怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『生き残り』


後味の悪い話 その146

846 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 14:33:20.48 ID:KWeOXP/s0
厨房の時、老人ホームの爺さまから聞いた戦争関連の話。
なので苦手な人はスルーで、あと長いので分割します。


847 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 14:48:53.07 ID:KWeOXP/s0
爺さまは若いころ海軍にいた。
ただ海軍といっても、爺さまは艦隊勤務ではなく陸戦隊と言って陸上の戦闘を担当する部隊にいた。
で、爺さまのいた陸戦隊は開戦から南方に進出して、終戦までフィリピンにいたらしい。

ある日、爺さまの小隊に新しい小隊長がきた。
爺さま曰く、この小隊長さんはSBSとかSEALsみたいな精鋭部隊の出身で、厳しい訓練を課す人だった。
ただ訓練は厳しくても、非常にひょうきんで親しみやすい人だったともいってた。


848 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 15:11:27.24 ID:KWeOXP/s0
特に小隊で一番若かったた爺さまは、小隊長さんにえらく可愛がられた。
何でも、小隊長さんには少し年の離れた弟がおり、爺さまとは年が近かったかららしい。

その後、ミッドウェー海戦を境に形勢は逆転し、
日本軍は米軍にどんどん追い詰められ、ついにフィリピンにまでやってきた。
上陸してきた米軍に爺さまの小隊も勇敢に応戦したものの、
いかんせん戦力差が大きく本隊ともはぐれたため、ジャングルに後退しゲリラ戦をしかけた。
ジャングルでのゲリラ戦は過酷そのもので、マラリアや餓えで小隊の隊員も何人も死んだらしい。
爺さまも何度か三途の川を見かけたらしいが、その都度小隊長さんやほかの隊員さんに助けられてなんとか生き延びた。


851 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 15:27:44.87 ID:KWeOXP/s0
結局フィリピンは米軍に制圧され、爺さまたちは紆余曲折の末に米軍の捕虜になりそのまま終戦。
(何でも、抗日ゲリラに捕まったとか何とか言っていたが詳細は不明)
その後、戦時の事後処理やらなんやらで2、3年フィリピンにいた後に復員し、小隊の人ともそこで別れた。

で本題。
爺さまは復員してから生き残るため家族を養うため必死で働き、気づくと復員から10年近くたっていた。
生活にも何とか余裕が出てきて、かつての小隊の人に会いたくなり、伝手を辿って消息を調べ会いに行った。


852 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 15:47:08.96 ID:KWeOXP/s0
ところが最後の一人、小隊長さんの行方だけようとして知れなかった。
そこで爺さまは、かつて一度だけ聞いた小隊長さんの故郷を訪ねてみた。
そこで小隊長さんのお兄さんに会うことが出来たのだが、終戦後数年で失踪したと言われた。
お兄さんが言うには、小隊長さんは復員後すぐに実家に帰った。
ところが、フィリピンで本隊とはぐれたためか小隊長さんは戦死扱いされていた。
(余談だが、爺さまも戦死扱いされてたらしい)
さらに、小隊長さんが可愛がっていた弟さんは、
小隊長さん戦死の報を聞いて、「兄ちゃんの仇を討つ」と言って海軍に志願し、終戦間際に空襲で亡くなったらしい。
これだけでも十分つらかったはずだが、
村では『占領軍は、米兵をたくさん殺した日本兵をかくまった日本人を殺す』という噂が流れ、小隊長さんは村八分にされた。
ただただ日本のために戦って、何度も修羅場をくぐって、
村に帰ってみたら幽霊扱いされ、可愛がっていた弟は戦死。挙句村八分。
お兄さんは大分小隊長さんを気遣ったらしいが、ある日小隊長さんの住む離れを見に行ったらいなくなってたという。


853 :本当にあった怖い名無し:2014/01/20(月) 15:54:58.20 ID:KWeOXP/s0
その後も爺さまは様々な手段を使って小隊長さんの行方を追ったものの、結局分からなかった。
爺さまももう亡くなったらしいが、この話を俺に聞かせてくれたあと、
この小隊長さんの行方が分からなかったことが人生唯一ぬ未練であることと、
戦後ある意味仕方がないと言えば仕方がなかったのかもしれないが、
国のためだなんだと言って笑顔で送り出し、生きて帰ってきたら石を投げてきた奴らは絶対に許せない、と言っていた。


次の記事:『声優の貧乏ファンイベント』
前の記事:『バイト先には大きい駐車場がある』
[ 2014/05/10 ] 後味の悪い話

[ 50707 ] NO TITLE

「軍神」の家族もこんな扱いを受けたそうだな

「勝てば官軍、負ければ賊軍」とはよく言ったものだわ
[ 2014/05/10 ] ◆-

[ 50728 ] NO TITLE

今も昔も大衆はアホしかいない。日本という国自体が大衆に自立心のない働きアリであることを美徳として教え込んでいるからだ。
そりゃ、為政者や政治家からしたら、織田信長や豊臣秀吉や坂本竜馬みたいな「自分で考え行動する人間」が下にゴロゴロいられると自分が追い落とされるからな。
[ 2014/05/10 ] ◆-

[ 50730 ] NO TITLE

けったくそ悪!
村で暴れて山に逃げ込んで、追っかけて来た警官隊と大立ち回り
サバイバルの末、村に戻って警察署に立て篭もれば良かったのに!
[ 2014/05/10 ] ◆-

[ 50731 ] NO TITLE

落ち着けローンウルフ(;´Д`)
[ 2014/05/10 ] ◆-

[ 50739 ] NO TITLE

アジア解放という高潔な目標を目指して、敵と戦ったその爺様は偉大だ。
今のアジアがあるのはほかでもない日本のおかげだ。その日本を築いてくれたのは
偉大なる先人達に他ならない。我々はそれを忘れずに、8月15日は靖国に参拝しよう。
[ 2014/05/10 ] ◆-

[ 50752 ] NO TITLE

噂を鵜呑みにして村八分にする村なんか捨ててしまえと思いました。
行方知れずとのことですが、どこかで第二の人生を全うされたと思いたい…
[ 2014/05/10 ] ◆-

[ 50789 ]

うちの一族の男衆は全員南方で戦死している。
爺ちゃんの近所にも帰還した人はいてやっぱり村ハチだったと。
ある日町内の寄り合いで『あんたの所は皆戦死して良かったな。帰ってくれば非国民だ(笑)』と言われて、爺ちゃんだけじゃなく他の戦死した家の人も大激怒で大乱闘になったらしい。

村ハチも戦死GJwも、国のために皆を守るために命を賭けた兵士に対する扱いじゃない。人間じゃないと思ったよ。

因みに暴言を吐いた家は色んな理由で今は断絶している。因果応報かもね。
[ 2014/05/11 ] ◆-

[ 50834 ]

この爺様や小隊長のように義理固い人が不遇な目に合うのは何度見ても泣けてくる。

[ 2014/05/11 ] ◆LpDkqpgE

[ 50884 ] NO TITLE

>>50730
This mission is over!
[ 2014/05/12 ] ◆-

[ 50890 ] NO TITLE

生き残った兵隊さんだけじゃなく、
戦争に行ける年代の人間がいない家も、石を投げられたり暴言吐かれたりして、集落から孤立していたと父から聞いた。

自分は平和な時代に生まれたからそんなん間違ってるって思えるけど、
もし同じような時代が来ても村八分する側にだけはならない!…とは断言できない。
いやだなこういうの。
村八分されて孤立するほうがマシだ。
[ 2014/05/12 ] ◆-

[ 51305 ] NO TITLE

昔の日本の民度は今の韓国と大差ねーな。クソだわ。

そんな世代のジジババが「今の若いモンは~」とか「昔はよかった」とか言いやがるのは胸糞。
[ 2014/05/17 ] ◆-

[ 54756 ]

今も昔もメディアを100%信じる日本人は多い。
知名度の有る人間の言う事は全て正しいと思うのは如何なるものか。
自分の考えはなくコントロールされやすい日本人。
大体からして国旗に敬意も無く、先人を敬う事も出来ない国なんざ日本ぐらいでは無いかな?
俺も勉強不足の分際だけど、過去の日本の良い所、悪い所全てを飲み込みそこから自分の考えを持ってもらいたい。
[ 2014/06/24 ] ◆-

[ 71839 ] NO TITLE

>村八分されて孤立するほうがマシ

これな…昔の(しかも田舎の)村八分って想像を絶する世界だぞ
孤立なんてかわいらしいもんじゃなくて、
下手すれば一家全員+親戚筋まで、人間扱いされない暴力や嫌がらせの上
暴行死あるいは餓死で全滅する覚悟が必要

本当に、誰も助けてなんかくれないよ。

今と違ってよほどの金持ちか権力者じゃなきゃ引越しなんか出来ない
貧しい上にロクなインフラもなくて土地にしがみつくしかない時代だし

もしそんな時代、両親や妻子が居たら
俺も一緒に石を投げる人間クズになるかもしれない
[ 2015/01/05 ] ◆-

[ 87547 ] NO TITLE

でも、夜陰に紛れてこっそりと、薬や食料を差し入れたり
金を渡して村から逃げる道を教えてやったりするだろ?
そうだと言ってよベイビー
[ 2015/07/03 ] ◆-

[ 87596 ] NO TITLE

やっぱ戦争なんてしないのが一番だわね
一から十まで悲しいわ
[ 2015/07/04 ] ◆-

[ 116888 ] NO TITLE

戦争はしないに越したことはないけど、相手がいないと成り立たないからね。相手が吹っ掛けてきて乗り込んできて暴れまくったらいくは拒否したって始まるからな
[ 2016/08/08 ] ◆-

[ 116929 ] NO TITLE

71839
そう聞くと戦争よりも害悪なのが村八分みたいだなぁ
戦争なんかでも最悪意味を見出す(愛国心や家族の為)だせるけど
村八分は完全に拷問や魔女審判だから害悪100%じゃあないか
[ 2016/08/08 ] ◆-

[ 116972 ] NO TITLE

>116929
村の約束事を守りゃあいいんだよ。昔は犯罪者を罰するのに私刑をもってやっていたってだけの話だよ。
[ 2016/08/09 ] ◆-

[ 117000 ] NO TITLE

「民衆」は、いつの世でも、どの国でも(「自由のためなら命捨てます!」て公言してるような国々でも)
おバカさんなのです。
たとえ一人一人はそうでもなくても「民衆」は激しくおバカさんなのです。
その辺を利用しようとする小賢しい輩も、いつでもどこにでも存在するわけです。
そのことを常に肝に銘じていないと、最悪命取りになります。
[ 2016/08/09 ] ◆-

[ 117005 ] NO TITLE

今はそれらを止揚した結果だからなぁ
もうすべきではないとか善悪とかいうが、その先に犠牲を出してでも築くべき発展があるかも知れないと考えてしまうね

どんな事態でも直面してみにゃわからん、だから戦争になるかもとか考えている今が一番怖いさ。
[ 2016/08/09 ] ◆-

[ 117066 ] NO TITLE

「技術力(船と戦闘機)で何とかなる」と思って始めた先の大戦、結果は?
資源に乏しく、情報に弱い日本が「軍事」で一流になることは「絶対に」無い。
その自覚がないと、ただ破滅へ一直線だ。己惚れるな。

そもそも、軍事で大きな顔する日本に対し、欧米含め、どの国がいい顔すると思ってるんだか。
普通~に世界で孤立し、資源のない日本はすぐさま行き詰ること必至。

そもそも戦争は一回やってそれで終わりじゃない。
果てしなく、想像を超えて広がっていくんだ。
今のISvs欧米って、いったい何年前のしがらみから始まってると思ってるのか?
一番古いので数百年前だぞ?

そういうことがまるで分かってないのに、
無理無理先ばかり急ぐから「馬鹿だ」って言ってるんだ。

戦争したいなら、したい輩が金と兵力全部負担して、日本を名乗らずやってくれ。
巻き込まれる側は本当に迷惑だ。
日本には他に強みがあるはずだ、それを生かすべき。
そもそも動くべき時期も間違ってるし、手順も間違ってる。
[ 2016/08/10 ] ◆-

[ 117067 ] NO TITLE

↑資源だけじゃないな。食料自給率もここ6年(だっけ?)39%横ばいだ。
普通~に食えなくなるぞ?

せめてその辺をクリアにしてから、でかい口叩け。
[ 2016/08/10 ] ◆-

[ 117069 ] NO TITLE

↑ごめん、大事なことだからもう一言。

『外に打って出たいなら、強固な城砦(強く揺らぎのない国)を築いてから』
じゃないの?でないとすぐに行き倒れると思うが。
[ 2016/08/10 ] ◆-

[ 117075 ] NO TITLE

>117066.117067.117067
ほぼ同意見だが、反論はある。いや、117066氏なら十分知悉しているかもしれないが。
外交においてその発言を保証するものは、軍事力である。経済力ではない。国際政治の舞台である程度の発言権を持ちたければ、それ相応の軍事力を持たなねばならない。
そもそも、経済大国や技術大国が一目置かれるのは、それらの資金・技術を軍事転用した場合を想定しているからである。少なくとも同等程度の先進国は、その認識である。

それと、時折「自衛隊を無くせ」とかいう常軌を逸した発言をする若者や政治家がいるが、国際法上自衛力を持たない政府は政府として認められない。日本を独立国として他国が認識する根拠は、自衛隊にある。憲法ではない。
昨今隣国の領海・領空侵犯が話題に上るが、これは非常に深刻である。日本政府にきちんと防衛力が備わっているのか、という国防上以上の問題だからである。

日本の技術力や資金を活かすには、まず自衛力を保ち国際法上日本政府として認められねばならないという大前提があること理解しなければならない。
[ 2016/08/10 ] ◆-

[ 117076 ] NO TITLE

>117075
丁寧な返答をありがとうございます。
自衛隊はもちろん否定しませんよ。むしろ感謝してるくらいです。

>日本を独立国として他国が認識する根拠は、自衛隊にある。憲法ではない。

↑ただ、これは個人的に「?」とは思いましたが。
別に、自衛隊発足前から日本は普通に「国」と認識されてましたよね?
いやまあ、国際社会で、ある程度の自衛手段(軍事力)は私も必要だと思いますし、
本当に「ある程度」であるなら、どうでも良いんですけど。

あと、経済力が力になるのは、軍事転換もあるのでしょうが、
「仲良くしておくと(特に経済的に)得」とも思われるからでは?今の中国みたいに。

要は「手段」が「目的」になりそうな雰囲気が嫌だ、ということ。戦前みたいにね。
「本来の目的を見失った戦争のための戦争」をしそうで。
いったい、誰or何のための軍隊・戦力なのか、
その辺を、間違っても見誤らないでほしい、ということです。
戦争なんて本当に「最後の最後の最後」の手段であるべき。
多くの人命どころか、多くの他国をも引き込むような大問題なんだし(経済的にも)。
手順もきちんと踏むべきでしょうし、準備も怠るべきでないし、自国の能力を見誤るべきではないし。
感じ、戦況は、ほんの一瞬のスキと失敗で逆転し得るようですので。
(正直、個人的に日本は「長期戦」では、たとえ負けなかったとしても絶対勝てないと思ってます 苦笑)

どうもトピ違いなので、この辺で。
[ 2016/08/10 ] ◆-

[ 117077 ] NO TITLE

50728
なんかワンピースに出てくる国の民衆思い出した
アラバスタはマシでドレスローザとか手のひら返し酷かった
あんな烏合の衆に英雄扱いされても微妙だね
同調圧力はこの国のガンだ
[ 2016/08/10 ] ◆-

[ 117081 ] NO TITLE

時期が時期だけにこの手の話題はマジな※が多いなぁ
戦争しかけるとか勝つとか負けるとかさらっと言うが、戦争はゲームではないんだぞ。と真面目な事言ってみる
117077
漫画と現実を同時に語るのもどうかと思うが、愚かでも民衆が居なければ国は成り立たない。
それに「船頭多くして船山を登る」って言うだろ。
[ 2016/08/10 ] ◆-

[ 117111 ] NO TITLE

ぶっちゃけww2がこうまで負の遺産レベルの話題になってるのって核兵器とかいう
戦争の禁じ手を使ったからだよなぁ
正直アレを使わないで終結してたらこうまで話題にならなかった
でもこう言っちゃあ悪いがアレがあるおかげでww3は始まりにくいってのはあると思う
[ 2016/08/10 ] ◆-

[ 117140 ] NO TITLE

>>117076
極論すれば自衛力の無い国家は、人間で例えれば奴隷にすぎないからね、道行くチンピラに殴られてなけなしの給料を奪われ、家に帰れば家財が盗まれていても、泣き寝入りするしか無い奴隷。どんな立派な憲法(おためごかし)を掲げていても、チンピラはゲラゲラ笑いながら大事なモノだろうと奪っていくだけだよ。

まあこれが個人なら、警察に駆けこむなり弁護士に相談するなりあるかも知れないが、国家間には警察や裁判所なんてものは存在しない。国連が常任理事国による欺瞞組織であることは、先日の北朝鮮ミサイル発射にも「中国が慎重な姿勢」で有耶無耶にされる事実で明らかだし。その中国が南シナ海云々の裁判結果だって無視しそうな勢いだったり、竹島のことを国際司法裁判所で白黒つけようって日本から逃げ続ける韓国の姿勢からも、裁判所なぞ有名無実ってことが明らかだ。

結局のところ、国が自身を護り、国として発言できる、国足りえる条件は「武力」しか存在しないってことさ。

これは人間の限界だろうね、バクテリアの時代から億年単位で弱肉強食の蠱毒の壺の中で生き延び勝ち残った生物ゆえの、骨の随まで染み付いた「自身が富むために他者を食らう」本能ってやつだろう。王道楽土・千年王国の夢は、本当に神が作り上げた、争う必要の無い存在に託すより他無さそうだわな。
[ 2016/08/10 ] ◆-

[ 117168 ] NO TITLE

>117140
きっと貴方はミリオタなんでしょうねぇ…。

>国足りえる条件は「武力」しか存在しない

まあ極端な意見だなぁとは思うけど、
確かに、かなり長い間「戦力=国力」だったのは否めないし、
昔ほどじゃないけど、今もそうと言えばそう。

ただ、ぶっちゃけ日本の場合、技術力・戦力以前に「戦争に向いてない」のよね。
自国にエネルギー源(食料・資源etc)も持久力(スタミナ)も無いから。
地形的にも面積的にも封じ込めが容易だし。
(こういう国は、別に日本だけじゃないんだけど)
その辺を勘違いして、それ(戦力)が「目的」になっちゃうと、取り返しのつかない悲劇が起こるよね、
実力足りないのに粋がると、馬鹿にされるし、良いように利用されるし、嫌われるし破滅するよね?て話。

たとえ本能としての「争い」が運命付けられてるとしても、
「戦争がよくない」という理念は、ある程度世界で共有されてるし、
人間には理性もあるので、それを回避することは、ある程度は可能だと思いますよ?
「縄文時代には、実はあまり争い事は起こらなかった」らしいですし。
(ちなみにオカルト的には「実は世界の戦争は一部の人間によって作られてる」という陰謀論もあるw)

とりあえず、日本は己の長所短所を、もっとしっかり認識するべきだよなぁ、と。
「自分の能力を低く見積もりすぎても、高く見積もりすぎても、乞食になる」んだそうで。

何より、今の日本は南海トラフの心配を一番にすべきだと思う。
「70%以上の確率で起こる」とされてるんだし。
[ 2016/08/11 ] ◆-

[ 117183 ] NO TITLE

>117076
<日本を独立国として他国が認識する根拠は、自衛隊にある。憲法ではない。
<↑ただ、これは個人的に「?」とは思いましたが。
<別に、自衛隊発足前から日本は普通に「国」と認識されてましたよね?

いいえ、自衛隊がなかった時代は、「Occupied Japan」「占領下日本」とされ、何事も米国、GHQを介して行っていました。日本独自に外国と交渉することは基本的にできず、まずGHQにお伺いを立て、最終決定権は米国が持っていました。

それ以前の帝国時代はまあ省くとして、維新時代は急ごしらえでも戦艦を持っていたことで、「自衛力はあるみたい」と認識されていました。この時代の欧米では、戦艦の有無が国防力に直結するという認識だったようです。

実際、榎本武揚が北海道に政府を立てた際には、戦艦を有していたため世界的にも政府として認められました。

余談ですが、榎本は国際法を熟知しており、明治政府に降伏して刑死を覚悟した彼は、これからの日本に絶対に必要なものとして座右の書である国際法典を政府に送ったそうです。
その後、周知のとおり榎本は政府に仕えることになりましたが、彼の命を救ったのもその豊富な国際法の知識が理由の一つだといわれています。
[ 2016/08/11 ] ◆-

[ 117222 ] NO TITLE

>>117168
うむ、だからそんな日本が国としての体裁を保つための、条件=武力として、核武装もやむなし派の人ですぞ。
向いてないからといって戦うことそのものを放棄したら、それこそ奴隷一直線ですからな。

とは言えミリオタというわけではなくて、どっちかと言うと哲学好きの素人オタクに近い方なんだけどね。現行人類は神の映し身の裔などという立派なモノではなく、方舟の中でノアとその妻子を殺し入れ替わった、サルの末裔に違いない。なぜなら我らの重ねてきた罪は、神の語る原罪とはかけ離れた、獣が獣たる所以の罪ばかりなのだから……とか語っちゃう感じの。

まあ二次大戦がハル・ノートとブロック経済で、座して餓死するか打って出て討ち死にするかの二択しか無い、追い詰められた状況での判断って程度のことは『教養として』知っておりますがね。

でもって人間の理性とか、これまた最も信用ならないものを……理性があったら東トルキスタンもチベットもウクライナもありませんわ、よしんば今の時代に理性があったとしても、次の代にあるかどうかは怪しく、その次の代は全く信用がならないのが世の移り変わりってもんです、備え無ければ嬉しいな(侵略者談)にならないようしておかないと。
[ 2016/08/11 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー