怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

『チャレンジャー号の最期』


死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?2

580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2000/12/11(月) 19:53
スレの趣旨とは離れるかもしれませんが。
以前どこかで、スペースシャトルのチャレンジャー号が、
爆発してから着水するまでの船内の会話が、(英語で)アップされてたサイトがあったはずなんですが…
場所がわかる人居ませんか?
爆発しても船員はまだ生きてて、落ちるまでの会話が怖かったので…


581 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2000/12/11(月) 23:13
>580
凄い興味ある。具体的に会話知りたい!


582 :580:2000/12/11(月) 23:45
>>581
当時の映像では、爆発して空中分解して、船員はおそらく即死だと思ってたんですが、 コクピット部分は大丈夫だったらしく、
水面に激突するまでの数分(7分くらいだったかな?)は、まだ生きていたらしいんです。
その証拠に、遺体を回収して調べてみたところ、コクピット内部は急減圧がおきていなかったらしい。
つまり、コクピット部は無事で、船員は手動で気圧調整をした痕跡があったと。
で、当時の発表では、爆発後に船内からの通信が途絶えたとかなんとかだったらしいんですが、
実は激突するまでの音声が記録されていて、その悲惨な内容が英語でアップされてたんです。


597 :はちみつバステト:2000/12/12(火) 22:23
1986年1月28日 チャレンジャー号の録音テープより転載(意訳)
以下の転載は、NASAから公式発表された録音テープ
(パイロット、マイケル・スミスの「うわぁぁ!」という声で終わる)の、2秒後からはじまる。
離陸の瞬間からのおよその時間が、分と秒で示されている。
話し手の性別は、M(男)とF(女)で表されている。

T+1:15 (M) 何だ?何が起こった?おお、何てこった!
T+1:17 (F) ああ、神さま・・・
T+1:18 (M) エアパックのスイッチを入れろ!エアパックの・・・
T+1:20 (M) 息ができねぇ・・・窒息する・・・
T+1:21 (M) マスクをはずせ!
T+1:22 (M/F) (悲鳴)熱い!(すすり泣き)駄目だ、俺に言うな・・・神さま!それをするんだ・・・今・・・
T+1:24 (M) それを言った・・・俺はそれを言ったんだ・・・畜生!Reznik(?)が動かねぇ・・・
T+1:27 (M) 落ち着け!(解読不能)動かせ・・・
T+1:28 (F) こんな風になんか死にたくない・・・今、こんなところでなんて・・・
T+1:31 (M) 君の腕が・・・ああ・・・俺が(長い雑音、沈黙)
T+1:36 (F) もう・・・気絶する・・・
T+1:37 (M) 俺たちはまだ死んじゃいないぞ!
T+1:40 (M) まだ・・・(解読不能)する気なら、奇跡を(解読不能)俺に・・・(悲鳴)
T+1:41 (M) 彼女が・・・彼女は・・・(雑音)・・・くそっ!
T+1:50 (M) 息ができねぇ・・・
T+1:51 (M/F) (悲鳴)イエスさま!いやだ!!
T+1:54 (M) 彼女は、もう・・・
T+1:55 (M) 幸運が・・・(解読不能。「死者に幸あれ」と言おうとしたか)
T+1:56 (M) 神さま・・・水だ・・・死ぬ!(悲鳴)
T+2:00 (F) さようなら(すすり泣き)・・・愛してるわ・・・愛してるわ・・・
T+2:03 (M) 落ち着け!落ち着くんだ!・・・
T+2:07 (M) 緊急着水みたいなもんさ・・・
T+2:09 (M) そのとおりだ、前向きに考えよう・・・
T+2:11 (M) これより着水準備に入る・・・
T+2:14 (M) 馬鹿な!
T+2:17 (M) 手を出すんだ・・・
T+2:19 (M) お前、正気か?俺は・・・俺は・・・
T+2:29 (M) 我らが父よ・・・(解読不能)
T+2:42 (M) 御名の尊ばれんことを・・・(解読不能)
T+2:58 (M) 主はわが羊飼いである・・・
 我は・・・望むべからず・・・
 我、死の影の谷を往けども、主はわが身を緑なるまきばに置きたもう・・・
 我はいかなる悪をも恐れず・・・
 我はその家を住処と為す・・・
T+3:15 (以降、最後まで何も録音されていない。沈黙と静寂)


次の記事:『ワープ』
前の記事:『階上の子どもたち』
[ 2010/12/01 ] 死ぬ程洒落にならない怖い話

[ 8885 ] 移転前のコメント欄1/4

[ 5962 ] NO TITLE
御巣鷹山のボイスレコーダーとか、こういうのとか
神さまなんてこの世に存在しない、と思ってしまう。
痛ましい。
[ 2011/08/14 ] NO NAME ◆-

[ 7097 ]
神は漠然とした自分の心そのもの。善悪を判断する時に善を選んだりする時の判断は自分の心だろ。
神は別に事故にあわないための人に都合の良い守り神なものなわけないだろ…。
彼らは事故に合ってしまった不運だったね、可哀想に、安らかに。
[ 2011/08/28 ] … ◆-

[ 7102 ]
こういう理不尽な死があるからこそ、人間は神を求めるんだと思うけどね。
で、死ぬまで生きるのは、神じゃない人間の義務なわけで。
[ 2011/08/28 ] NO NAME ◆-

[ 9035 ] NO TITLE
人間の義務?
どちらかと言うと権利だろ。
[ 2011/09/17 ] NO NAME ◆-

[ 12768 ]
機械の異常に気付いてたのに直さず、わざと発射させたって話やったかな。
宇宙人の秘密を喋ったかなんかで暗殺されたってどこかで。
[ 2011/11/06 ] NO NAME ◆-

[ 12772 ]
>>12768
仮にそんな秘密があったとして喋った者を暗殺するだけなら、スペースシャトル一機と育成に手間のかかる優秀なクルーごと始末ってのは流石に採算を度外視してないか?
他に幾らでもやり様がありそうだし。
[ 2011/11/06 ] NO NAME ◆-

[ 13964 ] NO TITLE
台湾での梶原一騎の娘の話を読めば、一生トラウマだよ、こんなもんじゃ無い。
人生でかなりの経験のある俺でさえ、トラウマだよ。(経営者であり、高齢者でもある、893も知ってる俺でさえ・・)
[ 2011/11/27 ] 神は自身、人間なんだよ。 ◆-

[ 13968 ] ぷっぷぷー
>>13964
さぞ苦労されたことなのでしょうが私の読解力が低いのか貴方のコメントの文面からは全くその深みが伝わってきません。
ですので若輩者である私にも伝わるように人生の経験とやらを活かして一生のトラウマとやらを簡潔に説明していただけませんか。
[ 2011/11/27 ] ぷっぷぷー神 ◆Hjp6ugFU

[ 13970 ]
>>13964
何故この話のコメ欄に梶原一騎の娘の話を?
全然関係ないんだけど…
[ 2011/11/27 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/11 ] ◆Ahsw8Nok

[ 8886 ] 移転前のコメント欄2/4

[ 15023 ] NO TITLE
これって乗組員のとある方が事前に事故に遭うからいっちゃダメって言われてたらしい。
信じる信じないは自由。
[ 2011/12/15 ] NO NAME ◆-

[ 15628 ] NO TITLE
これを読んで悲劇に思いをはせる「気持ち」は真実で、その真心を否定する意味ではないのですが、
このトランスクリプト自体は、捏造の可能性が高いです。
初出も分かっていて、扇情的なガセネタが多いことで知られるタブロイドだそうです。

参考URL:
ttps://secure.wikimedia.org/wikipedia/en/wiki/STS-51L#Crew_fate
"This was likely fabricated however and no such recording exists"
ttp://www.snopes.com/horrors/gruesome/challenger.asp
[ 2011/12/25 ] NO NAME ◆-

[ 16857 ] NO TITLE
私はストレートに受けて、ボロボロ泣きまくりました。
リアルタイムで見ていたのですが、結局は皆死んでしまったじゃないですか。
可哀そうで涙がぼとぼと....
父なる神様は、きっと何かの意図があって彼らを天国に召されているはずです。
必ずしも生きている事全てだけが幸福とは限らないという考えも聞いたことあります。
[ 2012/01/12 ] NO NAME ◆-

[ 16870 ] NO TITLE
>16857 父なる神様は、きっと何かの意図があって彼らを天国に召されているはずです。

だったら苦しまないように即死させてやれよ神様。
苦しませて絶望と恐怖に陥れ最後に自分に縋らせたうえで楽にしてやるとか、それが神様か。
[ 2012/01/12 ] NO NAME ◆-

[ 17830 ] NO TITLE
>16870 さん
確かに世界中で残酷な死を食らって苦しんで死んでいった人を思うとそうですね。
でも、そう言う死があるのはなんでだろうかと思います。
[ 2012/01/21 ] NO NAME ◆-

[ 20539 ] 神なんて存在しねぇよ馬鹿どもが
ランディローズも空に散ったんだ・・・
[ 2012/02/25 ] CRAZY DOCTOR ◆-

[ 26570 ] NO TITLE
>>13964
うっすらそんなことも聞いたことが有ったな、と思ってググってきた。
葬儀の際にかつらやお面をつけたご遺体だった、などなど本当に凄惨な事件だったのだな…。

>>15628
まじで!?
このフライトレコーダー(?)記録、嘘なんか。
亡くなった事実は変わらないのに、すこしほっとするようなおかしな気分になった。

御巣鷹山のは実際に耳にしたし、もう思い出しただけで胸が締め付けられる。
[ 2012/05/05 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/11 ] ◆Ahsw8Nok

[ 8887 ] 移転前のコメント欄3/4

[ 27456 ]
押す鷹のボイスもほとんど捏造+修正だよ
[ 2012/05/16 ] p ◆-

[ 27457 ]
目撃者は全員 尾っぽの鶴マークを見て日航ジャンボ機だと知る、尾っぽは垂直尾翼だよ 低くしている、旋回→垂直尾翼で調整、高度→水平尾翼で調整
[ 2012/05/16 ] p ◆-

[ 30524 ] NO TITLE
スペースシャトルは前から50回に一度は全損事故が起きるだろうといわれていた。
[ 2012/06/13 ] NO NAME ◆-

[ 31909 ] NO TITLE
>>15023
似たような話があるんだな、確か、SIREN2のシナリオ練りに関わった実話で
数年前、JR車両脱線横転事故が起きる前、とある女の人が見知らぬおばあさんに
「この電車に乗ると死ぬ」と警告されて、恐ろしくなって一本見送ったそうだ。
そしたら、少し後にその電車が脱線、横転して死傷者多数の報が流れて、もしもおばあさんの警告を聞いていなかったら自分も…と、青くなったそうだ。
そのおばあさんは、警告の言葉を残した後、いつの間にか姿を消していたらしい。
…何といえば良いのか…そうやって、警告してもらえる人間としてもらえない人間と何が違うんだろうな…?
[ 2012/06/25 ] NO NAME ◆-

[ 32664 ] NO TITLE
>>5962
神がいないとかではなく、神を信仰していた彼らは死への恐怖をいくらかでも抑えることができたんだろうな。
[ 2012/07/03 ] NO NAME ◆-

[ 32686 ]
このチャレンジャー号の音声記録は、出所がハッキリしてないガセネタ(でっちあげ)だよ。

※27456
その時の音声記録は公開されている。
また、御巣鷹山の事故の他に、世界各地で起きた航空機事故の音声記録を文章に書き起こし解説した「墜落!」という本も出版されている。
一読を薦める。
[ 2012/07/03 ] NO NAME ◆-

[ 38384 ] NO TITLE
ファイマンの本読んだ方がいいね
ちなみにNASAと政府の癒着構造と隠蔽体質が日本の原発事故の構図と似ていた
[ 2012/08/14 ] ニコニコ名無しさん ◆-

[ 38491 ] NO TITLE
>>17830
>>でも、そう言う死があるのはなんでだろうかと思います。

神様なんていない。そういうことだろうな。
でも死ぬ間際に神というものに縋って少しでも気が楽になったり、正気を保つための手段だったりに使えるんなら、「神様」っていうのも全くの役立たずってわけじゃないのかもな。
[ 2012/08/15 ] NO NAME ◆-

[ 38547 ] NO TITLE
ガセなのかは知らんが、元々事故が起こるように?
なっていたとかとか
[ 2012/08/15 ] NO NAME ◆-

[ 41802 ]
神様ってのはいいことばかりしてくれるわけじゃないと思うんだけど....
そこに乗ってた人の全てがなんの罪もなく善良とは限らないし、普通に生きてるだけで人間は罪だらけでしょ。
なんも悪いことしたことがない善良な人でも苦労や世の中の汚い部分を知らない・見えてない人は罪深いと思うし、
悪いことする人でも自分の罪を理解してる人は罪が軽いと思うよ。
[ 2012/09/08 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/11 ] ◆Ahsw8Nok

[ 8888 ] 移転前のコメント欄4/4

[ 41814 ] NO TITLE
ガセっていうかあっちじゃ有名な都市伝説らしい。あとこの手の大事故は常に陰謀論とセットで語られるよね。
それより、この事故の後シャトル製造やNASAと縁のある市で
「チャレンジャー中学校」だの「チャレンジャー記念ホール」だの「チャレンジャー通り」だのと
命名・改名する事例があったようだが、それが慰霊になるというアメリカ人の感性というか
日本人とのメンタリティの違いに驚かされた。
これも一つの精神文化だから批判するわけではないし、むしろ自分らの物差しで測っちゃならんことだけど。
[ 2012/09/08 ] NO NAME ◆-

[ 42011 ]
>なんも悪いことしたことがない善良な人でも苦労や世の中の汚い部分を知らない・見えてない人は罪深いと思うし、
悪いことする人でも自分の罪を理解してる人は罪が軽いと思うよ。

悪いことした人間が悪いことしてない人間より罪が軽いって、そんなんあるわけないだろ。
自分の罪を知ってようが認めて反省してようが犯した事実に変わりはない。世間知らずでも善良に生きてる人間と比べるべきじゃない。
てかそもそもこれはそういう話じゃないと承知なんだけど、このコメントに関してはどうしてもつっこみたかった。
[ 2012/09/10 ] NO NAME ◆-

[ 45561 ]
詩編の聖句か
最後にこれを呟いた時どんな気持ちだったんだろうな…
[ 2012/10/03 ] NO NAME ◆-

[ 47727 ]
こういうの見るとやっぱり宗教はあった方がいいなと思うわ
[ 2012/10/17 ] NO NAME ◆-

[ 51684 ]
あー…この事故、自分、小さい頃中継だったかニュースだったかで見てうろ覚えながら痛ましかった。
地上でwktkしながら見てた船員たちの家族の阿鼻叫喚の悲鳴…。
[ 2012/11/17 ] NO NAME ◆-

[ 56422 ] NO TITLE
神様が何かしてくれるわけじゃない。
危機を救ってくれる便利な存在は無い死に直面した時、神にすがることで、恐怖と苦痛を和らげる事ができる
それは必ずしもキリストやアッラーとかじゃなくていい
自分の信じる者、愛する者に思いを馳せて、心の苦しみを和らげる
戦争では、死の間際の兵士は「お母さん」と呟くという
妻子や恋人の写真を固く握り締めるという
お母さんでも、お父さん、爺ちゃん婆ちゃんでも、恋人でも
心に深く刻んだ人が、最期の時に魂を救ってくれる「神」になるのではないかと
それが「信じる者は救われる」って事なのかなと。だから、つまり、みんな愛し合おうぜ!
[ 2012/12/22 ] NO NAME ◆-

[ 56475 ] NO TITLE
>56422
どちかっていうと日本の神への願掛けって西洋的に見ると悪魔との契約っぽいよね
[ 2012/12/23 ] NO NAME ◆-
[ 2013/03/11 ] ◆Ahsw8Nok

[ 12825 ] NO TITLE

>56475
西洋は造物主以外認めてないからね。
それ以外のものは全部悪魔扱いだから。
自分を作った造物主以外の大きな力の存在に、供物を供えて守護や鎮魂をお願いしていると考えると
まあ悪魔との契約と変わらんわな。
[ 2013/04/09 ] ◆-

[ 12839 ] NO TITLE

>>56422
愛するパートナー・・・いない(´・ω・`)
いないことを改めて痛感して、切なくなったよコノヤロー(´;ω;`)
[ 2013/04/09 ] ◆-

[ 22282 ] NO TITLE

>>12839
「神は死んだ」と言われるのは
ややこしい時代で、人同士の繋がりが希薄になったのが関係してるのかな…( ;д;)
[ 2013/07/06 ] ◆-

[ 25045 ]

>12825
キリスト教は自分を律したり赦したりする装置として機能していて
日本的な神仏信仰みたいに供物を供えて見返りに何かをしてもらうって発想はないんだよ

キリストでは他宗教=悪魔って話じゃなくて、宗教観が違うという話だと思う

安易に見返りを求めるのは確かに悪魔的とも言える。新興宗教はまさにそこに漬け込むし
[ 2013/07/31 ] ◆wufkTsTA

[ 44975 ]

日本でいうなら死に直面した時に念仏を唱えるとか
怖い話でも普段は信じてないというか意識もしてないけど恐ろしいことにあって
何か知ってるお経を唱えてみるなんてよくあるけどそういうことだと思う
神の存在の是非なんか問題じゃないしこの人が普段から神を信じてたかもわからない
ただ何か大きな存在に縋ることで、少しでも死の間際の救いになるならそれが全てじゃないかな
[ 2014/02/25 ] ◆-

[ 53591 ] NO TITLE

あの事故は正直今でも軽いトラウマを引きずるくらいの衝撃だった。
あれ以降打ち上げを見るのがかなり長いこと怖くって、10年以上経って
ようやくいくらかショックが薄れたかと思っていたら、今度はコロンビア号…
よく言うが、人間のやることに絶対安全は本当にないんだなと思った。
日本人でもああいう境遇に陥ったら、神仏に縋りたくなるだろうね。
もう駄目だ助からないとわかっていたとしても。
[ 2014/06/10 ] ◆-

[ 53678 ] NO TITLE

雲一つない抜けるような青空と長く落ちていく白い雲が印象的だったな
[ 2014/06/11 ] ◆-

[ 58799 ] NO TITLE

御巣鷹山での事故が引き合いにされて思い出したけど
その時に亡くなった坂本九が、列車に乗っていると見知らぬ老人に
「車両を移れ」と言われて移った直後に列車は脱線したけど、
車両を移ったお陰出で坂本九は無傷だったという話があったなぁ……


と思った後に、ボイスがガセって見てしょんぼり
[ 2014/08/05 ] ◆-

[ 60121 ] NO TITLE

ガセかよ
嘘でもやっていい事と悪い事ってあるよね・・・。

まてよ、ガセネタというのが嘘だったりして
[ 2014/08/19 ] ◆-

[ 61208 ] NO TITLE

でも本当ならやっはさすがアメリカの
ミッションスペシャリストと言うだけある
たった1回宇宙に行くだけで何年も何年も訓練する
マッハで戦闘機できりもみなど体感させ何年もくりかえし過酷な訓練を耐えて
ジェットコースターの何倍もの体感速度中冷静な判断が出来るよう訓練する。
レッドアウト・ブラックアウトなど

あの状態の中 これより着水準備に入る・・ 

さすがミッションスペシャリストだ最後の最後まで戦ったんだよ
一般の人なら気を失ってる

こんなに過酷な訓練に絶えてきたクルー達がこんな事故で亡くなったのは悲しすぎる
スペースシャトルのミッションスペシャリスト達は英雄その物だ
[ 2014/08/29 ] ◆-

[ 64347 ] NO TITLE

>>25045
神仏拝んで見返りってのは後のこと
っていうか戦後日本人ほど日本のことを知らないわけで
元々は自然に感謝する習わしで日本の文化に残ってる
プレスコードがすべて日本を悪く書き換えてしまったんだよ
戦前と戦後の歴史教育はまるで違うんだぜ
卑弥呼や邪馬台国とか書かせてるのは戦勝国側にたった改悪された日本否定の歴史史観ですべて始まってる
田母神さんがわかりやすくプレスコードを示してるから見てみ
日本人はネット天下の情強時代になっても祖国日本に関して情弱なんだよ
テレビや新聞や雑誌は無視して出所や出典、著者の出自が信頼の置ける内外の書籍を読むことだ
西洋と比べて日本ほど懐が深く寛容な民族はいない
おおらかな竹取物語と厳格なロミオとジュリエットの差異でよく語られる
山里と言う物の考え方で自然を利用し感謝しながら共生する日本は自然観に正義を見いだし
種が絶滅するまで狩猟する人主体の西洋は自己の都合による主張こそが正義なので彼らに道義と言う本来の正義は存在しない
軍艦に主に土地や自然現象を名付けるのが日本なら西洋は主に人の名をつける
昔から物や動植物や自然などに魂を入れたり擬人化して生物としてとらえるのは日本が顕著だよ
動物など食材や針やはさみなど道具を供養するのも日本特有で感謝に他ならない
金だって今でこそ拝金主義で西洋的に多い方が勝ちみたいに思うが
昭和の初めは必要以上いらないと言う人も多かったと書かれているし
江戸時代に宵越しの金は持たないって言ったのも
金は欲によって心を汚す悪い物だっていう価値だったのでため込んで残すということをしなかった
今の俺らには信じられない日本があったんだよ
[ 2014/10/02 ] ◆-

[ 64353 ] NO TITLE

64347
いや昔から見返り云々はあったぞ
陀羅尼を唱えてたら難を逃れたとか、なんとかを信仰すると極楽いけるとか少なくとも平安時代から言われてた。江戸なんかだと現世利益で神仏にに流行り廃りがあったり。
言ってることの全部を否定する気はないけど昔の日本に夢を見すぎじゃないか?西洋にも森林信仰的なものがあるし、あと日本人はおおらか且つ厳格だよ。
竹取り物語だって、ジョウガ伝説云々はおいとくとして、結局は天界人と汚れた下界人は決して交われないって話。
自由恋愛にも見えるけど求婚者、姫の家の権勢も目当てだよなあ。
しかしなんでこれとロミジュリを比較するの?狂言とか能とか浄瑠璃とかじゃないの?
あと江戸の宵越しは、そうすることが格好いい、粋であるっていうやせ我慢的発想と、火事が頻繁にあったため火事で焼けるくらいなら使っちまえていうやけくそがマッチしたものでもあるよ。
江戸人て富籤好きだし。まあ江戸以外ではない発想だよね、宵越し。
田子母さんとかより古典や国史の本読んでみ。面白いよ。背景を理解してから古典を読むと昔の日本がよくわかるはず。
自分的には戦前戦後より、明治で一度日本文化を否定してるのがいかん気がする。
あと、全く関係ない話を長々とすまん。
[ 2014/10/02 ] ◆-

[ 64494 ] NO TITLE

西洋の森に関する認識は、悪魔の巣窟だぞ。西洋つうか、ローマな。ガリアにいたケルト系に面倒かけられたうえ、最初のころローマを焼け野原にされたからな。ローマ人にはケルト=森でのゲリラ戦&ドルイドていう認識があって森が嫌いだったらしく、切っても切ってもいつの間にか増えるていうのも怖かったらしい。あと暗くて方向がよくわからないのも嫌だとか。まあ基本わがままだな。
中世でもその影響は残っている。森には怖い狼や悪い魔女、悪魔や恐ろしい妖精が住んでいる。後悔しはじめたのは、二十世紀も終わりに近づいたころよ。

例えば、日本の樵は山の木を切るのに神に伺いを掛ける。切りたい木の幹に斧を立て掛け、一晩経って斧がそのままならば木を切る。倒れていたなら諦める。
森に神が住んでいる日本とは違うなあ。つか、キリスト教の影響をガン無視してもなぁ。つか、いまさらキリスト教は寛容な宗教ですよって言われてもなぁ。ジョークにすら聞こえない。
[ 2014/10/03 ] ◆-

[ 64735 ] NO TITLE

キリスト教は天啓降りた言うてそんな理由で侵略戦争しまくってたから怖いわ
キリスト教の教えはアニミズムで育った日本人にはあまり合わないよ
日本の仏教だってアニミズム混じった独自の仏教になってるしね
後、拝んでお供えしての見返りって言うけど、それで見返りがなかった場合に神様仏様のせいにしないから、見返りって言葉はちょっと違う気がする
[ 2014/10/05 ] ◆-

[ 64736 ] NO TITLE

世界は空飛ぶスパゲティ・モンスターが作ったのです。
[ 2014/10/05 ] ◆-

[ 71362 ]

がっつり仏教徒だから神の解釈があまりわからんが…この話というよりもリアルタイムの
事故そのものが洒落怖なんだろうな。タブロイド紙って時点で捏造はあると思った方がいいけど
[ 2014/12/29 ] ◆-

[ 115263 ] NO TITLE

理不尽な死も何も勝手に飛んで落ちて死んでも知らんわって神様怒るわ。自由(自己責任)だろ
[ 2016/07/19 ] ◆-

[ 115274 ] NO TITLE

江戸時代の江戸の人は、宵越しの銭は持たなかったけれど、金は持った。今の価値でいうと三百万くらいの貯金はあったらしい。
ちなみに、人足として十日ほど働けば、一家四人くらいが一月暮らせるくらいの稼ぎになったらしい。残りは適当に遊んでたって。

金なんか持つなっていうは、坊主の説教らしい。金なんか持っていると欲がついてよくない。人間身一つあればなんとかなる。だから喜捨しろってな。
[ 2016/07/19 ] ◆-

[ 115278 ] NO TITLE

>我、死の影の谷を往けども、主はわが身を緑なるまきばに置きたもう・・・
原爆が投下された日の夜、救護所で女学生の集団がこの聖句を使った讃美歌を歌いながら亡くなったって話を思い出した。
自分はこういうまとめを見てるくせに神仏も霊現象もほとんど信じてないけど、
極限状態にある人の心の支えになるなら宗教にも意味があるとは思う。
[ 2016/07/19 ] ◆-

[ 119656 ] NO TITLE

「宇宙兄弟」の中にこの話を元にしたらしいエピがあったな。正反対な内容だった。
[ 2016/09/16 ] ◆-

[ 119667 ]

20年以上前の話ですが、ロスにいた頃、リトル東京の土産物屋をひやかしに行って、チャレンジャー号に搭乗していた日系人、オニヅカ大佐の記念碑?に遭遇して、「あっ・・・」ってなった。
私は、記念碑の存在を知らなかった。
また、そこの通りの名も「オニヅカ・ストリート」だった。
別に記念碑自体や、その周りの雰囲気も普通なんだけど、なぜか胸にくるものがあった。
たぶんオンタイムで爆発の瞬間を見ていたせいもあると思うけど...
あと、リトル東京のすぐ裏が、死ぬほど治安が悪いことにも驚いた。
[ 2016/09/17 ] ◆-

[ 121039 ] NO TITLE

>>64347
絵に描いた様なネトウヨさんっぷりですね・・・
卑弥呼や邪馬台国が改悪された歴史とか、目眩がするかと・・・
日本を侮辱しているのは貴方の方なのでは?
竹取物語とロミオとジュリエットを比較して日本は大らかだとか、自分で言ってて違和感とかないんですかね?
宵越しの金についてのむちゃくちゃな解釈も笑ってしまった・・・
田母神さんが分かり易く示してる~とか言っているところでもう笑ってしまうけど・・・
こういう方が目を覚ます事はないのでしょうか。それこそ神に祈りたくなってしまう気分です。。
[ 2016/10/08 ] ◆-

[ 121046 ] NO TITLE

卑弥呼や邪馬台国の記述があるのが魏志倭人伝だからなあ。
中華も纏めきれない王朝だもん。それを直に国史とするのは違和感があるなあ。
卑弥呼→日御子→天照大神≒天皇オオキミ
邪馬台国→ヤマタイ国→ヤマト国 とか色々言われてるよね。

主なりアラーなり八百万の神なり、自分より上位の存在を信じ尊ぶのは基本重要な事だと思うわ。
人文主義も大概にしないとなあ。
[ 2016/10/08 ] ◆-

[ 121057 ] NO TITLE

卑弥呼も邪馬台国も他に資料がないんだから現状国史としても良いと思うし、国史とする事がどう改悪歴史になるのかに至っては全く見当もつかない

>>64494
誰もキリスト教を寛容な宗教だと言ってないのでは?
[ 2016/10/09 ] ◆-

[ 121058 ] NO TITLE

>>121039
絵に描いた様なパヨクさんっぷりですね・・・
こういう方が目を覚ます事はないのでしょうか。それこそ神に祈りたくなってしまう気分です。。
[ 2016/10/09 ] ◆-

[ 121067 ] NO TITLE

>>121058
あれが左翼に見えるって凄いね。
なんかもう、自分の中の理想の日本像を邪魔する理屈は真偽に関わらず全て左翼扱いするのかね。
そういう人は事実を重視する歴史に口を出さないでほしいね。
[ 2016/10/09 ] ◆-

[ 121092 ] NO TITLE

宵越しの金は持たないって
今日稼いだ金全部使っても明日稼げばなんとかなる!江戸は豊か!凄い!
って自慢では?
まあ焼け太りだけど
[ 2016/10/09 ] ◆-

[ 123817 ] NO TITLE

この飛行士達の祈りを読んで、カラマーゾフの兄弟の有名なくだり「大審問官」を思い出した。「罪のない者に涙を流させることも是とする、そんな高い入場料を払ってまで、神様を信じたくはない」という主張だ。勿論、この飛行士達は危険を承知でチャレンジし、この失敗は成功の礎となっただろう。これを悼むと供に讃えるのがアメリカ式。飛行士達が最期に神様に勇気付けられたことを願う。

‥ところで話は変わるが、一神教は、神様と人間の関係性だけで(ま、ときには悪魔も)、信仰や教義の厳守が要になるが、日本やギリシャ神話のような多神教では、まず神様同士の関係性やらドタバタやらがあって、人間に対する関心は二の次‥だから人間による信仰はあまり重要視されない(正確には知らないけど)。現在のように世界が宗教戦争再来?みたいな事件が多発するのを見るに付け、多神教の国でよかったとつくづく思うよ。
[ 2016/11/23 ] ◆-

[ 124075 ] NO TITLE

>17830

だから、神なんてこの世にいないか、苦しませて殺してる段階で善なる存在だなんて思えないわ。
その答えが分かってから神様勧めてくれ。
[ 2016/11/27 ] ◆-

[ 124081 ] NO TITLE

何やら難しい米欄。
他文化、他宗教はとりあえず尊重するよ。よほど危険な思想でなければ。
死の間際に、信心している神への祈りが口を突いて出るのは、少しうらやましいとも思う。
その人の魂の救いになっているよ。

[ 2016/11/27 ] ◆-

[ 124122 ] NO TITLE

>>27457
圧力隔壁が吹き飛んだ時に垂直尾翼もほぼ丸ごと一緒に消し飛んでるのに
その自称目撃者はどうやって鶴丸マーク確認したんだろうな?
[ 2016/11/28 ] ◆-

[ 129786 ] NO TITLE

>>64347

対日戦勝国代表のアメリカなんかは軍艦には州名、巡洋艦には都市名で人の名前が冠せられてるのは駆逐艦と一部空母くらいだ。
だいたい旧軍が艦船に偉人の名前を付けなかったのって沈んだ時にその人に申し訳ないとかそういう理由だぞ。
[ 2017/02/23 ] ◆-

[ 136998 ]

個人的には、周りのものに感謝しています。自然に人に。

[ 2017/06/10 ] ◆-

[ 137021 ] NO TITLE

いやいや、江戸町人は宵越しの「金」は持ってたよ。持たないのは「銭」。
確か世帯平均3両くらいのタンス預金は持ってたって話だよ。
ちなみに、江戸の町人は10日から15日働けば、家族四人暮らせるだけの稼ぎがあったらしいよ。まぁ昔の土方だから重労働だけど、その分休みや早退(夏場は暑いから半日で帰ったりしていたらしい)には割と柔軟に対応してくれたらしい。
[ 2017/06/10 ] ◆-

[ 137053 ] NO TITLE

そう。火事が多かったので、「物」は焼失を諦める必要があるだけに、「金」を持ちました。
江戸時代中期には、御大尽のことを、上方では「物持ち」、江戸では「金持ち」と表現しているものがあります。

ところで、「宵越しの…」は、江戸市民全員ではなく、羽振りの良い大工さんの話でした。
火災後に大仕事が舞い込みますので、ブイブイ言わせて(死語だね)散財することもあった。
たまに羽目を外してしまう夫を支え、家計を守る奥さんの苦労の上に、江戸の町は成り立っていたのですね。
給与が現金支給だった頃のボーナス日の夜の、新橋や新宿のサラリーマン達と同じですよ。
[ 2017/06/11 ] ◆-

[ 138792 ] NO TITLE

勝手に崇められて勝手に絶望される神様ェ・・・
[ 2017/07/02 ] ◆-

[ 141821 ] NO TITLE

>>124075
救おうと思えば救える、けど別に救わなくても困らない
人が踏まれそうな虫を気まぐれに茂みに投げ込むのと一緒
もし神様がいたとしてもあっちからしたらそんな程度の事でしかない
神様が(人にとって無条件で)善だとか救わないからいないとかどれだけ主観的なのか
邪神破壊神なんてあちこちに腐るほど伝承がある
恥ずかしいコメントする前に世界各国の神話でも読んできた方がいい
[ 2017/08/08 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー