怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

『貯水池』3/3

師匠シリーズ。
「『貯水池』2/3」の続き
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?177

529 :貯水池  ◆oJUBn2VTGE :2007/09/26(水) 23:00:19 ID:gAYKdkL30
フードの足もとに、滴る水に混じって黒い石が落下している。右手は挙げたままだ。
一度は遁走した霊を相手に、もう一度近づくだけならまだしも、車に乗るように語り掛けるなんて正気の沙汰ではない。
黒い影から石が落ちるのが止まった。
風が凪いだような空白の時間があった。
しかし次の瞬間、貯水池の水面がさざめいたかと思うと、なにか小さい黒いものが水の中から斜面に這い上がり、
あっという間もなく、黒いフードの影の背後からその足元に絡み付いた。
息をのむ僕の目の前で、黒い影が斜面を引きずられるようにして貯水池の方に引っ張られていく。
挙げていた右手がそのまま、まるで助けを求めるようにこちらに突き出されている。
そして、音もなく影は暗い水の中に引きずり込まれていき、
気がついた時には、微かな波紋が月の光に淡く残るだけだった。

静寂が訪れる。
僕らはフェンスに掻きつくように近づく。
しかし、目の前には何事もない、ただの夜の貯水池の静かな情景が、月明かりの下に広がっているだけだった。
僕の肺は急に小さくなってしまったようだ。息が、苦しい。
やがて師匠が口を開いた。
「フロントガラスの手の平は、大きい手と小さい手と二通りあった。
 多分小さい方が、心中で先に殺された赤ん坊のものだろう。
 母親の魂がこの世界を離れるのを、あの赤ん坊が留めているんだな。
 死んだ後も、その重石としての役割を果たして」
師匠の言葉に、さっき見た小さい黒いものが、赤ん坊の姿かたちをしていたようなイメージが脳裏をよぎる。
では、あの二人は、この貯水池に永遠に縛られたままなのか。


530 :貯水池  ◆oJUBn2VTGE :2007/09/26(水) 23:01:32 ID:gAYKdkL30
その絶望的な想像に僕はしゃがみこんだ。俯いて地面だけを見ている。
師匠は何を考えているのだろう。
僕には分からない、心中という道を選んだ母親の心を想像しているのだろうか。
少し寒くなってきた。車からつけっぱなしの稲川淳二の声が微かに流れてくる。
師匠はそれが聞こえていたのか、ふいにクスッと笑うと、踵を返して「バッテリーがあがる。帰ろう」と言った。
師匠のフェンスを握っていた指が離れたのか、カシャンという音が響き、
僕も我に返って、振り向きながら立ち上がった。
その次の瞬間。
目の前に壁があることに気がついた。
いびつな菱形をした金網の格子。それが僕の体にぶつかったのだ。
格子の向こうには、車のライトとそこへ歩いてく師匠の背中がある。
鳥肌が全身に立つ。心臓が早鐘のように鳴る。
いつの間に、僕は、フェンスの内側にいたのか。
「師匠ーっ!」
格子に指をかけながら思い切り叫んだ。
その瞬間、師匠は振り返り、目を剥いて僕を見た。
「いつの間に中に入った」
自然、声が大きい。
入ってなんかいない。どうやってこの鉄条網つきの、高いフェンスの内側に入れるというのか。
……けれど、確かにここはフェンスの内側なのだ。
ばちゃん。という音がして、背後を見た。
貯水池の黒々とした水面に、なにか手のようなものが突き出されている。
それが地面を掴み、ヌルヌル光る泥のようなものを纏いながら、這い上がろうとしていた。


535 :貯水池  ◆oJUBn2VTGE :2007/09/26(水) 23:05:08 ID:gAYKdkL30
「退いてろ」という声とともに、師匠の金属バットがフェンスを殴打する。
しかし、小さな火花が散っただけで、衝撃は波のように左右へ広がるだけだった。
べちゃんべちゃんという気持ちの悪い音が地面を叩き、小さくて黒いものが斜面をよじ登ってくる。
「出入り口は!」
「反対側です」
心臓が止まりそうな恐怖を味わいながらも、僕は正確に答えた。
「でも金属の鍵が掛かってます」
「フェンスの下を掘れないか」
「無理そうです」
師匠の舌打ちが聞こえた。
サッと走り去る気配。
僕はくだけそうになる足腰をかろうじて支えながら、貯水池に正対した。
斜面に泥の跡を残しながら、小さくて黒いものがこちらに這って来ている。
黒いフードの人影にはあったわずかなヒトの意思というものが、この小さい黒いものからは一切感じられない。
ただ怖いもの。危険なもの。嫌なもの。そして絶対に助からないもの。
水面から続く泥の筋が、まるで臍の緒のように伸びている。
僕は混乱する頭でなにをするべきか考えた。
母親の魂が救われる手助けをしようとしたからこうなったのか。
だったら、もうそんなことはしないということを伝えなければ。
そう思っても、その小さくて黒いものに向かうと、何故か声が掠れて出てこないのだった。


537 :貯水池  ◆oJUBn2VTGE :2007/09/26(水) 23:06:27 ID:gAYKdkL30
貯水池のまわりを走り回って逃げる?
閉じられたフェンスの囲いの中でずっとそうしてるというのか。
僕は心が折れていくのを感じていた。
ジーンズのお尻が冷たい土の感触にふれ、
ああ僕はもう座り込むしかないんだなと、現実から乖離したような思考がふわふわと漂った。
次の瞬間、轟音がした。
タイヤがアスファルトを引っ掻く音とともに、車のフロントがフェンスに突っ込んできた。
金属の焦げたような匂いがして、フェンスが風を孕んだように大きくひしゃげている。
たわんだ金網の破れ目から、何かを叫びながら師匠が手を伸ばした。
僕はその瞬間に立ち上がり、金属の鋭利な突起に服を引っ掛けながらも脱出することに成功する。
すぐに車はタイヤをすり減らしながら強引にバックで金網から抜け出し、僕を助手席に乗せて走り出した。
後ろは振り返らなかった。
そのわずかな間に色々なことを考えたと思う。でももう覚えていない。
そして僕は助かった。

師匠のアパートに戻ってきた時、鍵も掛けてないドアをあっさりと捻ると、なぜだか笑いが込み上げてきた。
このオカルト道の先達にとって、本当に怖いものは鍵など通用しない存在なのだと、今さらながら気づいたのだ。
ドアはドアでありさえすればよく、鍵は緊急時の自分の行動を制限してしまうだけなのだと。


540 :貯水池  ◆oJUBn2VTGE :2007/09/26(水) 23:08:28 ID:gAYKdkL30
「怖い目に遭わせたなぁ」
部屋の電気をつけながら、師匠はあまり済まなそうでもなく言う。
「ちびりました」
僕の言葉に師匠は、「男物の下着はないぞ」と嫌な顔をした。
「冗談ですよ」と返しながら、僕は車のことを謝った。フロントに傷がついてしまったはずだ。
それよりも、あの破壊したフェンス……
「なんとでもなる」
そんなことよりスパゲティの残りを食うかと言って、師匠はあと200グラムほど残った束をほぐし始めた。
「ダイエットじゃないんですか」と声を掛けると、
「パワー不足を痛感した」と言って、後ろも見ずに壁に立てかけた金属バットを指さす。
「防犯なら、それよりもボディーガードを置きませんか」
僕なりに、真剣な意味を込めて言ったつもりだった。
それが伝わったのか、師匠は台所からきちんとこちらに振り向いて、
「さっきの霊が背中にくっついて来てるのに、気づかないやつには無理だな」と言った。
僕は悲鳴を挙げて飛び上がった。
「ウソだウソ」
笑う師匠。


542 :貯水池  ◆oJUBn2VTGE :2007/09/26(水) 23:11:02 ID:gAYKdkL30
ウソと笑える神経が分からない。服の内側、背中一面に泥がついている。なぜ気づかなかったのか。
血の凍るような恐怖を感じながら、僕は背中に手をやって悶え続ける。
金属バットに足が当たってガランという音を立てる。
ウソだよウソ……
師匠の声が、ぐるぐると回る。
「このクソ女!」
確かそう叫んだはずだ。その時の僕は。

師匠の長い話が終わった。
大学1回生の冬の始めだった。
俺はオカルト道の師匠のアパートで、彼の思い出話を聞いていた。
「これが、その時のバットでついた傷。まったく、ただの泥にえらい醜態だった」
そう言って、壁の削れたような跡を指さす。
俺はまるでデジャヴのような感覚を覚えていた。
「まるで今の俺みたいですね」
師匠も1回生の頃は、そんな情けない青年だったのか。今からたった4,5年前の話なのに。
「情けなかったとも思わないけどなぁ。あの人みたいな化け物と一緒にされると、そう聞こえるかも知れないけど」
師匠の師匠、当時大学院生だったという女性は、加奈子さんといったそうだ。
彼女がいなくなったあと、師匠は空き部屋になった彼女の部屋に移り住んだらしい。
つまり今のこの部屋だ。


544 :貯水池 ラスト  ◆oJUBn2VTGE :2007/09/26(水) 23:12:21 ID:gAYKdkL30
「でも、当時の家賃が1万円って、今より千円も高いじゃないですか」
値上げするならまだしも、値下げされるなんて、よっぽど酷い物件なのだろう。
「その加奈子さんって人は、今はどうしてるんです」
師匠は急に押し黙った。目が昏い光を帯びてくる。
そしてゆっくりと口を開き、「死んだ」と言った。
この部屋の家賃が下げられた理由が分かった気がした。
けれど、いつどこでどうして、ということを続けては聞けなかった。
何事にも順序というものがあり、師匠が師匠になるまでにしかるべき段階があったように、
一人の人間がこの世からいなくなるのにも、相応しい因果があるのだろう。
その彼女の死は、師匠の秘密の根幹ともいうべき暗部であるという、確信にも似た予感があった。
ただその時、彼女はまだ、少しはにかみながら師匠が語る思い出話の中で、
不思議な躍動感とともに息づいていたのだった。


次の記事:『おばあちゃん』
前の記事:厳選 死ぬ程洒落にならない怖い話1
[ 2010/12/02 ] 師匠シリーズ

[ 8855 ] 移転前のコメント欄

[ 25424 ] NO TITLE
いやはや書き方が上手いなぁ。
この話は好きだな
[ 2012/04/20 ] NO NAME ◆.2MCFEQU

[ 28012 ] NO TITLE
あたりまえだが師匠シリーズでは恋の色なんてほとんど描かれてないのに、
僕なりに真剣な意味、って言葉遣いひとつで切なく感じさせられてしまうのはすごいと思う。
[ 2012/05/22 ] NO NAME ◆-

[ 50754 ] NO TITLE
だから地の文も僕だったのか
いや、ほんとに上手いなー
[ 2012/11/11 ] NO NAME ◆-

[ 59966 ] NO TITLE
読み返すと師匠のトイレ後に便座が下がってる描写があるし、
嫁に貰って発言も含め女性というのは早い内に示されてるな
[ 2013/01/20 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/11 ] ◆Ahsw8Nok

[ 57375 ]

稲川淳二の話で

「落とす溜め」

って書いてあるけど、溜池(貯水池)に落とすって、意味だったら相当の伏線だわ感動した。
[ 2014/07/21 ] ◆-

[ 79417 ]

「これが、その時のバットでついた傷。まったく、ただの泥にえらい醜態だった。」
これがよく分からない。その傷は前の文章とどう関係してるんだ?「クソ女」って言って可奈子さんがキレたってこと?
[ 2015/04/07 ] ◆-

[ 80420 ] NO TITLE

深く考えなかったけれど
服の内側、背中一面に泥が付いていたなら、まぁ脱ぐよな。脱がないと洗えないし。
脱いだ服に、恐怖でバッドを振りかざしたのかも知れないし。
バッドを足にぶつけた拍子に壁に傷をつけたのかも知れない。

どちらかじゃないかな。
[ 2015/04/20 ] ◆-

[ 104604 ] NO TITLE

えらく爽快に騙されたわ
[ 2016/02/07 ] ◆-

[ 108207 ]

79417
加奈子さんに「背中に幽霊がくっついてる」と嘘をつかれる

言われて初めて背中に泥が付いてる感触に気付く

背中の感触を幽霊だと思って取り乱す

泥だと気づいて恥ずかしさと恐怖心、安堵感からうずくまり、拍子に金属バットを蹴転がす。嘘をついた加奈子さんに暴言を吐く

蹴転がした時に壁に傷が付き、月日が流れても残ったその傷を見てその失態を思い出す
ってことかと
暴言にキレた加奈子さんがバット振り回す絵もありそうで恐いが
[ 2016/04/03 ] ◆-

[ 109077 ]

この話本当好き
[ 2016/04/19 ] ◆-

[ 116740 ] NO TITLE

加奈子さん、炭水化物ばっか食い過ぎだ
肉とか野菜ももっと食えよ
[ 2016/08/06 ] ◆-

[ 117570 ] NO TITLE

金網よじ登ればええやん
乗り越えられなくても、高い位置に上がれば泥は付いて来れない
‥‥っと思ったが、ガキん時と違って、今は靴の先が金網のひし形に入らんわ
ちくしょう大人になっちまったなあー
[ 2016/08/16 ] ◆-

[ 126879 ]

金網の上部は返しがついているのが多くないかな?

オーバーハングで手が外れたら貯水地に飛び込み…。
[ 2017/01/14 ] ◆-

[ 130090 ] NO TITLE

うっ…叙述トリック…!
[ 2017/02/27 ] ◆-

[ 137673 ]

他のサイトでウニの話か師匠の話か分からなかったと言うコメント見て、自分もウニと師匠の話と記憶してたので確認に。何で勘違いしたんだろ?嫁の件やトイレの便座もそうだし、目の下の傷の事にも触れてるのに…。謎。
[ 2017/06/17 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー