怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

『祖父の死因』


山にまつわる怖い話

407 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/12 17:56
親父に聞いた話。

30年くらい前、親父はまだ自分で炭を焼いていた。
山の中に作った炭窯で、クヌギやスギの炭を焼く。
焼きにかかると、足かけ4日くらいの作業の間、釜の側の小屋で寝泊まりする。

その日は夕方から火を入れたのだが、
前回焼いた時からあまり日が経っていないのに、どうしたわけか、なかなか釜の中まで火が回らない。
ここで焦っては元も子もないので、親父は辛抱強く柴や薪をくべ、フイゴを踏んで火の番をしていた。

夜もとっぷり暮れ、辺りを静寂が支配し、薪の爆ぜる音ばかりが聞こえる。
パチ・・・パチ・・パチ・・・
ザ・・・ザザザ・・・
背後の藪で物音がした。
獣か?と思い、振り返るが姿はない。
パチ・・・パチン・・パチ・・パチ・・・
ザザッ・・・・ザザ ザ ザ ザ ザ ァ ァ ァ ァ ―――――――――――
音が藪の中を凄いスピードで移動しはじめた。
この時親父は、これはこの世のモノではないな、と直感し、振り向かなかった。
ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  ザ  
音が炭釜の周囲を回りだした。いよいよ尋常ではない。
親父はジッと耐えて火を見つめていた。
ザ・・・
「よお・・何してるんだ」
音が止んだと思うと、親父の肩越しに誰かが話しかけてきた。
親しげな口調だが、その声に聞き覚えはない。
親父が黙っていると、声は勝手に言葉を継いだ。
「お前、独りか?」「なぜ火の側にいる?」「炭を焼いているのだな?」
声は真後ろから聞こえてくる。息が掛かりそうな程の距離だ。
親父は、必死の思いで振り向こうとする衝動と戦った。


408 :407:03/03/12 17:58
声が続けて聞いてきた。
「ここには、電話があるか?」
なに?電話?
奇妙な問いかけに、親父はとまどった。
携帯電話など無い時代のこと、こんな山中に電話などあるはずがない。
間の抜けたその言葉に、親父は少し気を緩めた。
「そんなもの、あるはずないだろう」
「そうか」
不意に背後から気配が消えた。
時間をおいて怖々振り向いてみると、やはり誰も居ない。
鬱蒼とした林が静まりかえっているばかりだった。

親父は、さっきの出来事を振り返ると同時に、改めて恐怖がぶり返して来るのを感じた。
恐ろしくて仕方が無かったが、火の側を離れる訳にはいかない。
念仏を唱えながら火の番を続けるうちに、ようやく東の空が白んできた。

あたりの様子が判るくらいに明るくなった頃、
祖父(親父の父親)が、二人分の弁当を持って山に上がってきた。
「どうだ?」
「いや、昨日の夕方から焼いてるんだが、釜の中へ火が入らないんだ」
親父は昨夜の怪異については口にしなかった。
「どれ、俺が見てやる」
祖父は釜の裏に回って、煙突の煙に手をかざして言った。
「そろそろ温くなっとる」
そのまま温度を見ようと、 釜の上に手をついた。
「ここはまだ冷たいな・・・」
そう言いながら、炭釜の天井部分に乗り上がった・・・
ボゴッ
鈍い音がして釜の天井が崩れ、祖父が炭釜の中に転落した。
親父は慌てて祖父を助けようとしたが、足場の悪さと、立ちこめる煙と灰が邪魔をする。
親父は火傷を負いながらも、祖父を救うべく釜の上に足をかけた。
釜の中は地獄の業火のように真っ赤だった。火はとっくに釜の中まで回っていたのだ。
悪戦苦闘の末、ようやく祖父の体を引きずり出した頃には、
顔や胸のあたりまでがグチャグチャに焼けただれて、すでに息は無かった。


409 :407:03/03/12 18:00
目の前で起きた惨劇が信じられず、親父はしばし惚けていた。
が、すぐに気を取り直し、下山することにした。
しかし、祖父の死体を背負って、急な山道を下るのは不可能に思えた。
親父は一人、小一時間ほどかけて、祖父の軽トラックが止めてある道端まで山を下った。

村の知り合いを連れて、炭小屋の所まで戻ってみると、祖父の死体に異変が起きていた。
焼けただれた上半身だけが白骨化していたのだ。
まるでしゃぶり尽くしたかのように、白い骨だけが残されている。
対照的に下半身は手つかずで、臓器もそっくり残っていた。
通常、熊や野犬などの獣は、獲物の臓物から食らう。
それにこのあたりには、そんな大型の肉食獣などいないはずだった。

その場に居合わせた全員が、死体の様子が異常だということに気付いていた。
にも拘わらす、誰もそのことには触れない。黙々と祖父の死体を運び始めた。
親父が何か言おうとすると、皆が静かに首を横に振る。
親父はそこで気付いた。これはタブーに類することなのだ、と。

昨夜、親父のところへやってきた訪問者が何者なのか?
祖父の死体を荒らしたのは何なのか?
その問いには、誰も答えられない。誰も口に出来ない。
「そういうことになっているんだ」
村の年寄りは、親父にそう言ったそうだ。

今でも祖父の死因は、野犬に襲われたことになっている。


次の記事:『山で迷子』
前の記事:『筍狩り』
[ 2011/04/05 ] 山にまつわる怖い話・不思議な話

[ 6401 ] 移転前のコメント欄

[ 8883 ] NO TITLE
>「ここには、電話があるか?」

親父さんが電話で人を呼ぶってなると、この場にずっと居続ける事になって食べられないから電話があるかどうかを確認したってとこか?
でも、30年前だと携帯もあるわけないし…昔から山にいる神や物の怪の類が電話を知っているとも思えない…。正体はなんだったのだろうか…。
それとも麓の家などでも人食いをした事があって、それで知っているとか?
[ 2011/09/16 ] NO NAME ◆-

[ 8909 ]
>>8883
少なくとも、電話がどういう物なのか知ってるのは確かだろうな……。
[ 2011/09/16 ] NO NAME ◆-

[ 15665 ]
得体の知らない者の質問にはうかつに答えない方がいい場合もあるんだね。
あと、せめて祖父さんが来たときにすぐ出来事を話していれば…
[ 2011/12/26 ] NO NAME ◆-

[ 19179 ] NO TITLE
山怖の『火の番』の話みたいに、以前、この化物に話しかけられた人が、

化「お前、独りか?」
人「ああ、でも電話があるからな。いざとなったら村の人間をすぐに呼べる」
化「電話?それがあると人を呼べるのか?」
人「電話があれば、どんなに山向こうの人間ともすぐに会話ができるんだ」
化「・・・そうか」

っていう機転を効かせた受け応えをして難を逃れたんじゃないかな?
もちろん、電話が繋がらない事を承知の上での嘘だけど、文明の利器を知らない山奥の怪物は信じちゃったのかも。
それで今回は、まず最初に電話があるかどうかを聞いて、この獲物は食べられると判断したんじゃないかな。
[ 2012/02/06 ] 名無しさん ◆-

[ 30025 ]
電話すごー。
[ 2012/06/09 ] NO NAME ◆-

[ 30925 ] NO TITLE
電話に釜に火とくればピザしかなかろうもん!
そいつはきっと出前ピザとってパーティーする気だったんだよ
[ 2012/06/16 ] NO NAME ◆-

[ 42917 ]
お祖父様の亡くなり方が壮絶で…言葉を失った…
お父様もご自分の父上が目の前で亡くなられて、さぞ辛かった事と思います
自分の父も、目の前で祖父が亡くなる(滅多刺しで)のを見ているので…
もののけ云々を抜きにしても感慨深いお話でした
投稿者様、どうかお父様を労って差し上げてください
[ 2012/09/16 ] NO NAME ◆-

[ 44528 ] NO TITLE
42917がなんかさらっとこわいこと言ってる・・・
[ 2012/09/26 ] NO NAME ◆-

[ 44663 ]
ウェルダンの部分だけ食うとかなかなかの悪食だな。
[ 2012/09/27 ] NO NAME ◆-

[ 59951 ] NO TITLE
別の山怖で
キツネにとって、人間の瘡蓋や火傷瘡は霊薬になるとされ、
ある地方では、『火傷や瘡蓋のある者が山にはいるとキツネにだまされる』という言い伝えがあると云う。
っていうのあったんだけど、これもその類かな?
[ 2013/01/20 ] NO NAME ◆-
[ 2013/02/27 ] ◆Ahsw8Nok

[ 12351 ] NO TITLE

これ、親父さんのかわりに祖父が死んだのかな。
本来なら、
親父さんがターゲット→もののけ、釜に細工して親父さんが罠にかかるのを待つ→親父さんが罠にかかって丸ごとウェルダンになったのをゆっくり美味しくいただくつもりだった
それが、予想に反して
祖父が来て罠に→親父さんが引っ張り上げたので上半身しか焼くことが出来ず、おまけにせっかくの獲物を連れて下山してしまう→山を下りきってしまう前に焼けた部分をむさぼってしまえ
って状況だよね…。
[ 2013/04/05 ] ◆-

[ 16076 ] NO TITLE

>>12351
?
祖父の遺体は放置したまま下山して人を呼びに行ったのだろう?
[ 2013/05/08 ] ◆-

[ 19650 ] NO TITLE

※16076が何に疑問を抱いているのかがわからない
※12351におかしいところあるのか?
「獲物を連れて下山してしまうつもりのようだ」とまで書かないとわからないのか
[ 2013/06/12 ] ◆-

[ 31817 ] NO TITLE

火の中で焼死(>_<。)
おじいさん、悲惨すぎる。
焼けた肉を食べたのは神様ですか?
生は食べないのね………。
[ 2013/10/07 ] ◆-

[ 36313 ] NO TITLE

19650
お前頭悪いな
この書き方は12351が、
「父親が祖父を背負って下山している最中に、上半身を貪り食った」と勘違いしていると読んでも意味が通るだろ。
だから 16076の指摘は全くおかしいわけじゃねぇよ。
で、ここまで書いてやらないとわからないのか?
[ 2013/11/20 ] ◆-

[ 45242 ] NO TITLE

19650はわかってるからの、
>「獲物を連れて下山してしまうつもりのようだ」とまで書かないとわからないのか
なんでしょ。
12351のコメントだけなら、36313の、
>「父親が祖父を背負って下山している最中に、上半身を貪り食った」
と読めなくもないが、本文も読んでればわかるでしょ。
丁寧な書き方ではないと思うけど。
[ 2014/02/28 ] ◆-

[ 96819 ] NO TITLE

はて?最新コメントがあった話の欄でこの話を読んだのだが…
最新コメントがまだ更新されてなかったのかな?

この話は怖いわ
獲物は誰であれ生命を奪う力を持つモノはかなり厄介なモノだわ
[ 2015/10/12 ] ◆-

[ 97045 ] NO TITLE

生で食わないって獣っぽくないというか、妙に文明的で怖いな
人間に近付いてきて知恵を付けた結果、自分では扱えないが火のメリットは知ってるみたいな
[ 2015/10/15 ] ◆-

[ 133149 ] NO TITLE

電話といい、調理(火)といい随分文化的な怪だな
[ 2017/04/20 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー