怖い話まとめブログ ロゴ

怖い話や不思議な話をまとめて紹介するブログ

このブログについて  怖い話&不思議な話の投稿掲示板  雑談掲示板

『祖母の来客』


こんな時間だけど俺の不思議な体験を聞いて欲しい
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1454176866/

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:01:06.950 ID:sJMGdF1s0.net
目が覚めちゃったから垂れ流す
かなり昔の不気味だし不謹慎な事もでもあるから身内にも言ったこと無いんだけど
端的に言うと
死んだはずの人が生きてた事になってたって話


15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:07:39.585 ID:sJMGdF1s0.net
今から大体15年位前の金曜日の夜
当時実家暮らしだった時に祖母から来客が来るって話があった
その人は祖母の遠い縁の女性で
戦争で結婚したばかりの旦那さんを亡くして一人になり
その後は再婚せず子供もいないまま一人で生きてきて
最近まで俺の家から遠い場所に住んでいたけど体が弱くなってきて
最期は旦那さんとの思い出がある場所で過ごしたい、という話になり

折角だから途中にある俺の家に挨拶に来る、という話だった


20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:11:54.165 ID:sJMGdF1s0.net
ごめん、さっき起きて打ち込んでるから遅い

その人(以下おばさん)はかなりの年の割にまだまだ元気で
私よか長生きするだろねー、と祖母は笑ってた
俺にとっては単なる祖母への来客だからあまり気にしなかったけど
あんたも挨拶しなよー、と祖母に結構念を押されたのを覚えてる


22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:15:13.449 ID:sJMGdF1s0.net
んで土曜日、確か昼過ぎ位

母親に起こされた。俺は金曜夜の祖母との話の後夜更かししてその時間まで寝てた
お客さんが来たから挨拶しろと、要はおばさんが来たらしい

俺は二階で簡単に寝癖を直して着替えて、下の和室に行った


24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:20:38.648 ID:sJMGdF1s0.net
和室の襖を開けた時、昨日まで重かった襖が軽い力で動いた
祖母が来客だと気合を入れて掃除して襖の溝にも蝋を塗ったらしい
でもそんな事俺は知らなくて、いつもの力で襖を開けようとした
要は力が余計過ぎて、襖をスッパーーーーン!!と思い切り開けてしまった

和室では驚いた顔のおばさんと祖母が俺を見ていた
気まずくて申し訳なさもあったけど俺はちょっと笑いつつ

「こんにちは、遠路はるばる」みたいな挨拶をした


27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:25:09.692 ID:sJMGdF1s0.net
おばさんは確かに年齢より若そうだった
和室の座布団にピシっと正座していた
そして物凄く驚いた顔でこっちを見ている
確かに俺が驚かせてしまったけれども、ちょっとオーバーな気もした
目を思い切り見開いて、口もなんだか半開きで
信じられない物を見ている様だった

俺もなんだか動けなくて、挨拶してから10秒位はたったままだった

そしたらおばさんが倒れた


30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:33:08.334 ID:sJMGdF1s0.net
正座していたから倒れたっていうのはおかしいかもしれないけど

こう、体の力が抜けてへちゃっと崩れるような感じ
驚いておばさんに近寄る祖母と俺の後ろから駆け寄る母親
俺は「え?俺のせい?」と思いながらもおばさんに近寄った

おばさんは心配する祖母も母親にも見向きもしなかった
崩れた後も俺をひたすらに凝視して、更に泣き出した

俺がおばさんの手の届く距離でしゃがんだ時に、すっと俺の手を両手で握った
嗚咽を漏らしながら俺の手を摩る様に、まるで存在を確かめる様に
大泣きしながらだから全く聞き取れなかったけど
誰かの名前を呼んでいる様に聞こえた


33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:38:05.775 ID:sJMGdF1s0.net
おばさんが倒れて(崩れて?)からちょっとだけ経ってから
おばさんの体調が良くないのでは、との両親祖母の判断で病院に行く事になった
俺は詳しく知らなかったけどおばさんは心臓が良くなかったらしい
体に負担が掛かったから、という見方もあったかも
俺は蚊帳の外に置かれて、おばさんは救急車で病院に行った
救急車がサイレンを鳴らしていなかったのを覚えてる


37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:45:16.028 ID:sJMGdF1s0.net
夕方頃になって、父親だけが帰って来た
父親が、おばさんは大丈夫だという事、お前に会いたがっていると言った

なんで俺なのか分からなかったけど、お見舞いが出来るなら行くべきだと思って
俺も病院に向かった

その頃には夕方になっていたと思う


39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:50:15.352 ID:sJMGdF1s0.net
病院に着いたのは太陽が沈み始めてる位の時だった
その日の昼に運ばれてその日の内にお見舞いが出来るのか?と思ったけど

俺は病室に通された
個室だったのかは曖昧だけどおばさんは一人でベッドに寝ていた
おばさんは俺をみると「○○ちゃん?」と俺の名前を呼んだ
おばさんのまともな声を聞いたのはそれが初めてだった


42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 03:58:20.905 ID:sJMGdF1s0.net
俺がそうだよ、と答えると
「そうよね、○○ちゃんだよね、ごめんね」と言った
おばさんが半身を起こそうとしたので、ベッドの半分を起こして手助けした

今考えるとその部屋には俺とおばさんしかいなかった
おばさんが話始めた
・俺が亡くなった旦那さんの生き写しの様に似ている事
・初めて旦那さんと会った時、旦那さんもうっかり襖を思い切り開けた事
・俺が照れ隠ししながら言った挨拶も、当時の旦那さんとまるで同じ内容だった事
・過去の愛していた人が目の前にまた現れた様に見えてパニックになってしまった事

そして気付いたら涙が止まらなくなってしまった、と、うっすらと涙を流しながら語ってくれた


44 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 04:04:17.080 ID:sJMGdF1s0.net
おばさんは語りながら何度も謝った
変な話でごめんね、おかしいでしょう、不気味でしょう、ごめんね、と
俺は変じゃない、としか言えなかった
おばさんは俺の目をじっと見ながら、微笑んでくれた

いつの間にか両親達が入ってきて、
おばさんは一応大事をとって病院に泊まることになった、と言った


46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 04:09:21.706 ID:sJMGdF1s0.net
両親は俺に、明日もお見舞いに行こうと提案して来て俺も了解した
俺が旦那さんに似ているなら、会えばおばさんが元気になるかも?と思った

最期に病室を出る前におばさんにお願いされた
おばさんが手を広げて来たので近寄ると、おばさんは両手で俺の顔に手を添えて
優しい笑顔で微笑んだ

また俺と旦那さんを重ねている様だった


47 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 04:12:47.389 ID:sJMGdF1s0.net
家に帰った後も、色々な事がありすぎて途方に暮れた様な感覚だった
晩御飯も食べてテレビも見たはずだけど、どこか曖昧になってしまう

兎に角明日もお見舞いに行こう、明日の予定はキャンセルして・・・
風呂に入って、かなり早い時間に布団に入った


ここから更に不可思議な話になります


50 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 04:20:35.090 ID:sJMGdF1s0.net
俺は森の中を歩いていた
何処だか分からない、何のために歩いているのかもよく分からない
だけど俺の前後にも人が沢山いて、皆歩いている
歩いているといきなり轟音が鳴り響いて俺は伏せた
何故伏せなければいけないのか、分からないけど伏せなくれば!!と体が動いた
ふと後ろを見ると俺の後ろにいた人が倒れている
俺は反射的にその人に駆け寄って、半ば引き摺る様に前進した
何度もその人に話し掛け、怒鳴りつけた、その人が誰かも分からないのに
まるで誰だか知っているかの様に、ここじゃ死ねないだろ!死ねないだろ!!
「△△△がいるんだろ!!」と怒鳴っていた、内容はよく覚えていない
自分の声も掻き消される様な爆音と轟音が響いていた


52 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 04:29:23.841 ID:sJMGdF1s0.net
どれだけ歩いたかも分からなくなった頃、爆音が終わった
俺はまたひたすらその人を引き摺って歩いていた
するとやや平地の様な場所に出て落ち着けた、いや落ち着きたくなった
その人の体を見ると、特に怪我だとかは無くて死んでいる様でもなかった

後ろから同じ格好をした男が這って近付いて来て俺に話し掛けた
「××、生きてるか」と
「俺は良い、こいつはどうだ」と俺は返した
「こいつも生きてる、ああ全く」とそいつが返した

だけどその直後、男は俺の顔をまじまじと見た後、その人の顔を確かめた
その人の胸?か服を確認した後、驚愕したような顔で男が叫んだ

「お前は誰だ!?」と


54 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 04:34:48.250 ID:sJMGdF1s0.net
その瞬間に俺は俺が異常な体験をしている、と確信した
俺は日本に暮らしていてこんな場所は知らないし××なんて名前じゃない

これは夢なのか、と思った時、俺の背中が爆発したような感覚が襲ってきた
宙を舞う俺、それを地面で見ている男、最後まで顔をハッキリ見る事がなかったその人

しばし飛んで、地面に落ちて、そこで目が覚めた


56 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 04:41:20.343 ID:sJMGdF1s0.net
端的に言って夢だった、時間は昼頃、汗をびっしょりになっていた
戦争で亡くなった人の話を聞いたからこんな夢を見たんだ、とぐったりしていた

そうしたらドアの外から俺を呼ぶ声が聞こえた
母親が俺を呼んでいて、お見舞いの話か、と俺はドアを開けつつ返した

すると母親はとぼけた顔で「お見舞い?誰の?」と
俺が「おばさんのお見舞いだろ?」と言っても「どのおばさん?」だと

昨日来客で遠方からおばさんが、と言ったら母親は変な顔をして
来客は今日だ、もう来てるよ?と言った


57 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 04:46:05.656 ID:sJMGdF1s0.net
意味が分からなかった、曖昧な返事をしてそのままドアを閉めて、カレンダー機能付きの時計を見た
確かにその日は土曜日で、時間は昼

本当に訳が分からなくなりながら、兎に角着替えて、一階に降りた
母親に促されて、襖を開けた
その時も力が余計過ぎて、襖を思い切り開けてしまった

和室には三人いた

祖母と、見覚えのあるおばさんと、知らないおじさん


60 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 04:51:04.318 ID:sJMGdF1s0.net
三人は驚いた顔をしてこっちを見ている
おばさんは俺の記憶のまま、ピシっとした姿勢で正座していた
おじさんは少しリラックスした様子で胡坐をかいていた

俺は凄いデジャヴを感じながら「こんにちは、遠路はるばる・・・」と挨拶した
俺の記憶ではこの後おばさんは泣き崩れたけど

おばさんとおじさんは見つめ合って、そして愉快そうに笑い始めた


63 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 04:57:17.288 ID:sJMGdF1s0.net
祖母が言った
「ほら、似ているでしょう」と

おじさんは笑いながら
「たまげた、俺の若い頃にそっくりだ!」と

おばさんは口を手で押さえながら
「とんでもない、まるで貴方が若返ったみたい」
「あなた、おぼえとります、あなたもはじめ、襖をああやって開いたのを」
「そしたらあなた、この子とおんなじ事言って・・・おどろいちゃうわぁ!」と

おじさんはとぼけていたけどおばさんと仲睦まじく、話している
俺は顔は笑っていた様な気がするけどパニックになっていた


65 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 05:01:44.350 ID:sJMGdF1s0.net
その後おばさん、おじさんと話して聞いた事

・おじさんは戦争には行ったが捕虜になってから無事に帰って来た事
・帰国して夫婦二人で生活し、子供もいる事
・おじさんの仕事の都合で遠方に居を構えたが晩年は故郷で暮らしたい
・そして引っ越しの途中でこの家に来た

祖母も金曜夜には来客で夫婦が来る、と話したはずだ、と言っていた


66 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 05:05:08.954 ID:sJMGdF1s0.net
俺はもう不思議な感覚に襲われて一杯一杯だった
でも「おじさんは戦争で死んでおばさんだけが家に来て倒れただろう」

なんてとても言えなかった
おばさんとおじさんはそのまま普通の来客として夕方前まで家で過ごして
普通に帰って行った


68 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 05:08:22.550 ID:sJMGdF1s0.net
これで話はおしまい

おばさんもおじさんも既に亡くなっていて、誰にも話せないまま殆ど忘れてしまっていた
さっき上と同じ夢を見て飛び起きて、PC立ち上げて書き込んだ

長々と書き込んで申し訳ない
普通の人生を生きて来た俺が体験した不思議な話です


70 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 05:10:40.640 ID:sJMGdF1s0.net
今思うと、夢の中で男が読んだ××って名前はおじさんの名前だったのかも知れない


71 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/01/31(日) 05:18:50.488 ID:sJMGdF1s0.net
なんだか書き込んですっきりしたような気がする
誰かにきいて欲しかったのかな、俺


次の記事:『山歩きをしていると急に体がだるくなった』『鰐』『鳥』
前の記事:『ぺっ!』『人参を食べさせた』
[ 2017/07/17 ] その他

[ 139855 ]

夢で時空を飛び越えて、本来は戦死する筈だったおじさんに乗り移って助けたって事かな。
だとしたら素敵な話だ。
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139857 ] NO TITLE

パラレルワールド? それとも○○ちゃんが夢で過去を修正したのかな?
以前読んだ時もなんとも不思議で、でもちょっとホッとする印象で。
また拝読出来て嬉しいっす^^
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139860 ]

>139855
乗り移ったと言うよりは、時空を超えておじさんを救った感じでは。後からきた戦友が驚愕の表情を浮かべたのは、引きずって来られた男も、引きずって来た男(投稿者)も、どちらも同じ顔をしていたからなのだろう。
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139863 ]

平行世界があるかどうかは、分からないけど
幸も不幸も紙一重
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139875 ]

時空お「時空ポイントがたまってるからやりなおしできるぞ」
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139882 ]

この話大好きだ
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139889 ] NO TITLE

おもしろい。
15年経って同じ夢を見たのは何かの兆しかな。
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139891 ] NO TITLE

ふすまを開けるときには一回で開けようとせず、ふすまの端をもう片方の手で掴んでおいてちょっと開けそれからスッと開く。閉めるときは一回で閉じきらず一寸ほど隙間を開けておいてそれからパタンと閉める。行儀作法のひとつだからこれを一回で開け閉めしようとすると、(んまあ、お下品な家柄!)とばれる。
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139893 ]

ふすまを開ける時は、先ずふすまの向こうから中の人達に向かって「お主らの悪行、しかと見届けたぞ」などと一声掛けて(「正義」と書かれた扇子や小柄を投げるのも可)、中の人たちから「何奴だ?」等言われてから、ふすまをスッと開ける。
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139899 ] NO TITLE

139891より139893のほうが人にマナーを教えるセンスがあるな(笑)
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139900 ]

自分語りで申し訳ないけど
私も旦那さんを突然亡くしてしばらくの間は亡くなったのは自分の思い込みでなんでこんな失礼な勘違いをしてたのだろう!という夢を何度か見た、というか10年以上経った今もたまに見る
はじめのうちはどちらが現実かわからなくて混乱して事実を確認する度に改めて旦那さんを心の中で殺してしまっているようでとても申し訳なかった
本文の最愛の人がフラッシュバックする場面の描写がリアルでなんでもない日常の一コマが些細なことまで鮮やかに全て思い出せるよね、なんて共感してしまった
また夢でも逢えるといいな
お盆が近いせいかな
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139909 ] NO TITLE

自分の配偶者に「さん」付けって今は普通の事なのか?
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139917 ] NO TITLE

『バルバラ異界』と『僕だけがいない街』をたして2で割ったような話だ

創作といってるわけじゃないよ?別に創作でもかまわないけれど
個人的にはほんとうの事だと思ってる
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139922 ]

以前読んだ話だったが、改めて読んでみると、実は得体の知れない「その人」が、亡くなった旦那さんと入れ替わっていたのかもと思った。
おばさんが来訪することがきっかけで、本物の旦那さんが自分に似た投稿者に、自身と妻(おばさん)の本来あるべきはずであった状況と、自身の死の瞬間を夢で見せた。
乗っ取られてしまったおじさんは、投稿者に真実を知ってもらいたかった... とか?
そう考えると、投稿者はおじさんとおばさんに夢のことを話さなくて正解だったのかもね。
話してしまっていたら、急におじさんから笑みが消え、真顔で「知られてしまったか...」とか言い出して、何か怖いことが起きていたかもしれない。
ん?自分でコメ書いてて、似たような話が日本の昔話にあったような気がしてきたわ。
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139923 ]

>139909
139900の話読んで最初に浮かぶのがそれなの?
礼儀以前に人としてどうよ…
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139929 ]

139900さんの話を拝読して、いい齢かっこいたオッサンの俺が泣いた。こういう話、どうも弱くてね…
俺が言うのも変だけど、139900さんがまた夢の中でご主人様に会えるよう願っております。では。
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139931 ]

139900
自分も祖母が亡くなったとき思った
酷いこと言ってしまってすぐだったからね
もう少し余裕あったならとたまに思い出す
お互い夢で話せたらいいね
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139937 ]

あくまでも私の主観だけど、人の気持ちって亡くなってしまった人には、伝わっていると思うんだよね…
だから…139931さんのお祖母様を想われる気持ちは、きっと伝わっていると思います。
たとえ、姿形は見えなくても、想う心は不滅であると私は信じていますよ。

私なんかが申すことではありませんが…
139900さんは、ご主人様の分まで
139931さんは、お祖母様の分まで
無理をされず、長生きされて下さい。では。
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139939 ]

139922さん、すっきりしました。推理としては同感です。
[ 2017/07/17 ] ◆-

[ 139952 ] NO TITLE

絆(きずな)とか縁(えにし)とか、「血」を感じる話で感慨深いものがありました。そういや「血(ち)」って「霊(ち)」という意味かららしいね。
[ 2017/07/18 ] ◆-

[ 139992 ] NO TITLE

来い、◯◯(おじさん)・・・
俺は60年後の未来からやってきたトランクスだ!
60年後の地球にお前は存在しない、、
今日ここで悟空さんに倒されてしまうからだああああああああ
[ 2017/07/18 ] ◆-

[ 140001 ]

>139952
興味深い話ですね。色々なお話を伺えるから、ここのコメ欄大好きです。ありがとうございます。
[ 2017/07/18 ] ◆-

[ 140029 ]

でもでも旦那さんが亡くなってる現実もあったということを考えると、夢から覚めたそこは、旦那さんが生きているというパラレルワールドということになるような...
どちらにしろなんだかハッピーエンドな話でとてもほっこりします。
[ 2017/07/18 ] ◆-

[ 140031 ]

139937さん
ありがとう
ごめんねって懺悔もあるけどやっぱりありがとうかな
今度お盆のお墓参りのときに、ありがとうって感謝の言葉伝えてみるよ
[ 2017/07/18 ] ◆-

[ 140033 ]

140031さん
ご返信いただきまして、ありがとうございます。
私なんかがあれこれと申し上げるのは、大変申し訳ありませんが、敢えて言わせてあげて下さい。
きっと…いえ必ず、あなたのお気持ちは、お祖母様に伝わっています。
お祖母様も、あなたという素敵な孫にめぐり逢えて、きっと幸せだったと思われているに違いありません。
お祖母様とあなたの絆、いつまでも…
[ 2017/07/18 ] ◆-

[ 140111 ] NO TITLE

>139909
男性も『うちの奥さんが~』ってよく言いますよ。
でも『うちのワイフさん』とは言わないね。
[ 2017/07/19 ] ◆-

[ 140125 ]

LAPDのある警部は「うちのカミさん」って言うしねw
[ 2017/07/19 ] ◆-

[ 140134 ] NO TITLE

さん→さま(様)の音便変化▪▪▪しもじもの家柄のうち上級のひとに対して使う。

上流階級のうえに上級のひとに対するときは、との(殿)。

だから殿様って言い方も本来ならおかしい言い方だし、皇族のひとに対してたとえば「愛子さま」って言い方も本当は無礼な言い方。「愛子殿下」とか言うのが正しい。

報道で「愛子さま」とかいってた連中は皇族の存在を卑下し、皇族なんてそんじょそこらの旧家の坊っちゃん嬢ちゃん程度よ(要は一般市民であってスメラじゃないよ)って意味で虚仮(こけ)にしていってるのに、

それを抗議できないくらい今の日本人は言葉に無知だと思う。


[ 2017/07/19 ] ◆-

[ 140138 ] NO TITLE

殿下に過剰反応されるから、さまに日和ったんじゃないか?

一昔前日本は左派一辺倒と言って良い状況だった。
うちの親は今でもいうもん。天ちゃん。

言葉に無知はその通りで、反省頻りだよ。
[ 2017/07/19 ] ◆-

[ 140145 ] NO TITLE

テンちゃん→うる星やつら
天ちゃん→ドラゴンボール
[ 2017/07/19 ] ◆-

[ 140146 ] NO TITLE

アルクへんにオオガイ→読めません。何て書いてあるの?
[ 2017/07/19 ] ◆-

[ 140148 ]

ヨレヨレのコート着てないけど、私も「カミさん」と言ったりするな。
多分に警部の影響を受けていると思うw
ただ、自分の妻に対して「奥さん」「嫁さん」と言うのには何か抵抗がある。
一応、一般的には認められている呼称のようではあるけどね。
普段はやはり「妻」か「家内」だわ。
[ 2017/07/19 ] ◆-

[ 140149 ]

>140146
頻り(しきり)
書き込む手間で調べりゃいいじゃん
つーか、オレ釣られてないよね?
[ 2017/07/19 ] ◆-

[ 140152 ] NO TITLE

「お前の目の前にある箱は何の為に有るのか?」と返すのが伝統の作法。ものぐさはいけません
[ 2017/07/19 ] ◆-

[ 140154 ] NO TITLE

昭和天皇を「天ちゃん」呼ばわりは、けっこうありました。親しみを込めてのことで、悪い使い方をする人は、見かけませんでした。
皇族についての報道は、昭和40~50年代頃は、おおらかでしたね。
本当に新聞・雑誌の記事に「美智子さん」「ひろのみやちゃん」なんて表記されていました。
今上天皇のご成婚フィーバーの頃は、顔だけ「美智子さん」の写真を使用した、紙の「美智子さん着せ替え人形」が少女雑誌の付録になっていました。
皇太子が、「おそ松くん」のイヤミの「しぇー!」ポーズをとっている写真は、有名…かな?
未成年のうちは、日頃は「愛子さま」で充分だと思います。

コケにしているのか否か、報道は、今上皇后が皇太子妃であったときは「美智子妃殿下」と呼んでいましたが、現皇太子妃は「雅子さま」ですね。これだけは少し引っかかってました。
親しみを込めるのではなく、皇室担当の報道の皆さんが「皇太子妃の呼び名は『雅子さま』で充分だろう」という認識なのだとしたら、先行き不安ですな。

[ 2017/07/20 ] ◆-

[ 140169 ] NO TITLE

え?小バカにしたように使う人だらけだったけどなあ。
一億総中流極まった感じ。
[ 2017/07/20 ] ◆-

[ 140174 ]

うーん、「天ちゃん」の使われ方は地域や思想によって意味合いが違ったんじゃないかな。

そもそも、保守的だった亡父は「天ちゃん」とは絶対に言わなかった(昭和一桁生まれ、山口出身、大学は東京、全国を転勤)。

根っからの?東京の人って、皇室に対して小馬鹿にしてるような人っているよね。自分は20代から(転勤挟みつつ)大体首都圏だけど、ぞわっとするような噂を何度も聞いた。真偽は別として、黒々とした噂話を嬉々として話す人たちは、親しみを持っているというのとは違う印象を受ける。

個人的にもっと複雑な気持ちにとなるのは、皇室自体が、伝統を守るより壊すことにばかり熱心なように見えることなのだが。
[ 2017/07/20 ] ◆-

[ 140236 ]

やっと落ち着いてこの話のコメを書き込む心境になりました139900です。普段心にしまっておいたものが溢れてしまったのと皆さんの優しいコメでまた泣いてしまい揺れに揺れてしまい遅くなりましたが感謝を伝えたく書き込みます。
139931さんのお気持ちはとても良く分かる気がします。それに対して皆さんから寄せられているコメも私も本当にそう思うしそうであるといいなと願っています。
それと139923さんの名誉のために書き込みますがこの方は自分ではありません。他人の事でこんな風に書き込んで下さるあなたは優しい人ですね。

こういった別れを経験していない方は幸せだと思うし今後もどうかこういう想いをしなくてすみますように、と心から祈ります。そして一方ではこうして忘れられない強烈な喪失体験を分かち合えたり、体験していなくても慮ることが出来る優しい方々がいること、とても私にとってはありがたくほんわかしたものに包まれた気持ちになりました。感謝です。

「旦那さん」と呼ぶのが普通か?については私の心情的な呼び方です。色々と書き込むと長くなるのですが1番は彼を呼び捨てにするみたいなのが嫌で「さん」をつけてます。(正式にはおかしいですよね)
日本語が正しくないとモヤッとして楽しめないのは私もそうなので良くわかります。気をつけて文章書き込みますね。

それにつけても気がついたらコメの流れはやんごとなき方の話にまで及んでいるという…。相変わらず皆さん博識かつ話題が豊富で楽しいですね。
長文ですみませんでした。
[ 2017/07/20 ] ◆-

[ 140260 ]

140236さん…
お辛い中、ご返信のコメをされるなんて…とても優しい方ですね…追悼の意を申し上げます。
大切な人、かけがえのない人との別れほど辛いものはありません…でも、少しずつ悲しみを乗り越えられて下さい。無理をされず、ご自分のペースで…
貴女の温かいコメ、そして皆さんの温かいコメで、オッサンまた泣けてきましたよ…
大切な人やかけがえのない人を失ってしまった方々、ここのコメ欄の心優しき方々、皆さんに今後良いことがありますよう、お祈り申し上げます。

私は、皆さんのことが大好きです。
[ 2017/07/20 ] ◆-

[ 140288 ]

>>139860 さんの仰る通りだと思う。
[ 2017/07/21 ] ◆-

[ 140289 ] NO TITLE

くそぅ、おじさんおばさんめ。イチャイチャチュッチュしやがって。
うらやましいぞ!素敵じゃないかクソッ
[ 2017/07/21 ] ◆-

[ 140479 ]

本当に素敵な話ですよね!
最初は生まれ変わりだと思ってたけど、違うのかな?
それとも未来トランクスと子供トランクスみたいな関係性なのかな?
[ 2017/07/23 ] ◆-

コメントの投稿











最新コメント

おまけ

心霊いい話まとめ
厳選 心霊いい話01
01-02 03-04 05-06
07-10 11-13 14-15
16-
笑える霊体験まとめ
厳選 笑える霊体験01
01-04 05-07 08-10
11-13 14-16 17-18
19-21 22-23 24-25
26-27 28-
笑える霊体験外伝まとめ
01-
その他まとめ
01-
(*´∀`*)ほのぼの
, ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
( ;∀;)イイハナシダナー
寺生まれのTさんまとめ
English edition
謎のまとめ
謎のゲーム
年度別アクセスランキング


Copyright © since 2010 怖い話まとめブログ all rights reserved.
   プライバシーポリシー