが
徳川政権下の風俗(月代に髻だの大銀杏だの)を取り入れてるって説でも
それはそれで一気に変態団体の笑い話に過ぎなくなって面白いがw
[ 2012/07/07 ] NO NAME ◆-

[ 33423 ]
やっぱりミカブシ=天津甕星か。
泥から出てくるなんてまるで泥田坊みたいやね。
ついでにミカヅチさんを祀ってるのは春日神社系列もあるから結構多いよ
[ 2012/07/11 ] NO NAME ◆-

[ 33566 ] NO TITLE
沢山の子供って本当に生きてる存在なの?山中の
田んぼじゃそんなに米取れないし、大人は蜘蛛食べ
ないってのも何か意味あるのかな?
[ 2012/07/12 ] 名無しさん@ニュース2ちゃん ◆-

[ 34988 ] NO TITLE
どこまで事実で創作かわからないけど なんかすごいイメージ豊かだな・・・
[ 2012/07/23 ] NO NAME ◆-

[ 35358 ] NO TITLE
なんか妹ちゃんと目隠しされて守られた子供以外は人間の子供な気がしない。
村人とその実子だけ人間で、普段田仕事をしてて他の子とかかわらないのもそれっぽい。
あとの子供たちってわらわら居すぎることも含めて虫の子か動物の子かなんかかと思った。
妹ちゃんはうっかり紛れ込んだ余所の人間な気もするが。
「ここに居ちゃ駄目だ」って言われてるし。

いずれにせよさすがに50年前は厳しいな。
1960年代にそこまで未開な場所ってなかなかなさそう。
森の風景からしても熱帯地方っぽいし、それこそ南の島とかなのか……。
[ 2012/07/25 ] NO NAME ◆-

[ 36254 ]
最初の方だけ見て獣にでも育てられた子なのかと思ったら違った
[ 2012/07/31 ] NO NAME ◆-

[ 36327 ] NO TITLE
>>32523 >>32592
でかいイヌについての考察、とても面白いんで便乗させてくれ。
現在の秋田犬は確かに大型だが、あれは洋犬との交配の結果で、
もともとの秋田犬はせいぜい紀州犬程度の中型犬だったらしい。

それならこの話のでかい犬の正体は?って話になるんだが、
ニホンオオカミには大小2種類いたって元猟師の証言が幾つも残されてる。
それによると大きいほうはエゾオオカミと同じ位の大きさだったらしいから
ラブラドールやアラスカンマラミュートより大きくても不思議じゃない。
実際、シベリアオオカミなみの大きな頭蓋骨も発見されてるみたい。

こんな小さな島国の森に2種の肉食獣は共存できないって意見が多数だが、
調べてみたら不思議な事にツシマヤマネコにもイリオモテヤマネコにも
大小2種がいたって、まったく同じような証言が残ってるんだよな。
(西表ではわりと最近も大学の教授が大型のヤマネコを目撃してるよ)
イリオモテヤマネコはダントツで世界最小の生息域こそ貴重って意見もある。
「あんな小さい島でヤマネコの生息は不可能」って学者達が思い込んでたから
証言は昔からあったのにアメリカの調査が行われても発見できなかった。
それくらい西表島の森は豊かだった、って事だろうね。

本州・九州・沖縄どこでも原生林はシイやカシなどの広葉樹森なんだけど、
それが世界的にも例がないほど豊かなドングリの森だったからこそ
肉食獣のエサになる小動物がたくさん生息していたんだろうし
オオカミもヤマネコも大小2種が十分共存できたんだろう。
ほんの50年前にはそんな森が残っていたのかと思うと胸が熱くなる。

あんまり興味深い話なんで、酒の勢いにまかせて長文書いちまった。
意味不明だったらスマン、先に謝っとく。
[ 2012/08/01 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/05 ] ◆Ahsw8Nok

[ 1594 ] 移転前のコメント欄5/5

[ 36398 ] NO TITLE
地元の博物館で奈良で捕まった狼の展示をたまにやる
レトリバー位の大きさだったでござる
紀州犬よりは大きいけど秋田よりは小さいと思う
[ 2012/08/01 ] NO NAME ◆-

[ 36444 ] NO TITLE
50年前って文字通りに取っちゃいけないかも。だいたいこの話を聞いたのがいつなのかわからないし、お年寄りが「50年ぐらい前」と言ってもはっきりと1960年代頃とは思ってないのでは。それに中型犬とか大型犬とか、子供のころでしかも、現在自分たちが見てるような大型犬を見たことなかったら、中型犬でも大きいって思うんじゃないの?なんか今までの考察がかなり「自分の目を通して感じたもの」を基盤にしてるので、はちゃめちゃな気がする。
[ 2012/08/01 ] NO NAME ◆-

[ 36878 ] NO TITLE
ああそうか、たしかに妹ちゃんの主観なんだね。
つまり、人間に見えてたのが本当は人間じゃないって可能性もあるんか。
で、妹ちゃんは周りの子供達の主かなんかに魅入られただけの人間で、
周りには同類に見られてたって事もありうるのね。
そんで、儀式があってそうじゃないって事が分かって
(それとも、わかってたけど周りの子が守ってたかなんかして引き剥がせなかった?)
一時引き離せたのでそのまま再び捕まらない内に逃した、ってか。
[ 2012/08/05 ] NO NAME ◆-

[ 39322 ]
とりあえず日本は地図で見るよりもずっと広いってことは分かった。
[ 2012/08/20 ] NO NAME ◆-

[ 39475 ] NO TITLE
妹ちゃんが一緒に遊んでた子供たちは生きてない子達なんだなーと何の疑問も持たずに思って読んでた
妹ちゃんと遊ばない田仕事手伝ってる子たちが本当に生きてる子達なんだなって

妹ちゃんは山に魅入られて実体はあっても半分向こうの住人になっていて
見えない子供たちと毎日遊びまわる様はおかしくなっているように見えて遠巻きにされていた
ヤマババ様が青い鳥居の社に祀られてる神様かシャーマンで、
その山はその周辺の村や山で幼くして亡くなった子たちが集まってくる土地
(この辺りの人は死後あの山に行く、と言われてるような霊山的な)
遊んでるうちに消えちゃう子供は成仏した
天狗が子供達の霊を田の神様にして豊作を祈る儀式をしている
歓声をあげて田んぼから這い出してくる泥人間の田の神様ももとは子供の霊だった

って感じですかねえ
[ 2012/08/21 ] NO NAME ◆-

[ 44243 ] NO TITLE
サンカの集落? って思った。
[ 2012/09/24 ] NO NAME ◆-

[ 52130 ] NO TITLE
杉沢村?
[ 2012/11/20 ] もげ ◆-

[ 56889 ]
この話に出てきた話し言葉、通訳無しで全部わかった。
東北の話じゃないかな?

ちなみに、「妹ちゃんはこどまさ〜」に出て来る、「和人」は「任せろ」だと思う。
ベーゴマの流行り時期にラグがあるって言ってるけど、東北とかの田舎なら、都会の流行が伝わって来るのも今より遅いと思う。
[ 2012/12/26 ] 名無し。 ◆-

[ 56890 ]
補足。
「たんがみさま」っていうのは、「田の神様」の事。
うちの地元では、今でもたんがみさまをお祭する祭もあるよ。
[ 2012/12/26 ] 56889です。 ◆-

[ 56912 ]
獣坐の神仏としては大威徳明王ですか
牛(水牛)ですが
鹿角に熊で何かありそうなもんですが思いつかない。これが牛頭ならスサノオ系?ですが
[ 2012/12/26 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/05 ] ◆Ahsw8Nok

[ 5373 ] NO TITLE

妹ちゃんの話も不思議だけど、おばちゃん自身がなんで伝説呼ばわりされてるのか、そっちも気になる…

[ 2013/02/23 ] ◆-

[ 5379 ] NO TITLE

すげーおもろい話だった。

39475の考察に一票。
[ 2013/02/23 ] ◆-

[ 16099 ] NO TITLE

こち亀読んでりゃわかるけど、ベーゴマってちょうど昭和20~30年代後半ごろまで流行ってたんだよ
団塊のオッサン達がベーゴマ懐かしがってるのがその証拠
で、ベーゴマ自体は平安時代から遊ばれてて、その当時は砂を詰めた巻貝を使ってた
[ 2013/05/08 ] ◆-

[ 24554 ]

訛ってる東北人だが、さっぱりわかんなかったよ?

それにしてもどこが面白かったんだろ。それを面白いというのが一番怖い。

妹ちゃんは誰の子なの?なんでババに育てられてたの?

男たちはなんでそんな田舎に大人数で来たんだろうか。
[ 2013/07/27 ] ◆-

[ 30877 ] NO TITLE

よくわからないけど、子供の口減らし兼豊作祈願の生け贄のお祭りといった印象を受けた。

頭がなくて泥だらけの者達は当然、田んぼに引っ張り込まれた子供達。
目隠しをされた子供と妹ちゃんが、何で区別されたのかは謎だけど。

和服やべー独楽は昭和40年代の東京でも普通にあった。
ただ、親が子育てしなかったのが不思議。
[ 2013/09/30 ] ◆-

[ 41861 ]

みかぶしさまの家に入ったら
村の者たちにたたっ殺されるぞ!このクソガキ共が!

子供たちは贄だから、村的には守る必要がないのか。厄介な神様への贄?

そして九州なの?私東北だけどわかたー。
田んぼの神様の贄にはなれないから、ここにいちゃならんか…。

[ 2014/01/19 ] ◆-

[ 71420 ] NO TITLE

初っ端の「有縁市」で笑ってしまったわ。
地名とかも微妙に変えて~ってあるけど変え方が、ありえん(笑)
[ 2014/12/29 ] ◆-

[ 98723 ] NO TITLE

方言の伝播の形から考えると、九州と東北の方言が似通っていてもおかしくない。

てっぐ様ってロシアの人かなって思った。ルサールカ祭りとか田んぼ(畑?)に生贄を入れる形式だしね。
ロシアの人って鼻が大きいから、天狗様って発想に繋がっているのかな?
[ 2015/11/05 ] ◆-

[ 98733 ] NO TITLE

蜘蛛はチョコレートに似た味がするらしい。
サバイバルBOOKに書いてあった。
[ 2015/11/05 ] ◆-

[ 99955 ]

九州在住の者としては
北部~中部九州の方言に近いとオモタ

筑後方言に一番近いかな
東北弁のことは知らんのであしからず
[ 2015/11/21 ] ◆-

[ 120370 ] NO TITLE

後味悪いと言っているけど、山伏たちの話だと本物の子供は妹ちゃんだけで、他の子供たちは精霊とか別の存在なんじゃないかな?
妹ちゃんがそれらのことに恐怖を覚えていないのならそのために存在している子供たちなのでは。
[ 2016/09/28 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー