怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

『村のタブー』『賽銭』


∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part23∧∧

『村のタブー』
255 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2005/11/03(木) 19:23:01 ID:rO1C5HLt0
知り合いの話。

彼はその昔、仕事で南米に赴任していたことがある。
さしたトラブルも無く無事任期を勤め上げたのだが、何度か不思議な事柄に遭遇したのだという。

取り引きのため、奥地の集落を訪れた時のこと。
村に入る前に、現地のガイドがおかしな注意をしてきた。
「ここにいる間は絶対に火を起こさないで下さい。
 絶対にです!ライターすら使ってはいけません」

どうやら、その集落では火がタブーとなっていたらしい。
ガイドに聞いたところ、その村には火の神様がいるのだと。
普段は寝ているので大人しいが、集落内でちょっとでも火の気が上がるとたちまち目を覚まし、一頻り暴れてから再び眠る。
火神だけにその暴れ様は恐ろしいもので、過去に何度も大きな山火事が発生しており、被害も尋常ではなかったのだとか。

どうしても火を使わなければならない時は、村から数キロほど離れた専用の岩場で扱っているという。
どうしてこんな不便な所に人が住むのだと聞いてみると、
「逃げても神様が追いかけてくるから、どこでも一緒なんです」とのことだった。

「仕事は順調に運んだけど、煙草が吸えなかったのがキツかったな。
 しかしああなると、守り神なのか祟り神なのかわからないね」
そう言って彼は笑っていた。
風の噂では現在もう件の集落は失くなり、深い森となっているそうだ。


『賽銭』
286 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2005/11/04(金) 22:53:30 ID:YNbdaL/j0
友人の話。

彼女の実家は山奥深い村だ。
今は廃村となってしまったが、そこで奇妙な物を幾度となく見たという。

山中の神社で隠れん坊をしていた時のこと。
隠れていると、境内から「あっ」という驚いた声がする。
何事かと見やると、鬼役の子が参道で立ち竦んでいた。
その傍を大きな真っ白い猿が、堂々と歩いて通り抜けてくる。
背筋をピンと伸ばして二足歩行。妙に人間臭い歩き方だったという。
猿は宮の前まで行くと、賽銭箱に何やら投げ入れた。コトンと硬い音。
そして少しの間、頭を垂れる。願掛けでもしているのだろうか。

やがて見守る子供たちを気にかけた風もなく、猿は神社から出て行った。
自分たち子供を含め、周りの大人より余程立派に見えたのだそうだ。


次の記事:『病院内の公衆電話』
前の記事:『女の子を出産した』2/2
[ 2017/11/12 ] 山にまつわる怖い話・不思議な話

[ 149862 ]

猿「来年もボスでいられますように」
[ 2017/11/12 ] ◆-

[ 149863 ] NO TITLE

「めちゃイケ終わっても仕事がありますように」
[ 2017/11/12 ] ◆-

[ 149869 ] NO TITLE

「チャンピオン返上してもヨメと仲良くくらせますように」
[ 2017/11/12 ] ◆-

[ 149870 ] NO TITLE

寝てるくせに追いかけてくるとは器用な神様やな。
しかし人類とていつまでも荒ぶる神を恐れてばかりではないわ
文明の利器・電熱線をくらうがよい。(電気コンロとIHヒーターって別物なのね)
[ 2017/11/12 ] ◆-

[ 149873 ]

アイコスもあるよ!
[ 2017/11/12 ] ◆-

[ 149878 ] NO TITLE

その白いお猿さんは神様だったんでしょうが、
それなら何故神様が神様に願掛けを?
神社に何が祀られていたのか私気になります!
[ 2017/11/12 ] ◆-

[ 149904 ] NO TITLE

白い猿は別の神社か山の中から来た神様かな
[ 2017/11/12 ] ◆-

[ 149906 ] NO TITLE

サルの怪異は敵対的なのが多いけど白い個体は友好的なケースが多いですね
白いサルといえば、すなわちハヌマーン。納得できます。仏様は大切にしましょう
[ 2017/11/12 ] ◆-

[ 149907 ] NO TITLE

逃げても追いかけてくるならその村に住んでる人達の家系に憑いてる神様なのかね
[ 2017/11/12 ] ◆-

[ 149908 ] NO TITLE

>『村のタブー』

村人一同で都市部に移転したらどうなるんだろうか?
[ 2017/11/12 ] ◆-

[ 149910 ]

猿つかい「新しい芸の実地訓練終了!」
[ 2017/11/12 ] ◆-

[ 149912 ] NO TITLE

川又千秋『邪火神』 (角川文庫) じゃん。

「第二次世界大戦直前、僕の尊敬する博士が、南洋探険からみやげに持ち帰ったのは奇怪な火だった。火はそれ自身生きており、いけにえさえ要求する恐るべき火だという。」

最後は広島の人々をいけにとして貪り喰らう。

何か共通の元ネタがあるんだろうか?
[ 2017/11/12 ] ◆-

[ 149924 ]

白い動物は神の使い、もしくは神そのものの化身だと言われているね。
蛇、兎、狼、犬、狐、牛、インドでは象もか。
突然変異で色素欠乏症に生まれた人間も神の使いとして崇められたり、妖だと迫害されたりしたというエピソードもある。
それはさておき、白い猿で、しかもちゃんと参拝ができているということは、かなりの霊格(神格)がある存在なのではなかろうか。
[ 2017/11/13 ] ◆-

[ 149946 ] NO TITLE

>「逃げても神様が追いかけてくるから、どこでも一緒なんです」
>村から数キロほど離れた専用の岩場で扱っている

岩場「え。。。」
[ 2017/11/13 ] ◆-

[ 149960 ] NO TITLE

149946
村人全員で移動したら追いかけてくるということ
[ 2017/11/13 ] ◆-

[ 150060 ] NO TITLE

仏と違って神は祟るかんなぁ。
[ 2017/11/15 ] ◆-

[ 150080 ] NO TITLE

150060
祟り神とか沢山いるやん。日本の神様はすぐ命を取っていくぞ。
神様からしたら人間は蟻みたいなもんだから。
[ 2017/11/15 ] ◆-

[ 150201 ] NO TITLE

>>149912
んなモン、土産で持って帰るんじゃねえよw
[ 2017/11/17 ] ◆-

[ 150291 ]

土産に持って帰った訳じゃなくて勝手に憑いて来たんじゃなかったか
原住民が娘を生け贄に捧げようとするのを「迷信だ!」って止めさせようとした若い助手が火に呑まれて結果的に生け贄を捧げ、それを気に入った邪火神が日本まで勝手に付いてきた
そして東京の博士の家で怒らせないよう活発にせぬよう蝋燭に灯して安置してたが博士が亡くなり誰も新しい蝋燭を与えずそのまま火は行方不明になりー
最後は1945年3月10日の東京に顕現したんじゃないかと匂わせて終わる
[ 2017/11/18 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー