怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

『人柱』


死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?18

120 :伍朗介のひひ孫:02/08/29 02:52
昔の都市伝説というか、実話らしいのですが、私の叔母から良く聞かされた話を紹介します。

大正時代の頃、村の外れの名前も無くただただ険しい山に、
資源となる銅が大量に含有されていることが、学者の調査で判明しました。
そこで、村人が一丸となって、村興しの絶好の機会だと口を揃え、
その険しい名無し山に、登山道を建設することが決まったのです。

やがて村に、町から多くの工夫達がやってくるようになり、
山添にたいそう大きな小屋を建て、突貫工事が進められるようになりました。

昼夜交替で工事は着々と進みましたが、山はかなり険しく、工夫達を悩ませましたが、
2年ほど経った頃には、銅採掘に適した場所にまで立派な道が延び、やがて銅の採掘が営まれるようになりました。
これが有名な○○○銅山なのですが、ここで不思議な現象が起きたのが、この話が伝説となった由来です。


121 :伍朗介のひひ孫:02/08/29 02:52
あとは銅を採掘する為に巨大なトンネルを掘るだけです。
最初は人間がやっと通れるくらいの人道を造って行くのですが、
その段階で落盤事故が絶えず、約150名ほどの犠牲者が出てしまったということです。
当時の工事関係者は焦りと恐れを抱く様になり、
そこで、当時としては決して珍しくはなかった『人柱』を祭ることにしたそうです。
実はその『人柱』となったのが、私の祖母の母方の夫ということらしいのです。
夫の名前は伍朗介(仮名)といいます。
当時、人柱は身分の低い下請けの人夫が選ばれることが多く、
人夫達を抱える頭領は、どうしても一人を選ばなければならなかったそうです。

前夜に、伍朗介の工夫仲間達が最期の別れを惜しむばかりに、彼に酒をたらふくと飲ませ、
その夜は、酒好きの伍朗介にとって最高の気分にさせてあげた、とのことでした。
同僚達は涙を流しながら鬼となり、そのような行動に出たのですが、
これにも深い理由があり、彼らも人柱になりたくはなかったからなのです。

明くる日の丑三つ時に、人道の側面に人の大きさの深い穴が掘られ、
泥酔で気持良さそうな伍朗介に、柏の木で作られた杖を持たせ、
そっと立たせた状態で、頭領や工夫達の手によって穴は埋め戻され、朝まで祭られました。
それ以降の工事は事故も無く着々と進められ、無事完成を迎えたとのことでした。

今では廃坑となってしまいましたが、有名な○○○銅山がその山です。
今では関係者以外は入れない場所に、小さな地蔵が祭られています。
それが伍朗介(仮名)地蔵と呼ばれるものです。
私がお盆休みの期間に訪れる場所でもあります。


次の記事:『もう1つのトイレ』
前の記事:『イボの花』
[ 2010/12/07 ] 死ぬ程洒落にならない怖い話

[ 8692 ] 移転前のコメント欄

[ 14743 ] NO TITLE
祖母の母方の夫=祖母のお父さん?
母方の祖母の夫=祖父?
[ 2011/12/09 ] NO NAME ◆-

[ 19781 ]
投稿者はひひ孫と名乗ってるから、多分脱字。
祖母の母方の(祖母の)夫=ひいひい祖父様 では?
[ 2012/02/15 ] NO NAME ◆-

[ 23434 ]
150人も亡くなっているのに、追加で1人埋めたところで"何"の気がすむというのか。
自然を畏怖する事は間違っていないけど、生け贄や人柱といった残酷な行為はただの人殺し。
もしも山の神がいるなら、「いやいやそういうのいいから、山に住む動物をいたずらに殺さないでね」と言うんじゃないか。
[ 2012/03/26 ] NO NAME ◆-

[ 23455 ]
確かに
[ 2012/03/26 ] ゆ ◆-

[ 23456 ] NO TITLE
>>23434
いくら残酷だろうと神への人の生贄なんてそれこそ古代文明からやってたことだ。
残酷なのは当時の人だって分ってる。でもそれが当たり前だったんだろう。

500年後とかに今この現在の常識や文化で当たり前だとか仕方のないことと思ってることが残酷だと批難される日がくるかもね。
[ 2012/03/26 ] NO NAME ◆-

[ 40128 ] NO TITLE
まあ昔の人のやることだしな
ホント、今の時代に生まれてよかったよw
[ 2012/08/26 ] NO NAME ◆-

[ 45365 ]
昔の人のやったことだけど、
現代に至る前のどこかで、誰かが「もう、止めよう」って言わなかったら、
そういう風習は続いていて、選ばれるのは自分かもしれないと思うと、怖い。
[ 2012/10/02 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/10 ] ◆Ahsw8Nok

[ 9787 ] NO TITLE

人柱伝承はどこの土地にも残ってますね
実家近くの運河も橋を渡す時にたもとに一人また一人と埋まられたと聞きました
この足もとに名も知られず犠牲になった人たちがと思うと橋を渡るのが怖かった
[ 2013/03/16 ] ◆-

[ 16247 ] NO TITLE

今の時代に行なっている牛、豚、鶏の屠殺も、いつか残酷だって言われて廃止になるのかな。
[ 2013/05/09 ] ◆-

[ 18256 ] NO TITLE

トマト投げ祭りも残酷だ!と言われる日がいつか来るのか(´・ω・`)
[ 2013/05/30 ] ◆-

[ 20279 ] NO TITLE

>>18256
すでに「食べ物を粗末にしてもったいないお祭りだなぁ」とは思っているが、
参加している老若男女のはしゃぎっぷり(いい笑顔)を見ると、
「まぁ、民族が違うからしょうがないか」と納得してしまう自分がいるw( ´∀`)ヨキニハカラA
[ 2013/06/17 ] ◆-

[ 43145 ]

人柱は、贄じゃないよ。
神や物の怪を封印する呪符みたいなもの。
ま、この話の場合はだけど。
[ 2014/02/02 ] ◆-

[ 74077 ] NO TITLE

実際に効果があったから人柱をたてているんだよ。
しかも好きでたてている訳じゃない。この手の話に出てくる人々を
責める人がいるが、それはお門違いだよ。時代背景を考えてくれ。
現代では、予算を増やせばより高度な掘削機を選ぶなどできるかも
しれないが、そういう時代ではないんだよ。貧しさも現代とは質が
違う。豊かさを求める渇望もまた然りだよ。
[ 2015/01/30 ] ◆-

[ 89533 ] NO TITLE

23434
山の神様は結構残酷だろ
つか人が勝手に「神様」って言ってるだけで実際には「力を持った山の主」ってだけだからな
人間風情が欲にかられて自分の庭を荒らした上に何も貢物をよこさないんじゃ怒るんじゃね?
[ 2015/07/24 ] ◆-

[ 90766 ] NO TITLE

神様が人間に都合のいい優しい存在だと思い込んでる人いるけど、勘違いというか、ただの願望だよね。
自然て残酷なもんでしょ。人間だからって容赦してくれない。
なので、こんな犠牲を払いますからどうか~って気持ちで何かする訳で。
[ 2015/08/04 ] ◆-

[ 118795 ] NO TITLE

そうやって人柱になって死んだ人は、山の神様になるんだって
おキヌちゃんは言ってたな。それが本当なら
荒ぶる神を抑えて、懐かしい家族や友人、その子孫たちを守ってくれ、
という願いも込められていたのかな
しかし、おキヌちゃんは人柱になった事情を忘れて浮遊してたし
ワンゲル部員は首尾良く神様になったが、なんだかホモだったなw
[ 2016/09/04 ] ◆-

[ 124723 ]

人柱って神様に人を捧げる事じゃないからね
それじゃ生贄じゃない
人を生き埋めなどで神様になってもらってその土地とかを守ってもらう事だからね
神様の数え方は柱でしょう?
[ 2016/12/09 ] ◆-

[ 124742 ] NO TITLE

人柱には特別な儀式がいるのだろうか
150人の犠牲者は人柱になれないの?
[ 2016/12/09 ] ◆-

[ 124745 ] NO TITLE

そう、落盤事故死者はただの被害者。
人柱は特別な儀式を経て「お前を神として祀るので、ここで××を守り続けよ」という契約を結ぶ。
[ 2016/12/09 ] ◆-

[ 124746 ] NO TITLE

高田派本山専修寺(三重県津市)の如来堂東南隅柱の台石に、
「寛保(かんぽ)3年(1743年)亥秊(いのとし)7月12蓂(めい)、
本覚道元信土俗名勘六(ほんがくどうげんしんじぞくみょうかんろく)」と彫られてて
自ら人柱になった方なのだそうだ
[ 2016/12/09 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー