怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  ブログtwitter

『霊柩車』


死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?2

738 :怖かったので転載:2001/01/15(月) 15:56
Kさんという若い女性が、両親とおばあちゃんと一緒に住んでいました。
おばあちゃんは、元々はとても気だてのよい人だったらしいのですが、
数年前から寝たきりになり、だんだん偏屈になってしまい、
介護をする母親に向かって、ねちねちと愚痴や嫌味を言うばかりでなく、
「あんたたちは、私が早く死ねばいいと思っているんだろう」などと繰り返したりしたため、
愛想がつかされて、本当にそう思われるようになりました。
介護は雑になり、運動も満足にさせて貰えず、食事の質も落ちたために、加速度的に身体が弱っていきました。
最後には布団から起き出すどころか、身体も動かせず、口すらもきけず、
ただ布団の中で息をしているだけ、というような状態になりました。
はたから見ていても、命が長くないだろうことは明らかでした。

さて、Kさんの部屋は2階にあります。
ある晩彼女が寝ていると、不意に外でクラクションの音が響きました。
Kさんはそのまま気にせず寝ていたのですが、しばらくするとまた音がします。
何回も何回も鳴るので、時間が時間ですし、あまりの非常識さに腹を立ててカーテンをめくって外を見ました。
Kさんはぞっとしました。家の前に止まっていたのは、大きな一台の霊柩車だったのです。
はたして、人が乗っているのかいないのか。
エンジンをかけている様子もなく、ひっそりとしています。
Kさんは恐くなって、布団を頭から被りました。
ガタガタとふるえていましたが、その後は何の音もすることなく、実に静かなものでした。


739 :怖かったので転載:2001/01/15(月) 15:59
朝になってKさんは、両親に昨日の夜クラクションの音を聞かなかったかどうか尋ねました。
二人は知らないといいます。
あれだけの音を出していて気づかないわけはありませんが、
両親が嘘をついているようにも見えないし、また、つく理由もないように思われました。
朝になって、多少は冷静な思考を取り戻したのでしょう、
Kさんは、『あれはもしかして、おばあちゃんを迎えに来たのではないか」という結論に至りました。
彼女にはそれ以外考えられなかったのです。
しかし、おばあちゃんは相変わらず“元気”なままでした。

翌日の夜にも霊柩車はやって来ました。次の夜もです。
Kさんは無視しようとしたのですが、
不思議なことに、Kさんが2階から車を見下ろさない限り、クラクションの音は絶対に鳴り止まないのでした。
恐怖でまんじりともしない夜が続いたため、Kさんは次第にノイローゼ気味になっていきました。

7日目のことです。両親がある用事で親戚の家に出かけなくてはならなくなりました。
本当はKさんも行くのが望ましく、また本人も他人には言えない理由でそう希望したのですが、
おばあちゃんがいるので、誰かが必ずそばにいなくてはなりません。
Kさんはご存じのようにノイローゼで、精神状態がすぐれなかったために、
両親はなかば強制的に留守番を命じつつ、二人揃って車で出ていきました。
Kさんは恐怖を紛らわそうとして、出来るだけ楽しいTV番組を見るように努めました。
おばあちゃんの部屋には恐くて近寄りもせず、食べさせなくてはいけない昼食も、そのままにして放っておきました。

さて、両親は夕方には帰ると言い残して行きましたが、約束の時間になっても帰って来る気配がありません。
時刻は夜9時を回り、やがて12時が過ぎ、
いつもの霊柩車がやって来る時間が刻一刻と迫ってきても、連絡の電話一本すらないありさまなのでした。

はたして、その日もクラクションは鳴りました。
Kさんはそのとき1階にいたのですが、間近で見るのはあまりにも嫌だったので、
いつもの通りに2階の窓から外を見下ろしました。


740 :怖かったので転載:2001/01/15(月) 16:01
ところがどうでしょう。
いつもはひっそりとしていた車から、何人もの黒い服を着た人達が下りてきて、門を開けて入ってくるではありませんか。
Kさんはすっかり恐ろしくなってしまいました。
そのうちに、階下でチャイムの鳴る音が聞こえました。
しつこく鳴り続けています。
チャイムは軽いノックの音になり、
しまいにはもの凄い勢いでドアがドンドンドンドンドンドン!と叩かれ始めました。
Kさんはもう生きた心地もしません。
ところがKさんの頭の中に、『もしかして、玄関のドアを閉め忘れてはいないか』という不安が浮かびました。
考えれば考えるほど閉め忘れたような気がします。
Kさんは跳び上がり、ものすごい勢いで階段をかけ下りると、玄関に向かいました。
ところがドアに到達するその瞬間、玄関脇の電話機がけたたましく鳴り始めたのです。
激しくドアを叩く音は続いています。
Kさんの足はピタリととまり動けなくなり、両耳をおさえて、
叫び出したくなる衝動を我慢しながら、勢いよく受話器を取りました。
「もしもし!もしもし!もしもし!」


741 :怖かったので転載:2001/01/15(月) 16:02
『○○さんのお宅ですか』
意外なことに、やわらかい男の人の声でした。
『こちら警察です。
 実は落ち着いて聞いていただきたいんですが、先ほどご両親が交通事故で亡くなられたんです。
 あのう、娘さんですよね?もしもし、もしもし・・・』
Kさんは呆然と立ちすくみました。
不思議なことに、さっきまでやかましく叩かれていたドアは、何事もなかったかのようにひっそりと静まり返っていました。
Kさんは考えました。
もしかしてあの霊柩車は、両親を乗せに来たのでしょうか?おばあちゃんを連れに来たのでなく?
そういえば、おばあちゃんはどうなったのだろう?
その時後ろから肩を叩かれ、Kさんが振り返ると、
動けない筈のおばあちゃんが立っていて、Kさんに向かって笑いながらこう言いました。
「お前も乗るんだよ」


次の記事:『竹林で』
前の記事:『ワープ』
[ 2010/12/01 ] 死ぬ程洒落にならない怖い話

[ 8882 ] 移転前のコメント欄1/2

[ 16806 ] NO TITLE
謎の霊柩車は、おばあちゃんの「気」のちから?普段からぞんざいにあつかわれ、
さぞかし無念だったろうと思います。自分は、良く、いじめや嫌がらせを受けやすく、霊感も少々ながらあります。
だから、おばあちゃんがそんな風にされていたら、どうして?つらいの?
とか言って話を聞いてしまうと思います。また、もしもKさんの立場だったら、おばあちゃんが一緒に連れて行ってしまいそうです。
苛められっ子や、嫌われた人の面倒をよく見て生きてきました。
今思えば自分がいじめられたときにそうしてほしかったことをしたのだと思います。
青木が原樹海で淋しそうな男の人を見て、死んじゃダメ!と追いかけた事があります。
しかし彼は笑いながら樹海の奥に消えて行ってしまいました。
だからどんなにつらくても死なずに頑張ります。Kさんも、無事でいてくれることを祈ってます。
[ 2012/01/12 ] NO NAME ◆-

[ 16854 ] NO TITLE
>16806
最初の部分を読んでいればぞんざいな扱いはおばあちゃんの自業自得だと思うけど?
世話してくれてる人に向かって嫌味や愚痴に加えて「あんたたちは、私が早く死ねばいいと思っているんだろう」なんて何度も言われたら誰だって疲れる。
ただでさえ介護って大変なのに、感謝もしない。
一言「ありがとう」って言ってくれればそれだけで良いのに。
これがただ単に家族が「めんどくさくて雑にしてた」っていうなら、まだ同情できるんだけど。
[ 2012/01/12 ] NO NAME ◆-

[ 17293 ]
介護が必要なばぁちゃん本当はピンピンしてたって事?
[ 2012/01/17 ] NO NAME ◆W/mXL3QE

[ 17827 ] NO TITLE
>16854 さん、
おばあちゃんの自業自得?理屈ではそうだけど、長年介護をしてきた私の経験では、そういう感じのお年寄りって多いですよ。
要するに子供返りして駄々を捏ねてしまうのです。
だから介護は辛抱が大切です。私はぶっきらぼうなお年寄りにたくさん出会いました。
彼らの心の傷、悩み、居心地の悪さ、罪悪感、誤解、いろいろとあるんです。
だから辛抱強く愛を注げば変わるもんですよ。経験がいっぱいあるし。
偏屈なお年寄りの世話は凄く大変だけど、やりがいあるものです。でも、ふつうは嫌になってしまうもなのでしょうね。

悪態をつかれても、くじけないで介護するひと、途中で嫌になる人、それぞれあるかもしれません。
私は単純バカなので、何を言われても、暴力があっても、叱られても淡々と介護しちゃってたから。
16854さんのように、大抵の人は嫌になっちゃいますね、きっと。介護って難しいですね。
[ 2012/01/21 ] NO NAME ◆-

[ 18253 ] NO TITLE
そこまでして、お互いが嫌いになるまで我慢せずに、お金で解決しとけばいいのに。
とはいえ、ホームも順番待ちだったりするから、すぐにとは言えないだろうけど。
[ 2012/01/27 ] 名無しさん@ニュース2ちゃん ◆-
[ 2013/03/11 ] ◆Ahsw8Nok

[ 8883 ] 移転前のコメント欄2/2

[ 19201 ] NO TITLE
これからは介護の問題が大きくなってくるでしょうね。私自身、身内に寝たきり老人がいたら介護
にはもう途方に暮れてしまいそう。確かに老人ホームがいいと思ってもスグ入れるわけじゃない
しね。介護する人もおばあちゃんも、根性のいる事で大変。この話を読んで老人についての問題を改めて考えさせられた。
[ 2012/02/07 ] NO NAME ◆-

[ 22729 ] NO TITLE
子供帰りだからって、大人なのに相手を批判していい訳ないわな。 相手に落ち度がないのに。
そんなのただの言い訳だ。
[ 2012/03/18 ] NO NAME ◆-

[ 27596 ]
いい怪談だなあ、最後の一言でゾクッとした
[ 2012/05/17 ] NO NAME ◆-

[ 35536 ] NO TITLE
老いては子に従え
確かに老人には長い人生における、経験やそれまでの努力などあるだろう
しかし、だからって介護をしてくれている人に対して無礼を働いても「年寄りなんだから許される」なんてことは無い
特に現代日本、あまりに老害が多すぎる
[ 2012/07/27 ] NO NAME ◆-

[ 36484 ] NO TITLE
とんだクソババアだな
八つ当たりの上逆恨みとか救えねー
[ 2012/08/02 ] NO NAME ◆-

[ 46607 ]
でも、Kさん霊柩車に乗ってないよね。
Kさんしかこの話知らないんだから。
助かったのか
[ 2012/10/09 ] NO NAME ◆-

[ 46997 ] NO TITLE
>>46607
ばーさんもこの話知ってるだろ
[ 2012/10/12 ] NO NAME ◆-

[ 47295 ]
>>46997
いや、文章のなかに''Kさんの頭の中に、『もしかして、玄関のドアを閉め忘れてはいないか』という不安が浮かびました''
ってKさんの思考が述べられているから
Kさん以外のストーリーテラーは考えられないんだよね
まあ、作り話の矛盾点を突くなんて無粋だけどね
[ 2012/10/14 ] NO NAME ◆-

[ 47734 ]
孫の肩に左手を置いて右手の親指を玄関に向けたBBAが「お前も乗るんだよ」って言ってる姿が浮かんだ
[ 2012/10/17 ] NO NAME ◆-

[ 56424 ] NO TITLE
老いは怖いな
ただの嫌な奴ならまだ我慢しようがあるんだが、気立ての良かった人、
優しかった人が変貌してしまう…前を知っている家族には耐えられんよ
[ 2012/12/22 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/11 ] ◆Ahsw8Nok

[ 9357 ]

最初の辺で落ちが見えていたが最後の一言で巻き返したね。
[ 2013/03/14 ] ◆-

[ 11867 ] NO TITLE

今のこのご時世に…っては思うけど、姥捨て山って要るのかなって思ってまう。
勿論親は大事にしたい、子が居るならなおさら。中途半端に便利になり医療も発達して長生きになったけども、日々の生活が逼迫してたらどうだろう?
自分が親の立場なら受け入れてしまうかも。
[ 2013/04/01 ] ◆M8scG8kc

[ 11892 ] NO TITLE

17827さんは仕事かな?


身内の介護と仕事としての介護では感覚が違うでしょ
[ 2013/04/01 ] ◆-

[ 14721 ] NO TITLE

ばーさん最期の力振り絞ったな、、、、、
[ 2013/04/25 ] ◆-

[ 18576 ] NO TITLE

Kさんだけはお祖母ちゃんと仲良しでよく接していた、とかだったら結末は違ったんだろうか…
[ 2013/06/02 ] ◆-

[ 28974 ]

画太郎先生が描いたらドハマリすんだろコレ
[ 2013/09/09 ] ◆-

[ 29387 ]

もともと寝たきりになっちゃったから介護し始めたとして、それを考えたらだんだん衰弱してしまいには布団から出れなくなってしまいました みたいなのておかしいような
[ 2013/09/14 ] ◆-

[ 32898 ] NO TITLE

婆ちゃんは両親を道連れにするのに力を使い果たし既に亡き人に
お前も乗るんだよ、と言った時には既に幽霊、彼女は道連れに出来なかった説

お前も乗るんだよ、と死刑宣告をしに来た婆ちゃんを返り討ちに
その後の話は彼女に都合が悪いので書けなかった説

の、どちらかで

婆ちゃんに関しては認知症が入ってたんじゃないかしら
幻覚幻聴被害妄想性格悪化は良くある話
寿命も延びたし医学も発達したし核家族化やら少子化やらで人手不足もあり
各ご家庭で介護するのは難しいと思うのよねぇ
[ 2013/10/17 ] ◆-

[ 37608 ]

お婆ちゃん、どうやって立ってからKさんのところまで来たんだろ…
[ 2013/12/03 ] ◆-

[ 47316 ] NO TITLE

おばあちゃん
「hey,everybody,check it out!!
 yo,yo,yo お前も乗るんだよ 外は月も霞んだ夜
 待ち構える霊柩車 その怖さはA級じゃん?
 先に両親go far away 次は娘の番だぜ
 疲れて介護に飽き飽き たちまち扱いもまちまち
 明日に確かに皆で足並み 揃えてあちらに行こうぜyeah!!」

玄関口に集ったオーディエンスの熱狂はこわいくらいだ。
まだ、俺らの時代は始まったばかりだ、そんなメッセージがばあさんの口から飛び出していく。
本物のヒップホップが、ここにあるのだ。
[ 2014/03/24 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
人気記事ランキング
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー