怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

『おもちゃの消防車』


◇ 心霊ちょっといい話VER.1 ◇

24 :あなたの横にも名無しさんが・・・:2001/02/13(火) 10:07
知っている方も多いかと思いますが、書き込みします。
これは毎日新聞の記者さんが実際に聞き、掲載したお話です。

ある日の雨の降る夜、会社から家路を急いでいたAさんが、田んぼのあぜ道で何かを探している人に気付きました。
「どうしました?」
Aさんが問い掛けると、その男性は消え入りそうな声でこう言いました。
「長男に買ってきた消防車のオモチャが見つからないんです」
「そうですか・・・一緒に探してあげましょう」
と、Aさんも泥がつくのもイヤがらず一緒に探しました。

でも、どんなに探しても全然見つかりません。
二人で泥だらけになりながら、雨の中必死で探しました。
「無いですねぇ・・・」と何気なく男性の横顔を見たAさんは、おかしな感覚を覚えました。
「・・・あれ?この人どっかで見た様な・・・」
でも、そんな気にも留めませんでした。

「無いなぁ・・・困ったなぁ・・・」
そう言う男性を慰め、ほんのちょっと下を向いた時に、男性の気配が無くなりました。
「あれ?」
周りをいくら見渡しても男性の姿は見えません。
「おっかしいなぁ・・・」
不思議と怖さも無く、泥だらけの姿で家に帰りました。

その泥だらけの姿を見た母親から「どうしたの?」と尋ねられたAさんは、今あった事を母親に話しました。
みるみる内に母親の顔色が変わって行きます。
「どうしたん?」
そう言うAさんの前に、母親は古いアルバムを持って来ました。
「その男の人って・・・この人かい?」
Aさんがアルバムを見ると、そこには幼いAさんを抱いたさっきの男性が写っていました。
「あ・・・」
Aさんは言葉を失いました。
母親は、Aさんが小さかった頃他界した父親の話をしてくれました。
おもちゃの消防車を買って帰る途中で、車にはねられる事故で他界した事も・・・。
「あんたが一緒に探してくれて良かった」と母親は号泣したそうです。

以上がそのお話です。
これは全てウソの話です。
毎日新聞の記者もウソだと知って掲載したそうです。
その記者はこの文章をこうくくっています。
『これはウソの話ですが、僕はこのおもちゃの消防車を探す幽霊が大好きです。』


515 :長文スマソ:2001/03/29(木) 00:20
>>24 で紹介されてる消防車のオモチャを探す親父の霊の話だけど、
作家の若一光司氏のエッセイがあるので紹介しておきます。
ネタか否かに過敏になるのがどうなのか、考えさせられる話です。

(以下要約)
若一氏は趣味の会で知り合ったFさんから消防車の話を聞き、これはいい話だと産経新聞夕刊に寄稿する。
ところが、後日Fさんと別居中の妻から若一氏に電話があり、
Fさんの話は嘘であり、Fさんの父が死んだのもそんな昔でないと知らされる。
若一氏は騙されたとの思いからFさんを問いただし、気まずい関係となる。
やがて、趣味の会にFさんが現れることもなくなり・・・
しかし、若一氏は怪談の本質という観点から自分の不明に思い至る。

(以下、原文のまま引用)
そして私は今になってつくづく、「あそこまでFさんを責めんでもよかったのに・・・」と後悔している。
なぜなら、たとえそれがFさんの作り話であったとしても、
私はやっぱり、畑の中でオモチャの消防車を探していたお父さんの幽霊が、大好きだからだ。
それ以上に魅力的な幽霊と、いまだに出会ったことがないからだ。
それはもう、Fさんが実際にその幽霊を見たかどうかという問題とは、まったく無関係なことである。
もしも幽霊が実在するとしても、それが出現することの最大の「社会的意義」は、
まさに「語られること」でしかないのだから。
そして、語られるために現れるのが幽霊だとしたら、
作り話の中で語られた幽霊もまた、実在する幽霊と本質的に同一のものなのだ。
責められるべきは、Fさんではなかった。
「作り話」こそがもっとも豊穣かつ正統な「幽霊生成の場」であることを理解しえなかった、私の方なのである。

若一光司「幽霊たちの『構造と力』」別冊宝島268号



次の記事:『足音』
前の記事:既女が語る恐い話26~30まとめ
[ 2011/10/09 ] 心霊ちょっといい話

[ 3664 ] 移転前のコメント欄1/2

[ 10937 ]
どういう意味?
[ 2011/10/09 ] NO NAME ◆-

[ 10941 ]
いい話やん
[ 2011/10/09 ] NO NAME ◆-

[ 10961 ]
なんぞこれ
[ 2011/10/09 ] NO NAME ◆-

[ 10968 ]
嘘の話とはいえ、息子が社会人になってもまだオモチャの消防車を探してたとか可哀想だな。
[ 2011/10/09 ] NO NAME ◆sXJB4aI.

[ 10982 ]
嘘だと言って嘘の話をする。
嘘だと言って本当の話をする。
本当だと言って本当の話をする。
本当だと言って嘘の話をする。

誰もがこれらをすべて正しく判断出来るなら、騙されることなんてないんだよ。
この話は上の二つのうちどれなんだろうな。
[ 2011/10/09 ] NO NAME ◆-

[ 11076 ] NO TITLE
本当だったとしても、こんなこと記事に書いたらバッシングや苦情対象になるし記者も基地害扱いになる。
個人的には嘘だと言って本当の話をしたって方がほっこりするからいいな。
[ 2011/10/11 ] NO NAME ◆-

[ 11106 ] NO TITLE
言いたいことは分かるけどな
[ 2011/10/11 ] NO NAME ◆-

[ 11865 ] NO TITLE
515 :長文スマソ:2001/03/29(木) 00:20
以降を追加しました。
[ 2011/10/22 ] 怖い話まとめブログ管理人 ◆Ahsw8Nok

[ 11876 ] NO TITLE
嘘から始まる怪談もあるって事だな。
所詮は嘘でも楽しめればオッケー。
[ 2011/10/22 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/16 ] ◆Ahsw8Nok

[ 3665 ] 移転前のコメント欄2/2

[ 11877 ] NO TITLE
なかなか深い話だな
洒落怖を創作OKってことにしたのは要するにこういうことなんだね
[ 2011/10/22 ] NO NAME ◆-

[ 14332 ] NO TITLE
この人の言ってることは凄くよくわかる。
でも例え作り話だったとしてもわざわざ自分からそれをバラすことはしてほしくないな。
うっかり後からバレちゃった場合はしょうがないけど。
語り手の人にはあくまで本当にあった事として語り継いで欲しい。
嘘かほんとかわからない信じる信じないはあなた次第、というスタンスが怪談や都市伝説の面白いところだから。
[ 2011/12/02 ] NO NAME ◆-

[ 16294 ] NO TITLE
世の中には、若一さんみたいにすばらしい人が
いっぱいいるんだろうなぁ・・・。
私が知らないだけで。
そう思うとこの世も悪くない(^^)
[ 2012/01/06 ] NO NAME ◆-

[ 36248 ] NO TITLE
作り話でも俺はこの話好きだ。
俺の親父は厳しい人だけど、この話の中に普段あまり見せない(見せられない)父親の子供(特に息子)に対する真なる想いが現れていて、親父を身近に感じることができた。
初めてこれを読んだ日、親父を飲みに誘ったら、一瞬眉毛が八の字になって「おぅ、行くかー」と、今まで聞いた事もない様な優しい声で返事をしてくれたよ。
飲み屋で親父は俺の子供の頃の話を、思い出すって云うよりつい最近のあった事のように楽しそうに話してくれた。
例え嘘の話でも、そこには本当の父親像があった。
読む人間の受け取り方でその価値感は変わるよ。
作者にお礼が言いたい。
[ 2012/07/31 ] NO NAME ◆-

[ 36250 ]
36248
あなたの話にもありがとうと言いたい
ありがとう
[ 2012/07/31 ] NO NAME ◆-

[ 39079 ]
野暮な人というのは死ぬまで野暮ですね
[ 2012/08/18 ] NO NAME ◆QAt7aVcw

[ 49306 ] NO TITLE
>36248
何その心温まる話、ほっこりするやん
[ 2012/10/30 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/16 ] ◆Ahsw8Nok

[ 61972 ] おもちゃの消防車

何回読んでも、(本当でもウソでも)いい話だなぁ。
[ 2014/09/06 ] ◆-

[ 111172 ]

え?
今更反省して良い風に纏めても、Fさん可哀想…って後味悪く感じたの私だけ?
話自体は私も好きだけど。
[ 2016/05/23 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー