怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『猿?』


∧∧∧山にまつわる怖い話Part3∧∧∧

751 :雷鳥一号:03/11/21 02:32
知り合いの話。

その昔、猟師を営んでいた人がいる。
まったく獲物が獲れない日が続いたある日、つい滅多なことでは入らない山奥まで足を踏み入れたそうだ。

やっと木枝の間に猿の姿を見つけたが、どこかおかしい。
近寄ってみると猿でなく、猿の毛皮が枝に結んであったという。
奇妙なことに、その毛皮は人が着られるように加工されていた。
皮の内側はきれいになめしてあり、縁には結び紐まで付いている。
大きさは普通の猿くらいだった。
どこの誰がこんなものを着るのだろう?
急に寒気をおぼえて、急いで山を下りたという。



752 : 雷鳥一号:03/11/21 02:34
友人の話。

高山植物の写真を撮るために山歩きしていた時のこと。
夜中に物音がして目が覚めた。

その晩は明るい満月で、テント壁に外の影が映り込んでいた。
異様に手の長い猿のような影が一つ、テントの周りで踊っていたのだという。
とても外を覗く気にはならなかった。

日が昇る少し前に、影は見えなくなったそうだ。



753 :雷鳥一号:03/11/21 02:35
知り合いの話。

猟をするため山に入っていた時のこと。
樹上の猿を撃って仕留めたのだが、それが普通の猿ではなかった。

近くで見ると、猿には目玉がなく、眼窩にぽっかりと黒い穴が開いていた。
空気が漏れるような音がどこからか聞こえていて、それに合わせて猿の身体は
萎んでいき、最後には毛皮だけが残された。
歯以外の骨は見当たらず、肉も残っていなかったという。

毛皮をその場に埋めて塩を撒き、その日は山を下りたそうだ。



754 :雷鳥一号:03/11/21 02:37
知り合いの話。

初夏の山道を一人で歩いている時のこと。
峠を越える所で一匹の猿に出会った。
道の真ん中で、二本足で直立していたという。
奇妙な猿だなと思いながら近づくと、片手に何かをぶら下げているのが見えた。

引き裂かれた仔猿だった。

目と目が合うと、猿はまるで人間のような歩き方で森の中へ去っていった。
彼はしばらく腰が抜けたようになっていたそうだ。



755 :雷鳥一号:03/11/21 02:38
友人の話。

会社の仲間でキャンプに行った時のこと。
キャンプファイヤーを囲んで談笑していると、用足しをしたくなった。
皆に断り、彼は近くの森に入って小用を足した。
なぜかその森の中では、広場の声が二重に重なって聞こえたという。

皆の所へ帰ろうとすると、少し離れた木陰に何かいるのに気がついた。
小さな黒い猿のようなものがうずくまって、ぶつぶつと何かを呟いている。
それは広場にいる仲間たちの会話を、一言一句そのまま繰り返していた。
声色までそっくり同じだったという。

下山するまで、彼はそのことを皆に話せなかった。
何人かは声が重複するのに気がついており、不思議に思っていたそうだ。



756 :雷鳥一号:03/11/21 02:39
知り合いの話。

一昔前に農家と猟師を兼ねていた人から聞いた話だそうだ。
その人は、主にワイヤーを使った罠で兎などの獲物を取っていた。
時たま猿や猪なども罠にかかったそうだが、奇妙なこともままあったらしい。

獲物の身体が、薄皮一枚だけ残して、きれいに中身が食い尽くされているのだと。
残されているのは毛と皮だけで、不思議なことに血が一滴も出ていないのだ。
肉を溶かして食べる未確認生物がいるのかもしれないな。
その人はそう言っていたという。

関連話:『ヒサルキ関連話』


次の記事:『声が大きい』『違和感のある池』『まん丸な月』
前の記事:『未開の部族を取材した』
[ 2017/02/13 ] 山にまつわる怖い話・不思議な話

[ 6351 ] 移転前のコメント欄

[ 15742 ]
会話を真似て言葉の練習してたのかな
人間に化けたりおびき寄せるために
[ 2011/12/27 ] NO NAME ◆-

[ 15752 ] NO TITLE
またヒサルキか…ホントあれってなんなんだろうか?
狒々とか猿神の下位モデルなのか?
[ 2011/12/27 ] NO NAME ◆-

[ 16286 ] NO TITLE
※15742
言葉というもの自体が、霊的なものだと考えられることが多いから
言葉を真似るということは、その言葉を発した者に何らかの霊的な支配を及ぼすとか、そういう話ではないだろうか。
『猿の呟き』にも似てる話だな。
[ 2012/01/06 ] NO NAME ◆-

[ 30036 ]
そっくり真似できても『もしもし』は言えないかもね
[ 2012/06/09 ] NO NAME ◆-

[ 40361 ] NO TITLE
山奥……声真似……プレデターだな。
[ 2012/08/27 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/27 ] ◆Ahsw8Nok

[ 6379 ] NO TITLE

…あれ?…声が…遅れて…聞こえて…くるよ
[ 2013/02/27 ] ◆-

[ 12697 ] NO TITLE

いっこく堂www
[ 2013/04/08 ] ◆-

[ 18280 ] NO TITLE

二つの音声にズレが無くて二重に聞こえてたってことは
妖怪サトリが心を読む練習でもしてたんじゃないか?
[ 2013/05/30 ] ◆-

[ 27783 ] NO TITLE

さとりんさとりんさとります♪
[ 2013/08/28 ] ◆-

[ 96827 ]


なんだっけ、それ?
[ 2015/10/12 ] ◆-

[ 96828 ]

SPEC
[ 2015/10/12 ] ◆-

[ 96836 ] NO TITLE

さとりん、サトイモ、すいっ!すいっ!すいっ!
さとっておさとが、さとポッポ!
さとります
[ 2015/10/12 ] ◆-

[ 99747 ]

真野恵里菜かw
[ 2015/11/18 ] ◆-

[ 129072 ] NO TITLE

752,753,754,756を追加しました。
[ 2017/02/13 ] ◆Ahsw8Nok

[ 129106 ] NO TITLE

山の奥地で~↑
ヒサルキと~↑
出会った~↓
(ナレーション:下條アトム)
[ 2017/02/13 ] ◆-

[ 129114 ]

754を読んでいて、途中までウォークマン猿のCMしか思い浮かばなかった。
[ 2017/02/13 ] ◆-

[ 129119 ] NO TITLE

母猿というのは大変愛情が深いらしく、子が死んでも手放せないそうだ。
以前TVのドキュメンタリーで見た母猿は、死んだ子の手をずっと話さず引き続けていて、でも子は歩かぬからどんどん死体はボロボロに…。
子は最後は上半身だけになってたけど、作中の人が見た母猿ももしかしたらそんなのじゃないかな?

そう考えると悲しいね。
[ 2017/02/13 ] ◆-

[ 129128 ] NO TITLE

>>18280
用意万端にした筈が、腐れ女子にエンカウントして深いトラウマになるのか。胸熱
[ 2017/02/13 ] ◆-

[ 129134 ]

猿の毛皮を、被る…って事かなあ。それにしても怒濤の雷鳥猿乱舞であることだなあ!
[ 2017/02/13 ] ◆-

[ 129152 ]

何故か原西ゴリラが着ぐるみ脱いで休んでいる姿を想像した
[ 2017/02/14 ] ◆-

[ 129377 ] NO TITLE

チンパンジーって子猿殺して食べるけど、ニホンザルも子供殺す。
だからサルが子猿を~ってやつは殺した子供を食べるために持ってたんだろうと思う。
[ 2017/02/17 ] ◆-

[ 129680 ] NO TITLE

過去スレ見つけたので読んでたんだが…
756のワイヤー罠師の話に関しての雷鳥氏のレスに脱力した。

>>780 名前:雷鳥一号[sage] 投稿日:03/11/22(土) 01:47
>> >>760 日本にはチュパカブラが居るってことですよね?
>>以下の可能性が考えられます。
>>
>>①ヒサルキが憑依していた身体を捨て、外側だけが残された。
>>②成長期が来たので脱皮した。
>>③UFO基地が近くにあり、キャトルミューテーションにされてしまった。
>>④中身は山の神に消費税として徴収されてしまった。
>>⑤プラズマのしわざだ。
>>⑥ゴルゴムのしわざだ。
>>⑦チュパカブラに中身を吸い取られた。
>>⑧オオアリクイに中身を吸い取られた。
>>
>>さあ、好きなものを選ぼう!(w
>>オオアリクイがお勧めだぞ。

…意外に冗談が好きな人だったようだ。
つーかゴルゴムって…イメージが変わるわw
[ 2017/02/21 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー