怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

[ 7148 ] 移転前のコメント欄1/6

[ 1402 ] NO TITLE
似たような話が「しりっぽおばけ」ってタイトルで絵本になっていますね。
こっちはアメリカの話ですけど。
こんな怖い絵本が小学校の図書館に置いてあって、かなりいやな思いをしました(笑)
[ 2011/06/06 ] NO NAME ◆-

[ 1791 ]
たける…(´;ω;`)
[ 2011/06/16 ] NO NAME ◆-

[ 2293 ] NO TITLE
うわっこわwwwwwwwwwwwwwwww
たけるかわいそすぎる
なぜか化け物の顔は赤さんを想像してしまった
[ 2011/06/24 ] NO NAME ◆-

[ 2311 ]
これは化け物よりも掟を破った正夫が悪い。タケルがけなげで涙が出る…
[ 2011/06/24 ] NO NAME ◆-

[ 2814 ] NO TITLE
掟は投げ捨てるもの。しかしこの手の化け物はなぜ赤ちゃんの泣き声っぽい声を発するんだろうか。
[ 2011/07/04 ] NO NAME ◆-

[ 4493 ]
マンガで読んだが『赤ん坊の鳴き声をだす奴はだいたい人を食う』そうだ
(そのマンガで出たのは人面虎身のバフクって奴だった)

ミもフタもない言い方すると『人間の赤ちゃんみたいな鳴き声』をあげる生き物っているんだよね。身近に…………
ズバリ猫。 とくに産まれて間もない子猫。
猫科の動物のチビはだいたい人間っぽい鳴き声あげる
そんなチビには必ず側に親がいる。
我が子を守るためなら死すら辞さない、&チビに栄養取られて腹ペコのがな
[ 2011/07/25 ] NO NAME ◆-

[ 4497 ]
>>4493
お前の※にゾッとした…
超ぬこloveなんだが、うかつに誘われて行かないよーにしなきゃな…
泣き声に気づくの大概夜だし。
アワワ((((;゜Д゜)))
[ 2011/07/25 ] NO NAME ◆-

[ 6426 ] NO TITLE
赤子みたいな鳴き声をするのには理由があって、赤子は「可愛い」こう思わせることによって親などに育ててもらえるような仕組みになってる。
これを別の生き物が出すと言うことは・・・
[ 2011/08/19 ] NO NAME ◆-

[ 6454 ] NO TITLE
こういう話もそうだけど「山の神様」って良いのもいるけど悪いのもいるよな
そういう悪いのは正直「山の神様」じゃなくて「山の邪神」か
「山の悪魔」って呼んでくれないと迷惑だよ
まぁ、神様=良いもんって概念付けする人間もアレなんだけどさ
[ 2011/08/20 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/03 ] ◆Ahsw8Nok

[ 7149 ] 移転前のコメント欄2/6

[ 7554 ] NO TITLE
※6454
日本での神様って、結局は人間よりも高次元の何かって事になるんだと思う。だから狼とか熊なんかの人間が普通には敵わない生物も神様扱い。
それで貧乏神なんかもそうだけれど、日本の神様はそれぞれ役割があってそれがその人に対して益になるか害になるかはその状況次第に寄るんだと思う。
今回の場合だって普段は山の繁栄に力を持っている神様だったのかもしれないくて、禁忌を犯したからこういう罰に当たったと。
[ 2011/09/01 ] NO NAME ◆-

[ 7560 ] NO TITLE
人間喰う神様って邪神とか悪魔以外に思い浮かばないんだけど…
だいたい人間みたいな穢れの塊みたいなの喰った神様なんて信仰出来ねえw
[ 2011/09/01 ] NO NAME ◆-

[ 7580 ] NO TITLE
>7554
同意
日本の神様の概念てアニミズムの延長線上にあるから人間にとって良いか悪いかで神か悪魔(というか鬼?)かが決まるわけじゃないんだよね
神道でも人間に害なすものを荒神として祀ることで鎮めてるし
メジャーどころではもののけ姫なんかが解りやすい例じゃないかと(サンが元々モロへの生贄だったとか、シシ神が実は森の動植物の命を奪ったり与えたりするだけの低級な神だとか)
あれがキリスト教圏であんまり理解されなかったのも納得できるw
[ 2011/09/02 ] NO NAME ◆-

[ 7594 ] NO TITLE
>7554
ちょっと調べたら日本の神には善と悪を分ける概念はあんま無いらしいな
少なくとも絶対悪みたいな神は日本の神話じゃ無いとされてるみたい
キリスト系だと神VS悪魔という善と悪の二大対決にする事で
神=善と悪魔=悪という構図になってるようだね

…個人的に宗教にどうのこうのって言うわけじゃないけど
これどっちも神の絶対性を誇示してるよね
キリストはあからさまだけど、日本の神は遠まわしに神は悪くても良いんだよ
っていうジャイアニズムを感じるよな…まあ神話ってそんなもんだよなw
[ 2011/09/02 ] NO NAME ◆-

[ 9075 ] NO TITLE
>4493は中国の神話的地理書『山海経』にある水木しげるの解説を引用したマンガを読んだのだと思う。
”およそ中国の人の喰う妖怪の多くは赤ん坊の泣き声のように鳴くとあり、餌食となる人間を招き寄せる一種の擬態のようである”
この書には、顔が人間で体が猿みたいな生き物ものも出てくる。そして、ある地域に関して”山の神の状(すがた)はみな人面で獣身”とある。
この本は、他にも日本の天狗・カマイタチ・河童・雷神・九尾の狐の元ネタも出てくる。現代日本の体験談が外国の古代信仰(体験?)と繋がっていると思うと面白い(^ω^)
[ 2011/09/17 ] NO NAME ◆-

[ 9688 ]
このテの『山の神様』って、近代兵器なら制圧できそうだよね
その後の山がどうなるかは知らんが
[ 2011/09/23 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/03 ] ◆Ahsw8Nok

[ 7150 ] 移転前のコメント欄3/6

[ 9690 ] NO TITLE
神様っつーか妖怪みたいなもんなんだろうな
それなら確かに近代兵器で殺れそう
[ 2011/09/23 ] NO NAME ◆-

[ 10371 ]
>6426
哺乳類の、特に生まれて直ぐに立てない(手の掛かる)タイプの赤ん坊は、鳴き声の周波数っつうかパターンみたいなもんが共通してるらしい。
母性本能を刺激して世話をしたくなるんだそうだが、うちの姉が出産帰省した時に、病院から帰ってきた甥の泣き声に、ウチの犬(♂)が何故か超反応してたな…。
[ 2011/10/01 ] NO NAME ◆-

[ 13404 ] NO TITLE
>9688 9690
作中のように不発や謎の動作不良を起こさない保障がない。
山ごとだと遺骸の確保、確認が出来ないしなぁ。

>10371
>>ウチの犬(♂)←ちょwww
父性本能まで刺激。
[ 2011/11/18 ] NO NAME ◆-

[ 13648 ] NO TITLE
タケルカワイソス
そういえば別の話でも山でキャンプしていたら
赤ちゃんのような鳴き声の生き物に襲われたって報告あったね
[ 2011/11/21 ] ナナシスケープ2さん ◆-

[ 15604 ]
赤ちゃんの声で鳴くトゲトゲしたアザラシみたいなやつね。
オチャカナのやつも幼児の声だったような…
幼い声やら顔やらで人を油断させたり呼び寄せたりするための擬態なのだろうか。
禁忌を犯すならそれ相当の対価が必要。
昔から言い伝えられていることには必ず何らかの理由がある。
[ 2011/12/25 ] NO NAME ◆-

[ 15661 ] NO TITLE
赤ん坊の泣き声で人を誘って襲う妖怪ってけっこういるよな。有名な「子泣き爺」もそうだし、
「川赤子」って妖怪も赤ん坊の泣き声で人を誘って水に引きずり込むっていうしな。
[ 2011/12/26 ] NO NAME ◆-

[ 16345 ] NO TITLE
>9688 9690
アメリカ様が、穴守稲荷神社の鳥居やら将門公の首塚をどかそうとしてできなかった件
[ 2012/01/06 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/03 ] ◆Ahsw8Nok

[ 7151 ] 移転前のコメント欄4/6

[ 18053 ] NO TITLE
>>7594
ヨーロッパやアメリカなんかにも精霊や土地神の類はいたけど
全部キリスト教が駆逐してっただけだよ、ガーゴイルやデーモンなんかは悪魔ってイメージあるけど
あれらも元々は豊饒や気候の土着神だったのがキリスト教によって邪神認定されただけだし
キリスト教に都合がいいモノが善で都合の悪いモノは悪と「キリスト教徒」に認定されただけ

キリスト教の教義は、動物は人間のために存在して、太陽は人間のため地球の周りをまわってて、
救世主であるキリストを崇拝する敬虔なキリスト教徒だけが天国へいける(しかしイエスはユダヤ人)
まあ、だから宗教と土着信仰の類を混同すると間違った認識になるよ
[ 2012/01/24 ] NO NAME ◆-

[ 20604 ] NO TITLE
これか?
ttp://www.chinjuh.mydns.jp/sengai/pantero/pa10.htm
「豹のようで長い尾、人の首」。
[ 2012/02/25 ] NO NAME ◆-

[ 20608 ] NO TITLE
>9688>9690
でもこういうことになるだろうな

見ました!
何をm
見たんです!
マック
・・・・・
マック!!こっちを見ろ!!誰にやられた
さぁ解りません・・・
軍曹!軍曹!軍曹!!何を見たんだ!?
解らない・・・何かでカモフラージュしていた。
・・・でも見たんだ。眼だけが光っていた。
・・・眼です大佐・・・ライトの様な。
そいつに発砲して確かな手ごたえを感じた。
機銃弾200発とチェーンガンをフルパック・・・
それでも、生きていられる動物はいないはずだ・・・。
ましてあの距離で。
[ 2012/02/26 ] NO NAME ◆-

[ 21125 ] NO TITLE
>4493のマンガ、自分は【すっくと狐】かと思った。
[ 2012/03/02 ] NO NAME ◆-

[ 24135 ] NO TITLE
キリスト教の唯一神もやってることは日本の祟り神とたいして変わらないけどな
拝んでくれないから祟ってやる。
自分の意に沿うように祭るなら守護しようっての
旧約読むとこんな性格悪いのよく祭る気になったなと思う
[ 2012/04/02 ] NO NAME ◆-

[ 24152 ] NO TITLE
正確に言うと「ユダ○教」の神な。そいつらは「ユ○ヤの神を信じてきた国、一族だけが天国へ、他は辺獄か地獄へ行く下等な人間」という絶対選民思想がある。
キリスト教はその辺少し緩めになって「神様の前ではみんな平等。○ダヤの民だろうがどこの民族だろうが、救世主(キリスト)を信じるものはみんな天国へ行ける」と
新約聖書を編纂、ユダ○教が信じてるのは旧約聖書だけな。
ただ、選民意識だけは残ったのか、それとも権力者が宗教を利用して民の支配をしたせいか、
ヨーロッパに元々あったケルト神話(日本の神道にごく近い)や、それを伝えてきたドルイド僧達は、キリスト教を信じる古代ローマに駆逐されてしまった。
でも、南イングランドの一部とかアイルランドの辺りでは、今だにドルイドの教えやケルト神話がメジャーみたい。
でもなあ…タケルが居なければ、投稿者さんは今頃生まれていないわけで…禁忌は破っちゃいけないね、本当に…
しかし、しっぽ返せっつったって、べつに切って捨てただけで、持ち帰ったわけでもあるまいに…他探せって言っても聞かないとか、たち悪いね。
[ 2012/04/02 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/03 ] ◆Ahsw8Nok

[ 7152 ] 移転前のコメント欄5/6

[ 27450 ]
「しりっぽおばけ」のぱくりかよ
[ 2012/05/16 ] NO NAME ◆-

[ 27492 ] NO TITLE
>>24152
上手く例えられなくてどなたかに不快な思いをさせてしまったら申し訳ないんだが、事故で足を無くした被害者が加害者に「私の足をかえせ」て憤ったりするのと同じなんじゃないかな
持って帰ってたわけじゃないし返せない事は承知の上で
しかし正夫さんよく生きてたな
わざと生かしたのかな
見せしめとして…
だったらより一層怖い
[ 2012/05/16 ] NO NAME ◆-

[ 28385 ] NO TITLE
>7593
いたぞ、悪い神様。まあ追放されてお空の彼方に飛んでっちゃったけどな。
三貴神や国産みの二神より格上の三柱神を向こうに張ってほぼ互角っていうんだからかなりの神様なんだが、名前すらほとんど残されていないていう謎な神様。一説には「悪い宇宙人」説もある面白い神様。
「アマツミカホシ」ていうらしいぜ。あ、名前調べただけでヤバいらしいからやめときなー。
今思ったんだけどクトゥルフぽい神様でもあるなー。
[ 2012/05/26 ] NO NAME ◆-

[ 28938 ] NO TITLE
何人か指摘してる通り大筋は「しりっぽおばけ」だよな
猟師が山で謎の獣と遭遇
逃げられるも尾だけ収穫
他に獲物も無いので山小屋で尾を食う
その晩小屋の周りで「しりっぽ返せ・・・おらのしりっぽ返せ」
猟師に襲いかかる獣
そして画面はフェイドアウト
夜の山小屋背景に「見つけた、おらのしりっぽ見つけた」
気味悪いバッドエンドで強烈に覚えてるわ
[ 2012/05/31 ] NO NAME ◆-

[ 30684 ] NO TITLE
たけるカワイソス(´;ω;`)
これがしりっぽおばけとか言うやつのパクリの作り話だと
思いたい(´・ω・`)
[ 2012/06/14 ] 名無しビジネス ◆-

[ 34788 ]
なーんか最後のタケルのくだりでいい話にしようとしてるけど…。
タケルが「それ」に食い付いてる状況で散弾銃撃ちまくったらどうなるかわかるだろーよ。
キズがなかったとか言ってるけど間違いなく撃ち殺してんだろ。
掟は破るわ犬撃ち殺すわ正夫ろくでもねーな。
[ 2012/07/21 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/03 ] ◆Ahsw8Nok

[ 7153 ] 移転前のコメント欄6/6

[ 34800 ] NO TITLE
しっぽりおばけってなんだよエロそうな話だなと思ったらしっぽかよ
[ 2012/07/21 ] NO NAME ◆-

[ 35235 ] NO TITLE
自分は「クワン」だと思った。
>マンガ
[ 2012/07/24 ] NO NAME ◆-

[ 39800 ] NO TITLE
この話を読んで”シッポ”って言葉は”尻の尾”から派生したんだと納得した。
[ 2012/08/23 ] NO NAME ◆-

[ 42196 ] NO TITLE
>>28385
その悪いっつーのは大量の生贄を要求する悪神とかそういうのじゃなくて朝廷に従わないって意味だ。
[ 2012/09/11 ] NO NAME ◆-

[ 43157 ] NO TITLE
>>28385
天津甕星・・・金星のことだという説もあるようですね。ということは・・・
[ 2012/09/17 ] NO NAME ◆-

[ 45423 ] NO TITLE
>>34800
しっぽりておまww
そんなもん小学校にあったら別の意味でマズイわw

私もしりっぽおばけは小学校のとき読んだよ、朝読書って時間にまわってきたのがソレだった。
ちびっこながらに、小学校にこれ置いてるってどうなん?って思った。
あれ確か、切ったしっぽ食ってたよね。スープかなんかにして。
最後にみつけたみつけたって台詞があってぞっとしたわ。腹かっさばいたんだ!って。
[ 2012/10/02 ] NO NAME ◆-

[ 45496 ] NO TITLE
しっぽりと濡れそぼった後、寝ている女をそのまま起こさず男は山を下りる。
懐には記念にと持った下帯をこっそり持って。しかしどうした事か山をいっかなおりられない。
どうした事かといぶかしいんでいる男の後ろ。
月明かりが届かぬ闇から「…して、返しておくれ。私のおびを返しておくれ…」と繰り返す女の声が。
一瞬ひるむ男。しかし一転体を翻すと声の元へ走り出す。恐ろしい顔で男を捕えんと腕を広げた女の懐、
そこへ吸い込まれるように一気に組み付くやいなや必殺の一突き!

どれほどの時間、くんずほぐれつが続いたのか。ようやく男が立ち上がった。
「待っ、て。あぁ」がくりと女が崩れ落ちる。
「起き上がるのは無理だろう。」
「憎い…。お前はいつもこうして女を殺しているのだろう」
「とんでもない」
男は軽く肩をすくめ、大げさに両手をあげて見せた後、女の体へ着物をかけ、そばに小箱を置いた。
「これから一仕事あってね。Mt.ASOでタイガーという人物と会わなきゃならないんだ。see you」
「ばか…」
そう言いながら眠りにつく女の周りを、暖かな落ち葉とサロンシップの香りが包んでいた。

オ、オラが書いたんじゃねぇだよ!しっぽりおばけが書けって言っただよ〜!(´・ω・)y-ウソジャナイヨ?
[ 2012/10/02 ] NO NAME ◆-

[ 56845 ] NO TITLE
しっぽくおばけ だったならこんな悲劇は…
[ 2012/12/26 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/03 ] ◆Ahsw8Nok

[ 8150 ] NO TITLE

「しりっぽおばけ」って絵本のパクリだろ。

元ネタでは山暮らしの猟師が何日も獲物がみつからず、人が恐れて立ち寄らない悪魔の谷までいってやっと正体不明の何らかの生き物のしっぽを切り取って
持ち帰りスープにして食ってしまう。
夜半、雷鳴とともに「しっぽ しっぽ わたしのしっぽを返しておくれ」と化け物が家のまわりを泣き叫び…
「お前のしっぽなんてもう食っちまったよ!!」と返した猟師は…
このあとに見開きで化け物の顔がドーンと出てきて大変怖い絵本だった。

「しっぽしっぽ~」のセリフはそのまんま元ネタにある。
[ 2013/03/08 ] ◆-

[ 9426 ]

※4493
すっくと狐乙
[ 2013/03/14 ] ◆-

[ 9460 ]

甕星様の話題出てるみたいだから言っておきたいが、言われてる程大したこと無いと思う。
少なくとも書記読む限りは。
[ 2013/03/14 ] ◆-

[ 22346 ] NO TITLE

神だろうがなんだろうが愛犬に危害加えた奴は許さない絶対にだ。
つーか昔話系ってなんで犬が被害にあう話が多いんだ?プンプンだぜ。
[ 2013/07/07 ] ◆-

[ 22350 ] NO TITLE

光前寺の早太郎あるいはしっぺい太郎は大活躍だったぜ……無茶しやがって;;
[ 2013/07/07 ] ◆-

[ 22972 ]

ヒサルキ?
[ 2013/07/12 ] ◆-

[ 23555 ]

単純に思うけど会話の出来てしまう獣ってだけで歯の立たない存在じゃない、現に太刀で尻尾を切れた訳だし。すなわち、神扱いされる理由は上の意見の様に圧倒的な力の差じゃない。
尚且つその領域だと沢山獲物がとれるっていうのは、人が誰も立ちいらないからそこだとイノシシなどが自由に活動出来るからであって、因果関係が逆。
じゃあどういうことかっていうと、自分の仮説は獣と人間のハイブリッドが何らかの偶然によって産まれてしまい(例えば獣の子を宿した女性、或いは男に犯された獣。異なる種間での生殖が成功する確率は低いがレオポンのように不可能ではなく、かつ人間の場合それを倫理的に生物学として体系的に試せないので、ある種の猿などとの間に生殖が成功する可能性は十分にあると思う。)、それを最初は育てておりある程度言葉が話せるまで至ったが、話せるようになり村の目に触れないように育てるのが限界に達したので、森で放置か育てることにした。しかし猟師にバレるのも時間の問題であり、バレたらバケモノとして殺されることは明白なので、その存在を神話化しアンタッチャブルなものにすることで村の目から隠そうと母親or父親は考えた。
恐らく事実として、小学生ほどの知能と獣の天性の狩猟に適した身体と本能を兼ね備えてしまい、かなり食物連鎖の上位に居られ、実際猟師と対峙しても人間慣れもあって殺せるぐらいの力はあった。これを逆手にとり、神話化することを思いついたのでは。
一旦話の種をまけば、あとは行方不明者の増加や生きて帰った猟師の証言で自然に神話は確立するし、もともと迷信深い土壌があるのだからタブーをやぶって殺される危険を侵してまで真実を突き止めようとする物もいない。尚且つ実際見たところで何だか分かるはずもない。
けっきょくこの場合は、神話はマージナライズされた存在を隠すために機能していたのでは。神話のみが人が非日常を受け入れる所以になりうるのだから。
[ 2013/07/18 ] ◆-

[ 23556 ]

あと猟師の金縛りとか家に帰れない、とかについては、山の神っていう先入観で説明出来る。金縛りは蛇に睨まれた云々とか轢かれそうになったとき足が竦んで動かないと同じ身体的現象、家に帰れないのはただでさえ初めて立ち入った場所でなおかつ極度の緊張。山は一般的に複雑でメルクマールが見つけづらいから、理性を失い興奮状態にあれば帰れなくてもおかしくない。何度も遭難したとなっては悪循環なんだと思う。
[ 2013/07/18 ] ◆LEUra8kw

[ 23782 ] NO TITLE

まさに外道。
[ 2013/07/20 ] ◆-

[ 24688 ] NO TITLE

一応、山の怪異には純鉄製の刃物が効果的だと聞いた。
…神様に効果あるとは言い切れないがな;
[ 2013/07/28 ] ◆-

[ 28500 ] NO TITLE

この前、おもちゃ屋さんでテレビを模したおもちゃを見つけた。
イヌは「みんなと仲良くするんだゾ!」、トリは「お歌が大好きー♪」なんて風に、みんな楽しいことを言う中、サルが「しっぽ、しっぽ、るーるるるー」って言ったのがめちゃくちゃ怖かった。
[ 2013/09/04 ] ◆-

[ 32070 ] NO TITLE

人面の動物の話はいくつかあるけど、人間から見たら化け物なのであり、彼らからしたら普通なわけで。

ただ食事をしていただけなのに、そこに犬連れて自分の獲物を横取りしたと因縁を付けられ、襲われた方が被害者だよね。

殺されなかっただけ良かったじゃない、正夫さん。
タケルが憐れ(T_T)
禁断の地には入るな。
[ 2013/10/09 ] ◆-

[ 32418 ] 創作か海外の伝説のオマージュかはともかく・・・

 和歌山の深山なら異形の存在がいてもおかしくはない。
 
 佐藤有文センセがもしご存命であったなら、この話をさらにパク・・・いやヒントにして妖怪を
創作、妖怪図鑑に載せていたかもしれない(笑)
 何しろ、元の言い伝えではほぼ人畜無害な妖怪にまで凶暴な解説をつける方だからな(笑)
(例・山道で立ちふさがるだけの言い伝えなのに「人間の内臓をえぐり出して喰らう」ということにされた「ヌリボウ」など)

 外見上の描写は「モウリョウ」に近いな。
[ 2013/10/12 ] ◆KY78pYJc

[ 34302 ] NO TITLE

胴体が猫科で顔が人間の怪物は皆人食い
解明獣、マンティコア、スフィンクスしかりである
君も気をつけよう
[ 2013/10/31 ] ◆-

[ 34517 ] NO TITLE

ゴジツダン:
後で分かったことですがその村では昔、飢饉や水害に悩んだ村人達が
山の神様の怒りを鎮めるため、村で産まれた3つになる子供を
山の獣に生贄として捧げ、山の神様を奉ったそうです。
入ってはならない場所で、それが何年にも渡って行われていたようです。
[ 2013/11/02 ] ◆-

[ 37209 ] NO TITLE

え…?タケルが尻尾を食ってたからキャトられたって話だと思ってた。

ちなみに天津甕星は全然マイナーじゃねーから、普通に小説とかゲームに出てるから。
[ 2013/11/29 ] ◆-

[ 40606 ] NO TITLE

日本の神様は人にとって善良であるとは限らないな
人を超越する存在なので奉るか、触らぬものに祟りなしってことなのだろう
[ 2014/01/02 ] ◆-

[ 47578 ] NO TITLE

主人がこんなんだったばかりに…
タケルかわいそす
[ 2014/03/27 ] ◆-

[ 47590 ] NO TITLE

いあ!いあ!赤さん!
[ 2014/03/27 ] ◆-

[ 53350 ]

妖怪ですね…よく見かけます奈良、和歌山山中には多いです滅多に人は襲いませんよ
[ 2014/06/08 ] ◆-

[ 53386 ]

>53350
よく見かけんのかい!!
よく見かけんのかい!!...大事なことなので2回言いました
[ 2014/06/08 ] ◆-

[ 58112 ] NO TITLE

> 1402
私もそれ読んでお腹痛くなった。あれは怖い。

日本の神様は人間を守ってくれるものじゃない。
自然そのものだもの。そんな都合の良い神なんていない。
恐れ多いものだから奉ってなだめて生け贄を捧げる。
人間にとって良い自然とは改造して扱いやすくした人工の自然だけ。
[ 2014/07/29 ] ◆-

[ 59848 ]

???「しっぽが取れるなら、心臓も奪える」
[ 2014/08/16 ] ◆-

[ 62000 ] NO TITLE

しりっぽおばけだっけ?これはパクリじゃなくて元ネタだとも思うが・・・
しかしやっぱり神様(確証なしだが)に手を出したらダメだな
犬好きとしてはタケルがかわいそう・・・
[ 2014/09/06 ] ◆-

[ 64201 ] NO TITLE

ここの考えは面白いな 確かにそう言う物かもな 神ってのは 結局は自然界における弱肉強食と同じか
[ 2014/09/30 ] ◆-

[ 70810 ]

そもそも、子育て中の動物を狙っちゃダメでしょ(´・ω・`)
その山の動物が根絶やしになっちゃうから。
[ 2014/12/22 ] ◆-

[ 72103 ] NO TITLE

この手の話で犬の死亡率100%じゃね
[ 2015/01/07 ] ◆-

[ 81238 ] NO TITLE

山とタケルの物語
[ 2015/04/29 ] ◆-

[ 91544 ] NO TITLE

「しりっぽおばけ」を元にした創作だという話だが、
その絵本もアメリカの民話を元に描かれたものだということだ
絵本では猟師は怪物に襲われて死ぬから明らかに創作だと分かるが、
(死んだのならなぜこの話が伝わっている?)
元々はかろうじて生き延びたどこかの猟師の体験談だったのかもしれない
[ 2015/08/12 ] ◆-

[ 94100 ] NO TITLE

>>91544
自分はその民話の方を子供の頃に読んだことがあったから、そのパクリだと思ってた。
「しりっぽおばけ」なんつう絵本もあったのね。
確か民話の方だと、猟師は猟犬を二匹飼ってて、そいつらが何度か化け物を撃退するんだよね。
ところが犬たちは山の中へ化け物を追っていったきり戻ってこなくなって、ついに猟師は……曖昧なままで終わるのが怖かったな。
化け物が最初は低姿勢なのも不気味だった。
[ 2015/09/08 ] ◆-

[ 94117 ] NO TITLE

夢枕獏原作で伊藤勢が漫画化した「荒野に獣慟哭す」を思い出しましたな
人面獣身はコワイ
[ 2015/09/08 ] ◆-

[ 102216 ]

タケルが一番可哀想だわ
[ 2015/12/30 ] ◆-

[ 145537 ] NO TITLE

物理的に肉を食べる系のあやかし物の怪神様って物理が通るイメージがあるけど
肉体を持っているって事なのかな
[ 2017/09/18 ] ◆-

[ 145547 ] NO TITLE

「おちゃかな 私のおちゃかな 返しておくれ」の話にも似てる。

獲物の取れない日は さっさと切り上げて帰ったほうがよろしいようです。
[ 2017/09/18 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー