怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

[ 5662 ] 移転前のコメント欄1/3

[ 658 ] NO TITLE
ほんと村社会ってやだな。
[ 2011/05/12 ] NO NAME ◆-

[ 669 ]
一回くらい死んだ人と話せてもいいと思う
[ 2011/05/12 ] NO NAME ◆-

[ 1379 ] NO TITLE
現代でも通夜、葬式、火葬場、初七日を2日で済ませるのは一般的
むしろ現代になればなるほど、だけどな
通夜で宴会することから察するに神道の影響が濃いんだろう
仏教ではそういうことはありえない
[ 2011/06/05 ] NO NAME ◆-

[ 1875 ]
なんかしみじみいい話だった
[ 2011/06/17 ] NO NAME ◆-

[ 7369 ] NO TITLE
こういう「村の掟」とかっていうのは、そこの人間じゃない者には理解や納得がしがたいものがあるよな。
だから、疑問を持った人間なんかはその閉塞した社会から抜けようと村社会から出ていこうとするんだろうけど。
[ 2011/08/30 ] NO NAME ◆-

[ 9548 ]
特に謂われが無いのに、そういう変な風習になってるってのが不思議だな。
いや、突っ込んで調べれば、何がしか出てくるのかもしれんけど。
[ 2011/09/22 ] NO NAME ◆-

[ 14335 ]
現代じゃ法的に自分の家でも燃やしちゃうのは駄目っぽいけど
[ 2011/12/02 ] NO NAME ◆-

[ 14350 ] NO TITLE
疫病が流行ったときに病人のでた家燃やしたりしてたのがへんなふうに伝わったとか
[ 2011/12/02 ] NO NAME ◆-

[ 21409 ] NO TITLE
んー。つうかあれだろう、死者の名前を呼ぶと神様的な何かに連れていかれるんだろう。
んで、輪廻の輪から外されて永遠に神様にこき使われる。それがいつの間にか仏教の教えが混入しはじめて、こんな感じになったんだろう。
山でも海でもたまに聞くな、死者の名前を言っちゃいけないって話は。
[ 2012/03/05 ] NO NAME ◆-

[ 21446 ] NO TITLE
不思議に思わなかったのは自分が田舎の人間だからか?
例えばうちの祖父などは初七日こそきっちり七日後にしたけど、通夜~火葬までは記事元とまったく同じタイムスケジュール(昨夜=24時前死去→翌夜通夜→翌日葬儀+火葬)だったよ。大手の葬儀会社に依頼してそのスケジュール。
通夜も葬儀後も盛大に宴会するし、遺体の傍に居るものは夜通し起きてる。
まぁ家は燃やさんが、それなりに重いのから軽いのまで禁忌はある。名前に関するものもな。
ムラ社会だからとくくられると苦しいよ。葬礼は婚姻よりも重要なんだ、生きてる人間にとっては繋がりを保ち、また引き締めなおすための儀式なんだから。
むしろ都会のひとがどういう葬儀すんのかが気になるんだが。火葬までそんな時間かけんの‥‥?
どこに安置しておくの、遺体。
[ 2012/03/05 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/24 ] ◆Ahsw8Nok

[ 5663 ] 移転前のコメント欄2/3

[ 27618 ] NO TITLE
21446>
首都圏近郊の逝去から火葬までの平均日数は5日前後。
安置は自宅だったり、葬儀会館内の安置室だったり、保冷庫だったり、寺の安置室だったりまちまち。
関西圏だと首都圏より随分早くて、逝去翌日に通夜だったりする。

日数に限らず地域差は結構あるよ、葬儀って。
[ 2012/05/17 ] NO NAME ◆-

[ 28820 ] NO TITLE
名古屋に住んでるけど
葬儀は約2日程度で終わるよ。
田舎だから早いとかじゃないと
思うけどな、フツーに。
都会ってか、東京とかは
田舎もんの集まりも多いし
親戚を集めるために
葬儀の時間が長いだけだよ。
だからって、都市住みの人が
全員田舎もんってわけじゃないけどw
[ 2012/05/30 ] NO NAME ◆-

[ 28845 ]
親戚ほぼ都区内ですが、火葬場の空き待ちで日にちが延びるのが実情です。
祖父が亡くなった時は1週間待ち(その時はドライアイスに囲まれた祖父は仏間に安置され、隣の間で連日お客様がいらして酒席をもうけました。)
主人の祖母が亡くなった時は空きが出ないので多摩方面で行いました…。
斎場より火葬場がないそうです。
[ 2012/05/30 ] NO NAME ◆-

[ 28847 ] NO TITLE
1週間!
遺体に付いとくとか線香を絶やさずみたいな習慣はそのままで1週間はきつい。
それなりに田舎だが2日だよ。田舎なくせにタブーは特にない、つまらん。
[ 2012/05/30 ] NO NAME ◆-

[ 29987 ] NO TITLE
私も都内だが火葬場の順番待ちがネックで葬式までに3~6日かかったな。
父は家で3日ドライアイス、伯母は葬儀社の霊安室(冷凍?)で6日。
お清め以外の酒席はない。
線香を絶やさず・・・は、蚊取り線香みたいな形の線香をたいておいて家族は自分の部屋で寝た。
家が狭いから区の葬儀場を使う家庭が多く、通夜の晩はそこに安置。
色々簡略化されてるし、人口が多いのを見越して葬儀社も行政もそれなりの設備を持ってる。
自宅で葬式が出来るのは家が広いそれなりの金持ちぐらいしか見たことない。
[ 2012/06/09 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/24 ] ◆Ahsw8Nok

[ 5664 ] 移転前のコメント欄3/3

[ 36406 ] NO TITLE
8畳ぐらいの今で普通に葬式したが・・・
[ 2012/08/01 ] NO NAME ◆-

[ 37679 ]
生まれも育ちも千葉で、県内の色々な地域に親戚がいるけど、初めて聞いた風習。寝ずの番はあるけど、全員じゃないし子供は普通に寝るよ。ごく狭い地域のことなんじゃないかな。
[ 2012/08/10 ] NO NAME ◆-

[ 38745 ] NO TITLE
火葬までの日程は前の人達も言ってるけど、炉の空き状況に左右されるという至って現実的な理由から地域差が出る。
首都圏はやっぱり炉待ちが長くて5日が平均。
金持ちやら有名人はむしろ大きな葬儀場とか寺を使うのが一般的だよね。
首都圏なら青山葬儀所やら総持寺やら本願寺やら。
にしても葬儀て地域やら宗教やらで色々風習違って興味深い。
[ 2012/08/17 ] NO NAME ◆-

[ 40831 ] NO TITLE
うとの爺ちゃん死んだ時は、1週間待たされたなあ
寒さ厳しい時で、年寄の死にラッシュだったらしい
お寺での葬式後、焼き場に行くだろ。帰ってきてから遺骨をまたお寺さんに持って行って
そのまま初七日だぜw
[ 2012/09/01 ] NO NAME ◆-

[ 42639 ] NO TITLE
当方の父方の故ばあちゃんは、亡くなったのが冬の寒い時期だったのもあって
お通夜含めて数日自宅に安置して、それからお葬式>お骨にしてばあちゃんの使ってた
部屋に骨壺安置して、49日家族で般若心経あげたなあ。そんで父方のお墓へ壷を納めた。
今年末期癌で亡くなった母方の伯父は、諸事情で亡くなったその日のうちに通夜、
翌日にはお骨になって、母の実家で49日。
母方の実家では、代々のお墓を毎年お参りするって習慣が廃れてたみたいなのと、近頃はお墓を作る土地が無くなってきてるってのもあって、
骨壺を一つ一つ納めるスペースがぎっちり沢山作られてる大きな納骨堂に骨壺を納めて、数十年ほど管理してもらった後、最終的には散骨してもらう事にしたんだと。
無論、管理してもらってる間、納骨堂に連絡を入れて予約をすれば、お参りに行くことも可能。
寝ずの大宴会ってのは、なんだか踊り念仏をもっと派手にしたような感想を持ったけど
お通夜の夜は、親戚が変わりばんこに睡眠をとりつつ、香炉の煙が途絶えぬように一晩中見張ってお線香をあげ続ける。
その煙といっしょに、故人の魂はあの世へ逝くんだと。
神道とか仏教とかの教えがあまり浸透しなかったり、昔からの教えを地域単位で頑なに守っている場所では、お通夜の過ごし方も変わるんだろうね。
[ 2012/09/14 ] NO NAME ◆-

[ 54967 ]
この人のお父さんとお母さんは、生きてるうちに、いっぱい名前を呼んで、話しをしたらいいと思うよ…。
[ 2012/12/10 ] にこりん ◆-

[ 58630 ]
お通夜に宴会するなー。仏教ではあり得ないって書いてる人いたけど、ひい祖父さん亡くなった時、寺で通夜・葬儀したけど思っきし宴会してたよ。
[ 2013/01/11 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/24 ] ◆Ahsw8Nok

[ 14192 ] NO TITLE

田舎なんてそんなもんなんじゃないの?
うちだって、大往生だったからってのもあるかもしれんが、ひいばあちゃん(享年92。今じゃ珍しくはないか)の葬式の時、最後にゃ宴会だったよ。坊さん(お酒強い&好き)もたらふく飲んでたっけ。

うちの田舎は集まると、だいたい飲み会になるんだよなぁ、法事とか。別にいやじゃないけど、次の日平日だと「はよいね、この酔っ払いども」って思う。
[ 2013/04/19 ] ◆-

[ 27098 ] NO TITLE

政令指定都市の仏教だけど通夜は故人を懐かしんで故人の話で宴会だね。
寂しくないように楽しく送り出すのが習わし。

このケースでも実際夢に出てきてがっつり会話してんだからあながち迷信とも言えないんじゃないの?
[ 2013/08/21 ] ◆-

[ 70437 ] NO TITLE

情にまかせた対応が返って仇となるという配慮
親しい人が夢でも話したいと思わない訳が無いのを、グッとこらえるところに故人への愛を感じる

今は葬儀会社も地域ごとの風習を尊重してくれているけど、いつか画一安価世代ばかりになった時、
古くから伝わってきた地域独特の送り方すら異常に見える日が来るのかな

葬儀に限らず郷土料理と同様、地域独特の習慣なんかは絶対遵守とは言わないけど大事にしたいな
[ 2014/12/16 ] ◆-

[ 92650 ] NO TITLE

うちが檀家になってるお寺(それなりに歴史のある真言のお寺)の坊さん曰く
「不寝の番は遠方からいらっしゃる弔問客をいつでも迎え入れられるようにするため。今みたいにホテルや旅館も多くない時代には必要でした。ろうそく、これは明かり。蛍光灯はありませんでしたからね。ろうそくは死臭を消すための物、今はドライアイスがあります。そういう訳ですので、みなさん、無理して、徹夜する必要なんてありません。御大師さんの教えの中に『葬式の時には夜通しろうそくと線香を立て続けろ』なんて物はありません」
と、身も蓋もない言い方でばっさり切り捨てちゃったなw
[ 2015/08/24 ] ◆-

[ 108000 ] NO TITLE

>>92650
寝ずの番の中に体調不良が見て取れる人がいたなら「今日はおやすみなさい」で済む話
いつ来ても良いようにというなら、それは今でも変わらないはず

亡くなった方へ何もしてあげられなかった、出来なかったのではないかと呵責に苦しんだり、
生前に受けた恩や良い思い出へせめてもの、または最後の恩返しや友としての勤めという
遺族や友人の心の落としどころの場を奪うとは…

純粋な仏の教えでないけれど、悪いものが寄らぬよう灯す蝋燭や寝ずの番(この坊主理論なら懐剣もか)、
あの世への道しるべになる、成仏した人の食事になると謳う線香も不要というなら、
法事も坊主もいらないですねと檀家を外れたい所
削ったけど長々と申し訳ない
[ 2016/03/31 ] ◆-

[ 108010 ] NO TITLE

不寝番は、無理にさせなくてもいいですよ。
一族が大勢いて、20才~40代の男子が数人いるなら、不寝番も成立しますが。
以前、身内のお通夜にズラリと集まった遺族は67才~83才、あとは五十代が二人と、自分たち孫の小中学生。
50代と67才が三人で不寝番でしたが、翌日は辛そうでした。
お線香は、蚊取り線香型のがあるし、葬儀も一通りこなすなら、不寝番をしなくても、仏様は怒らないと思いますよ。
[ 2016/03/31 ] ◆-

[ 109309 ] NO TITLE

なぜか村社会批判の話になってて草すら生えない

オカルトの話ししようぜ~
[ 2016/04/22 ] ◆-

[ 140411 ]

会社に大きく貢献した人だ、ということで遺族了承のもと社葬になった。出来るだけ多くの人に集まってもらうために可能な限り葬儀は先延ばしに。

結果、通夜は亡くなってから10日後になった。別に混んではいなかった、会社側の都合だ。

ドライアイスはもちろん、血抜きも行った。遺族は亡くなった時よりも血抜きの時の方が最も泣いていたそうだ。そして荼毘されるまでずっと泣いていた。
[ 2017/07/22 ] ◆-

[ 149737 ] NO TITLE

主はお母さんが死んだときの心配をしているが、喪主がお父さんだからお父さんのやり方になるような?
むしろお父さんが先に亡くなったときの方を心配した方がいいと思う。
死んだ直後にお父さんに関するもの捨てられちゃいそう。
[ 2017/11/10 ] ◆-

[ 149747 ]

昔であろうと、本当に「家ごと燃やす」なんてできたかな? 創作なのではと思うけど。
[ 2017/11/10 ] ◆-

[ 149753 ] NO TITLE

※149747
対話型のほうが書きやすいのかもしれないけれど、セリフで説明する必要はないよね
話は面白いのに、却って創作っぽくなってる
[ 2017/11/10 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー