怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『女を守る甲冑(追加報告)』


【因縁】家系にまつわるオカルト20代目【遺伝】

137 :本当にあった怖い名無し:2011/08/04(木) 03:01:11.40 ID:0czFH/kOO
前スレで一族の女だけ守るフェミ侍の話を書いた者だが、新しい事が判ったので報告に来た。
親戚方々に聞いて調べて回ったり、蔵の調査に来た学者先生に聞いたりした甲冑に関する資料はごく一部だが、
学者先生の研究室に保存されていた。
以下長いので箇条書きにする

・本家は大きい川に挟まれた土地にあり、室町~安土?ぐらいの時期に治水工事が行われ豊かになったが、
工事中の事故で作業員の男性が大勢亡くなる事があった。
・↑の事故で集落単位で成人男性が全滅した時期があった。
・その時期に所謂落武者が集落近辺に現れたそうで、
集落の女達が怪我の治療をしたり、食べ物を分け与えたりしたそう。
・その女達の一部が落武者を家に迎え入れたりしてた(家族にするという意味で)。

ここまでが郷土史と学者先生の知識。
ここからが甲冑の資料。

・フェミ侍も落武者で、大怪我して死にかけてるところを本家の娘に助けられ女達に介抱されて命拾いし、
本家に迎えられた。
・↑婿入りではなく、男を中心に大勢の女というハーレムみたいなコミュニティを作っていた。
他の集落でも男1~2人に対し女大勢というコミュニティが複数あった。(フリーな性交渉があったかは知らん)
・フェミ侍は、大勢の女達を治めて農業したり平穏に暮らしたそう。
・フェミ侍の手記とおぼしきものには、女達への感謝や色々な想いが書いてあった。

以上調べて判った事。
口伝と史実と学者の推測が混じってるので矛盾があったらすまん。
毛利家云々については学者先生曰く、元が毛利家の武士か西日本の人なんじゃないか?との事。
何だか一歩間違えていたらとんでもない祟り神になっていたであろうフェミ侍に改めて感謝。
そこそこ身分が高いはずなのに、わざわざ集落に残ってくれるとは義理固い男だ。

最後に、情報があれば教えて欲しい件。
スレの最初の方に、敵対家と縁のある神社に参拝できない、という流れで思い当たった。
私は九州の人と悪い縁があり、とにかく嫌われたり嫌ったり酷い目に遭わされたり遭わせたりしたんだが、
九州の武家と敵対していた武家なんか分かる人いない?
偶然かもしれないが、関係あったら避けられる悪縁かもしれないので。



次の記事:『妖怪に呪われた家系』
前の記事:『両親それぞれの家系』
[ 2011/10/16 ] 家系にまつわるオカルト

[ 3626 ] 移転前のコメント欄

[ 11443 ] NO TITLE
郷土史と学者先生の知識について、一言言わせて欲しい。
状況を考えれば、こう言う事が不謹慎であるのも承知の上だ。
それなんてエロゲ?
[ 2011/10/16 ] NO+NAME ◆-

[ 11464 ]
>そこそこ身分が高いはずなのに、わざわざ集落〜

リアルハーレムで穏やかに暮らしちゃったりしてねぇ〜そりゃアンタ、他の大抵の事がバカらしくもなりますよ奥さん!
[ 2011/10/16 ] NO NAME ◆-

[ 11466 ] NO TITLE
九州に元から居た武家だと、島津家とか立花家あたりが有名だよね
だけど、九州と縁が悪い=九州の武家という考えはちと飛びすぎかと
熊本の加藤清正とか彦根の井伊家みたいに、関ヶ原前後に領地移動した武将もいるし
[ 2011/10/16 ] NO NAME ◆-

[ 11467 ] NO TITLE
毛利元就と大友宗麟は仲悪かったんじゃないっけ
[ 2011/10/16 ] NO NAME ◆-

[ 11470 ] NO TITLE
傷害事件を起こしたり、
自殺未遂したり、
もうちょっと自分で自分を大事にして欲しいよ、この人。
鎧の人も泣くよ。
[ 2011/10/16 ] NO NAME ◆-

[ 11496 ] NO TITLE
毛利や大友以外にも、大内や相良、鍋島、
中国地方から九州行ったりその逆もあったり、さらには九州の中でも壮絶に争ってる。
大大名から土豪まで、大小考えればいくらでもいるから、
西日本や九州と仲悪いだけではあまりに範囲が広すぎる
[ 2011/10/16 ] NO NAME ◆-

[ 11769 ] NO TITLE
大昔のリア充かw
うん、そりゃフェミにもなるよね。
[ 2011/10/20 ] NO NAME ◆-

[ 15136 ] NO TITLE
毛利家は元就の時代に大友宗麟と博多や門司をめぐって争ってるけど、そこまで因縁が深いとは思えないな。
因縁が深いとしたら大内家かもしれない。
大内家は元は山口県の豪族だけど、九州にも長い間土地を持っていた。
毛利家・大友家双方とも争ってた時期があり、大友家とは宗麟の弟を養子に迎える事で建前上は和平が結ばれた。、
その宗麟の弟である大内義長は、頼っていた家臣の陶晴賢が毛利元就軍に討たれて死んだ事で、
大内家内で権力が無くなり、元就軍に攻められた揚句に元兄の宗麟に見捨てられて、
孤立無援のまま毛利軍に包囲された城中で自害。
毛利家に強い恨みを持ってるかもしれない九州の武家、と聞いて真っ先に大内義長を思い出したよ。
[ 2011/12/17 ] NO NAME ◆-

[ 18438 ]
DQNでメンヘラでも一応守ってくれます
[ 2012/01/29 ] NO NAME ◆-

[ 19527 ] NO TITLE
面白い話だからもっと本スレでレスすれば良かった
[ 2012/02/11 ] NO NAME ◆-

[ 23262 ]
やっぱ毛利家関係は強いんだな。
確信持てた。ありがとう。
これからも庇護が続きますように。
[ 2012/03/23 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/16 ] ◆Ahsw8Nok

[ 13211 ]

面白い話だ。
波乱万丈なのは守護のお侍さんが、カタキの家系の守護霊相手に大立ち回りしてるせいかもねw

集落に居着いたのはハーレム(笑)の居心地を別にしても、家も領地も潰されて、帰る所無かったのかも。
失った妻子や領地の代わりに、女子供と年寄りばかりで危機に瀕した集落を再興するのは、フェミ侍にとっても大きな慰めだったのかもしれない。
結局、集落も落ち武者一行も起死回生したイイ話じゃないか。

ヘタに男手のある時なら「八つ墓村」ルートだったかもしれんよ。
[ 2013/04/12 ] ◆-

[ 31985 ] NO TITLE

一人の男+たくさんの女っというコミュニティも一応は安定するんだな
まぁ生殖のつくりからしてそうか
[ 2013/10/08 ] ◆-

[ 87538 ]

徳川家から下賜された鎧や刀を祭る神社はあるけど、
それ、ご利益あるの?と疑問だった。効果ハッキリした鎧があるんだなー

よほどしっかりした武士なんだろう。流石だ。
俺ならリアルエロゲに満足して恩返ししなそう(´Д⊂グスン
[ 2015/07/03 ] ◆-

[ 87641 ] NO TITLE

一夫多妻制の国では、男は大勢の妻全員を等しく扱い、世話する義務があるってな
スクッセの方も平等に。お気になんか作っちゃいかん
妻が多けりゃ生まれる子供たちも多くなるから、全員を養う金が無きゃダメで
大金持ちか、余程稼ぎが良くなければ、多妻どころか結婚できない男も多いそうだ
それに引き換え、フェミ侍はホンマモンの天国味わったな!文無しで流れてきて、
大勢の女衆に助けられ、食わせてもらって、働いてもらって、夜は選り取り見取りww
[ 2015/07/04 ] ◆-

[ 112560 ] NO TITLE

>大勢の女達を治めて農業したり平穏に暮らしたそう。

とあるからフェミ侍もそれなりに働いたんじゃないか?

よしながふみの『大奥』が浮かんだが、こっちの方が和やかだな。

[ 2016/06/12 ] ◆-

[ 117229 ]

或いはライオンのオス状態かもな
戦国の女は逞しいが、それでも男手が無いところを野盗にヒャッハーされたら無傷じゃすまない
そこにガチの戦闘職種の一団が来てくれたらそりゃもう歓待するでしょうよ
[ 2016/08/11 ] ◆-

[ 121232 ]

なんだか、もうすぐ公開される映画のタイトルみたいだな。「フェミ侍」
[ 2016/10/11 ] ◆-

[ 121256 ]

>>87538
今更だけど、徳川家康公は神に祀りあげられてるだろ、とマジレス。
神様の血統の家から貰った武具はご利益ある気がするだろ。ま、将軍家へのごますりってのがメインなんだろうけど。
それに、最近ゲームで有名になったやつ以外にも病魔切る刀とかもたくさんあるから。
疑問持ったなら調べて、どうぞ。
[ 2016/10/12 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー