怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

[ 46080 ] 自身の今まで体験の一部(”あの存在”)4

投稿させて頂きます。

自分の身に起き来た事が、すべて繋がっていたのかと感じたきっかけに関して、書かせて頂きます。
去年(2013年)の3月のある朝、出勤の支度している最中に、瞬きをした瞬間に今までに見た事が無いような物が、瞼のうらといいますか、出て来ました。
その物の形は、全体で、正方形で、一辺の長さは、二メートル位でしょうか。
それを見上げている様な感じで、見えました。
光の集合体で、昼白色のスティック状のライトがあつまっているかんじです。
その一本、一本がランダムに独立して動いています。
まるで、イソギンチャクの触手の様なものを正方形にした感じの形状です。
その場の空気の質感などが、感じられ、まるで違う場所にいるのかと錯覚を起こすほどの、臨場感です。
生まれて初めての体験でびっくりしてしまい、すぐに目を開けてしまいました。
もう一度、その物をみようと、目を閉じましたが、二度と現れませんでした。
今考えると、手術の時に使われる無影灯ではないかとおもいます。
還暦になろうかという歳になって、このような不思議な体験をするとは、思いもよりませんでした。
これが、自分の感覚と言うか能力と不思議な体験を色々と考える、きっかけになりました。
上記の様な感じで現れる体験は、現在(2014年3月)まで、五度ありました。
二度目以降の事は次回に書かせて頂きます。

駄文、御拝読ありがとうございます。
[ 2014/03/09 ] ◆9Py8pLcg

[ 48170 ] NO TITLE

>44105
遅レスでスマソw

この投稿 "納得できない" を読んでちょっと思い当たったのでコメント。

俺、今は美濃加茂の住人だけど、15歳まで下呂に住んでた。

投稿者さんの場所説明がすごい細かいんで、その林道がどれのことなのか
だいたい分かる。

郡上の方へ行く時にいつも通る道から入れるとこだよ。
何年も道路が整備されてないから車だとちょっと危ないがな。

俺が子供の頃に親や近所の人から聞いてた話で、

"H山神社の奥の山には昔から「大きい山のヌシ」がいて、
夜に人が山に入ると様子を見に出てくる"
ってのがあった。

別に悪いヌシじゃなくて、山で迷った人には麓までの道を教えてくれたり、
やけずりで困ってる人には「霊薬」くれたりもする良いヌシなんだそうだ。

人前に出てくるときには山仕事の老人の恰好で出てくる事が多いって聞いたんで、
この投稿で書かれている事って なんとなくそれっぽいイメージなんじゃないかなと。

ある晩、ヌシが "山に入り込んだ人間の様子を見に出ては来たけど、別に何も
困ってなさそうだったんで、とりあえず放っといた"
…そんな感じなのかな。

けど、もしそうならこの投稿者さんはそれに対して、畏敬の念
どころか、最後まで警戒心を持ってたっていうのが面白いな。

これも現代人の"心の荒廃"ってやつなのかな。

それが良いか悪いかなんて事じゃなくって
思いがけず、自分の理解の範囲を外れた他のものに出会ってしまった時って、
現代人の反応は今やこんな感じなのかなって素直に思った。
[ 2014/04/05 ] ◆-

[ 48306 ] NO TITLE

>>44105
>>48170
怖い話まとめブログまとめに掲載しました。
[ 2014/04/07 ] ◆Ahsw8Nok

[ 52438 ]

幽霊とかじゃないし全然怖くないけど投稿します。
三年くらい前、たぶん8時過ぎとかそこらだった。
姉貴が運動不足だからって、家の周りをランニングしてたんだけど、突然叫びながら坂を猛ダッシュで駆け上がってきたのね(うちの住む地域は坂多くて、うちん家の前も坂)。

俺はもう自分の部屋でゴロゴロしてたんだけど、急に叫ぶもんだから姉貴が頭おかしくなったのかと思った(夜は車通り全く無い静かな住宅地だからよく聴こえる)。

親と弟、皆でなんだなんだって感じで窓から外見ると、知らないオッサンが姉貴を追っかけてうちの庭まで入ってきそうだった。
オッサンはタンクトップに短パンだったか、よくいるオヤジの格好してた。

うちにはシャッターがあるんだけど、うまくカチッて閉まらなくて、姉貴が泣きながらガチャガチャ閉めようとして、追いつかれそうだったから慌てて玄関に走ったけど開かない。そんでチャイム連打。
うちの父親は鍵閉める癖があって、出入りが少なくなると鍵閉めちゃうのね。
姉貴がパニックになりながらドアバンバン叩いたり泣きわめいて「開けてぇぇ!!開けてぇぇ!!わあああああぁぁぁぁ!!!!!!!」って感じで、初めて姉貴が叫ぶの聞いてちょっと怖かった。
親が慌てて鍵開けて姉貴助けて、父親がオッサンのとこに行って、「なんですか!?」って言ったら「うちの娘なんです」とかわけわからないこと言ってきて。
「警察呼びますよ!!」って言ったらなんかゴニョゴニョ言ってどっか行ったけど、なにもされなくてよかったなと思った。

姉貴はちゃんと血繋がってるし、あんなオッサン親戚にいないし、単に襲うつもりだったのかなって思って腹立った。
その頃夏だったから、暑くて頭イカれた奴多かったんかな…。

あとちょっと思ったのは、住宅地なのに、あんだけ叫んでも誰も助けたり野次馬程度でも窓開けて見たりしなかったのがちょっと残念っていうか、悲しかったかな。
普段は心地いい静けさもあの時はなんていうか不快だったし、俺ら家族がいなかったらどうなってたんだろうって思うと怖い。皆、普通巻き込まれたくないしどうでもいいのかもしれないけど。

その後は引っ越して、特になにもありません。
長いし読みづらい上、拙い文で申し訳ない。
[ 2014/05/27 ] ◆2sxhoT1c

コメントの投稿











おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー